Office 365 ドメインを確認して、所有権や、非営利団体または教育機関のステータスを証明する、または Yammer のアクティブ化を行う

作成協力者: Peter Baumgartner

探している内容が見つからない場合は、ドメインに関する FAQ を確認してください。

Office 365 セットアップにはいくつかの種類があります。セットアップでは組織や会社のドメインを追加して確認する必要がありますが、Office 365 サービスの DNS レコードの追加や変更は必要ありません。

ユーザーが既に Office 365 を使っている学校のドメインの管理者の場合、または組織が非営利団体であることを証明する必要がある場合は、無料の Office 365 Nonprofit 試用版にサインアップする必要があります。方法については、「Office 365 Nonprofit のプランと料金」を参照してください。

試用版を入手したら、ドメインを所有していることを確認する必要があり、セットアップ ウィザード (Office 365) の手順に従って実行できます。

Office 365 管理センターで Office 365 ドメインを確認して所有権を証明する

以下に基本的な手順を示します。

  1. Office 365 管理センターの [セットアップ] を選んで、ウィザードを開始します (先に Office 365 にサインインすることを忘れないでください)。

    Office 365 の管理者ページで [セットアップ] をクリックする
  2. ドメインの DNS ホスト Web サイトで、TXT DNS レコードを追加するよう求められます。その理由は、その DNS ホストにサインインしてドメイン用のレコードを追加すると、そのドメイン名を所有していることを Office 365 に対して証明することになるからです。

  3. Office 365 が確認できるように、レコードを追加した後で Office 365 ポータルに戻り、レコードを追加したことを確認します。

手順は以上です。

詳細情報

非営利である場合に、Office 365 を入手したい場合は、 組織に資格があることを確認し、サービスにサインアップします。

学校の Office 365 管理者になる方法について詳しく知りたい場合は、 詳細を確認してください

Yammer の設定およびライセンス認証についての詳細情報が必要な場合は、Yammer Enterprise で企業のドメイン名を追加する方法について詳細を確認し、Yammer のライセンス認証を行ってください

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×