Office 365 の検疫に関する FAQ

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

このトピックには、Office 365 の検疫済みのメールに関するよく寄せられる質問と回答が含まれます。

質問:フィルター処理されたメッセージを検疫に送信するようにサービスを構成するには、どうすればよいですか?

回答: 検疫に送信されるフィッシング詐欺およびマルウェア メッセージを除き、コンテンツがフィルター処理されたメッセージは既定で受信者の迷惑メール フォルダーに送信されます。ただし、管理者は、フィルターされたメッセージがユーザーではなく検疫に送信するコンテンツ フィルター ポリシーを作成することができます。「スパム フィルター ポリシーを構成する」を参照してください。

Q:このサービスには検疫済みメッセージの管理者とユーザーの管理機能はありますか?

A:管理者の場合、Office 365 のセキュリティ/コンプライアンス センターですべての検疫済みメール メッセージを検索し、詳細情報を確認することができます。メッセージの検索後は、特定のユーザーに解放することができます。また、必要に応じて、Microsoft スパム分析チームに誤検知 (迷惑メールではない) としてレポートすることができます。また、今後、その送信者からのメールを常に許可することもできます。「管理者として検疫済みメッセージを検索して解放する」を参照してください。

管理者特権のないユーザーは、次の方法で自分の検疫済みメッセージを管理できます。

  • 検疫のユーザー インターフェイスを使用します。

  • ユーザーのスパム通知メッセージに返信します。ユーザーの管理者は、まずこの機能を有効にする必要があります。

Q:検疫のアクセス権をユーザーに付与するには、どうすればよいですか?

A: まず、ユーザーには有効な職場または学校のアカウントが必要です。オンプレミス メールボックスを保護している EOP ユーザーの場合、ディレクトリ同期を使用して作成された有効なメール ユーザーが必要です。ユーザーを管理する EOP 管理者の場合は、EOP のメール ユーザーの管理に関するページを参照してください。EOP の単体ユーザーの場合は、ディレクトリ同期を使用し、ディレクトリ ベースのエッジ ブロックを有効にすることをお勧めします。ディレクトリ ベースのエッジ ブロックを使用して、無効な受信者に送信されたメッセージを拒否する方法に関するページを参照してください。

Q:どのようなメッセージをフィルター処理し、検疫に送信できますか?

A: フィッシング詐欺メールとマルウェア メールは既定で検疫に送信されますが、スパム メールまたはバルク メールとしてフィルターされたメッセージも検疫に送信できます。また、メール フロー ルールに一致するメールも管理者の検疫に送信されるように、検疫を設定することができます。ユーザーの検疫には、メール フロー ルールに一致するメールは含まれません。

Q:メッセージが検疫に保存される期間はどのくらいですか?

A: 既定では、迷惑メール、一括、フィッシング詐欺、フィルター処理されたまたはマルウェアが含まれているとはされており、検査 15 日のメッセージに検疫されました。検疫メッセージ、メール フロー ルールに一致するには、7 日間の検疫に保持されます。この時間が経過した後は、メッセージは削除され、取得することはできません。

メール フロー ルールに一致した検疫済みメッセージの保存期間はカスタマイズできません。ただし、その他の検疫済みメッセージの保存期間は、コンテンツ フィルター ポリシーの [次の期間スパムを保持する (日)] 設定を変更して短くすることができます。「スパム フィルター ポリシーを構成する」を参照してください。

Q:複数の検疫済みメッセージを同時に解放またはレポートできますか?

A:はい。[メッセージを検疫] ページで複数のメッセージを同時に選び、メッセージを解放するオプションを選びます。

Q:検疫済みメッセージを検索するときにワイルドカードはサポートされますか?特定のドメインの検疫済みメッセージを検索できますか?

A:セキュリティ/コンプライアンス センターの [高度な検索] では、ワイルドカードはサポートされていません。たとえば、送信者を検索するときは、メール アドレスを省略せずに指定する必要があります。

ただし、リモートの Windows PowerShell を使用する場合、管理者は、Get-QuarantineMessage コマンドレットを指定して特定のドメイン (contoso.com など) の検疫済みメッセージを検索できます。

Get-QuarantineMessage | ? {$_.Senderaddress 

また、その結果を Release-QuarantineMessage コマンドレットに渡すことができます。-ReleaseToAll パラメーターを含めると、すべての受信者にメッセージが解放されます。メッセージが解放された後に、そのメッセージをもう一度解放することはできません。

Get-QuarantineMessage | ? {$_.Senderaddress -like "*@contoso.com"}

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×