Office 365 の管理者ロールについて

作成協力者: Diane Faigel Kweku Ako Adjei
最終更新日: 2017 年 9 月 5 日

Office 365 には、組織内のユーザーに割り当てることができる一連の管理者ロールがあります。各管理者ロールは一般的なビジネス機能に対応し、組織のユーザーに、Office 365 管理センターで特定のタスクを実行するためのアクセス許可を付与します。

ここでは、使用可能なロールとロールに割り当てられたユーザーができることを説明します。

ロール

Office 365 でできること

グローバル管理者

全体管理者

Skype for Business を含む、使用しているプランのサービスの Office 365 スイート製品ですべての管理機能にアクセスできます。既定では、Office 365 を購入するためにサインアップしたユーザーが、全体管理者になります。

全体管理者は、他の管理者ロールを割り当てることができる唯一の管理者です。組織内の全体管理者は 2 人以上でもかまいません。ベスト プラクティスとして、社内の少数のユーザーのみがこのロールを持つことをお勧めします。これで、ビジネスのリスクが軽減されます。

ヒント: 組織の全体管理者になっているすべてのユーザーの連絡先情報で携帯電話番号と代替メール アドレスが指定されていることを確認します。詳細については、「組織の住所およびその他のプロファイル情報を変更する」を参照してください。

注: Office 365 全体管理者が Office 365 グループを管理するには、Exchange Online のライセンスが必要です。

クレジット カード

課金管理者

購入、サブスクリプション管理、サポート チケット管理、サービス状態の監視を行います。

Exchange Online

Exchange 管理者

Exchange 管理センターを使用して、仕事用のメールボックスと迷惑メール対策ポリシーを管理します。Office 365 管理センターですべてのアクティビティ レポートを表示できます。

詳細については、「Exchange Online の管理者の役割について」を参照してください。

SharePoint 管理者

SharePoint 管理者

SharePoint Online で仕事用のドキュメント ストレージを管理します。この操作は SharePoint 管理センターで行います。また、他のユーザーをサイト コレクション管理者や用語ストア管理者に割り当てることもできます。

SharePoint サイトに割り当てられるアクセス許可は、Office 365 のグローバル管理者ロールから完全に区別されます。サイトに追加されていない場合、またはサイトを作成していない場合は、SharePoint サイトへのアクセス権がないグローバル管理者になることがあります。

このロールのユーザーは、Office 365 管理センターですべてのアクティビティ レポートを表示できます。

詳細については、「SharePoint Online 管理者の役割について」を参照してください。

キー、権限

パスワード管理者

パスワードの再設定、お問い合わせ管理、サービス状態の監視を行います。パスワード管理者は、ユーザーのパスワードの再設定のみ行うことができます。

Skype for Business Online

Skype for Business 管理者

組織の Skype for Business を設定し、Office 365 管理センターですべてのアクティビティ レポートを表示できます。

詳細については、「Skype for Business 管理者の役割について」を参照してください。

スクリーンショット:セキュリティとコンプライアンス アイコン

コンプライアンス管理者

組織のセキュリティとコンプライアンス ポリシーを管理します。コンプライアンス管理者には、Office 365 管理センターセキュリティとコンプライアンス センターExchange Online 管理センターおよび Azure AD 管理ポータルへのアクセス許可があります。

また、Office 365 管理センターでレポートの表示、サービス要求の管理にアクセスすることもできます。

ヘッドセット

サービス管理者

Microsoft でサポート リクエストを開き、サービス ダッシュボードとメッセージ センターを表示できます。サポート チケットを開き、それを読み取る操作以外は "表示のみ" の権限が割り当てられます。

ヒント: Exchange Online、SharePoint Online、Skype for Business の管理者ロールに割り当てられているユーザーは、サービスの管理者ロールにも割り当てられます。これにより、ユーザーは Office 365 管理センターの重要な情報 (サービスの正常性など) の確認や、通知内容の変更および通知のリリースを行うことができます。

ユーザー

ユーザー管理の管理者

パスワードの再設定、サービス状態の監視、ユーザー アカウントの追加と削除、サービスに関するお問い合わせの管理を行います。ユーザー管理の管理者は、全体管理者の削除、他の管理者ロールの作成、全体管理者、課金管理者、Exchange 管理者、SharePoint 管理者、コンプライアンス管理者および Skype for Business 管理者のパスワードの再設定は行えません。

レポート閲覧者の管理者

レポート閲覧者

Office 365 管理センターのアクティビティ レポートOffice 365 導入コンテンツ パックのレポート、レポート API を通じて公開されたレポートをすべて表示できます。

Dynamics 365 のアイコン

Dynamics 365 (オンライン)

ユーザーが Office 365 グローバル管理者ロールに割り当てられると、そのユーザーは自動的に Dynamics 365 (オンライン) のシステム管理者セキュリティ ロールに割り当てられます。

Dynamics 365 のシステム管理者セキュリティ ロールに割り当てられたユーザーは、他のユーザーを Dynamics 365 セキュリティ ロールに割り当てることができます。システム管理者セキュリティ ロールを使用すると、Dynamics 365 のすべての側面を管理できます。Dynamics 365 セキュリティ ロールの詳細については、「サブスクリプション、ライセンス、ユーザー アカウントの管理」を参照してください。

Dynamics 365 のアイコン

Dynamics 365 サービス管理者

この新しいロールを使用すると、ユーザーをテナント レベルでの Dynamics 365 管理に割り当てることができます。より強力な Office 365 グローバル管理者権限を割り当てる必要はありません。Dynamics 365 サービスの管理者は、Dynamics 365 管理センターにサインインしてインスタンスを管理することができます。このロールを持つユーザーは、ユーザー アカウントの管理、サブスクリプションの管理、Office 365 アプリケーション (Exchange や SharePoint など) の設定へのアクセスなど、Office 365 グローバル管理者に制限されている機能は実行できません。

詳細については、「Dynamics 365 サービスの管理者ロールを使用してテナントを管理する」を参照してください。

Power BI 管理者

Power BI 管理者の役割が割り当てられているユーザーは、Office 365 Power BI の利用状況の指標を閲覧できます。組織による Power BI 機能の利用状況も制御できます。Power BI を管理する方法の詳細については、「組織の Power BI を管理する」を参照してください。

Office 365 管理者ロールは Exchange Online、SharePoint Online、Skype for Business Online で何ができますか?

Office 365 の特定の管理者の役割には、Exchange Online、SharePoint Online、Skype for Business Online に対応する役割が用意されています。次の表に、これらの Office 365 管理者の役割が各種 Office 365 サービスでの役割にどのように対応するかを示します。

Office 365 管理者役割

Exchange Online での対応する役割…

SharePoint Online での対応する役割…

Skype for Business Online での対応する役割.....

セキュリティ/コンプライアンス センター での対応する役割

グローバル管理者

Exchange Online 管理者

社内管理者

SharePoint Online 管理者

Skype for Business 管理者

セキュリティ/コンプライアンス センター 管理者 (OrganizationManagement 役割グループのメンバー)

課金管理者

該当なし

該当なし

該当なし

該当なし

パスワード管理者

ヘルプ デスク管理者*

該当なし

ヘルプ デスク管理者

該当なし

サービス管理者

該当なし

該当なし

該当なし

該当なし

ユーザー管理者

該当なし

該当なし

Skype for Business 管理者

該当なし

Exchange 管理者

Exchange Online 管理者

該当なし

該当なし

該当なし

SharePoint 管理者

該当なし

SharePoint Online 管理者

該当なし

該当なし

Skype for Business 管理者

該当なし

該当なし

Skype for Business 管理者

該当なし

コンプライアンス管理者

組織管理

該当なし

該当なし

コンプライアンス管理者

*パスワード管理者ロールを持つユーザーは、Exchange Help Desk ロールを持つユーザーと同じタスクを行うことができますが、メッセージの追跡は行えません。

代理管理

Microsoft パートナーと連携している場合、パートナーに管理者ロールを割り当てることができます。同様にパートナーは、お客様の会社 (またはパートナー会社) のユーザーに管理者ロールを割り当てることができます。たとえば、パートナー会社側で Office 365 の設定と管理を行っている場合、この操作をパートナー会社側で行って欲しい可能性があります。

パートナーは、次の役割を割り当てることができます。

  • グローバル管理者と同等の権限を持つ完全管理。

  • パスワード管理者と同等の権限を持つ制限付き管理。

パートナーがこれらの役割をユーザーに割り当てる前に、使用している Office 365 アカウントにパートナーを代理管理者として追加する必要があります。このプロセスは認定パートナーによって開始されます。パートナーは管理者にメールを送信し、代理管理者となる権限を割り当てるかどうか質問します。手順については、「パートナー関係を承認または削除する」を参照してください。

LinkedIn ラーニングのショート アイコンです。 Office 365 を初めてお使いの場合は
、LinkedIn ラーニングによって提供された Office 365 管理者および IT プロフェッショナル向けの無料のビデオコースをご覧ください。

関連記事

Office 365 で管理者ロールを割り当てる
Office 365 管理センターのアクティビティ レポート

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×