Office 365 の NAT サポート

概要:    ネットワーク アドレス変換 (NAT) を使用して組織内で IP アドレスごとに使用できる正しいクライアント数の概算を把握する方法について詳しく説明します。

以前は、ガイダンスによると、1 つの IP アドレスで Office 365 に接続するために使用する Exchange クライアントの最大数はネットワーク ポートごとに約 2,000 クライアントにすることが推奨されていました。

NAT を使用する理由

NAT を使用すると、企業ネットワーク上の数千人のユーザーが、公開ルーティング可能なわずかな数の IP アドレスを "共有" できます。

ほとんどの企業ネットワークはプライベート (RFC1918) IP アドレス空間を使用しています。 プライベート アドレス空間は、IANA (Internet Assigned Numbers Authority) によって割り当てられ、グローバルなインターネットに対して直接ルーティングされないネットワークのみで使用できます。

プライベート IP アドレス空間上のデバイスがインターネットにアクセスできるようにするために、組織は、ネットワーク アドレス変換 (NAT) またはポート アドレス変換 (PAT) サービスを提供するファイアウォールやプロキシなどのゲートウェイ テクノロジを使用します。 これらのゲートウェイを使用すると、社内デバイスからインターネットに送信されるトラフィック (Office 365 を含む) が、公開ルーティング可能な 1 つ以上の IP アドレスから送信されたトラフィックと見なされるようになります。 社内デバイスからの各送信接続はパブリック IP アドレス上で異なるソース TCP ポートに変換されます。

Office 365 への多くの接続を同時に開く必要がある理由

Outlook は 8 個以上の接続を開くことができます (アドイン、共有予定表、メールボックスなどがある場合)。 Windows ベースの NAT デバイスでは最大 64,000 ポートを使用できるので、ポートを使い果たすまでに最大 8,000 人のユーザーが 1 つの IP アドレスの背後に存在することができます。 Windows 以外の OS ベースのデバイスを NAT に使用している場合、使用している NAT デバイスまたはソフトウェアによって使用可能なポートの合計数は異なります。 この場合、ポートの最大数は 64,000 より少なくなる可能性があります。 使用可能なポート数に影響する要因はほかにもあります。たとえば、Windows 自体で使用できるポートは 4,000 に制限されているため、使用可能なポートの合計数は 60,000 に減ります。Internet Explorer などの同時に接続できる他のアプリケーションのために、追加のポートが必要になることもあります。

Office 365 で 1 つのパブリック IP アドレスの背後で使用できるサポートされるデバイスの最大数を計算する

1 つのパブリック IP アドレスの背後で使用できるデバイスの最大数を確認するには、ネットワーク トラフィックを監視して、クライアントごとのピーク時のポートの使用数を特定する必要があります。 さらに、ポートの使用数のピーク係数 (最小値は 4) を使用する必要があります。 次の式を使用して、IP アドレスごとのサポートされるデバイスの数を計算できます。

1 つのパブリック IP アドレスの背後でサポートされるデバイスの最大数 = (64,000 – 制限されたポート)/(ピーク時のポート使用数 + ピーク係数)

たとえば、Windows によって使用可能なポートが 4,000 ポートに制限され、デバイスごとに必要なポート数が 6 ポートで、ピーク計数が 4 である場合は次のようになります。

1 つのパブリック IP アドレスの背後でサポートされるデバイスの最大数 = (64,000 – 4,000)/(6 + 4)= 6,000

2011 年 9 月の Microsoft Office Outlook 2007 の更新、2011 年 11 月の Microsoft Outlook 2010 の更新、またはそれ以降の更新に含まれる Office 365 ホスティング パックのリリースにより、Outlook (Office Outlook 2007 Service Pack 2 と Outlook 2010 の両方) から Exchange への接続の数は 2 に減らすことができます。

1 つのパブリック IP アドレスの背後で 2,000 を超えるデバイスをサポートする必要がある場合は、以下の手順に従って、サポートされるデバイスの最大数を評価してください。

ネットワーク トラフィックを監視して、クライアントごとのピーク時のポート使用数を確認します。 このデータの収集対象は次のとおりです。

  • 複数の場所

  • 複数のデバイス

  • 複数の時間帯

前述の式を使用して、環境でサポートできる IP アドレスごとの最大ユーザー数を計算します。

その他のパブリック IP アドレス間でクライアントの読み込みを配信する方法はさまざまあります。利用できる手段は、企業のゲートウェイ ソリューションによって異なります。最も簡単なのは、ユーザーのアドレスをスペースで区切り、IP アドレスの番号を各ゲートウェイに静的に "割り当てる" 方法です。また、IP アドレスのプールを使用する方法もあり、これは多くのゲートウェイで提供されています。アドレス プールの利点は、はるかに動的で、ユーザー数が増えても調整が必要になるケースがあまりないことです。

関連項目

Managing Office 365 endpoints (Office 365 エンドポイントを管理する)

Troubleshooting Office 365 connectivity (Office 365 接続のトラブルシューティング)

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×