Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターからコンテンツ検索結果をエクスポートする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

コンテンツ検索の実行が成功した後で、検索結果をローカル コンピューターにエクスポートすることができます。メールの結果をエクスポートすると、PST ファイルとしてコンピューターにダウンロードされます。SharePoint サイトと OneDrive for Business サイトからコンテンツをエクスポートすると、ネイティブ Office ドキュメントのコピーがエクスポートされます。エクスポート対象の検索結果と一緒にダウンロードされるドキュメントとレポートもあります。

さらに、コンテンツ検索の結果に含まれる RMS で暗号化されたメール メッセージは、エクスポートすると (個別のメッセージとして) 暗号化が解除されます。この暗号化解除機能は、電子情報開示マネージャー役割グループのメンバーには既定で有効になります。これは、この役割グループには RMS 暗号化解除管理の役割が割り当てられるためです。検索結果をエクスポートするときの RMS 暗号化解除については、「詳細情報」セクションを参照してください。

コンテンツ検索の結果のエクスポートでは、結果を準備してから、ローカル コンピューターにそれをダウンロードします。

手順 1: エクスポートに備えて検索結果を準備する

手順 2: 検索結果をダウンロードする

検索結果のエクスポートに関する詳細情報

始める前に

  • 検索結果をエクスポートするには、Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センター でエクスポート管理の役割が割り当てられている必要があります。この役割は、組み込みの電子情報開示管理者役割グループに割り当てられています。既定では組織管理の役割グループに割り当てられていません。詳細については、「Assign eDiscovery permissions in the Office 365 Security & Compliance Center」 (Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターで電子情報開示アクセス許可を割り当てる) を参照してください。

  • 検索結果のエクスポートで使用するコンピューターが次のシステム要件を満たしている必要があります。

    • Windows 7 以降の 32 ビットまたは 64 ビット バージョン

    • Microsoft .NET Framework 4.7

    • サポートされているブラウザー:

      • Internet Explorer 10 以降のバージョン

        または

      • Google Chrome、ClickOnce 追加でインストールされています。

        注: 検索結果をダウンロードするのには、Mozilla Firefox を使用できません。Firefox の FxClickOnce アドオンが不要になったOffice 365電子情報開示のエクスポート ツールをサポートしているためにです。

  • 検索の結果 (手順 2 で説明する) をダウンロードすると、検索結果のエクスポートに使用するコンピューターで Windows レジストリ設定を構成するダウンロードの速度を拡大できます。詳細については、 Office 365 から電子情報開示検索結果をエクスポートするときのダウンロードの速度を上げるを参照してください。

  • 検索結果をエクスポートする場合に、ローカル コンピューターにダウンロードされる前に、データはマイクロソフト クラウドで一意 Microsoft Azureストレージ領域に保存一時的にします。組織がAzure、これはのエンドポイントに接続できるかどうかを必ず*. blob.core.windows.net (ワイルドカードはエクスポートの一意の識別子を表す)。検索結果のデータは、作成した後の 2 週間にAzure領域から削除されます。

  • 組織がプロキシ サーバーを使用してインターネットと通信している場合、(エクスポート ツールをプロキシ サーバーで認証できるように) 検索結果のエクスポートに使用するコンピューターでプロキシ サーバーの設定を定義する必要があります。これを行うには、Windows のバージョンと一致する場所にある machine.config ファイルを開きます。

    • 32 ビット   %windir%\Microsoft.NET\Framework\[version]\Config\machine.config

    • 64 ビット   %windir%\Microsoft.NET\Framework64\[version]\Config\machine.config

    machine.config ファイルの <configuration> タグと </configuration> タグの間のいずれかの場所に、次の行を追加します。ProxyServer および Port は、組織の正しい値に置き換えてください (例: proxy01.contoso.com:80)。

    <system.net>
         <defaultProxy enabled="true" useDefaultCredentials="true">
           <proxy proxyaddress="http://ProxyServer:Port" 
                  usesystemdefault="False" 
                  bypassonlocal="True" 
                  autoDetect="False" />
         </defaultProxy>
    </system.net>
    
  • 検索結果をエクスポートする際の制限の詳細については、「詳細情報」セクションを参照してください。

  • エクスポートできる PST ファイルの最大サイズは 10 GB です。この既定のサイズを変更するには、検索結果をエクスポートしているコンピューターで Windows レジストリを編集します。「電子情報開示検索結果をエクスポートする際に PST ファイルのサイズを変更する」を参照してください。

ステップ 1: エクスポートに備えて検索結果を準備する

最初のステップは、エクスポートに備えて検索結果を準備することです。検索結果を準備すると、それが Microsoft クラウド内の Azure ストレージ領域にアップロードされます。

  1. https://protection.office.com に移動します。

  2. 職場または学校のアカウントを使用して、Office 365 にサインインします。

  3. セキュリティ/コンプライアンス センター の左側のウィンドウで [検索と調査]、[コンテンツ検索] の順にクリックします。

  4. [コンテンツ検索] ページで、検索を選択します。

  5. 詳細ウィンドウの [結果をコンピューターにエクスポート] で [エクスポートを開始する] をクリックします。

    注: 検索の結果が 7 日より前のものである場合は、検索結果の更新を求められます。この場合、エクスポートを取り消し、選択した検索の詳細ウィンドウの [検索結果の更新] をクリックします。結果が更新された後でもう一度エクスポートを開始します。

  6. [検索結果をエクスポート] ページの [検索結果からこれらのアイテムをエクスポート] で、次のオプションのいずれかを選びます。

    • インデックス付きのアイテムのみをエクスポートする

    • インデックス付きのアイテムとインデックスのないアイテムをエクスポートする

    • インデックスのないアイテムのみをエクスポートする

    インデックス方法アイテムに関する説明はエクスポートの詳細」を参照してください。インデックスのアイテムの詳細については、コンテンツ検索のインデックスのアイテムを参照してください。

  7. [Exchange コンテンツのエクスポート] で、次のオプションのいずれかを選びます。

    • メールボックスごとに 1 つの PST ファイル   検索結果が含まれるユーザー メールボックスごとに 1 つの PST ファイルをエクスポートします。ユーザーのアーカイブ メールボックスからの結果はいずれも同じ PST ファイルに取り込まれます。

    • 1 つの PST ファイルにすべてのメッセージを入れる   検索で指定されたすべてのソース メールボックスからの検索結果を含む 1 つの PST ファイル (Exchange.pst) をエクスポートします。このオプションでは各メッセージのメールボックス フォルダー構造が再生成されます。

    • 1 つのフォルダーのすべてのメッセージを含む 1 つの PST ファイル    1 つの PST ファイルに検索結果をエクスポートします。すべてのメッセージが最上位の 1 つのフォルダーに含まれています。このオプションでは、レビュー担当者がアイテムごとの元のメールボックス フォルダー構造を移動することなく、アイテムを時系列でレビューできます (アイテムは送信日ごとに並べ替えられます)。

    • 個別メッセージ    個別のメール メッセージとして、.msg 形式で検索結果をエクスポートします。このオプションを選択する場合、ファイル システム内のフォルダーにメールの検索結果がエクスポートされます。個別メッセージのフォルダーのパスは、PST ファイルに結果をエクスポートする際に使用するものと同じです。

      重要: エクスポートするときに RMS で暗号化されたメッセージの暗号化を解除するには、メールの検索結果を個別のメッセージとしてエクスポートする必要があります。検索結果を PST ファイルとしてエクスポートした場合、暗号化されたメッセージは暗号化されたままになります。

  8. [重複除去を有効にする] チェックボックスをオンにして、重複したメッセージを除外します。このオプションは、検索のコンテンツ ソースに Exchange メールボックスまたはパブリック フォルダーが含まれている場合にのみ表示されます。

    このオプションを選択すると、検索されたメールボックス内で同じメッセージのコピーが複数見つかった場合でも、メッセージのコピーは 1 つしかエクスポートされません。エクスポート結果レポート (Results.csv) には重複メッセージのすべてのコピーの行が含まれます。そのため、重複メッセージのコピーを含むメールボックス (またはパブリック フォルダー) を識別することができます。重複除去について、および重複アイテムを識別する方法については、「電子情報開示検索結果での重複除去」を参照してください。

  9. SharePoint ドキュメントのすべてのバージョンをエクスポートするには、[SharePoint ドキュメントのバージョンを含めます] チェックボックスをクリックします。このオプションは、検索のコンテンツ ソースに SharePoint サイトまたは OneDrive for Business サイトが含まれている場合にのみ表示されます。

  10. [エクスポートを開始する] をクリックします。

    検索結果はダウンロードに備えて準備されます。すなわち、Microsoft クラウド内の Azure ストレージ領域にアップロードされます。検索結果のダウンロード準備が整ったら、詳細ウィンドウの [結果をコンピューターにエクスポート] の下に [エクスポートする結果をダウンロード] リンクが表示されます。

先頭に戻る

ステップ 2: 検索結果をダウンロードする

次のステップは、Azure ストレージ領域から検索結果をローカル コンピューターにダウンロードすることです。

説明したよう、検索結果のエクスポートに使用するコンピューターで Windows レジストリ設定を構成するダウンロードの速度を拡大できます。詳細については、 Office 365 から電子情報開示検索結果をエクスポートするときのダウンロードの速度を上げるを参照してください。

  1. エクスポートを開始した検索の詳細ウィンドウの [結果をコンピューターにエクスポート] で、[エクスポートする結果をダウンロード] をクリックします。

    [エクスポートした結果をダウンロード] ウィンドウが表示され、コンピューターにダウンロードされる検索結果に関する次の情報が示されます。

    • ダウンロードされるアイテムの数

    • ダウンロードされるアイテムの推定合計サイズ

    • インデックス付きのアイテムまたはインデックスのないアイテムのどちらがエクスポートされるか。インデックスのないアイテムとは、認識された書式を持つアイテム、暗号化されたアイテム、またはその他の理由でインデックスが作成されていないアイテムです。詳細については、「Unindexed items in Content Search」 (検索結果に含まれるインデックスのないアイテム) を参照してください。

    • SharePoint ドキュメントのバージョンがダウンロードされるかどうか。

    • エクスポート準備プロセスの状態。データの準備が完了していなくても検索結果のダウンロードを開始することができます。

  2. [エクスポート キー] で、[クリップボードにコピー] をクリックします。手順 5 でこのキーを使用して、検索結果をダウンロードします。

    重要: 電子情報開示エクスポート ツールは誰でもインストールして起動し、誰でもこのキーを使用して検索結果をダウンロードできるので、パスワードなどのセキュリティ関連の情報を保護する場合と同様に、このキーの保護には十分注意する必要があります。

  3. [結果のダウンロード] をクリックします。

  4. MicrosoftOffice 365電子情報開示エクスポート ツールのインストールを求められた場合は、[インストール] をクリックします。

  5. 電子情報開示エクスポート ツールでは、手順 2 でコピーしたエクスポート キーを適切なボックスに貼り付けます。

  6. [参照] をクリックして、検索結果ファイルをダウンロードする場所を指定します。

  7. [開始] をクリックして、検索結果をコンピューターにダウンロードします。

    電子情報開示エクスポート ツールには、まだダウンロードされず残っているアイテム数 (サイズ) の概算値など、エクスポート プロセスに関する状態情報が表示されます。エクスポート プロセスが完了したら、ダウンロードした場所でファイルにアクセスできます。

先頭に戻る

詳細情報

検索結果のエクスポートの詳細については、以下を参照してください。

エクスポートの制限

エクスポートのレポート

インデックスのないアイテムのエクスポート

個別メッセージまたは PST ファイルのエクスポート

RMS で暗号化されたメッセージの暗号化解除

エクスポートしたアイテムのファイル名

その他

エクスポートの制限

  • セキュリティ/コンプライアンス センター から検索結果をエクスポートする場合には、以下の制限があります。

    • 1 つのコンテンツ検索からエクスポートできるデータ サイズは最大で 2 TB です。検索結果のサイズが 2 TB よりも大きい場合は、日付範囲またはその他の種類のフィルターを使用して検索結果の合計サイズを小さくすることを検討してください。

    • 組織では、1 日あたり最大 2 TB のデータをエクスポートできます。

    • 組織内で同時に実行できるエクスポートは最大で 10 個です。

    • 1 人のユーザーは、同時に最大 3 つのエクスポートを実行できます。

  • エクスポートできる PST ファイルの既定の最大サイズは 10 GB です。つまり、ユーザーのメールボックスからの検索結果が 10 GB を超える場合、メールボックスの検索結果は 2 つ (またはそれ以上) の PST ファイルに分けて別々にエクスポートされます。さらに、すべての検索結果を 1 つの PST ファイルでエクスポートするように選択した場合は、検索結果の合計サイズが 10 GB を超えると、PST ファイルは追加の PST ファイルに分割されます。この既定のサイズを変更するには、検索結果をエクスポートしているコンピューターで Windows レジストリを編集します。「電子情報開示検索結果をエクスポートする際に PST ファイルのサイズを変更する」を参照してください。

    また、1 つのメールボックスからのコンテンツが 10 GB を超えない限り、特定のメールボックスからの検索結果は、複数の PST ファイルに分割されません。1 つのフォルダーのすべてのメッセージに対する検索結果を 1 つの PST ファイルにエクスポートすることを選んだときに、その検索結果が 10 GB を超える場合は、アイテムは引き続き古いものから順番に整理されますが、送信日に基づいて複数の PST ファイルに分割されます。

詳細情報に戻る

エクスポートのレポート

  • 検索結果のエクスポート時には、検索結果に加えて次のレポートも含まれます。

    • エクスポート サマリー   エクスポートの概要が含まれている Excel ドキュメント。これには、検索されたコンテンツ ソースの数、検索結果の予測サイズとダウンロード済みサイズ、エクスポートされたアイテムの予測数と、ダウンロードされたアイテムの数などの情報が含まれます。

    • マニフェスト   検索結果に取り込まれた各アイテムに関する情報を含むマニフェスト ファイル (XML 形式)。

    • ResultsLog   検索結果としてダウンロードされた各アイテムに関する情報を含む Excel ドキュメント。メールの場合、結果ログには各メッセージに関する次のような情報が含まれます。

      • ソース メールボックス内のメッセージの場所 (メッセージがプライマリ メールボックスまたはアーカイブ メールボックスのどちらに存在するかなど)。

      • メッセージの送信日または受信日。

      • メッセージの件名。

      • メッセージの送信者と受信者。

      • 検索結果をエクスポートするときに重複除去オプションを有効にした場合、メッセージが重複メッセージかどうか。重複メッセージには、重複としてメッセージを識別する [項目の重複] 列の値が含まれます。[項目の重複] 列の値には、エクスポートされたメッセージのアイテム ID が含まれます。詳細については、「電子情報開示検索結果での重複除去」を参照してください。

      SharePoint サイトと OneDrive for Business サイトからのドキュメントの場合、結果ログには各ドキュメントに関する次のような情報が含められます。

      • ドキュメントの URL。

      • ドキュメントが置かれているサイト コレクションの URL。

      • 文書の最終更新日。

      • ドキュメントの名前 (結果のログの [件名] 列にある)。

    • インデックスのないアイテム   検索結果に含まれるインデックスのないアイテムに関する情報を含む Excel 文書。検索結果レポートの生成時にインデックスのないアイテムを含めない場合、このレポートがダウンロードされますが、空です。

    • アイテムをスキップします。 検索結果をSharePointとOneDrive for Businessサイトからエクスポートするときに、エクスポートはレポート (SkippedItems.csv) をスキップした項目を通常が含まれます。このレポートに示されているアイテムは、通常、フォルダー、ドキュメントなど、ダウンロードされませんアイテムを設定します。この種類のアイテムをエクスポートしないは仕様です。スキップされたその他のアイテムのスキップした項目のレポートの [エラーの詳細] フィールドと"エラーの種類] 理由アイテムはスキップされ、他の検索結果のダウンロードされませんでしたを表示します。

    注: 実際の検索結果をエクスポートすることなく、これらのドキュメントのみをエクスポートできます。「コンテンツ検索レポートのエクスポート」を参照してください。

詳細情報に戻る

インデックスのないアイテムのエクスポート

  • メールボックスのアイテムを検索結果にすべてのメールボックスのアイテムを返すコンテンツの検索からエクスポートする場合 (ためキーワード検索クエリに含まれている場合)、インデックス項目は、インデックスの項目を格納する PST ファイルにコピーするされません。これは、通常の検索結果で、インデックスのアイテムを含む、すべてのアイテムは自動的に含まれているためです。つまり、インデックスのアイテムが含まれている、他のインデックスが設定されたアイテムを含む PST ファイルに (または個々 のメッセージ)。

    さらに、インデックスを作成し、インデックスの両方のアイテムをエクスポートする場合、またはすべての項目を返すコンテンツの検索からインデックス付きのアイテムのみをエクスポートする場合は、同じ数のアイテムがダウンロードされます。これは、問題が発生場合でも、コンテンツの検索 ( セキュリティ/コンプライアンス センターで検索の統計情報で表示) の見積もりの検索結果では、インデックスのアイテムの数に別の推定値をなどがあります。たとえば、1,000 のアイテムが検出されることと、200 インデックス アイテムが検出されたもことに (検索クエリでキーワードがない) のすべてのアイテムを含む検索の見積が表示されているとします。この例では、1,000 のアイテムは、検索には、すべてのアイテムが返されるために、インデックスのアイテムを追加します。つまり、(お察しのとおり) のように、検索、および 1,200 アイテムではなくによって返される 1,000 の合計項目があります。検索の結果をエクスポートし、インデックスを作成し、インデックスのアイテム (または同様のインデックス付きのアイテム) をエクスポートする選択する場合は、[1,000 項目がダウンロードされます。もう一度、インデックスのアイテムは、すべての項目に戻るには、空の [検索クエリを使用すると、通常の (インデックス) の結果に含まれているためにです。この例で、インデックスのアイテムのみをエクスポートする場合 200 インデックス アイテムだけがダウンロードします。

    なお、ことで、前の例 (インデックスを作成し、インデックスのアイテムをエクスポートするまたはインデックスが設定されたアイテムのみをエクスポートする場合)、エクスポートの概要レポートのエクスポートされた検索結果に含まれているはリスト 1,000 アイテム見積もり項目との 1,000 のダウンロードされたアイテム同じ理由を説明したようします。

  • 結果をエクスポートする検索が、組織内の特定のコンテンツの場所またはすべてのコンテンツの場所の検索である場合は、検索条件に一致するアイテムが含まれているコンテンツの場所からインデックスのないアイテムのみがエクスポートされます。つまり、メールボックスまたはサイトで検索結果が見つからない場合、そのメールボックスまたはサイト内にあるインデックスのないアイテムはエクスポートされません。これは、組織内の多数の場所からインデックスのないアイテムをエクスポートすると、エクスポート エラーの可能性が高まり、検索結果のエクスポートおよびダウンロードにかかる時間が増加する可能性があるためです。

    検索のすべてのコンテンツの場所から、インデックスのアイテムをエクスポートするには、(検索クエリからのキーワードの削除) をすべての項目を返すには、[検索を構成し、検索結果をエクスポートする場合、[インデックス アイテムのみをエクスポートします。

    Thrid エクスポート オプションを使用してインデックス アイテムのみをエクスポートするには
  • SharePointまたはOneDrive for Businessサイトからの検索結果をエクスポートするときに、エクスポート オプションを選択するもインデックスのアイテムをエクスポートする機能が異なります、検索条件に一致する検索されたサイトにインデックスが設定されたアイテムが含まれているかどうか。たとえば、特定SharePointを検索する、またはOneDrive for Businessサイトと検索結果が表示される、し、それらのサイトからのインデックスのアイテムがエクスポートされますなしインデックスとインデックスの両方のアイテムをエクスポートする 2 つ目のエクスポートのオプションを選択する場合。サイトのインデックスが設定されたアイテムは、検索条件に一致は、[インデックスのすべてのアイテムをそのサイトからエクスポートされますインデックスとインデックスの両方のアイテムをエクスポートするときにします。次の図では、サイト、検索条件を満たすインデックスが設定されたアイテムが含まれているかどうかに基づいて、エクスポート オプションについて説明します。

    サイトを検索条件に一致するインデックスが設定されたアイテムが含まれているかどうかに基づくエクスポート オプションを選ぶ
    1. 検索条件に一致するインデックスが設定されたアイテムのみがエクスポートされます。インデックスのアイテムはエクスポートされません。

    2. 検索条件に一致するサイトからのインデックス付きのアイテムがない場合、同じサイトからのインデックスのアイテムはエクスポートされません。インデックス付きのアイテムをサイトからは、検索結果では、そのサイトのインデックスのアイテムがエクスポートされます。つまり、検索条件に一致する項目が含まれているサイトからインデックスの項目のみがエクスポートされます。

    3. サイトを検索条件に一致する項目が含まれているかどうかに関係なく、すべてのサイトからの検索インデックスすべてのアイテムがエクスポートされます。

  • インデックスのないアイテムをエクスポートする場合は、[形式を指定して Exchange のコンテンツをエクスポート] で選択したオプションにかかわらず、インデックスのないメールボックスのアイテムが別個の PST ファイルでエクスポートされます。

個別メッセージまたは PST ファイルのエクスポート

  • メッセージのファイル パス名が Windows の文字数の上限を超えている場合、ファイルのパス名は切り捨てられます。ただし、元のファイル パス名はマニフェストおよび ResultsLog に記載されます。

  • 前述したように、ファイル システム内のフォルダーにメールの検索結果がエクスポートされます。個別メッセージのフォルダー パスによって、ユーザーのメールボックス内のフォルダー パスが複製されます。たとえば "ContosoCase101" という名称で検索を行った場合、メッセージは ~ContosoCase101\<date of export\Exchange\user@contoso.com (Primary)\Top of Information Store\Inbox というフォルダー パスに位置するユーザーの受信トレイに格納されます。

  • 1 つのフォルダーのすべてのメッセージを含む 1 つの PST ファイルのメール メッセージをエクスポートする場合、[削除済みアイテム] フォルダーと [検索フォルダー] フォルダーが PST フォルダーの一番上に含まれます。このフォルダーは空になります。

詳細情報に戻る

RMS で暗号化されたメッセージの暗号化解除

  • 前に説明したように、RMS で暗号化されたメッセージをエクスポートするときに暗号化を解除するには、個別のメッセージとして検索結果をエクスポートする必要があります。検索結果を PST ファイルにエクスポートした場合、RMS で暗号化されたメッセージは暗号化されたままになります。

  • コンテンツ検索の RMS 暗号化解除機能では、検索結果をエクスポートするときに Office 365 メッセージ暗号化 (OME) で暗号化されたメッセージは暗号化解除されません。ただし、OME で暗号化されたメッセージが組織のユーザーにより送信された場合、ユーザーの [送信済み] フォルダーのメッセージのコピーは暗号化されておらず、エクスポート後、表示できます。ただし、OME で暗号化されたメッセージを組織のユーザーが受信した場合、エクスポート後、メッセージの暗号化は解除されません。OME の詳細については、「Office 365 メッセージの暗号化」を参照してください。

  • 暗号化解除されたメッセージは、ResultsLog レポートでわかります。このレポートには [デコード状態] という名前の列があり、この列の値が [デコード済み] の場合はメッセージの暗号化が解除されたことを示します。

  • 現在、この暗号化解除機能には、SharePoint サイトと OneDrive for Business サイトからの暗号化されたコンテンツは含まれません。RMS で暗号化されたメール メッセージのみ、エクスポートのときに暗号化が解除されます。

  • RMS で暗号化されたメール メッセージに同じく暗号化されている添付ファイル (ドキュメントや別のメール メッセージ) がある場合は、最上位レベルのメール メッセージのみの暗号化が解除されます。

  • RMS で暗号化されたメール メッセージをプレビューすることはできません。暗号化されたメッセージを表示するには、エクスポートする必要があります。

  • 他のユーザーが RMS で暗号化されたメッセージの暗号化を解除できないようにする必要がある場合は、(組み込みの電子情報開示マネージャー役割グループをコピーすることで) カスタム役割グループを作成し、そのカスタム役割グループから RMS 解読管理の役割を削除する必要があります。次に、メッセージの暗号化を解除できないようにするユーザーを、そのカスタム役割グループのメンバーとして追加します。

詳細情報に戻る

エクスポートしたアイテムのファイル名

  • ローカル コンピューターにエクスポートされる電子メール メッセージとサイト文書の完全パス名には 260 文字という制限があります (オペレーティング システムによる制限)。エクスポートされるアイテムの完全パス名には、アイテムの元の場所と、検索結果のダウンロード先である、ローカル コンピューター上のフォルダーの場所が含まれます。たとえば、電子情報開示エクスポート ツールで検索結果を C:\Users\Admin\Desktop\SearchResults にダウンロードするように指定した場合、ダウンロードした電子メールの完全パス名は C:\Users\Admin\Desktop\SearchResults\ContentSearch1\03.15.2017-1242PM\Exchange\sarad@contoso.com (Primary)\Top of Information Store\Inbox\Insider trading investigation.msg になります。

    260 文字の上限を超えた場合、アイテムの完全パス名は切り詰められます。

    • 完全パス名が 260 文字を超える場合、ファイル名は上限内に収まるように短くなります。切り詰められたファイル名は、ファイル拡張子を除き、8 文字以上になります。

    • ファイル名を短くした後も、依然として完全パス名が長すぎる場合、アイテムは現在の場所から親フォルダーに移動します。パス名がそれでも長すぎる場合、この過程が繰り返されます。ファイル名を短くし、必要であれば、親フォルダーにもう一度移動します。完全パス名が 260 文字以下になるまで、この過程が繰り返されます。

    • 切り詰められた完全パス名が既に存在する場合、statusmessage(2).msg のように、ファイル名の末尾にバージョン番号が追加されます。

    この問題を軽くするために、パス名の短い場所に検索結果をダウンロードすることを検討してください。たとえば、C:\Results という名前のフォルダーに検索結果をダウンロードすれば、C:\Users\Admin\Desktop\Results という名前のフォルダーにダウンロードする場合より、エクスポートされるアイテムのパス名に追加される文字が少なくなります。

  • サイトのドキュメントをエクスポートする場合にも、文書の元のファイル名を変更することが考えられます。保留に配置されているSharePointまたはOneDrive for Businessサイトから削除されているドキュメントには、この問題が発生します。保留されているサイト上に配置されているドキュメントが削除されると、削除したドキュメントは保持したままライブラリに (保留中のサイトに配置されたときに作成された) をサイトに自動的に移動されます。削除したドキュメントを保持したままライブラリに移動すると、文書の元のファイル名をランダムに生成された、一意の ID が追加されます。たとえば、文書のファイル名がFY2017Budget.xlsxと、そのドキュメントを後から削除され、保持したままライブラリに移動する、 FY2017Budget_DEAF727D-0478-4A7F-87DE-5487F033C81A2000-07-05T10-37-55.xlsxのように保持したままライブラリに移動するドキュメントのファイル名が変更されます。エクスポートされたファイルが変更されたファイル名が保持したままライブラリ内のドキュメントのコンテンツの検索クエリに一致する検索の結果をエクスポートする場合は、この例では、エクスポートされたドキュメントのファイル名をFY2017Budget_DEAF727D-0478-4A7F-87DE-5487F033C81A2000-07-05T10-37-55.xlsxとなります。

    さらに、保留されているサイト上に置かれたドキュメントの変更 (と、サイトのドキュメント ライブラリのバージョン管理を有効になっています)、ファイルのコピーを自動的には保持したままライブラリします。この例では、ランダムに生成された、一意の ID を保持したままライブラリにコピーするドキュメントのファイル名に追加されます。

    競合しているファイル名を防ぐために移動またはコピーを保持したままライブラリにドキュメントのファイル名は、なぜ理由です。詳細については、サイトと保持したままライブラリで、保留を配置する、 SharePoint でインプレースの概要を押したままを参照してください。

詳細情報に戻る

その他

  • すべての検索結果とエクスポート レポートがコンテンツ検索の場合と同じ名前のフォルダーに取り込まれます。エクスポートされたメール メッセージは、Exchange という名前のフォルダーに置かれます。ドキュメントは SharePoint という名前のフォルダーに置かれます。

  • SharePoint サイトと OneDrive for Business サイトにあるドキュメントのファイル システム メタデータは、ドキュメントがローカル コンピューターにエクスポートされても維持されます。すなわち、作成日や最終変更日などのドキュメントのプロパティは、ドキュメントがエクスポートされても変更されません。

先頭に戻る

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×