Office 365 の高度なセキュリティ管理を有効にする

Office 365 の高度なセキュリティ管理 は、Office 365 Enterprise E5 で使用するか、別の Office 365 Enterprise サブスクリプションのアドオンとして使用できます。全体管理者またはセキュリティ管理者である場合は、高度なセキュリティ管理 で、セキュリティ/コンプライアンス センター を有効にします。

ヒント: 全体管理者としてサブスクリプションを表示または追加するには、Office 365 にサインインし、[管理]、[課金] の順に選択します。プランのオプションの詳細については、「一般法人向け Office 365 のすべてのプランを比較する」をご覧ください。

高度なセキュリティ管理を有効にする

これらの手順を実行するには、全体管理者またはセキュリティ管理者としてログインしている必要があります。

  1. https://protection.office.com にアクセスし、Office 365 の職場または学校のアカウントを使用してサインインします (これでセキュリティ/コンプライアンス センターに移動します)。

  2. [警告]、[高度な警告の管理] を選択します。

  3. [Office 365 の高度なセキュリティ管理を有効にする] を選択します。

    セキュリティ/コンプライアンス センターで、[警告]、[高度な警告の管理]、[高度なセキュリティ管理に移動] の順に選択します。

  4. [高度なセキュリティ管理に移動] を選択して、高度なセキュリティ管理 ポータルに移動し、レポートを表示したり、ポリシーを作成または編集したりすることができます。

注: 高度なセキュリティ管理 を有効にすると、Office 365 ユーザー アカウントとユーザー アクティビティに関する監査情報が Cloud App Securityに転送されます。これにより、Office 365 が高度な警告、フィルター、およびその他の機能を提供することができ、不審なアクティビティに関する情報を取得し、対策を実行できるようになります。

関連トピック

高度なセキュリティ管理を使い始める
高度なセキュリティ管理 (ヘルプと使い方)

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×