Office 365 へのネットワーク接続

Office 365 は、世界中のユーザーがインターネット接続を使用してサービスに接続できるように設計されています。サービスの拡大に伴い、インターネットを使ってサービスに接続するユーザーのために、Office 365 のセキュリティ、パフォーマンス、信頼性が強化されます。

Office 365 の使用を計画している場合は、展開プロジェクトの一部として、インターネット接続に関する現在のニーズと予測されるニーズを評価する必要があります。エンタープライズ クラスの展開では、Office 365 の機能とシナリオを利用するうえで、信頼性の高い適切な容量のインターネット接続が不可欠です。

ネットワークの評価を行うユーザーや組織は多様で、それぞれ規模や優先事項が異なります。また、展開プロセスのどの段階で評価を行うかによって、評価対象のネットワークの範囲も異なります。ネットワークの評価を行うために何が必要かについて理解を深めることができるように、使用できるオプションを説明したネットワーク評価ガイドが用意されています。この評価の目的は、Office 365 の導入成功のために、どのようなステップとリソースを展開プロジェクトに加える必要があるかを確認することです。

Skype Operations Framework で規定されているような包括的なネットワーク評価によって、ネットワーク設計の課題に対する可能な解決策や、実装の詳細を確認できます。多くのネットワーク評価では、既存のネットワークやインターネット送信インフラストラクチャの構成または設計に少し変更を加えることによって、Office 365 へのネットワーク接続に対応できることが示されます。

評価によっては、Office 365 へのネットワーク接続のために、ネットワーク コンポーネントに追加投資する必要性が示されることもあります。たとえば、Office 365 へのインターネット接続をサポートするための、WAN 帯域幅やルーティング インフラストラクチャ最適化への投資です。Skype for Business Online メディア品質などのシナリオに関して、Office 365 へのネットワーク接続が規制やパフォーマンス要件の影響を受けることが評価で示される場合もあります。このような追加要件がある場合は、インターネット接続のインフラストラクチャ、ルーティングの最適化、専用の直接接続への投資が必要になる可能性があります。

注: Microsoft では、Azure ExpressRoute の Microsoft ピアリング ルーティング ドメインを確認する方法を変更しました。2017 年 7 月 31 日以降、Azure ExpressRoute のすべてのお客様は、Azure 管理コンソールから PowerShell 経由で直接 Microsoft ピアリングを有効にできます。Microsoft ピアリングを有効にすると、お客様はルート フィルターを作成して、Dynamics 365 顧客契約アプリケーション (旧称 CRM Online) の BGP ルート アドバタイズを受信することができます。Azure ExpressRoute for Office 365 が必要なお客様は、Office 365 のルート フィルターを作成する前に、Microsoft からレビューを取得する必要があります。Office 365 ExpressRoute を有効にするためのレビューを要求する方法については、Microsoft アカウント チームにお問い合わせください。認証されていないサブスクリプションで Office 365 のルート フィルターを作成しようとすると、エラー メッセージが表示されます。

Office 365 のネットワーク評価を計画するときは、次の点を考慮することが重要です。

  • Office 365 は、公開のインターネット上で動作するセキュリティ保護された、信頼できる、高パフォーマンスのサービスです。Microsoft は、サービスのこれらの側面を今後も強化していきます。すべての Office 365 サービスはインターネット接続を経由して利用できます。

  • 可用性、グローバルな到達性、インターネットベースの接続に対応したパフォーマンスなど、Office 365 の主要な側面についての最適化が継続的に進んでいます。たとえば、多くの Office 365 サービスで、拡大を続けるインターネット接続エッジ ノードの利用が進んでいます。この境界ネットワークは、インターネットを経由した接続に最適な近接性とパフォーマンスを実現します。

  • Office 365 に組み込まれている Skype for Business Online の音声、ビデオ、会議などの機能を使用することを考えている場合は、エンドツーエンド ネットワーク評価を完了し、Skype Operations Framework を使用するための要件を満たす必要があります。このような場合は、クラウドの接続性に関する特定の要件を満たすために、ExpressRoute を含む複数のオプションから選択できます。

Microsoft のケース スタディ「Optimizing network performance for Microsoft Office 365」 (Microsoft Office 365 のネットワークのパフォーマンスの最適化) をご覧ください。Office 365 を評価するときに、ネットワーク評価をどこから始めればよいかわからない場合や、ネットワーク設計の課題に対処するために支援が必要な場合は、Microsoft アカウント チームと共同で作業してください。

戻る場合は、ショート リンク https://aka.ms/o365networkconnectivity をご利用ください。

関連項目

Office 365 エンドポイントを管理する

Office 365 接続のトラブルシューティング

Office 365 のネットワーク計画とパフォーマンスのチューニング

Office 365 向け Azure ExpressRoute

Office 365 向け ExpressRoute でのルーティング

Office 365 向け ExpressRoute のネットワーク計画

Office 365 向け ExpressRoute シナリオで BGP コミュニティを利用する (プレビュー)

Skype for Business Online におけるメディアの品質とネットワーク接続性のパフォーマンス

Office 365 URL および IP アドレス範囲

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×