Office 365 クラウド アプリのセキュリティを使用して、アプリのアクセス権を管理します。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office 365 の高度なセキュリティ管理がOffice 365 Cloud App Securityようになりました

Office 365からの情報を組織内のビジネス ユーザーのダウンロード可能性がありますが、多くのサード パーティの生産性アプリケーションに使用します。可能性のある組織のセキュリティ リスクを指定できます。Office 365 Cloud App Security組織のアプリのアクセス権を管理できます。Office 365データのアクセス許可をユーザーにインストールされているアプリケーションがアクセスを表示するたとえば、アプリ、およびユーザーが、職場または学校のアカウントへのこれらのアプリ アクセスを許可します。

重要: Office 365 Cloud App SecurityOffice 365 Enterprise E5にされています。組織がOffice 365 Enterprise E3などの別のエンタープライズ プランを使用している場合、Office 365 Office 365 Cloud App Securityがのアドオンとして購入できます。(グローバル管理者は、 Office 365管理センターで、選択課金>サブスクリプションを追加します)。プランのオプションの詳細については、すべて Office 365 のビジネス プランを比較するを参照してください。

この記事では、アプリのアクセス許可を管理する場合に移動する場所、アプリを承認または禁止する方法、およびアプリ クエリを作成する方法について説明します。

重要な:アプリのアクセス権はOffice 365 Cloud App Securityポータルで管理します。次のタスクを実行するには、グローバル管理者またはのセキュリティ管理者があります。

  1. https://protection.office.com にアクセスし、Office 365 の職場または学校のアカウントを使用してサインインします (これでセキュリティ/コンプライアンス センターに移動します)。

  2. [警告]、[高度な警告の管理] を選択します。

  3. をクリックして (またはタップ) Office 365 クラウド アプリのセキュリティに移動します。

    セキュリティとコンプライアンス センターで、[Office 365 クラウド アプリのセキュリティに移動する高度な通知の管理] を選びます

    重要: Office 365 Cloud App Securityがまだ有効でない場合は、このページで行うことができます。

  4. [調査]、[アプリの権限] の順に選びます。

    O365 CA ポータルで、[調査] を選びます。

次の表では、アプリのアクセス許可の管理] ページで、コントロールと利用可能なオプションについて説明します。

アイテム

説明

アプリ クエリ バーの基本アイコン

アプリのアクセス許可に問い合わせるための基本的クリエ ビューを示すアイコン

これを選択すると、詳細ビューに切り替わります

([基本] が表示されている場合は、詳細ビューを使用していることになります)。

アプリ クエリ バーの詳細アイコン

アプリのアクセス許可に問い合わせるための詳細クリエ ビューを示すアイコン

これを選択すると、基本ビューに切り替わります

([詳細] が表示されている場合は、基本ビューを使用していることになります)。

アプリの一覧ですべての詳細アイコンを開くか、閉じる

このアイコンをクリックすると、すべてのアプリのすべての詳細が開くか、とじます

このアイコンを選択すると、各アプリの詳細の情報量が増えるか、減ります。

アプリの一覧のエクスポート アイコン

このアイコンをクリックすると、すべてのアプリの csv ファイルがエクスポートされます

このアイコンを選択すると、アプリの一覧、各アプリのユーザー数、アプリに関連付けられているアクセス許可、アクセス許可レベル、アプリの状態、コミュニティ使用レベルを含む CSV ファイルがエクスポートされます。

名前

アプリの名前を表示する場合はこれを使用します。名前を選択すると、その説明、発行元、アプリ Web サイトおよびアプリ ID などの詳細が表示されます。

承認者

Office 365 アカウントにアプリがアクセスすることを承認したユーザーの数を表示する場合は、これを使用します。番号を選択すると、ユーザー アカウントの一覧などの詳細が表示されます。

アクセス許可レベル

アプリのアクセス許可レベルを示すアイコン

Office 365データにアプリをどの程度のアクセスを確認する場合に使用します。アクセス許可レベルを示す]、[] または [高値安値がアプリにユーザーのプロファイルと名前のみアクセスすることを示すことがあります。アプリ、コミュニティの使用、ガバナンス ログに関連するアクティビティに付与詳細については、アクセス許可などを表示するレベルを選択します。

アプリの状態 (禁止承認済み、または未定義)

許可された後、禁止された後、あるいは監理者がいかなる操作も行っていないときのアプリのアクセス許可アイコン

アプリを承認済みまたは禁止としてマークするか、未定義のままにする場合はこれを使用します。

[アプリのアクセス許可を管理] ページで、承認するアプリを見つけ、[承認済みとしてアプリをマークする] アイコンを選択します。

[承認済みとしてアプリをマークする] アイコンを選択する

アイコンが緑に変わります。アプリが承認され、すべての Office 365 ユーザーが利用できます。

注: アプリを承認済みとしてマークしても、エンド ユーザーには影響しません。承認されたアプリに視覚的にマークを付けるのは、まだレビューされていないアプリと区別するためです。

  1. [アプリのアクセス許可を管理] ページで、禁止するアプリを見つけ、[禁止としてアプリをマークする] アイコンを選択します。

    [禁止としてアプリをマークする] アイコンを選択する
  2. ユーザーにアプリが禁止されていることを知らせるかどうかを選択します。

    (推奨) ユーザーに知らせる場合は、[この禁止アプリへのアクセスを許可していたユーザーに通知します] を選択し、カスタム通知メッセージを追加または編集します。

    ユーザーに知らせない場合は、[この禁止アプリへのアクセスを許可していたユーザーに通知します] の選択を解除します。

    禁止されているアプリのメール テンプレート
  3. [アプリの禁止] を選びます。

  1. アプリ クエリ バーで、[詳細] が表示されている場合は、それをクリック (またはタップ) して詳細ビューに移動します ([基本] が表示されている場合は、詳細ビューを使用していることになるため、ビューはそのままにしておきます)。

  2. [フィルターの選択] 一覧を使って、オプションを選びます。次の表に、使用可能なフィルター オプションの概要を示します。

    使用フィルター

    表示内容

    アプリ

    特定の名前を持つアプリ

    アプリの状態

    状態 (承認済み、禁止、または未定義) に基づくアプリ

    コミュニティ使用

    コミュニティ使用レベル (まれ、一般的ではない、または一般的) に基づくアプリ

    アクセス許可レベル

    特定のアクセス許可レベルに基づくアプリ

    アクセス許可

    特定のアクセス許可を必要とするアプリ

    発行元

    特定の発行元からのアプリ

    ユーザー

    特定のユーザーが承認したアプリ

  3. [次の値に等しい] または [次の値と等しくない] を選んでから、フィルターの値を指定します。

  4. 他のフィルターを追加するには、正符号 ( アプリに問い合わせるためのフィルター アイコンを追加する ) を選んでから、手順 2 と 3 を繰り返します。

  5. フィルターを削除するには、フィルター名の横にある x ( アプリに問い合わせるためのフィルター アイコンを削除する ) を選びます。

フィルターは自動的に適用され、アプリの一覧は適宜更新されます。

関連トピック

Office 365 クラウド アプリのセキュリティ (ヘルプと使い方)

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×