Office 365 アプリケーションを開くとサブスクリプションに関するお知らせが表示される

Word、Excel、その他の Office アプリケーションを開いたときに Office 365 サブスクリプションの購入、更新、再アクティブ化に関するお知らせが表示された場合、Office を引き続き使用するには操作が必要になります。

通知を止める方法

エラー メッセージを下から選択して手順を表示してください。

どのように表示されるか

アプリケーションの上部に、次の黄色の警告バーのいずれかが表示される場合があります。

[サブスクリプションの更新] バナーと [購入] ボタン

または

[ライセンスの再認証] ボタンと [サブスクリプションの期限切れ] バナーの例

問題の原因

Office 365 サブスクリプションが間もなく期限切れになるか、既に期限切れになっています。引き続き Office を使用するには、Office 365 サブスクリプションを更新する必要があります。

通知をオフにする方法

Office 365 のサブスクリプションを更新するには、次のいずれかの操作を行います。

  • 黄色の警告バーにサブスクリプションの更新が表示される場合は [購入] を選択し、オンラインでサブスクリプションを更新する手順に従います。

  • 黄色の警告バーにサブスクリプションの期限切れが表示される場合は [再アクティブ化] を選択し、[購入] を選択して、Office をオンラインで更新します。販売店から新しい未使用の Office 365 プロダクト キーを購入した場合は、[キーの入力] を選択してください。

サブスクリプションを更新した後、更新メッセージを削除するため、すべての Office アプリケーションを閉じます。サブスクリプションの更新に関するヘルプが必要な場合は、家庭向け Office 365 の更新を参照してください。

お知らせはどのように表示されるか

アプリケーションの上部に、このメッセージと黄色または赤色の警告バーが表示される場合があります。さらに、[使ってみましょう] 画面に Office のプロダクト キーを使用した試用、購入、またはアクティブ化のオプションが表示されることもあります。

問題の原因

Office が新しいデバイスにプレインストールされていた場合、Office の使用を継続するには、Office 365 Solo 試用版を起動するか、または Office を購入する必要があります。

通知をオフにして引き続き Office 365 を使用する方法

新しいデバイスで Office のライセンス認証を行うためのヘルプについては、Office 365、Office 2016、または Office 2013 のライセンス認証に関するページを参照してください。

どのように表示されるか

アプリケーションの上部に、このメッセージと黄色または赤色の警告バーが表示される場合があります。さらに、[使ってみましょう] 画面に Office のプロダクト キーを使用した試用、購入、またはアクティブ化のオプションが表示されることもあります。

問題の原因

Office が新しいデバイスにプレインストールされていた場合、Office の使用を継続するには、Office 365 Solo 試用版を起動するか、または Office を購入する必要があります。

通知をオフにして引き続き Office 365 を使用する方法

新しいデバイスで Office のライセンス認証を行うためのヘルプについては、Office 365、Office 2016、または Office 2013 のライセンス認証に関するページを参照してください。

どのように表示されるか

アプリケーションの上部に黄色の警告バーが表示される場合があります。

[製品のライセンス認証が取り消されました] 警告バーのスクリーンショット

または、次のようなダイアログ ボックスが表示される場合もあります。

[製品のライセンス認証が取り消されました] エラー メッセージを示すスクリーンショット

問題の原因

コンピューターの Office インストールが「Office 365 Solo のインストールを非アクティブにする」に記載されている手順に従って、非アクティブ化されました。これは通常、Office 365 サブスクリプションの一部として Office インストールを削除するために実行されます。共有サブスクリプションの Office 365 を所有している場合は、そのサブスクリプションの所有者が Office インストールを非アクティブ化している可能性があります。

通知をオフにして引き続き Office 365 を使用する方法

使用可能な Office インストールがまだある場合は、[サインイン] を選択し、Office 365 アカウントを入力します。これにより、デバイスが Office 365 サブスクリプションに再度追加されます。Office インストールが残っていない場合は、「Office 365 Solo のインストールを非アクティブにする」に記載されている手順に従って、既存の Office インストールを非アクティブにすることができます。

どのように表示されるか

アプリケーションの上部に黄色の警告バーが表示される場合があります。

[サブスクリプションを確認できませんでした] 警告バーのスクリーンショット

または、次のようなダイアログ ボックスが表示される場合もあります。

[サブスクリプションを確認できませんでした] エラー メッセージのスクリーンショット

問題の原因

Office を使用するために常にオンラインである必要はありませんが、サブスクリプションがアクティブであることを Office が確認できるように、断続的にインターネットに接続する必要があります。Office がサブスクリプションの状態を長期間 (通常は 30 日程度) 確認できない場合、[サブスクリプションを確認できませんでした] というメッセージが表示され、Office が最終的に機能制限モードになります。

通知をオフにする方法

インターネットに再接続し、[再試行] を選択します。

どのように表示されるか

アプリケーションの上部に、次のメッセージのいずれかと共に次の黄色の警告バーが表示される場合があります。

"アカウントに関するお知らせ。Office 365 のサブスクリプションの変更がまだ行われていません。アプリケーションを継続して使えるように、今すぐサインインしてください。"

"更新が必要です。Office 365 のサブスクリプションの変更がまだ行われていません。アプリケーションを継続して使えるように、今すぐ変更を適用してください。"

問題の原因

組織が別の一般法人向け Office 365 に移行すると、ユーザーは新しいプランに付属しているバージョンの Office をインストールする必要があります。Office 2016 を使用している場合は、簡単に Office を更新することができます。Office 2013 を使用している場合は、Office をアンインストールしてから再インストールする必要があります。

通知をオフにする方法

Office を再インストールまたは更新するには、Office 365 プランの切り替え後に Office に表示される “アカウントに関するお知らせ” の手順に従います。

どのように表示されるか

アプリケーションの上部に、次のメッセージと共に次の黄色の警告バーが表示される場合があります。

"アカウントに関するお知らせ。アカウントで問題が発生しました。問題解決のためにご協力ください。"

問題の原因

多くの場合、このメッセージは、Office 365 サブスクリプションのお支払いに問題がある際に表示されます。たとえば、クレジット カードが期限切れになるか取り消されたためにお支払いが拒否された場合、サブスクリプションは失効または一時停止されます。

この問題を解決する方法の詳細については、「Office エラー "アカウントに関するお知らせ: Office 365 サブスクリプションで問題が発生しました"」を参照してください。

どのように表示されるか

赤いタイトル バーの [ライセンスのない製品]、無効になっているインターフェイス、およびメッセージのバナーを示す

このメッセージが表示される場合、さまざまな原因があります。[ライセンスのない製品]、または別のエラー メッセージが表示される場合、「Office のライセンスのない製品というエラーとアクティブ化のエラー」にあるトラブルシューティングのステップを試してください。

何も行わない場合

通知に応答しなければ、Office は最終的に機能制限モードで実行され、[ライセンスのない製品] の通知が表示されます。つまり、ドキュメントを開いて印刷することはできますが、編集したり新規に作成したりすることはできません。

ヒント: それまでの間、Web ブラウザーから無料の Office Online を使用できます。無料版を使用するには、Office.com にアクセスしてください。

Office 365 の更新または購入後も通知が表示される場合

現物またはカードを販売店から購入した場合は、プロダクト キーを入力する必要があることがあります。既に支払いが済んでいる場合でも、箱またはカードにあるプロダクト キーを入力するか、メールの領収書にあるリンク先にジャンプするまでは、サブスクリプションが実際に開始されません。プロダクト キーを使用した Office 365 サブスクリプションの更新のヘルプは、「Renew Office 365 for home」 (家庭向け Office の更新) を参照してください。

サポートに連絡する前に、更新の状態をオンラインで確認します。サブスクリプションが正常に更新されていることを確認するには、サブスクリプションの有効期限を確認します。有効期限が不適切な場合は、Microsoft サポートに連絡してください

さらにサポートが必要な場合のサポート サービス

Office 365 Solo については、サポートにお問い合わせください

職場や学校で Office 365 を使っている場合は、Office 365 の管理者または IT 部門に連絡してください。

ヒント: それまでの間、Web ブラウザーから無料の Office Online を使用できます。無料版を使用するには、Office.com にアクセスしてください。

サポート センターに問い合わせる
お問い合わせ
スキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×