Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターでコンテンツ検索を複製する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

多くのメールボックスまたはSharePointを検索するOffice 365 セキュリティ/コンプライアンス センターでコンテンツの検索を作成し、 OneDrive for Businessサイトがかかることができます。検索するサイトを指定することもできますエラーしやすい URL を入力する場合。これらの問題を避けるためは、この記事で、既存のコンテンツの検索を簡単に複製するのにWindows PowerShellスクリプトを使用することができます。検索を複製する際に、元の検索と同じプロパティ (コンテンツの場所と検索クエリ) などが含まれています (別の名前) を使って新しい検索が作成されます。新しい検索を (キーワード クエリや日付の範囲を変更する) を編集して実行します。

コンテンツ検索を複製する理由

  • 同じコンテンツの場所で実行される異なるキーワード検索クエリの結果を比較するため。

  • 保存するのには新しい検索を作成するときに、多数のコンテンツの場所を入力し直す必要はなくなります。

  • 検索結果のサイズを小さくにはたとえばをエクスポートする方法が多すぎるの結果を返す検索を使っている場合は、検索を複製して、検索結果の数を減らす日付範囲に基づいた検索条件を追加します。

そのプロセスの概要を以下に示します。

手順 1:スクリプトを実行してコンテンツ検索を複製する

手順 2:セキュリティ/コンプライアンス センターでコンテンツ検索を編集して実行する

始める前に

  • このトピックで説明されているスクリプトを実行するには、セキュリティ/コンプライアンス センター の電子情報開示マネージャーの役割グループのメンバーである必要があります。

  • スクリプトには最低限のエラー処理が含まれています。スクリプトの主な目的は、コンテンツ検索をすばやく複製することです。

  • スクリプトは新しいコンテンツ検索を作成しますが、開始しません。

  • このスクリプトは、コピー対象のコンテンツの検索は、電子情報開示ケースに関連付けられているかどうかをアカウントに移動します。検索がケースと関連付けられている場合は、新しい検索を小文字に関連付けられたあります。場合は、既存の検索がケースに関連付けられていない場合は、[ セキュリティ/コンプライアンス センターでコンテンツの検索] ページで、新しい検索が表示されます。

  • このトピックに記載されているサンプル スクリプトは、Microsoft の標準的なサポート プログラムやサービスではサポートされていません。サンプル スクリプトはいかなる保障もない現状有姿のままで提供されます。さらに、Microsoft は、商品性、特定目的への適合性を含む一切の黙示の保証をいたしかねます。本サンプル スクリプトおよびドキュメントの使用または性能に起因するすべてのリスクは、お客様が負うものとします。Microsoft、本サンプル スクリプトの作成者、および本スクリプトの作成、製造、配布に関与する者は、いかなる場合においても、本サンプル スクリプトおよびドキュメントの使用または使用不能から生じる損害 (逸失利益、事業の中断、事業情報の喪失またはその他の金銭的損失を含みますがこれらに限定されません) に関して一切責任を負いません。たとえ、Microsoft がこのような損害の可能性について知らされていた場合でも同様です。

先頭に戻る

手順 1: スクリプトを実行して検索を複製する

この手順のスクリプトでは、既存のコンテンツ検索を複製して新しいものを作成します。このスクリプトを実行すると、次の情報の入力を求められます。

  • ユーザーの資格情報    スクリプトでは資格情報を使用し、Windows PowerShell で Office 365 組織のセキュリティ/コンプライアンス センターに接続します。前述のとおり、スクリプトを実行するには、セキュリティ/コンプライアンス センター の電子情報開示マネージャーの役割グループのメンバーである必要があります。

  • 既存の検索の名前    これは、複製対象のコンテンツ検索です。

  • 作成される新しい検索の名前    この値を空白のままにした場合、スクリプトは複製対象の検索名に基づく新しい検索の名前を作成します。

検索を複製するには、次のようにします。

  1. .Ps1; のうちのファイル名を使用して、次のテキストをWindows PowerShellスクリプト ファイルに保存します。たとえば、CloneSearch.ps1 です。

    # This PowerShell script clones an existing Content Search in the Office 365 Security & Compliance Center
    
    # Get login credentials from the user
    if(!$UserCredential)
    {
        $UserCredential = Get-Credential
        $Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://ps.compliance.protection.outlook.com/powershell-liveid -Credential $UserCredential -Authentication Basic -AllowRedirection
    
        if (!$Session)
        {
            Write-Error "Couldn't create a remote PowerShell session."
            return
        }
    
        Import-PSSession $Session -AllowClobber -DisableNameChecking
        $Host.UI.RawUI.WindowTitle = $UserCredential.UserName + " (Office 365 Security & Compliance Center)"
    }
    
    # Ask for the name of the search you want to clone
    $searchName = Read-Host 'Enter the name of the search that you want to clone'
    
    # Ask for the name of the new search
    $newSearchName = Read-Host 'Enter a name for the new search [leave blank to automatically generate a name]'
    
    
    $originalSearch = Get-ComplianceSearch $searchName -EA SilentlyContinue
    
    # Make sure we have a valid search before continuing
    if(!$originalSearch)
    {
        Write-Error "Couldn't find search: $searchName"
        return
    }
    
    $searchNameCounter = 1
    # Find a suitable name for the new search
    while(!$newSearchName)
    {
        $newSearchName = $originalSearch.Name + "_" + $searchNameCounter
    
        $tempSearch = Get-ComplianceSearch $newSearchName -EA SilentlyContinue
        if ($tempSearch)
        {
            $newSearchName = $null
            $searchNameCounter++
        }
    }
    
    $caseName
    # Determine if the search is part of a case; if so get the case name
    if ($originalSearch.CaseId)
    {
        $searchCase = Get-ComplianceCase $originalSearch.CaseId
        $caseName = $searchCase.Name
    }
    
    # Need to cast this value as a Boolean the old fashion way
    $allowNotFoundExchangeLocationsEnabled = $false
    if ($originalSearch.AllowNotFoundExchangeLocationsEnabled)
    {
        $allowNotFoundExchangeLocationsEnabled = $true
    }
    
    $newSearch = New-ComplianceSearch -Name $newSearchName -AllowNotFoundExchangeLocationsEnabled $allowNotFoundExchangeLocationsEnabled -Case $caseName -ContentMatchQuery $originalSearch.ContentMatchQuery -Description $originalSearch.Description -ExchangeLocation $originalSearch.ExchangeLocation -ExchangeLocationExclusion $originalSearch.ExchangeLocationExclusion -Language $originalSearch.Language -SharePointLocation $originalSearch.SharePointLocation -SharePointLocationExclusion $originalSearch.SharePointLocationExclusion -PublicFolderLocation $originalSearch.PublicFolderLocation
    
    if ($newSearch)
    {
        Write-Host $newSearch.Name "was successfully created" -ForegroundColor Yellow
    }
  2. Windows PowerShell を開き、スクリプトを保存したフォルダーに移動します。

  3. 以下のようなスクリプトを実行します。

    .\CloneSearch.ps1
  4. 資格情報を求められたら、メール アドレスとパスワードを入力して、[OK] をクリックします。

  5. スクリプトで求められる以下の情報を入力します。各情報の入力ごとに、Enter キーを押します。

    • 既存の検索の名前。

    • 新しい検索の名前。

    スクリプトは新しいコンテンツ検索を作成しますが、開始しません。そのため、この時点で編集し、次の手順で検索を実行することができます。新しい検索のプロパティを表示するには、Get-ComplianceSearch コマンドレットを実行します。あるいは、新しい検索がケースに関連付けられているかどうかに応じて、セキュリティ/コンプライアンス センターの [コンテンツ検索] または [電子情報開示] ページに移動します。

先頭に戻る

手順 2: セキュリティ/コンプライアンス センターで複製した検索を編集して実行する

既存のコンテンツの検索を複製するスクリプトを実行すると、次の手順では、編集し、新しい検索を実行するセキュリティ/コンプライアンス センターに移動します。述べたように、検索を編集するには、キーワード検索クエリを変更して、追加するか、検索条件を削除します。詳細については、以下を参照してください。

先頭に戻る

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×