Office 365 の MDM へのデバイスの登録に関するトラブルシューティング

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

デバイスを Office 365 のモバイル デバイス管理 (MDM) に登録しようとして問題が発生した場合は、ここに一覧された手順を試して、問題を検証します。 一般的な手順で問題が解決しない場合は、後述のセクションのいずれかで、デバイスの種類に応じた固有の手順を参照してください。

最初に試す手順

最初に、次の点を確認します。

  • デバイスが既に Intune などの別のモバイル デバイス管理プロバイダーに登録されていないことを確認します。

  • デバイスが正しい日時に設定されていることを確認します。

  • デバイスの別の Wi-Fi または携帯電話ネットワークに切り替えます。

  • Android または iOS デバイスの場合は、デバイスの Intune ポータル サイト アプリをアンインストールしてから再インストールします。

iOS の携帯電話やタブレット

  • APN 証明書が設定済みであることを確認します。

  • [設定]、[全般]、[プロファイル] (または [デバイス管理]) の順に選んで、管理プロファイルがまだインストールされていないことを確認します。 インストールされている場合は、削除します。

  • "デバイスを登録できませんでした。" というエラー メッセージが表示されたら、Office 365 にサインインして、デバイスにサインインしているユーザーに、Exchange Online を含むライセンスが割り当てられていることを確認します。

  • "プロファイルのインストールに失敗しました" というエラー メッセージが表示される場合は、次のいずれかを試します。

    • Safari がデバイスの既定のブラウザーであること、および Cookie が無効になっていないことを確認します。

    • デバイスを再起動したら portal.manage.microsoft.com に移動し、Office 365 のユーザー ID とパスワードでサインインして、プロファイルの手動インストールを行います。

Windows RT タブレット

Windows Phone

Android フォンまたはタブレット

  • デバイスが Android 4.0 以降を実行していることを確認します。

  • "このデバイスを登録できませんでした。" というエラー メッセージが表示されたら、Office 365 にサインインして、デバイスにサインインしているユーザーに、Exchange Online を含むライセンスが割り当てられていることを確認します。

  • デバイスの通知領域をチェックして、必要なエンド ユーザーの操作で保留になっているものがないかを確認して、ある場合にはそれらの操作を完了します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×