Office 365 サポート/回復アシスタントで診断ログの収集をオフにする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

既定では、サポートと Office 365 で回復時のアシスタントは、次のシナリオでの問題を解決するために、診断ログを収集します。

  • サポート/回復アシスタントで、ユーザーの問題をツールで解決できない場合に診断ログが収集されることがあります。

  • サポート/回復アシスタントで、ユーザーが高度な診断を実行するように選択した場合に診断ログが収集されます。通常、これは管理者または Microsoft サポート エンジニアの要求に応じて行われます。

    高度な診断が選択されたサポート/回復アシスタントのシナリオ選択画面のスクリーンショット

Office 365 では診断ログを使用して、今後さらに効率的にトラブルシューティングを行うためにツールを改善します。Microsoft サポート エンジニアはこのログを使用して、ユーザーの特定の問題を徹底的に分析することもできます。 組織でデータの共有を制限する必要がある場合、管理者はユーザーが診断ログを収集しないようにレジストリを編集することができます。

警告: レジストリ エディターは上級ユーザー向けのツールです。この記事の手順に慎重に従い、サポート/回復アシスタントのデータ収集のみを変更するようにしてください。レジストリを変更する前に、問題が生じた場合に備えてバックアップを作成してください。バックアップの作成の詳細については、「How to back up and restore the registry in Windows (Windows でレジストリをバックアップして復元する方法)」を参照してください。

オプション 1 - 新しいレジストリ エントリを作成する

サポート/回復アシスタントでデータ収集をオフにするには、以下のレジストリ エントリを作成する必要があります。

サブキー: HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Support and Recovery Assistant

DWORD 値: UploadDiagnosticLogsDisabled

値: 1

レジストリ値の作成の詳細については、「How to add, modify, or delete registry subkeys and values by using a .reg file (.reg ファイルを使用して、レジストリのサブキーと値を追加、変更、または削除する方法)」を参照してください。

場所で、レジストリ エントリをサポート/回復アシスタント診断ログを収集することはできません。再び [ログ収集を後で有効にする場合は、いずれかの値を0に変更したりレジストリ エントリを削除できます。

オプション 2 - 既存のレジストリ サブキーを編集する

以前にサポート/回復アシスタントのレジストリ エントリを作成した場合は、エントリを編集してデータ収集をオフにすることができます。既存のレジストリ サブキーを編集して、データ収集を無効にするには、以下の手順を使用します。

  1. レジストリ エディターを開きます。

  2. 次のレジストリ サブキーの場所に移動します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Support and Recovery Assistant

  3. UploadDiagnosticLogsDisabled という名前の Reg_DWORD をダブルクリックします (UploadDiagnosticLogsDisabled が表示されない場合は、「オプション 1 - 新しいレジストリ エントリを作成する」の手順を使用して追加する必要があります)。

  4. [値データ] で、「1」と入力して [OK] を選択します。

  5. レジストリ エディターを終了します。

このレジストリ値の編集後に、ユーザーが診断ログを収集ことはできません。

サポート/回復アシスタントでデータが収集されるかどうかを確認する

サポート/回復アシスタントでは、以下のいずれかの設定の場合にログ データが収集されます。

  • UploadDiagnosticLogsDisabled DWORD 値が、1 以外に設定されている。

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Support and Recovery Assistantサブキーは表示されません。

関連記事

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×