Office 365 カスタマー ロックボックス要求

Office 365 管理者は、カスタマー ロックボックス要求を使用することにより、Microsoft サポート エンジニアがデータにアクセスする方法を制御できます。問題が発生した場合、それを修正するために Microsoft サポート エンジニアの助けが必要になることがあります。場合によっては、問題のトラブルシューティングや修正のために、サポート エンジニアがユーザーの Office 365 コンテンツにアクセスすることが必要になります。カスタマー ロックボックス要求を使用すると、サポート エンジニアにデータへのアクセスを許可するかどうかを制御できます。さらに、サポート エンジニアが問題を修正した後の要求やコンテンツ アクセスの削除についても、期限が設けられています。Office 365 がユーザーのデータを使用する方法については、「Security, Privacy and Compliance Information for Office 365 and Microsoft Dynamics CRM Online (Office 365 および Microsoft Dynamics CRM Online のセキュリティ、プライバシー、コンプライアンス)」を参照してください。

カスタマー ロックボックスは、Office 365 E5 プランに含まれています。Office 365 E5 プランを使用していない場合は、他の Office 365 Enterprise プランと組み合わせて、カスタマー ロックボックスのサブスクリプションを別途購入することができます。詳細については、「プランと価格」を参照してください。カスタマー ロックボックスは、Exchange Online、SharePoint Online、OneDrive for Business で利用可能です。

カスタマー ロックボックス要求の例

カスタマー ロックボックス要求の一般的な手順は次のとおりです。

  1. 会社または学校で、一部のユーザーのOffice 365メールボックスに問題が発生しています。

  2. いくつかのトラブルシューティングを行っても問題を修正できないので、Microsoft サポートに対するサポート要求を作成します。

  3. サポート エンジニアは、サービス要求を確認します。問題を修復するには、Exchange Online のコンテンツにアクセスする必要があります。

  4. サポート エンジニアは、カスタマー ロックボックス要求ツールにログインし、保留中のカスタマー ロックボックス要求があることを通知するメールを送信します。すべての要求は、ユーザーが要求を受け取る前に、Microsoft のサポート管理者によって確認されます。

  5. カスタマー ロックボックス要求ツールから、保留中のロックボックス要求があることを通知するメールがユーザーに届きます。

  6. Office 365 管理センターにログインして、受け取った要求を承認します。

    注: ユーザーが要求を拒否するか、または 12 時間以内に承認しない場合、アクセスは自動的に失効します。この場合、特定のサービス問題が引き続き発生する可能性がありますが、エンジニアにコンテンツへのアクセスを許可することにより解決される可能性があります。

  7. サポート エンジニアは承認メッセージを受け取ると、Exchange Online にログインして、問題を修正します。問題が修正された直後に、カスタマー ロックボックス要求は閉じられ、アクセスは失効します。

Office 365 管理センターでカスタマー ロックボックス要求を有効または無効にする

カスタマー ロックボックス要求は、Office 365 管理センターで有効または無効にすることができます。カスタマー ロックボックス要求を有効にすると、Microsoft は、ユーザーのコンテンツにアクセスして問題を修正する前に、ユーザーの承認を得る必要があります。カスタマー ロックボックス要求を有効または無効にするには、次の手順を実行します。

  1. 職場や学校のアカウントで Office 365 にサインインします

  2. Office 365 管理センターに移動します

  3. [設定]、[セキュリティとプライバシー]、[カスタマー ロックボックス] の順に移動します。

    管理センターでのカスタマー ロックボックスの編集

    以前の Office 365 管理センターを使用している場合は、[サービス設定]、[カスタマー ロックボックス] の順に移動します。

    管理センターのカスタマー ロックボックスのサービス設定
  4. [編集] をクリックし、[オン] または [オフ] を切り替えて、ロックボックス要求を有効または無効にします。

    カスタマー ロックボックスの承認要求

Office 365 管理センターでカスタマー ロックボックス要求を承認または拒否する

  1. 職場や学校のアカウントで Office 365 にサインインします

  2. Office 365 管理センターに移動します

  3. [設定]、[サポート]、[お問い合わせ] の順に移動します。

    データ アクセス要求
  4. カスタマー ロックボックス要求を選択して、[承認] または [拒否] を選択します。

以前の Office 365 管理センターの [カスタマー ロックボックス要求] ページをチェックアウトして、すべてのカスタマー ロックボックス要求を表示します。

  1. 職場や学校のアカウントで Office 365 にサインインします

  2. Office 365 管理センターに移動します

  3. [サポート] ページに移動して、[カスタマー ロックボックス要求] をクリックします。

    すべてのデータ アクセス要求の一覧
  4. すべてのサポート要求の一覧をチェックアウトします。

    すべてのデータ アクセス要求の履歴
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×