Office 365 への段階的メール移行について知っておくべきこと

Office 365 の展開の一環として、ソース メール システムから Office 365 にユーザー メールボックスの内容を移行できます。時間をかけてこうした作業を行う場合は、段階的移行と呼ばれます。次の状況では、段階的移行をお勧めします。

  • ソース メール システムがMicrosoft Exchange Server 2003 または Microsoft Exchange Server 2007 である。

    注: Exchange 2013 または Exchange 2010 メールボックスの Office 365 への移行に段階的移行を使用することはできません。 代わりに、一括移行またはハイブリッド メール移行を考慮してください。

  • メールボックス数が 2,000 を超えている。

段階的メール移行が利用できない場合、他のオプションについては、メールを Office 365 に移行する方法を参照してください。

考慮事項

注意すべき項目をいくつか示します。

  • 段階的移行が機能するためには、Azure Active Directory 同期を使い、オンプレミスの Active Directory ドメインと Office 365 間でアカウントを同期する必要があります。

  • オンプレミスの Exchange 組織用に使用されるプライマリ ドメイン名は、自身の Office 365 組織に対して検証されたドメインでなければなりません。

  • 移行できるのは、ユーザー メールボックスとリソース メールボックスだけです。 配布グループ、連絡先、メールが有効なユーザーなど、他の受信者タイプは、ディレクトリの同期プロセスによって、Office 365 に移行されます。

  • 不在時返信メッセージはユーザー メールボックスと一緒には移行されません。 ユーザーが、移行前に不在時返信機能をオンにしている場合、この機能は移行後のメールボックスでも引き続き有効になりますが、不在時返信メッセージは空白になります。 このメールボックスにメッセージを送信する人は、不在時返信通知を受け取ることはありません。 不在時返信通知の送信を可能にするには、ユーザーはメールボックスの移行後に不在時返信メッセージを再作成する必要があります。

  • ソース メール システムへの接続を制限していた場合は、接続数を増やすことで、移行パフォーマンスを向上することをお勧めします。 標準的な接続制限には、クライアント/サーバー総接続数、ユーザーあたりの接続数、サーバーまたはファイアウォール上の IP アドレス接続数が含まれます。 これらの接続数を制限しない場合は、この操作をスキップできます。

ユーザーに対する移行の影響

  • 管理者はメールにアクセスできます        メールを移行するには、ソース メール システムのユーザー メールボックスにアクセスする必要があります。

  • ユーザーは新しい Outlook プロファイルを作成する必要があります        メールボックスが移行され、メールが有効なアカウントに、オンプレミス アカウントが変換された後、ユーザーは Outlook に新しい Office 365 プロファイルを作成する必要があります。その後、Outlook は自動的に Office 365 に接続します。

段階的移行の動作方法

段階的移行のための主な手順と、その結果を以下の図に示します。

Exchange から Office 365 への段階的メール移行を実行するためのプロセス

ここでは、図に示された段階的移行について説明します。

  1. 管理者は、オンプレミス環境と Office 365 の間でユーザーのリストを同期します。

    段階的移行の準備の手順を参照してください。

  2. 管理者はコンマ区切り (CSV) ファイルを作成します。移行バッチとして、ファイルには行ごとに、オンプレミス メールボックスを移行する各ユーザーが含まれます。

    移行するメールボックスのリストの作成の手順を参照してください。

  3. 管理者は、Exchange 管理センター の移行ダッシュボードを使用して、段階的移行バッチを作成し、実行します。

    Office 365 をメール システムに接続するメールボックスを移行する段階的移行バッチを開始するの手順を参照してください。

    管理者が移行バッチを開始すると、Exchange Online は以下の操作を実行します。

    • ディレクトリ同期が有効であることを検証します。

    • CSV ファイルに記載されている各ユーザーの Office 365 組織に、メールが有効なユーザーが存在することを確認します。 メールが有効なユーザーが、ディレクトリ同期プロセスの結果として Office 365 に作成されます。

    • 移行バッチ処理で、Office 365 メールの有効なユーザーを各ユーザーの Exchange Online メールボックスに変換します。

    • 初期同期を開始します。 Exchange Online は最大 N 個の移行リクエストを同時に処理します。 N は、移行バッチ用に使用される移行エンドポイントを作成する際、管理者が指定する同時移行の最大数を表します。 既定では、移行バッチのすべてのメールボックスが移行されるまで、一度に 20 個のメールボックスに対して初期同期が実行されます。

    • メール転送を設定します。 オンプレミス メールボックスの TargetAddress プロパティは、Exchange Online メールボックスのメール アドレスを使って構成されます。 このプロセスは、オンプレミス メールボックスに送られるメールが、対応する Exchange Online メールボックスに転送されることを意味します。

  4. このプロセスによって、Exchange Online メールボックスが作成され、CSV ファイルの各ユーザーへのメール転送が構成された後、Exchange Online は管理者にステータス メール メッセージを送信します。このステータス メッセージには、移行に成功したメールボックスの数と、移行できなかったメールボックスの数が記載されます。また、より詳細な情報を含む移行統計情報およびエラー レポートへのリンクも含まれます。この時点で、ユーザーは自身の Exchange Online メールボックスを使い始めることができます。

  5. 初期同期の一部として、Exchange Online は次に、オンプレミス メールボックスから Exchange Online メールボックスにすべてのメール メッセージ、連絡先、予定表アイテムを移行します。 データ移行が完了する時点で、Exchange Online は最終移行レポートを送信します。

  6. 移行バッチが完了し、管理者がそのバッチの全メールボックスの移行の成功を確認した後、その管理者はオンプレミス メールボックスをメールが有効なユーザーに変換できます。

    オンプレミス メールボックスのメールが有効なユーザーへの変換の手順を参照してください。

  7. ユーザーが Outlook によってメールボックスを開くと、Autodiscover サービスはオンプレミス メールボックスへの接続を試みます。 オンプレミス メールボックスをメールが有効なユーザーに変換した後、そのユーザーが新しい Outlook プロファイルを作成すると、Autodiscover サービスはメールが有効なユーザーを使って Outlook を Exchange Online メールボックスに接続します。

  8. 管理者は、新たな移行バッチを作成し、それぞれに対応する CSV ファイルを送信します。

  9. 管理者は新しい移行バッチを実行します。

  10. 管理者はすべての問題を解決します。 バッチに含まれるすべてのオンプレミス メールボックスの移行に成功した後、管理者はその移行バッチを削除します。

    段階的移行バッチの削除の手順を参照してください。

  11. ユーザーはそれぞれの Exchange Online メールボックスを使用できます。

  12. 管理者は、Exchange Online および Office 365 への移行を完了するために、以下に示す事後構成タスクを実行します。

    • ライセンスを Office 365 ユーザーに割り当てる。

    • 自分の Office 365 組織を指示するように MX レコードを構成することで、メールが直接 Exchange Online メールボックスに配信されるようにする。

    • 自分の Office 365 組織用に Autodiscover DNS (Domain Name System) レコードを作成する。

    Office 365 にメールを直接ルーティングするおよび移行後タスクを完了するの手順を参照してください。

    管理者はオンプレミス Exchange Server を使用停止できます (オプション)。

    注: シングル サインオン ソリューションを実装する場合は、少なくとも 1 つの Exchange Server を維持することで、Exchange System Manager (Exchange 2003) または Exchange Management Console/Exchange Management Shell (Exchange 2007) にアクセスして、オンプレミスのメールが有効なユーザーのメール関連属性を管理できるようにすることを強くお勧めします。 Exchange 2007 の場合、維持する Exchange Server には、Hub Transport、Client Access、Mailbox サーバー ロールがインストールされる必要があります。

準備は整いましたか?

Office 365 に移行する準備が整ったら、以下のタスクを実行する必要があります。

  • Microsoft Azure Active Directory Synchronization Tool または Microsoft Azure Active Directory Sync Services (AAD Sync) を使った、Office 365 でのオンプレミス ユーザーの同期と作成。

  • Exchange 管理センター を使った、Exchange Server の構成。

  • 移行が完了した時点で、Office 365 を指示する組織の MX レコードの変更。 他のメール システムは、MX レコードを参照することで、現在使用しているメール システムの場所を特定します。 MX レコードを変更すると、他のメール システムから Office 365 の新しいメールボックスに直接メールを送信できるようになります。

段階的移行を成功させるには、以下の作業に慣れておくことをお勧めします。

  • ディレクトリ同期が機能するように構成または検証します。

  • Outlook Anywhere が機能するように構成または検証します。

  • Excel で、移行するメールボックスのリストを 1 つ以上作成します。

  • Office 365 のステップ バイ ステップ ウィザードを使って移行プロセスを構成および開始します。

  • Autodiscover や MX レコードなど、組織の DNS レコードを追加または変更します。

  • オンプレミス メールボックスのメールを有効にします。

段階的メール移行を開始する準備ができたら、Office 365 への段階的メール移行の実行の手順に従います。

関連項目

Office 365 にメールを移行する方法

PowerShell を使用して Office 365 への段階的移行を実行する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×