Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターでコンテンツ検索を実行する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターでコンテンツ検索の電子情報開示ツールを使用すると、 Office 365組織でメール、ドキュメント、インスタント メッセージなどのアイテムを検索します。これらのOffice 365サービス内のアイテムを検索するには、このツールを使用します。

  • Exchange Online のメールボックスとパブリック フォルダー

  • SharePoint Online サイトと OneDrive for Business サイト

  • Skype for Business のスレッド

  • Microsoft チーム

  • Office 365 のグループ

コンテンツの検索は、新機能と改善拡大縮小とパフォーマンスの機能を備えた新しい電子情報開示検索ツールです。コンテンツの検索を使用すると、非常に大きな電子情報開示検索を実行できます。すべてのメールボックス、 Exchangeのすべてのパブリック フォルダーとすべてのSharePoint OnlineサイトおよびOneDrive for Businessアカウントを 1 つのコンテンツ検索の検索できます。検索できるコンテンツの場所の数に制限はありません。同時に実行できる検索の数に制限はありません。コンテンツの場所の数、コンテンツ検索を実行すると、検索結果の見積もりの数は、[コンテンツの検索] ページでは、[詳細] ウィンドウに表示されます。検索を実行した後、結果のプレビュー、いずれかのキーワードの統計情報を取得またはその他の検索、検索のコンテンツを一括編集からローカル コンピューターへの結果をエクスポートします。

目次   

検索を作成する

検索結果をエクスポートする

検索結果をプレビューする

検索結果を更新する

検索を編集する

検索を再試行する

詳細情報

始める前に

  • クエリを検索し、キーワード クエリとコンテンツ検索の検索条件を表示する検索の論理演算子を使用して情報と作成に関するガイダンスにします。この記事では、機密性の高い情報の種類を検索して、組織の内外のユーザーと共有されているコンテンツを検索するに関する情報も含まれます。

  • 検索およびプレビューを実行して、検索結果をエクスポートするコンテンツの検索ページへのアクセスを表示するには、管理者、法令遵守の責任者またはマネージャーの電子情報開示する必要がありますセキュリティ/コンプライアンス センターで電子情報開示管理者の役割グループのメンバーExchange Online、 SharePoint Online、またはOneDrive for Businessサイトの追加の検索の権限を割り当てる必要はありません。詳細については、「 Office 365 のセキュリティとコンプライアンス センターでの電子情報開示権限を割り当てる」を参照してください。

  • Office 365 組織に提供されるサービスの正常性と品質を維持するために、コンテンツ検索に適用される制限があります。ほとんどの場合、これらの制限は変更できませんが、検索の計画時、実行時、トラブルシューティング時に、これらの制限を考慮できるように、制限を把握しておくことをお勧めします。詳細については「Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターでコンテンツ検索を制限する」を参照してください。

  • 1 回のコンテンツ検索で検索されるメールボックス数に基づく検索時間の見積もりについては、「詳細情報」セクションを参照してください。

  • 前述のように、コンテンツ検索を使用して、Office 365 グループと Microsoft チーム のコンテンツを検索できます。つまり、Office 365 グループと Microsoft チームに関連付けられているグループ メールボックス、共有予定表、SharePoint サイトを検索できます。さらに、Microsoft チームのチャネル会話を検索できます。Office 365 グループと Microsoft チーム の詳細については、次を参照してください。

    Office 365 グループと Microsoft チーム のコンテンツ検索に関するヒントは、「詳細情報」セクションを参照してください。

先頭に戻る

検索を作成する

  1. https://protection.office.com に移動します。

  2. 職場または学校のアカウントを使用して、Office 365 にサインインします。

  3. セキュリティ/コンプライアンス センター の左側のウィンドウで [検索と調査]、[コンテンツ検索] の順にクリックします。

  4. [新規作成] [追加] アイコン をクリックします。

  5. [新しい検索] ページで、コンテンツ検索の名前を入力します。この名前は組織内で一意にする必要があります。

  6. 検索するコンテンツの場所を選びます。同じ検索で、メールボックス、サイト、パブリック フォルダーを検索できます。

    検索するコンテンツの場所を選択する
    1. さまざまな場所の検索   組織内のすべてのコンテンツの場所を検索するには、このオプションを選択します。このオプションを選択すると (すべてのOffice 365グループ、 Microsoft チーム無効になっているメールボックスと、メールボックスを含む) のすべてのメールボックス、(をOffice 365のすべてのサイトを含む、すべてのSharePointおよびOneDrive for Businessサイトを検索することができます。グループとMicrosoft チーム)、およびすべてのパブリック フォルダー。

      すべてのコンテンツの場所を検索するには、[すべての場所を検索] オプションをクリックする
    2. [カスタムの場所の選択   ] 検索するメールボックスとサイトを選択するには、このオプションを選択します。このオプションを選択すると、特定のサービスのすべてのコンテンツの場所を検索 (すべての Exchange メールボックスを検索するなど) したり、Office 365 サービスの特定のコンテンツの場所を検索したりすることができて、柔軟性が高まります。

    検索するコンテンツの場所を追加する場合は、次を考慮してください。

    メールボックス

    • [追加] [追加] アイコン をクリックし、検索するメールボックスを指定すると、表示されるメールボックスの選択画面は空です。これは、パフォーマンスを向上するための設計です。この一覧に受信者を追加するには、検索ボックスに名前 (3 文字以上) を入力し、[検索] 検索アイコン をクリックします。

    • 検索するメールボックス一覧に非アクティブのメールボックスと配布グループを追加できます。配布グループの場合、グループ メンバーのメールボックスが検索されます。動的配布グループはサポートされません。

    • 組織で無効になっているメールボックスのリストを移動するには、 Exchange Online PowerShell でGet-Mailbox -InactiveMailboxOnlyのコマンドを実行します。または、データの管理に移動できる > セキュリティ/コンプライアンス センターでは、[保持し、[その他ナビゲーション バーの省略記号 ] をクリックして >無効になっているメールボックスします。

    • Office 365 グループまたは Microsoft チームに関連付けられているメールボックスを追加することもできます。その場合、グループまたはチーム メールボックスのみが検索されます。グループ メンバーまたはチーム メンバーのメールボックスは検索されません。検索するには、検索に明示的に追加する必要があります。

    • 検索にメールボックスを含めたくない場合は、[検索する特定のメールボックスを選択] を選択します。ただし、メールボックスを一覧に追加しないでください。

    サイト

    • [追加] [追加] アイコン をクリックし、サイトを検索に追加します。検索する各サイトの URL を入力します。コンテンツ検索ツールは URL を検証し、検索するサイトの一覧に追加します。

    • SharePoint グループまたは Microsoft チームに関連付けられている Office 365 を追加できます。グループまたはチームの URL の見つけ方については「詳細情報」セクションを参照してください。

    • 検索にサイトを含めたくない場合は、[検索する特定のサイトを選択] を選択します。ただし、サイトを一覧に追加しないでください。

    パブリック フォルダー

    パブリック フォルダーの場合、Exchange Online 組織のすべてのパブリック フォルダーを検索するか、パブリック フォルダーを検索しないことを選択できます。

  7. [次へ] をクリックします。

  8. [新しい検索] ページで、キーワードと条件を追加して検索クエリを作成できます。

    キーワードと条件を指定して検索クエリを作成する
    1. [何をお探しですか?] のボックスに、検索クエリを入力します。キーワード、メッセージのプロパティ (送信日、受信日など)、またはドキュメントのプロパティ (ファイル名、ドキュメントの最終変更日など) を指定できます。ANDORNOTNEARONEAR などのブール演算子を使用する複雑なクエリを使用できます。また、ドキュメント内の機密情報 (社会保障番号など) や、外部で共有されたドキュメントを検索することもできます。キーワード ボックスを空のままにすると、指定したコンテンツの場所にあるすべてのコンテンツが検索結果に含まれます。

    2. [キーワード リストの表示] チェック ボックスをオンにして、各行にキーワードを入力することができます。この操作を行うと、各行のキーワードが、作成された検索クエリの OR 演算子でつながれます。

      キーワード リストの行にキーワードまたはキーワード フレーズを入力することができます。

      キーワード リストを使用する理由各キーワードと一致するアイテム数を示す統計情報を取得することができます。これは、最も有効な (および最も有効でない) キーワードをすばやく識別するのに役立ちます。行で (かっこで囲まれた) キーワード フレーズを使用することもできます。検索統計の詳細については、「コンテンツ検索結果のキーワード統計の表示」を参照してください。

      キーワード リストの使用に関するガイダンスについては、「詳細情報」セクションを参照してください。

    3. [クエリに入力ミスがあるかどうかを調べる] をクリックして、大文字に変換されない可能性のある、サポートされていない文字やブール演算子がないかクエリを確認します。サポートされていない文字は非表示になっていることがよくあり、通常、検索エラーを発生させたり、意図しない結果を返したりする原因になります。確認されているサポートされていない文字の詳細については、「[コンテンツ検索] クエリでエラーを確認する」を参照してください。

    4. [条件] に条件を追加して、検索を絞り込んだり、より調整された一連の結果が返されるようにしたりすることができます。各条件は句として KQL 検索クエリに追加されます。KQL 検索クエリは、検索の開始時に作成され、実行されます。条件は AND 演算子によってキーワード クエリ (キーワード ボックスで指定) に論理的に結合されます。つまり、アイテムは、キーワード クエリと結果に含める条件の両方を満たす必要があります。このように、条件は結果を絞り込むのに役立ちます。

    詳細については、検索クエリを作成し、条件を使用して、キーワード クエリとコンテンツ検索の検索条件を参照してください。

  9. [検索] をクリックして検索設定を保存し、検索を開始します。

    検索を開始します。検索が完了すると、詳細ウィンドウに次の情報が表示されます。

    選択したコンテンツ検索の詳細ウィンドウに検索の統計情報が表示される
    1. 最後に検索を実行した日付と時刻です。

    2. 検索クエリと一致することが判明したアイテムの数 (および合計サイズ) です。アイテムの種類の例には、メール メッセージ、予定表アイテム、ドキュメントなどが含まれます。アイテムに検索対象のキーワードの複数のインスタンスが含まれている場合は、アイテムの合計数を 1 度カウントするのみです。たとえば、"stock" または "tip" という単語を検索しており、さらに "stock" という単語の 3 つのインスタンスがメール メッセージに含まれている場合は、アイテム フィールドを 1 回カウントするのみです。

    3. 数値とインデックスのアイテムの検索されたコンテンツの場所の合計サイズです。検索条件に一致しないインデックスの項目の数は、[詳細] ウィンドウに表示される検索の統計情報に含まれます。場合 (ため、その他のメッセージまたはドキュメントのプロパティは、検索条件を満たす) クエリの検索インデックスのアイテムの一致、はインデックスの項目数の見積もりに含まれません。ただし、インデックスの項目を除外するには、検索条件によって場合、インデックスのアイテムの見積に含まされません。

    4. 検索されたコンテンツの場所の種類別の数です。メールボックスでは、検索されたメールボックスの合計数にアーカイブ メールボックスが含まれていることにご注意ください。前の例では、4 つのユーザー メールボックスを検索し、これらの各ユーザーのアーカイブ メールボックスを有効にします。そのため、8 つのメールボックスが検索の統計情報に示されています。

    5. 検索結果をプレビューしたり、もう一度検索を実行して検索の統計情報を更新したりするためのリンクです。

    必要に応じて、[更新] [更新] アイコン アイコンをクリックして選択した検索についての詳細ウィンドウの情報を更新します。

先頭に戻る

検索結果をエクスポートする

検索の実行が成功した後で、検索結果をローカル コンピューターにエクスポートすることができます。メールの結果をエクスポートすると、PST ファイルとしてコンピューターにダウンロードされます。SharePoint サイトと OneDrive for Business サイトからコンテンツをエクスポートすると、ネイティブ Office ドキュメントのコピーがエクスポートされます。エクスポート対象の検索結果と一緒にダウンロードされるドキュメントとレポートもあります。詳細については、「Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターから検索結果をエクスポートする」を参照してください。

検索結果をプレビューする

検索が正常に完了すると、検索結果をプレビューできます。多数のコンテンツの検索結果のプレビューに関連する制限があります。詳細については、 [Office 365 のセキュリティとコンプライアンス センターの検索の制限を参照してください。インデックスのアイテムがプレビューの使用できないことに注意してください。

  1. [コンテンツ検索] ページで、検索を選択します。

  2. 詳細ウィンドウの [結果] で、[検索結果のプレビュー] をクリックします。[検索結果のプレビュー] ページが開きます、検索結果アイテムの一覧が表示されます。

    列見出しをクリックすると、件名、種類、送信者、またはアイテムをソース メールボックスで受信した日に基づいて、結果を並べ替えることができます。

  3. アイテムをクリックしてプレビューします。

    プレビュー ウィンドウにアイテムが表示されます。

  4. プレビューがサポートされないファイルの種類の場合、またはドキュメントのコピーをダウンロードする場合は、[元のファイルのダウンロード] をクリックしてローカル コンピューターにダウンロードします。.aspx Web ページの場合、ページの URL が含まれていても、ページへのアクセス許可を持っていないことがあります。

注: 前回の検索が 7 日前よりも前に行われた場合、検索結果をプレビューすると、検索結果を更新するように求められます。検索を再実行すると、検索クエリを満たす最新の結果が取得されます。

プレビューできるファイルの種類

プレビュー ウィンドウでは、サポートされるファイルの種類をプレビューできます。サポートされていないファイルの種類の場合は、ファイルのコピーをローカル コンピューターにダウンロードして表示する必要があります。次のファイルの種類はサポートされており、[検索結果のプレビュー] ページでプレビューできます。

  • .txt、.html、.mhtml

  • .eml

  • .doc、.docx、.docm

  • .pptm、.pptx

  • .pdf

また、次のファイル コンテナーの種類もサポートされています。プレビュー ウィンドウでは、コンテナー内のファイルの一覧を表示できます。

  • .zip

  • .gzip

先頭に戻る

検索結果を更新する

既存のコンテンツ検索の結果を更新すると、すべての指定したコンテンツの場所に対して検索クエリが再実行されます。検索結果を更新する理由は、最新のデータを取得するためです。

  1. [コンテンツ検索] ページで、結果を更新する検索を選びます。

  2. 詳細ウィンドウの [結果] で、[検索結果の更新] をクリックします。

    結果の取得中というステータス メッセージが表示されます。検索が完了すると、最新の情報が詳細ウィンドウの [結果] に表示されます。詳細ウィンドウの [検索日] フィールドの日付は、現在の日時に合わせて更新されます。コンテンツ検索の一覧の情報を更新するには、[更新] [更新] アイコン をクリックします。

先頭に戻る

検索を編集する

既存のコンテンツ検索については、ソース メールボックスと検索クエリを変更できます。

  1. [コンテンツ検索] ページで、検索を選択します。

  2. 詳細ウィンドウの [クエリ] で、[検索を編集] をクリックします。

  3. [場所] ページでは、検索するメールボックス、グループ、SharePoint サイト、または OneDrive for Business サイトを変更できます。Exchange のすべてのパブリック フォルダーを検索対象として選択 (または選択解除) することもできます。

  4. [クエリ] ページで、検索クエリを編集できます。

  5. 変更した検索を開始するには、[ソース] ページまたは [場所] ページの [検索] をクリックします。

    変更した検索が開始されます。検索が完了すると、変更した検索の見積もり結果が詳細ウィンドウに表示されます。

検索を再試行する

検索でエラーが返される場合、すべてのコンテンツの場所を再検索する必要はありません。失敗したコンテンツの場所のみが再検索されるように、検索を再実行できます。すべてのコンテンツの場所を再検索するには、検索結果を更新します。

  1. [コンテンツ検索] ページで、再検索するコンテンツの場所を含む検索を選びます。

  2. 詳細ウィンドウの [エラー] で、[検索をやり直す] をクリックします。

    結果の取得中というステータス メッセージが表示されます。検索が完了すると、最新の情報が詳細ウィンドウの [結果] に表示されます。詳細ウィンドウの [検索日] フィールドの日付は、現在の日時に合わせて更新されます。検索の一覧の情報を更新するには、[更新] [更新] アイコン をクリックします。

先頭に戻る

詳細情報

コンテンツ検索の詳細については、次のとおりです。

制限とパフォーマンス

インデックスのアイテム

Microsoft チームと Office 365 のグループ

OneDrive for Business

検索クエリ

無効になっているメールボックスを検索します。

その他

(ページの先頭へ戻る)

制限とパフォーマンス

  • コンテンツ検索機能に適用される制限の説明については、「Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターでコンテンツ検索を制限する」を参照してください。

  • すべての Office 365 組織が実行するコンテンツ検索について、Microsoft はパフォーマンス情報を収集しています。検索クエリが複雑になると、検索時間が長くなる可能性がありますが、検索時間が長くなる最も大きな要因は、検索するメールボックス数です。Microsoft は検索時間についてサービス レベル アグリーメントを提供していませんが、検索に含まれるメールボックス数に基づくコンテンツ検索の平均検索時間を次の表に示します。

    メールボックスの数

    検索の平均時間

    100

    30 秒

    1,000

    45 秒

    10,000

    4 分

    25,000

    10 分

    50,000

    20 分

    100,000

    25 分

さらに詳しい情報に戻る

インデックスのアイテム

  • 検索され、コンテンツの場所で説明した、インデックスの項目としては、見積の検索結果に表示されます。場合 (ため、その他のメッセージまたはドキュメントのプロパティは、検索条件を満たす) クエリの検索インデックスのアイテムの一致、はインデックスの項目数の見積もりに含まれません。インデックスの項目を除外するには、検索条件によって場合に、もに含まれませんインデックスの項目数の推定します。詳細については、コンテンツ検索のインデックス アイテムを参照してください。

さらに詳しい情報に戻る

Microsoft チームおよびOffice 365グループ

  • グループのOffice 365Microsoft チームの構築します。したがって、ファイルを検索することが非常に似ています。Microsoft チームとOffice 365のグループ内のコンテンツを検索するときに、次の点に注意してください。

    • [ Microsoft チーム ] と [ Office 365 ] にあるコンテンツを検索するには、チームまたはグループに関連付けられているメールボックスとSharePointサイトを指定する必要があります。

    • Microsoft のチームまたは、 Office 365グループのプロパティを表示するのには、 Exchange OnlineでGet-UnifiedGroupコマンドレットを実行します。これは、チームまたはグループに関連付けられているサイトの URL を取得するに効果的な方法です。たとえば、次のコマンドをOffice 365シニア リーダーシップ チームという名前のグループの選択したプロパティが表示されます。

      Get-UnifiedGroup "Senior Leadership Team" | FL DisplayName,Alias,PrimarySmtpAddress,SharePointSiteUrl
      
      DisplayName            : Senior Leadership Team
      Alias                  : seniorleadershipteam
      PrimarySmtpAddress     : seniorleadershipteam@contoso.onmicrosoft.com
      SharePointSiteUrl      : https://contoso.sharepoint.com/sites/seniorleadershipteam
      

      注: Get-UnifiedGroup コマンドレットを実行するには、Exchange Online で View-Only Recipients という役割が割り当てられているか、View-Only Recipients という役割が割り当てられているロール グループに属している必要があります。

    • ユーザーのメールボックスが検索されると、任意の Microsoft チームまたはOffice 365グループのメンバーであるユーザーは検索されません。同様に、Microsoft チームや、 Office 365 ] グループで、指定したグループのメールボックスと会のサイトのみを検索する場合は検索されます。メールボックスとのグループ メンバーのOneDrive for Businessアカウントが検索に追加する明示的にしない限りは検索されます。

    • Microsoft のチームまたは、 Office 365グループのメンバーの一覧を移動するには、プロパティを表示することができます、ホーム > グループOffice 365 管理センター内のページ。また、 Exchange Online PowerShell で、次のコマンドを実行することができます。

      Get-UnifiedGroupLinks <group or team name> -LinkType Members | FL DisplayName,PrimarySmtpAddress 

      注: Get-UnifiedGroupLinks コマンドレットを実行するには、Exchange Online で View-Only Recipients という役割が割り当てられているか、View-Only Recipients という役割が割り当てられているロール グループに属している必要があります。

    • Microsoft チーム チャネルが含まれる会話は、Microsoft チームに関連付けられているメールボックスに保存されます。同様に、チャネルでメンバーが共有するファイルはチームの SharePoint サイトに保存されます。そのため、チャネルの会話やファイルを検索するには、Microsoft チーム メールボックスと SharePoint サイトをコンテンツの場所として追加する必要があります。

    • または、 Microsoft チームの [チャット] リストの一部の会話は、 Exchange Onlineチャットに参加するユーザーのメールボックスに格納されます。ファイルを共有したユーザーのアカウントのOneDrive for Businessチャットのユーザーと共有するファイルが格納されます。このため、チャットの一覧で、会話やファイルを検索するコンテンツの場所として、個々 のユーザーのメールボックスとOneDrive for Businessアカウントを追加する必要があります。

      注: Microsoft チームの [チャット] リストの一部の会話に参加するユーザーには、チャットの会話を検索するためにExchange Online (クラウド ベース) メールボックスが必要です。チャットのリストの一部の会話、チャット参加者のクラウド ベースのメールボックスに格納されているためにです。チャットの参加者には、 Exchange Onlineメールボックスを持っていない、チャットの会話を検索することはできません。たとえば、 Exchangeハイブリッド展開の場合は、オンプレミス メールボックスを持つユーザーありますMicrosoft チームの [チャット] ボックスの一覧に含まれる会話に参加すること。ただしこの例では、会話中にこれらのコンテンツは検索可能なため、ユーザーは、クラウド ベースのメールボックスを持っていません。

    • すべての Microsoft チームまたはチームのチャンネルには、ノートの作成およびコラボレーション用 Wiki が含まれています。Wiki コンテンツは、自動的に .mht 形式のファイルに保存します。このファイルは、チームのSharePointサイトでチームの Wiki データ ドキュメント ライブラリに保存されます。コンテンツ検索ツールを使用すると、Wiki を検索するには、コンテンツを検索するのに場所としてSharePointチームサイトを指定します。

      注: 2017 年 6 月 22日を上 (チームのSharePointサイトを検索する) 場合は、Microsoft チームまたはチャンネルの Wiki を検索する機能がリリースされました。Wiki ページを保存または更新された日付または後に使用可能な検索します。Wiki ページの最後の保存または更新日は、検索で利用できません。

さらに詳しい情報に戻る

OneDrive for Business

  • 組織内の OneDrive for Business サイトの URL 一覧を収集するには、「OneDrive for Business サイトに電子情報開示アクセス許可を割り当てる」の手順 2 のスクリプトを使用してください。このスクリプトでは、すべての OneDrive for Business サイトのリストを含むテキスト ファイルが作成されます。このスクリプトを実行するには、SharePoint Online Management Shell をインストールして使用する必要があります (前のトピックの手順 1 を参照)。組織の MySite ドメインの URL を、検索する各 OneDrive for Business サイトに追加してください。これは、すべての OneDrive for Business を含むドメインです。たとえば、https://contoso-my.sharepoint.com です。次に、ユーザーの OneDrive for Business サイトの URL 例を示します。https://contoso-my.sharepoint.com/personal/sarad_contoso_onmicrosoft.com

さらに詳しい情報に戻る

検索クエリ

  • キーワード リストを使用して検索クエリを作成する場合は、次の点に注意してください。

    • [キーワード リストの表示] チェック ボックスをオンにしてから、キーワードをそれぞれ別の行に入力し、各行のキーワード (またはキーワード フレーズ) が OR 演算子でつながれる検索クエリを作成する必要があります。単にキーワード ボックスにキーワードのリストを貼り付けるか、キーワードを入力してから Enter キーを押すと、OR 演算子でつながれません。キーワードのリストを追加する場合の正しくない例と正しい例を以下に示します。

      正しくない例

      キーワード リストの正しくない書式設定方法 (キーワード ボックスにリストを貼り付ける)

      正しい例

      キーワード リストの正しい書式設定方法 (チェック ボックスをオンにしてからリストを貼り付ける)
    • Excel ファイルまたはテキスト形式ファイルでキーワードまたはキーワード フレーズのリストを準備してから、キーワード リストに自分のリストをコピーして貼り付けることもできます。これを行うには、[キーワード リストの表示] チェック ボックスをオンにする必要があります。次に、キーワード リストの最初の行をクリックして、リストを貼り付けます。Excel またはテキスト ファイルの行はそれぞれ、キーワード リストの別の行に貼り付けられます。

    • キーワード リストを使用してクエリを作成したら、(選択した検索の詳細ウィンドウで) 検索クエリ構文を検証して、検索クエリが意図したものであることを確認することをお勧めします。詳細ウィンドウの [クエリ] の下に表示される検索クエリでは、キーワードは (c:s) というテキストで区切られます。これは、キーワードが OR 演算子でつながれていることを示します。同様に、検索クエリに条件が含まれている場合、キーワードと条件は (c:c) というテキストで区切られます。これは、キーワードが AND 演算子によって条件に接続されていることを示します。キーワード リストと条件を使った場合の結果として (詳細ウィンドウに) 表示される検索クエリの例を以下に示します。

      キーワード リストと条件を使って作成するクエリの例
    • 英語以外の文字 (中国語の文字) などのキーワードを含む検索クエリを使っている場合は、コンテンツ検索の言語のプロパティを構成するのには、 Set-ComplianceSearchコマンドレットを使用する必要があります。セキュリティ/コンプライアンス センターで GUI を使用してコンテンツの検索を作成すると、既定の言語がニュートラルにします。

      確認する方法をかどうかは、コンテンツ検索の言語の設定を変更する必要がありますか。特定のコンテンツの場所を検索する、英語以外の文字を含むが、検索結果が返されないいる場合、言語の設定が原因で可能性があります。

      既存のコンテンツ検索の言語の設定を変更するには、 セキュリティ/コンプライアンス センター PowerShell で次のコマンドを実行します。

      Set-ComplianceSearch <name of content search> -Language <culture code value>

      たとえば、体字中国語の言語設定を変更するには、コードのカルチャ値のzh-CNを使用します。言語設定を変更した後、もう一度検索を実行する必要があります。指定できるコード値のリストは、 CultureInfo クラスを参照してください。コンテンツの検索結果をお勧め、言語の設定の値の 2 つの部分を使ったコードを使用することたとえば、 ja-JPjaされません。

さらに詳しい情報に戻る

無効になっているメールボックスを検索します。

前述したように、コンテンツの検索で無効になっているメールボックスを検索できます。ここでは、点を無効になっているメールボックスを検索するときに注意してください。

  • コンテンツの検索には、ユーザーのメールボックスが含まれています。 場合は、そのメールボックスが無効になっているされて、[非アクティブになったら、もう一度検索を実行するときに無効になっているメールボックスを検索するコンテンツの検索は引き続きします。

  • ユーザーの場合は、アクティブなメールボックスおよび無効になっているメールボックスを同じ SMTP アドレスを持つがあります。この例では、コンテンツ検索の保存場所として選択した特定のメールボックスだけが検索されます。つまり、検索するユーザーのメールボックスを追加する場合とは限りませんが、両方の有効と無効になっているメールボックスが検索されます。検索を明示的に追加したメールボックスのみが検索されます。

  • アクティブなメールボックスと同じ SMTP アドレスを使用してメールボックスを無効になっているしないようにすることを強くお勧めします。無効になっているメールボックスを復元またはアクティブなメールボックス (またはアクティブなメールボックスのアーカイブ) を無効になっているメールボックスの内容を復元して、[削除をお勧めを無効になっているメールボックスに現在割り当てられている SMTP アドレスを再利用する必要がある場合、無効になっているメールボックス。詳細については、次のトピックを参照してください。

さらに詳しい情報に戻る

その他

  • セキュリティ/コンプライアンス センター の [コンテンツ検索] ページで作成されたコンテンツ検索は、Exchange 管理センターの [インプレースの電子情報開示と保持] ページには表示されません。これは、コンテンツ検索アーカイブとセキュリティ/コンプライアンス センターで作成された検索オブジェクトが、Exchange Online のインプレースの電子情報開示機能とまったく異なるためです。

    同じ理由で、[コンテンツの検索] ページで作成された検索は、 セキュリティ/コンプライアンス センターでは、電子情報開示ケースの検索ページに表示されていません。

  • 検索の再開と再試行には違いがあります。検索を再開すると、新しいプレビュー検索で、検索に指定されたすべてのコンテンツの場所が再検索されます。一方、検索を再試行すると、前回検索を実行したときに失敗したコンテンツの場所のみが再検索されます。

さらに詳しい情報に戻る

LinkedIn ラーニングのショート アイコンです。 Office 365 を初めてお使いの場合は
、LinkedIn ラーニングによって提供された Office 365 管理者および IT プロフェッショナル向けの無料のビデオコースをご覧ください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×