Office 365 セットアップ ウィザードを使って IMAP を移行する

高度なセットアップ ウィザードで自動チェックを実行し、現在の環境のセットアップ方法を検出できます。また、検出結果に応じて、Office 365 へのパスが推奨されます。ソース メール システムで IMAP を使用するように Office 365 セットアップ ウィザード を設定し、メールボックスの数が 151 個未満である場合は、IMAP 移行を使用して、Office 365 セットアップ ウィザード でユーザーの電子メールを Office 365 にコピーすることをお勧めします。

Exchange 管理センター (EAC) を使用して IMAP 移行を実行することもできます。EAC の手順については、「Google Apps メールボックスを Office 365 に移行する」または「他の種類の IMAP メールボックスを Office 365 に移行する」を参照してください。

前提条件

IMAP の移行を準備する場合、いくつかの前提条件を満たしていることを確認します。

IMAP 移行のタスク

IMAP 移行プロセスの概要については、「IMAP メールボックスを Office 365 に移行する」を参照してください。次の作業に進む前に詳細を確認する場合は、この記事を最初に参照してください。

準備ができたら、次のタスクを実行します。

[Office 365 管理センターホーム] ページで [セットアップに移動] Office 365 管理センターのセットアップ を選択します。

まず、Office 365 に移行する各ドメインを所有していることを Office 365 に示します。

注: 所有し、Office 365 で使用するドメインごとにこの手順を繰り返す必要があります。

  1. [セットアップのカスタマイズ] ページで、[はい、ユーザーのデータをコピーします] を選択します。

    • [現在のメール システム] ボックスで、[IMAP (outlook.com、Hotmail、Gmail)] を選びます。

    • [ユーザー数] ボックスで、ユーザー数 (151 未満) を指定します。

    注: Office 365 セットアップ ウィザード を使用してメールを Office 365 に移行するには、ユーザー数が 151 未満である必要があります。ただし、150 を超える IMAP アカウントを移行する場合は、Office 365 セットアップ ウィザード を複数回実行できます。

  2. [ドメインと DNS の必要な情報] ページで、[開始] を選びます。

    ドメインの詳細については、そのページのビデオをご覧ください。

  3. [使用するドメイン] ページで、ドメイン名 (contoso.com など) を入力します。

  4. [この TXT レコードを追加して <ドメイン名> のレコードを表示する] ページに、ユーザーに固有の TXT レコードが "MS=ms########" という形式で表示されます。DNS ホストでこれを追加します。手順については、「自分で DNS レコードを管理するときに Office 365 の DNS レコードを作成する」を参照してください。

    DNS ホストで TXT レコードを追加したら、数分待ってから、[はい、レコードを追加しました] を選んで次の手順に進みます。

    ドメインの所有を確認するためのレコードを追加します。

    注: 通常、TXT レコードの検証はすぐに完了しますが、エラーが表示される場合はしばらく待ってから、[はい、レコードを追加しました] をもう一度クリックしてください。

  5. [<ドメイン名> を所有していることを確認しました] ページで、[次へ] を選びます。

この手順では、追加したドメインの管理者アカウントを更新します。ユーザーを追加するには、Office 365 セットアップ ウィザード を使用できます。

  1. [現在の Office 365 を <ドメイン名> に更新する] ページで、新しい管理者アカウントユーザー名をメモし、[選択したユーザーの更新] を選び、新しいドメインを使用するように管理者アカウントを更新します。

    [サインアウトして変更を完了する] ダイアログ ボックスで、[サインアウト] を選んで続行します。新しいユーザー名を使用してサインインする必要があります。Office 365 セットアップ ウィザード にサインイン後は、元のセットアップ手順に戻ります。

    注: Office 365 セットアップ ウィザード を複数回実行する場合、初回の実行時にのみ管理者アカウントを追加する必要があります。

    [サインアウト] を選んで、管理者アカウントの変更を完了します。
  1. サインイン後は、[ユーザーの追加をスキップする] ページが表示されます。[次へ] を選びます。

  2. [データを Office 365 にコピーすることができます] ページに表示された情報を確認してから、[次へ] をクリックします。

  3. [新しいユーザーを追加する] ページで、姓、名、電子メール エイリアスをテーブルに追加し、[+ 行の追加] (1) を選んでユーザーを追加します。

    [CSV ファイルを使用してユーザーを一括して追加する] (2) を選んで、一度で複数のユーザーを追加することもできます。

    完了したら、[これらのユーザーを追加する] をクリックします。

    Office 365 テナントにユーザーを追加する
  4. [<ユーザー数> が正常に追加されました] ページで、[次へ] をクリックし、指示に従って Microsoft Office アプリをインストールします。サブスクリプションにデスクトップ アプリケーションが含まれていない場合は、このページが表示されないことがあります。

    このページをスキップし、後でアプリケーションをインストールすることもできます。

  5. [データのコピー] ページでは、電子メールを移行する各ユーザーを選び、[ソース メール アドレス] に、電子メールをコピーする IMAP 対応のアカウントを入力します。ユーザー名とドメインが同じ場合、これは Office 365 アドレスと同じにすることもできますが、Gmail アドレス、outlook.com アドレスなどにすることもできます。

  6. 各ユーザーの元の電子メールの [パスワード] を入力し、[次へ] をクリックして電子メールのコピーを開始します。

  7. [サーバー接続の追加] ページに IMAP サーバー名、[ポート] 番号、[セキュリティ] の種類を入力し、データの [コピー] を選びます。

    Gmail の場合、値は次のようになります。

    • IMAP サーバー: imap.gmail.com

    • ポート:993

    • セキュリティ:SSL

    IMAP サーバー名を確認する手順については、IMAP サーバー接続を設定する方法に関するページを参照してください。

  8. [データのコピーの進行状況] ページでは、移行の状態を監視できます。移行が完了したら、[次へ] を選んでドメインの設定を続行します。手順については、「Office 365 でドメインの所有者の確認方法」を参照してください。

    注: Office 365 セットアップ ウィザード を複数回実行する予定がある場合は、右上にある [X] をクリックしてウィザードを終了し、メッセージが表示されたら、[いいえ、もう一度やり直します] を選びます。少数のメールを一括コピーする場合は、これでウィザードを再実行できます。最後の一括コピーが完了したら、ドメインの設定を完了できます。

関連項目

IMAP メールボックスを Office 365 に移行する

複数のメール アカウントを Office 365 に移行する方法

IMAP の移行を最適化するヒント

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×