Office 365 を使ってメールを送信するプリンター、スキャナー、LOB アプリケーションの問題を修正する

メール クライアントは、問題が発生すると、対処可能なエラー メッセージを送信します。デバイスやアプリケーションからメールを送信すると、問題を修正するのが難しくなり、役立つ情報があいまいになることがあります。この記事はトラブルシューティングに役立つことがあります。例として、プリンターの構成について説明します。

どのような問題を修正する場合でも、最初の手順では構成を確認します。 構成オプションの詳細な情報については、「How to set up a multifunction device or application to send email using Office 365 (Office 365 を使って、多機能デバイスやアプリケーションがメールを送信するように設定する方法)」を参照してください。

次の 3 つの構成オプションは、使用中のオプションを特定するときに役立ちます。

1. SMTP クライアントでの送信 (推奨)

  • プリンターは Office 365 サーバー "smtp.office365.com" に接続されています。

  • プリンターのメールボックスには、メール アドレスとパスワードが入力されています。

  • このプリンターは、組織内外の連絡先にメールを送信することができます。

多機能プリンターで SMTP クライアントでの送信を使用して Office 365 に接続する方法を示します。

2. 直接送信

  • プリンターは、名前の末尾が "mail.protection.outlook.com" で終わる Office 365 サーバーに接続されています。

  • Office 365 には、組織のネットワークから送信されるメール用のコネクタがありません。

  • プリンターから送信できるのは、組織内のユーザーのみになります。組織外の受信者にはメールを送信できません。

多機能プリンターで Office 365 MX エンドポイントを使用して、組織内の受信者にのみ直接メールを送信する方法を示します。

3. Office 365 SMTP リレー

  • プリンターは、名前の末尾が "mail.protection.outlook.com" で終わる Office 365 サーバーに接続されています。

  • Office 365 には、組織のネットワークから Office 365 に送信するメール用のコネクタがあります。

  • このプリンターは、組織内外の連絡先にメールを送信することができます。

多機能プリンターで SMTP リレーを使用して Office 365 に接続する方法を示します。

SMTP クライアントでの送信の問題を修正する

  1. プリンターに直接入力されている次の設定内容を確認します。

    プリンターの設定

    サーバー/スマート ホスト

    smtp.office365.com

    ポート

    ポート 587 (推奨) またはポート 25

    TLS/StartTLS

    有効

    ユーザー名/メール アドレスとパスワード

    プリンターを使用する Office 365 メールボックスのログイン資格情報

  2. ユーザーが入力したメール アドレスのパスワードをプリンターが要求しなかった場合、プリンターは Office 365 にログインしないで、メールを送信しようとします。SMTP クライアントで送信するには、プリンターが Office 365 にログオンされている必要があります。直接送信する場合や Office 365 SMTP リレーの場合は、ログオンする必要はありません。代わりに、次のオプションのいずれかを検討してください。

  3. プリンターまたはアプリケーションは、メールの設定時に入力したログオン資格情報と同じアドレスからメールを送信する必要があります。プリンターまたはアプリケーションが別のアカウントからメールを送信しようとすると、以下に類似したエラーが発生します。

    5.7.60 SMTP; Client does not have permissions to send as this sender.

    たとえば、アプリケーションの設定で sales@contoso.com のログイン資格情報を入力したのに、アプリケーションが salesperson1@contoso.com からメールを送信しようとしている場合、この操作はサポートされていません。 この例では、代わりに Office 365 SMTP リレーを使用します。

  4. Outlook on the web にログオンすることで、ユーザー名とパスワードをテストして、テスト メールを送信し、アカウントがブロックされていないことを確認します。 ユーザーがブロックされている場合は、「ユーザー、ドメイン、または IP アドレスをスパム電子メール送信後のブロック一覧から削除する」の記事からヘルプを見つけることができます。

  5. 次に、ネットワークから Office 365 に接続できるかどうかをテストします。次の操作を行います。

    1. 指示に従って、デバイスまたはアプリケーションと同じネットワーク上のコンピューターに、Telnet クライアント ツールをインストールします。

    2. telnet と入力して、コマンド ラインからツールを実行します。

    3. open smtp.office365.com 587 と入力します (587 のポート設定を使用している場合は、58725 に変更します)。

    4. Office 365 サーバーに正常に接続されている場合、次に類似した応答行を受け取ります。

      220 BY1PR10CA0041.outlook.office365.com Microsoft ESMTP MAIL Service ready at Mon, 1 Jun 2015 12:00:00 +0000

    5. Office 365 に接続できない場合は、使用しているネットワーク ファイアウォールまたはインターネット サービス プロバイダー (IDP) がポート 587 または 25 をブロックしている可能性があります。この問題を修正して、プリンターからメールを送信できるようにしてください。

  6. これらの問題がどれも当てはまらない場合は、使用しているデバイスは、トランスポート層セキュリティ (TLS) 暗号化の要件を満たしていない可能性があります。デバイスは、バージョン 1.0 以上の TLS をサポートする必要があります。デバイスのファームウェアを更新してこの問題を解決し、TLS が省略可能になっている他の設定オプションのいずれかを試してください。

    TLS の詳細については、「Exchange Online で電子メール接続をセキュリティで保護するために Office 365 で TLS を使用する方法」を参照してください。Cipher Suite Ordering を使った Exchange Online による TLS の使用方法に関する詳しい技術情報については、「Enhancing mail flow security for Exchange Online (Exchange Online のメール フロー セキュリティを強化する)」を参照してください。

この問題にはいくつかの原因が考えられます。

  1. 正しいユーザー名とパスワードが入力されていることを確認します。

  2. プリンターのユーザー名とパスワードで OWA にログインしてみてください。メールを送信して、メールボックスがアクティブで、迷惑メールを送信するときにブロックされていないことを確認します。

  3. 使用しているデバイスやアプリケーションがバージョン 1.0 以上の TLS をサポートしていることを確認します。一番よい方法は、デバイスのファームウェアをアップグレードするか、メールを送受信するアプリケーションを最新バージョンに更新することです。デバイスの製造元に問い合わせ、バージョン 1.0 以上の TLS をサポートしているかどうかを確認してください。

このエラーは、デバイスがログオン資格情報とは異なるアドレスからメールを送信しようとしていることを意味します。たとえば、アプリケーションの設定で sales@contoso.com のログイン資格情報を入力したのに、アプリケーションが salesperson1@contoso.com からメールを送信しようとしている場合などです。アプリケーションまたはプリンターがこのように動作する場合、SMTP クライアントでの送信はこのような例をサポートしていないため、Office 365 SMTP リレーを使用してください。

このエラーは、使用しているプリンターが SMTP クライアントでの送信エンドポイント (smtp.office365.com) に接続していることを意味します。ただし、プリンターは、メッセージを送信する場合にも、メールボックスにログオンする必要があります。このエラーは、プリンターの設定でメールボックスのログオン資格情報が入力されていない場合に発生します。資格情報を入力するオプションがない場合は、このプリンターは SMTP クライアントでの送信をサポートしていません。代わりに、直接送信または Office 365 SMTP リレーを使用してください。「How to set up a multifunction device or application to send email using Office 365 (Office 365 を使って、多機能デバイスやアプリケーションがメールを送信するように設定する方法)」を参照してください。

このエラーは、デバイスが、迷惑メールの禁止リストに指定された Office 365 メールボックスからメールを送信しようとしていることを意味します。ヘルプについては、「ユーザー、ドメイン、または IP アドレスをスパム電子メール送信後のブロック一覧から削除する」を参照してください。

直接送信の問題を修正する

この問題にはいくつかの原因が考えられます。

  1. 直接送信で問題が発生する場合、原因として最も多いのは、IP アドレスがブロックされていることです。スパム対策ツールは、ユーザーの組織から迷惑メールが送信されたことを検出すると、迷惑メールの禁止リストにより、ユーザーの IP アドレスをブロックすることがあります。MXToolbox や WhatIsMyIPAddress などのサード パーティ製のサービスを使用して、IP アドレスが禁止リストに指定されてないかを確認してください。使用している IP アドレスを禁止リストに追加した組織を追跡します。Office 365 では、禁止リストを使用して、弊社のサービスを保護します。ヘルプについては、「ユーザー、ドメイン、または IP アドレスをスパム電子メール送信後のブロック一覧から削除する」を参照してください。

  2. デバイスで問題を排除するには、メールを送信して、Office 365 に接続されていることを確認します。テスト メールを送信するには、「Use Telnet to Test SMTP Communication (Telnet を使用して、SMTP コミュニケーションをテストする)」の記事の手順に従います。Office 365 に接続できない場合、ネットワークまたは ISP がポート 25 を使用して通信をブロックしている可能性があります。この問題を解決できない場合は、代わりに SMTP クライアントでの送信を使用してください。

これは、SMTP クライアントでの送信エンドポイント (smtp.office365.com) に接続されており、直接送信を使用できないことを意味します。直接送信を行うには、Office 365 テナントで MX エンドポイントを使用します。末尾は ".mail.protection.outlook.com" です。「直接送信の詳しい手順」の次の手順に従って、MX エンドポイントを見つけることができます。

これは仕様です。直接送信では、Office 365 にホストされている組織内の受信者にのみメールを送信します。外部の受信者に送信する必要がある場合は、SMTP クライアントでの送信または Office 365 SMTP リレーを使用してください。

IP アドレスを MX エンドポイントに置き換えることはできません。もし置き換えた場合、今後メッセージを送信できなくなります。MX エンドポイントが長すぎる場合は、短いエンドポイント (smtp.office365.com) が含まれている SMTP クライアントでの送信を検討してください。

直接送信の場合、静的 IP アドレスから送信するデバイスの使用をお勧めします。これにより、Sender Policy Framework (SPF) レコードを設定して、迷惑メールとしてメールがマークされることを防ぐことができます。使用している SPF レコードが静的 IP アドレスに設定されていることを確認してください。ネットワークまたは ISP を変更すると、静的 IP アドレスが変更されることがあります。SPF レコードを更新して、この変更を反映させます。 自分の静的 IP アドレスから送信していない場合は、代わりに SMTP クライアントでの送信を検討してください。

Office 365 SMTP リレーで問題を修正する

この問題にはいくつかの原因が考えられます。

  1. Office 365 SMTP リレーで問題が発生する場合、一般的な原因は、IP アドレスがブロックされていることです。スパム対策ツールは、ユーザーの組織から迷惑メールが送信されたことを検出すると、迷惑メールの禁止リストにより、ユーザーの IP アドレスをブロックすることがあります。MXToolbox や WhatIsMyIPAddress などのサード パーティ製のサービスを使用して、IP アドレスが禁止リストに指定されてないかを確認してください。IP アドレスを禁止リストに追加した組織を追跡します。Office 365 では、禁止リストを使用して、弊社のサービスを保護します。ヘルプについては、「ユーザー、ドメイン、または IP アドレスをスパム電子メール送信後のブロック一覧から削除する」を参照してください。

  2. デバイスで問題を排除するには、メールを送信して、Office 365 に接続されていることを確認します。テスト メールを送信するには、「Use Telnet to Test SMTP Communication (Telnet を使用して、SMTP コミュニケーションをテストする)」の記事の手順に従います。Office 365 に接続できない場合、ネットワークまたは ISP がポート 25 を使用して通信をブロックしている可能性があります。この問題を解決できない場合は、代わりに SMTP クライアントでの送信を使用してください。

ネットワークまたは ISP を変更すると、静的 IP アドレスが変更される可能性があります。これにより、コネクタが特定されず、メッセージが外部の受信者に中継されなくなります。新しい IP アドレスを使って、コネクタと SPF レコードを更新します。「Office 365 の SMTP リレーの構成方法」の手順に従って、既存のコネクタの設定を編集します。

Office 365 SMTP リレーでは、静的 IP アドレスからメールを送信するようにデバイスを設定する必要があります。使用している SPF レコードが静的 IP アドレスに設定されていることを確認してください。ネットワークまたは ISP を変更すると、静的 IP アドレスが変更されることがあります。SPF レコードを更新して、この変更を反映させます。 自分の静的 IP アドレスから送信していない場合は、代わりに SMTP クライアントでの送信を検討してください。

関連項目

How to configure IIS for relay with Office 365 (Office 365 により中継用に IIS を構成する方法)

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×