Office 365 への一括移行

Office 365 の展開の一環として、ソース メール システムから Office 365 にユーザー メールボックスの内容を移行できます。 このように、全体を一度に移行することをカットオーバー移行といいます。 カットオーバー移行は、以下のような場合にお勧めします。

  • 現在のオンプレミス Exchange 組織が Microsoft Exchange Server 2003、Microsoft Exchange Server 2007、Microsoft Exchange Server 2010、Microsoft Exchange Server 2013 のいずれかである。

  • オンプレミス Exchange 組織のメールボックスの数が 2,000 未満である。

    注: カットオーバー移行は最大 2000 のメールボックスの移行をサポートしていますが、2000 人のユーザーを作成して移行するのにかかる時間の長さから、150 人以下のユーザーにした方が合理的です。

移行を計画する   

Office 365 へのメールのカットオーバー移行を設定するには、綿密な計画が必要です。 移行を始めるにあたり、以下の点に注意してください。

  • メール組織の全体を数日で Office 365 に移行して、Office 365 でユーザー アカウントを管理できます。

  • Exchange のカットオーバー移行を使用すると、最大で 2,000 のメールボックスを Office 365 に移行できます。ただし、150 までのメールボックスしか移行しないことをお勧めします。

  • オンプレミス Exchange 組織で使用しているプライマリ ドメイン名を、Office 365 組織で所有するドメインとして適用する必要があります。

  • 移行が完了した時点で、オンプレミス Exchange メールボックスを持っている各ユーザーは、Office 365 の新規ユーザーになります。 ただし、メールボックスを移行したユーザーにライセンスを割り当てる必要があります。

オンプレミスおよび Office 365 の組織をカットオーバー移行向けにセットアップすると、セットアップ後のタスクがユーザーに影響を及ぼす場合があります。

  • 管理者またはユーザーによるデスクトップ コンピューターの構成が必要        デスクトップ コンピューターを更新して、Office 365 で使用できるようにセットアップする必要があります。 このような処理を行うことで、ユーザーがローカル ユーザーの資格情報を使用して、デスクトップ アプリケーションから Office 365 にサインインできるようになります。 アプリケーションのインストール権限を持つユーザーは、デスクトップを更新して独自にセットアップすることができます。 または、更新プログラムをインストールすることもできます。 更新すると、ユーザーは Outlook 2013、Outlook 2010、または Outlook 2007 からメールを送信できるようになります。

  • メール ルーティングの遅延の可能性        オンプレミス ユーザー宛てのメールは、Office 365 にメールボックスを移行しても、MX レコードが変更されるまで、オンプレミス Exchange メールボックスにルーティングされます。

カットオーバー移行の動作

以下の図は、カットオーバー移行の主な手順を示しています。

Office 365 への一括メール移行を実行するためのプロセス
  1. 管理者が、変更の予定をユーザーに伝えて、ドメイン所有権とドメイン レジストラーを確認します。

  2. 管理者が、カットオーバー移行に備えてサーバーを準備して、メールが有効な空のセキュリティ グループを Office 365 に作成します。

  3. 管理者が、Office 365 をオンプレミス メール システムに接続します (移行エンドポイントの作成といいます)。

  4. 管理者が、メールボックスを移行して、移行を確認します。

  5. Office 365 ライセンスをユーザーに付与します。

  6. 管理者が、メールが直接 Office 365 へルーティングされるように、ドメインを構成します。

  7. 管理者が、ルーティングが変更されたことを確認して、カットオーバー移行バッチを削除します。

  8. 管理者が、Office 365 で移行後のタスク (ユーザーへのライセンスの割り当ておよび自動検出ドメイン ネーム システム (DNS) レコードの作成) を完了して、オプションでオンプレミス Exchange サーバーを使用停止する。

  9. 管理者が、ウェルカム レターをユーザーに送信して、Office 365 に関する情報や新しいメールボックスへのサインイン方法を説明します。

一括移行の準備はできましたか?

以下のセクションを展開して、手順を実行してください。

一括移行を使用してメールボックスを Office 365 に移行する前に、最初に Exchange Server 環境でいくつかの変更を行う必要があります。

注: ディレクトリ同期を有効にしている場合は、カットオーバー移行を実行する前に無効にする必要があります。これは PowerShell を使用して行うことができます。手順については、「Office 365 のディレクトリ同期を無効にする」を参照してください。

  1. オンプレミスの Exchange Server で Outlook Anywhere の構成を行います。   メール移行サービスは、Outlook Anywhere (RPC over HTTP とも呼ばれます) を使用して、オンプレミスの Exchange Server に接続します。Outlook Anywhere は、Exchange 2013に自動的に設定されます。Exchange 2010、Exchange 2007、Exchange 2003 での Outlook Anywhere のセットアップ方法については、以下を参照してください。

  2. Office 365 でカットオーバー移行を実行するには、Outlook Anywhere の構成で、信頼できる認証局 (CA) が発行した証明書を使用する必要があります。 カットオーバー移行のために、Outlook Anywhere と自動検出サービスを証明書に追加します。 証明書のセットアップ手順については、以下を参照してください。:

  3. オプション: Outlook Anywhere を使って Exchange の組織に接続できることを確認する   次のいずれかの方法によって、接続設定をテストします。

    • 会社のネットワークの外部から Outlook を使って、オンプレミスの Exchange メールボックスに接続します。

    • Microsoft Exchange Remote Connectivity Analyzer を使って接続設定をテストします。 Outlook Anywhere (RPC over HTTP) または Outlook Autodiscover テストを使用します。

    • この手順の後半で Office 365 をメール システムに接続したら、接続のテストが自動で行われるのを待ちます。

  4. アクセス権の設定     オンプレミスの Exchange 組織への接続に使用するオンプレミス ユーザー アカウント (移行管理者とも呼ばれる) は、Office 365 へ移行するオンプレミスのメールボックスにアクセスするための権限が必要です。このユーザー アカウントは、この手順の後半で Office 365 からメール システムに接続するときに使用します。

  5. メールボックスを移行するには、管理者は次のいずれかの権限が必要です。

    • 移行管理者には、オンプレミスの各メールボックスに対して FullAccess 権限が割り当てられている必要があります。

      または

    • 移行管理者には、ユーザー メールボックスを格納するオンプレミスのメールボックス データベースの Receive As 権限が割り当てられている必要があります。

    これらの権限の設定方法の手順については、「Office 365 にメールボックスを移行するための Exchange アクセス許可の割り当て」を参照してください。

  6. ユニファイド メッセージング (UM) を無効にする   オンプレミスのメールボックスで UM が有効の場合は、UM を無効にしてから移行を始めます。 移行が完了したら、メールボックスの UM をオンにします。 手順については、「Exchange 2007 でユーザーのユニファイド メッセージングを無効にする」を参照してください。

  7. セキュリティ グループを作成して、代理権限を削除する   メール移行サービスは、オンプレミスの Active Directory グループがセキュリティ グループであるかどうかを検出できないので、移行したグループを Office 365 のセキュリティ グループとしてプロビジョニングすることはできません。 Office 365 のセキュリティ グループを使用する場合は、最初に Office 365 にメールを有効にした空のセキュリティ グループをプロビジョニングしてから、一括移行を開始します。

    また、この移行方法では、メールボックス、メール ユーザー、メールの連絡先、メールが有効なグループのみが移行されます。 Office 365 に移行しないユーザー メールボックスなど、他の Active Directory オブジェクトが移行対象のオブジェクトの管理者または代理として割り当てられている場合は、移行の前にこれをオブジェクトから削除する必要があります。

移行中に、オンプレミスの各メールボックスの Simple Mail Transfer Protocol (SMTP) アドレスを使用して、新しい Office 365 メールボックスのメール アドレスが作成されます。 一括移行を実行するには、オンプレミスのドメインが Office 365 組織の確認済みドメインである必要があります。

  1. 職場や学校のアカウントで Office 365 にサインインします

  2. ドメインのページに移動します

  3. [ドメイン] ページで、[ドメインの追加] をクリックして、ドメイン ウィザードを開始します。

    [ドメインの追加] を選びます。
  4. [ドメインの追加] ページで、オンプレミスの Exchange の組織に使用するドメイン名 (Contoso.com など) を入力して、[次へ] を選びます。

  5. [ドメインの確認] ページで、[GoDaddy にサインイン] (GoDaddy で DNS レコードが管理されている場合) またはその他のレジストラーについては [代わりに TXT レコードを追加する] のいずれかを選び、[次へ] を選びます。

  6. 使用する DNS ホスティング プロバイダーについての手順に従います。 所有権の確認のため、通常は TXT レコードが選択されます。

    手順については、「自分で DNS レコードを管理するときに Office 365 の DNS レコードを作成する」を参照してください。

    TXT または MX レコードを追加したら、15 分ほど待って次の手順に進みます。

  7. Office 365 ドメイン ウィザードで、[完了しました。今すぐご確認ください] を選ぶと、確認ページが表示されます。 [完了] を選びます。

    最初に確認が失敗したら、少し待ってから、やり直してください。

    ドメイン ウィザードの次の手順には進まないでください。 これで、オンプレミスの Exchange 組織を所有していることが確認できたので、メールの移行を続ける準備ができました。

移行エンドポイントには、Office 365 で移行するメールボックスのホストとなるオンプレミス サーバーに接続するための設定と資格情報が含まれています。 移行エンドポイントは、同時に移行するメールボックスの数も定義します。 一括移行では、Outlook Anywhere の移行エンドポイントを作成します。

  1. Exchange 管理センターに移動します。

  2. Exchange 管理センターで、[受信者]、[移行] の順に進みます。

  3. [その他] 詳細アイコン 、[移行エンドポイント] の順に選びます。

    移行エンドポイントを選ぶ。
  4. [移行エンドポイント] ページで、[新規 [新規作成] アイコン ] を選びます。

  5. [移行エンドポイントの種類の選択] ページで、[Outlook Anywhere]、[次へ] を選びます。

  6. [オンプレミス アカウント資格情報の入力] ページで、次のボックスに情報を入力します。

    • 電子メール アドレス 移行するオンプレミスの Exchange 組織のユーザーのメール アドレスを入力します。Office 365 で、このユーザーのメールボックスへの接続がテストされます。

    • 特権を持つアカウント     オンプレミスの組織に必要な管理者権限を持つアカウントのユーザー名 (ドメイン\ユーザー名形式またはメール アドレス) を入力します。Office 365 は、このアカウントを使用して移行エンドポイントを検出し、指定のメール アドレスでメールボックスにアクセスを試みて、このアカウントに割り当てられた権限をテストします。

    • 特権アカウントのパスワード管理者アカウントである特権アカウントのパスワードを入力します。

  7. [次へ] を選んで、次のいずれかの操作を行います。

    • Office 365 からソース サーバーへの接続に成功した場合、接続設定が表示されます。 [次へ] を選びます。

      Outlook Anywhere エンドポイントの確認された接続
    • ソース サーバーへのテスト接続が失敗した場合、以下の情報を指定してください。

      • Exchange サーバー オンプレミス Exchange Server の完全修飾ドメイン名 (FQDN) を入力します。 これは、メールボックス サーバーのホスト名です。 たとえば、EXCH-SRV-01.corp.contoso.com のように入力します。

      • [RPC プロキシ サーバー]    Outlook Anywhere の RPC プロキシ サーバーの FQDN を入力します。 通常、プロキシ サーバーは Outlook Web App の URL と同じです。 たとえば、mail.contoso.com は Outlook が Exchange Server に接続するために使うプロキシ サーバーの URL でもあります。

  8. [全般情報の入力] ページで、[移行エンドポイント名] (Test5-endpoint など) を入力します。 他の 2 つのボックスは空白にして、既定値を使用します。

    移行エンドポイント名
  9. [新規作成] を選び、移行エンドポイントを作成します。

    Exchange Online がオンプレミスのサーバーに接続されていることを確認するには、Test-MigrationServerAvailability の例 4 のコマンドを実行できます。

一括移行では、オンプレミスのメールボックスは 1 つの移行バッチで Office 365 に移行されます。

  1. Exchange 管理センターで、[受信者]、[移行] の順に選びます。

  2. [新規] [新規作成] アイコン 、[Exchange Online に移行] の順に選びます。

    [Exchange Online に移行] を選ぶ
  3. [移行の種類の選択] ページで、[カットオーバー移行]、[次へ] の順に選びます。

  4. [移行エンドポイントの確認] ページに、移行エンドポイントの情報がリストされます。 情報を確認して、[次へ] を選びます。

    エンドポイントが確認済みの新しい移行バッチ。
  5. [移動の構成] ページで、移行バッチの名前 (空白または特殊文字を含めない) を入力して、[次へ] を選びます。 移行バッチを作成すると、[移行] ページの移行バッチのリストにバッチ名が表示されます。

  6. [バッチの開始] ページで、次のいずれかを選びます。

    • バッチを自動的に開始する     新しい移行バッチを保存するとすぐに、[同期中] の状態で移行バッチが開始します。

    • 後でバッチを手動で開始する     移行バッチを作成しますが、開始はしません。 バッチの状態は、[作成済み] に設定されます。 移行バッチを開始するには、移行ダッシュボードでバッチを選択して、[開始] を選びます。

  7. [新規] を選び、移行バッチを作成します。

    新しい移行バッチが移行ダッシュボードに表示されます。

移行バッチを作成して、手動で開始するように構成した場合は、Exchange 管理センターを使用して開始することができます。

  1. Exchange 管理センターで、[受信者]、[移行] の順に選びます。

  2. 移行ダッシュボードでバッチを選び、[開始] を選びます。

  3. 移行バッチが正常に開始されたら、移行ダッシュボード上の状態は [同期中] に変わります。

    移行バッチの同期中

同期が機能していること確認する

  • 移行ダッシュボードで同期状態を追跡することができます。 エラーが発生した場合は、ログ ファイルを見ることでエラーの詳細が分かります。

  • 移行の進行に応じて、Office 365 管理センターでユーザーが作成されたことを確認することもできます。

    移行が完了すると、同期状態が [同期済み] になります。

このタスクはオプションですが、実行すると、新しい Office 365 メールボックスに受信するメールの遅延を避けられます。

別の組織の人からメールが送信される場合、送信元のメール システムでメールの送信先が毎回確認されるわけではありません。 代わりに、DNS サーバーの設定 (Time-To-Live (TTL)) に基づいて、メール システムの場所が保存されます。 TTL の期限が切れる前にメール システムの場所を変更した場合、送信者のメール システムでは、まず以前の場所にメールを送信しようとしてから、場所が変更されていることが認識されます。 この場所の変更によって、メールの送信に遅れが生じることがあります。この問題を避ける 1 つの方法は、DNS サーバーが組織外のサーバーに伝える TTL を小さくすることです。これで、他の組織でメール システムの場所を更新する回数が多くなります。

ほとんどのメール システムでは、3,600 秒 (1 時間) などと短い間隔が設定されていれば、1 時間ごとに更新の確認を行います。メールの移行を始める前に、少なくともこの程度に間隔を設定することをお勧めします。この設定にすると、メールを送信するすべてのシステムで、変更に対処する十分な時間がとれます。さらに、Office 365 への最終的な切り替えを行うときに、TTL を長い間隔に戻すことができます。

TTL の設定を変更する場所は、使用しているメール システムの MX レコードです。 これは、公開 DNS システム上に置かれています。 複数の MX レコードがある場合は、それぞれのレコードの値を 3,600 秒以下に設定する必要があります。

DNS 設定の構成に関するヘルプは、「自分で DNS レコードを管理するときに Office 365 の DNS レコードを作成する」を参照してください。

メール システムは、MX レコードと呼ばれる DNS レコードを使用して、メールの送信先を把握しています。メールの移行プロセスの前に、MX レコードはソース メール システムをポイントしていました。Office 365 へのメールの移行が完了したので、MX レコードが Office 365 をポイントするようにします。これで、メールが Office 365 メールボックスに送信されるようになります。準備が整ったときには、MX レコードを移動すると、前のメール システムを無効にすることもできます。

多くの DNS プロバイダーでは、MX レコードを変更するための手順が用意されています。 使用している DNS プロバイダーが含まれていない場合や、一般的な手順を知りたい場合は、MX レコードの一般手順も参照してください。

変更された MX レコードがお客様/パートナーのメール システムで認識されるまでに、最大 72 時間かかる場合があります。 少なくとも 72 時間待ってから、次のタスクの「一括移行バッチを削除する」に進んでください。

MX レコードを変更して、すべてのメールが Office 365 のメールボックスにルーティングされていることを確認したら、メールが Office 365 に送られていることをユーザーに通知します。 この後で、一括移行バッチを削除することができます。 移行バッチを削除する前に、次のことを確認してください。

  • すべてのユーザーが Office 365 メールボックスを使用している。 バッチが削除されると、オンプレミスの Exchange Server のメールボックスに送信されたメールは、対応する Office 365 メールボックスにコピーされません。

  • Office 365 メールボックスが、そのメールボックスにメールが直接送信されるようになってから、1 回以上同期された。 このためには、移行バッチの [最終同期時刻] ボックスの値が、Office 365 メールボックスにメールが直接ルーティングされるようになった時刻より後になるようにします。

一括移行バッチを削除すると、移行サービスによって移行バッチに関連するすべてのレコードが消去され、移行バッチが削除されます。 バッチは、移行ダッシュボードの移行バッチのリストから削除されます。

  1. Exchange 管理センターで、[受信者]、[移行] の順に選びます。

  2. 移行ダッシュボードでバッチを選び、[削除] を選びます。

    注: バッチが削除されるまでに数分かかることがあります。

  3. Exchange 管理センターで、[受信者]、[移行] の順に進みます。

  4. 移行バッチが移行ダッシュボードに一覧表示されなくなったことを確認します。

移行したアカウントの Office 365 ユーザー アカウントにライセンスを割り当ててアクティブにします。    ライセンスを割り当てなければ、猶予期間 (30 日間) の経過後にメールボックスが無効になります。Office 365 管理センターでライセンスを割り当てるには、「一般法人向け Office 365 ライセンスをユーザーに割り当てる」をご覧ください。

メールボックスを Office 365 に移行したら、移行後の作業を完了する必要があります。

  1. ユーザーがメールボックスを取得しやすいように、自動検出 DNS レコードを作成します。    すべてのオンプレミスのメールボックスを Office 365 に移行したら、Office 365 組織に自動検出 DNS レコードを構成できます。この操作を行うと、ユーザーが Outlook やモバイル クライアントで新しい Office 365 メールボックスに簡単に接続できるようになります。 この新しい自動検出 DNS レコードは、Office 365 組織で使用するものと同じネームスペースを使用する必要があります。たとえば、クラウド ベースのネームスペースが cloud.contoso.com の場合、作成する自動検出 DNS レコードは autodiscover.cloud.contoso.com となります。

    使用している Exchange Server をそのままにする場合は、移行後に自動検出の DNS CNAME レコードのポイント先が Office 365 になっていることを内部と外部の DNS 両方で確認して、Outlook クライアントが正しいメールボックスに接続できるようにしてください。

    注: Exchange 2007、Exchange 2010、Exchange 2013 では、Set-ClientAccessServer AutodiscoverInternalConnectionURINull に設定する必要もあります。

    Office 365 は CNAME レコードを使用して、Outlook およびモバイル クライアントの自動検出サービスを実装しています。自動検出の CNAME レコードには、次の情報が含まれている必要があります。

    • [Alias   ]: autodiscover

    • [Target   ]: autodiscover.outlook.com

    詳細については、「自分で DNS レコードを管理するときに Office 365 の DNS レコードを作成する」を参照してください。

  2. オンプレミスの Exchange Server を停止します。    すべてのメールが Office 365 のメールボックスに直接転送されていることを確認して、オンプレミスのメール組織の維持が不要になるか、シングル サインオン ソリューションの導入計画がない場合は、サーバーから Exchange をアンインストールして、オンプレミスの Exchange 組織を削除することができます。

    詳細については、次の記事を参照してください。

    注: Exchange の使用を停止すると、予期しない結果が起こる可能性があります。 オンプレミスの Exchange 組織の使用を停止する前に、Microsoft サポートに連絡することをお勧めします。

LinkedIn ラーニングのショート アイコンです。 Office 365 を初めてお使いの場合は
、LinkedIn ラーニングによって提供された Office 365 管理者および IT プロフェッショナル向けの無料のビデオコースをご覧ください。

関連項目

複数のメール アカウントを Office 365 に移行する方法

移行パスを決定する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×