Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターでアーカイブ メールボックスを有効にする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

アーカイブOffice 365で (もと呼ばれるインプレース アーカイブ) 他のメールボックスの記憶域を持つユーザーを提供します。メールボックスのアーカイブを有効にすると、ユーザーはアクセスして、 Microsoft OutlookとOutlook Web Appを使用してメッセージをアーカイブ メールボックスに格納できます。ユーザーも移動したり、プライマリ メールボックスとアーカイブ メールボックスの間でメッセージをコピーします。削除済みアイテムを復元ツールを使用してアーカイブ メールボックスに復元可能なアイテム] フォルダーから削除済みアイテムを復元することができます。

ヒント: Office 365は無制限の自動拡張アーカイブ機能により、アーカイブの記憶域の量を提供します。アーカイブ自動拡張がオンにし、[ユーザーのアーカイブ メールボックスの最初の記憶域のクォータに達したとOffice 365は自動的に追加の記憶域を追加します。つまり、ユーザーは、メールボックスの記憶域が不足しされず、何もを最初にした後に管理する必要はありませんでは、アーカイブ メールボックスを有効にし、自動拡張、組織のアーカイブを有効にします。詳細については、 Office 365 では無制限アーカイブの概要を参照してください。

開始する前に   、Exchange Online のメール受信者役割を割り当てて、メールボックスのアーカイブを有効化または無効化する必要があります。既定では、この役割は Exchange 管理センター の [アクセス許可] ページで受信者管理役割グループまたは組織管理役割グループに割り当てられています。セキュリティ/コンプライアンス センター に [アーカイブ] ページが表示されない場合、必要なアクセス許可を割り当てるように管理者に依頼します。

アーカイブ メールボックスを有効化するには:

  1. https://protection.office.com に移動します。

  2. 職場または学校のアカウントを使用して、Office 365 にサインインします。

  3. セキュリティ/コンプライアンス センター の左側のウィンドウで、[データ ガバナンス]、[アーカイブ] の順にクリックします。

    [アーカイブ] ページが表示されます。[アーカイブ メールボックス] 列は、各ユーザーに対してアーカイブ メールボックスが有効か無効かを示します。

  4. メールボックスの一覧で、アーカイブ メールボックスを有効にする対象のユーザーを選択します。

    選択したユーザーのアーカイブ メールボックスを有効にするには、詳細ウィンドウで [有効にする] をクリックします。
  5. 選択したユーザーの [詳細] ウィンドウで、[有効化] をクリックします。

    アーカイブ メールボックスを有効にすると、ユーザーのメールボックス内にありメールボックスに割り当てられているアーカイブ ポリシーより古いアイテムは、新しいアーカイブ メールボックスに移動されるという警告が表示されます。アイテムがメールボックスに配信またはユーザーによって作成された日付から 2 年間経過すると、Exchange Online メールボックスに割り当てられているアイテム保持ポリシーの一部である既定のアーカイブ ポリシーにより、アイテムはアーカイブ メールボックスに移動されます。詳細については、この記事の「詳細情報」セクションを参照してください。

  6. [はい] をクリックしてアーカイブ メールボックスを有効にします。

    アーカイブ メールボックスの作成にはしばらくかかる場合があります。作成されると、選択されたユーザーの詳細ウィンドウに [アーカイブ メールボックス: 有効] と表示されます。詳細ウィンドウの情報を更新するために、[更新] [更新] アイコン アイコンをクリックする必要がある場合があります。

ヒント: Shift キーまたは Ctrl キーを使用して、アーカイブ メールボックスが無効になっている複数のユーザーを選択して、アーカイブ メールボックスを一括して有効にすることもできます。複数のメールボックスを選択した後に、詳細ウィンドウで [有効にする] をクリックします。

セキュリティ/コンプライアンス センター の [アーカイブ] ページを使用して、ユーザーのアーカイブ メールボックスを無効にすることもできます。アーカイブ メールボックスを無効にしてから 30 日以内なら、ユーザーのプライマリ メールボックスにそれを再接続できます。この場合、アーカイブ メールボックスの元の内容が復元されます。30 日後には、元のアーカイブ メールボックスの内容は完全に削除され、回復不可能になります。したがって、アーカイブを無効にした後、30 日を超えてから再度有効にすると、新しいアーカイブ メールボックスが作成されます。

ユーザーのメールボックスに割り当てられた既定のアーカイブ ポリシーは、配信された日付から 2 年が経過したアイテムをアーカイブ メールボックスに移動することに注意してください。ユーザーのアーカイブ メールボックスを無効にすると、メールボックスのアイテムに対してアクションは実行されず、そのままユーザーのプライマリ メールボックスに残ります。

アーカイブ メールボックスを無効にするには:

  1. https://protection.office.com に移動します。

  2. 職場または学校のアカウントを使用して、Office 365 にサインインします。

  3. セキュリティ/コンプライアンス センター の左側のウィンドウで、[データ ガバナンス]、[アーカイブ] の順にクリックします。

    [アーカイブ] ページが表示されます。[アーカイブ メールボックス] 列は、各ユーザーに対してアーカイブ メールボックスが有効か無効かを示します。

  4. メールボックスの一覧で、アーカイブ メールボックスを無効にする対象のユーザーを選択します。

  5. [詳細] ウィンドウで、[無効にする] をクリックします。

    30 日以内であればアーカイブ メールボックスを再度有効にできることを示す警告メッセージが表示され、30 日が経過するとアーカイブ内のすべての情報が完全に削除されることを示す警告メッセージが表示されます。

  6. [はい] をクリックしてアーカイブ メールボックスを無効にします。

    アーカイブ メールボックスの無効化にはしばらくかかる場合があります。無効になると、選択されたユーザーの詳細ウィンドウに [アーカイブ メールボックス: 無効] と表示されます。詳細ウィンドウの情報を更新するために、[更新] [更新] アイコン アイコンをクリックする必要がある場合があります。

ヒント: Shift キーまたは Ctrl キーを使用して、アーカイブ メールボックスが有効になっている複数のユーザーを選択して、アーカイブ メールボックスを一括して無効にすることもできます。複数のメールボックスを選択した後に、詳細ウィンドウで [無効にする] をクリックします。

メールボックスをアーカイブして、ユーザー、組織の保持、電子情報開示を満たすために、要件します。たとえば、ユーザーのアーカイブ メールボックスにメールボックスの内容を移動するのに、組織のExchangeアイテム保持ポリシーを使用することができます。特定のコンテンツのユーザーのメールボックスを検索する、 セキュリティ/コンプライアンス センターでコンテンツ検索ツールを使用する場合も、ユーザーのメールボックスのアーカイブが検索されます。 配置したまま訴訟またはユーザーのメールボックスにOffice 365アイテム保持ポリシーを適用する場合は、アーカイブ メールボックス内のアイテムいても保持されます。

アーカイブ メールボックスを有効にすると、ユーザーは自分のアーカイブ メールボックスにメッセージを保存することができます。ユーザーは、Microsoft Outlook と Outlook Web App を使って、そのアーカイブ メールボックスにアクセスできます。これらのクライアント アプリケーションのいずれかを使って、アーカイブ メールボックスのメッセージを表示したり、プライマリ メールボックスとアーカイブ メールボックス間でメッセージを移動またはコピーしたりできます。また、削除済みアイテム復元ツール使って、アーカイブ メールボックスの [回復可能なアイテム] フォルダーから削除済みアイテムを復元することもできます。

メールボックスが有効なアーカイブの後に、組織は、既定のExchangeアイテム保持ポリシー (メッセージング レコード管理またはMRM ポリシーとも呼ばれる) すべてのメールボックスに自動的に割り当てられているの活用できます。アーカイブ、メールボックスを有効にすると、既定のExchangeアイテム保持ポリシーが自動的には以下の操作

  • 2 年間以上経過したアイテムを、ユーザーのプライマリ メールボックスからアーカイブ メールボックスに移動します。

  • 14 日以上経過したアイテムを、ユーザーのプライマリ メールボックスの [回復可能なアイテム] フォルダーから、アーカイブ メールボックスの [回復可能なアイテム] フォルダーに移動します。

メールボックスのアーカイブとExchangeアイテム保持ポリシーの詳細についてを参照してください。

LinkedIn ラーニングのショート アイコンです。 Office 365 を初めてお使いの場合は
、LinkedIn ラーニングによって提供された Office 365 管理者および IT プロフェッショナル向けの無料のビデオコースをご覧ください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×