Office 365 への一括メール移行について知っておくべきこと

Office 365 の展開の一環として、ソース メール システムから Office 365 にユーザー メールボックスの内容を移行できます。 このように、全体を一度に移行することをカットオーバー移行といいます。 カットオーバー移行は、以下のような場合にお勧めします。

  • 現在のオンプレミス Exchange 組織が Microsoft Exchange Server 2003、Microsoft Exchange Server 2007、Microsoft Exchange Server 2010、Microsoft Exchange Server 2013、Exchange Server 2016 のいずれかである。

  • オンプレミス Exchange 組織のメールボックスの数が 2,000 未満である。

    注: カットオーバー移行は最大 2000 のメールボックスの移行をサポートしていますが、2000 人のユーザーを作成して移行するのにかかる時間の長さから、150 人以下のユーザーにした方が合理的です。

カットオーバー移行の適用に該当しない場合、その他のオプションについては、「メールを Office 365 に移行する方法」を参照してください。

考慮事項

Office 365 へのメールのカットオーバー移行を設定するには、綿密な計画が必要です。 移行を始めるにあたり、以下の点に注意してください。

  • メールの構成全体を数日で Office 365 に移行して、Office 365 でユーザー アカウントを管理できます。

  • Exchange のカットオーバー移行を使用すると、最大で 2,000 のメールボックスを Office 365 に移行できます。ただし、150 までのメールボックスしか移行しないことをお勧めします。

  • オンプレミス Exchange 組織で使用しているプライマリ ドメイン名を、Office 365 組織で所有するドメインとして適用する必要があります。

  • 移行が完了した時点で、オンプレミス Exchange メールボックスを持っている各ユーザーは、Office 365 の新規ユーザーになります。 ただし、メールボックスを移行したユーザーにライセンスを割り当てる必要があります。

ユーザーへの影響

オンプレミスおよび Office 365 の組織をカットオーバー移行向けにセットアップすると、セットアップ後のタスクがユーザーに影響を及ぼす場合があります。

  • 管理者またはユーザーによるデスクトップ コンピューターの構成が必要        デスクトップ コンピューターを更新して、Office 365 で使用できるようにセットアップする必要があります。 このような処理を行うことで、ユーザーがローカル ユーザーの資格情報を使用して、デスクトップ アプリケーションから Office 365 にサインインできるようになります。 アプリケーションのインストール権限を持つユーザーは、デスクトップを更新して独自にセットアップすることができます。 または、更新プログラムをインストールすることもできます。 更新すると、ユーザーは Outlook 2013、Outlook 2010、または Outlook 2007 からメールを送信できるようになります。

  • メール ルーティングの遅延の可能性        オンプレミス ユーザー宛てのメールは、Office 365 にメールボックスを移行しても、MX レコードが変更されるまで、オンプレミス Exchange メールボックスにルーティングされます。

カットオーバー移行の動作

以下の図は、カットオーバー移行の主な手順を示しています。

Office 365 への一括メール移行を実行するためのプロセス
  1. 管理者が、変更の予定をユーザーに伝えて、ドメイン所有権とドメイン レジストラーを確認します。

    自分がドメインの所有者であることを確認する」で説明されているハウツー手順を参照してください。

  2. 管理者が、カットオーバー移行に備えてサーバーを準備して、メールが有効な空のセキュリティ グループを Office 365 に作成します。

    カットオーバー移行を準備する」で説明されているハウツー手順を参照してください。

  3. 管理者が、Office 365 をオンプレミス メール システムに接続します (移行エンドポイントの作成といいます)。

    Office 365 をメール システムに接続する」で説明されているハウツー手順を参照してください。

  4. 管理者が、メールボックスを移行して、移行を確認します。

    メールボックスを移行する」で説明されているハウツー手順を参照してください。

  5. Office 365 ライセンスをユーザーに付与します。

  6. 管理者が、メールが直接 Office 365 へルーティングされるように、ドメインを構成します。

    Office 365 にメールを直接ルーティングする」で説明されているハウツー手順を参照してください。

  7. 管理者が、ルーティングが変更されたことを確認して、カットオーバー移行バッチを削除します。

    カットオーバー移行バッチを削除する」で説明されているハウツー手順を参照してください。

  8. 管理者が、Office 365 で移行後のタスク (ユーザーへのライセンスの割り当ておよび自動検出ドメイン ネーム システム (DNS) レコードの作成) を完了して、オプションでオンプレミス Exchange サーバーを使用停止する。

    移行後タスクを完了する」で説明されているハウツー手順を参照してください。

  9. 管理者が、ウェルカム レターをユーザーに送信して、Office 365 に関する情報や新しいメールボックスへのサインイン方法を説明します。

準備は整いましたか?

Office 365 に移行する準備が整ったら、以下のタスクを実行する必要があります。

  • Exchange admin center を使用して、Exchange Server をセットアップします。

  • 移行完了後に組織の MX レコードが Office 365 をポイントするように変更します。他のメール システムは、MX レコードを参照して、現在使用しているメール システムの場所を特定します。MX レコードを変更すると、他のメール システムから Office 365 の新しいメールボックスに直接メールを送信できるようになります。マイクロソフトでは、MX レコードの変更方法について、DNS プロバイダー各社の手順書を用意しています。パブリック DNS サーバーをセットアップする場合、オンプレミス Exchange 組織宛てのすべてのインターネット受信メールが Office 365 にルーティングされるようにするのであれば、組織の MX レコードが Office 365 をポイントするように変更する必要があります。

カットオーバー移行を始める準備ができたら、「Office 365 へのメールのカットオーバー移行の実行」に進んでください。

関連項目

Office 365 にメールを移行する方法

PowerShell を使用して Office 365 へのカットオーバー移行を実行する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×