Office 365 の商用ユーザーが Office 2016 の新機能にいち早くアクセスする方法

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office 365 ProPlus などの Office を含む Office 365 の商用サブスクリプション プランをご使用の組織の管理者の場合は、先行リリース プログラムに登録することによって、Windows デスクトップ用の Office 2016 の新機能にいち早くアクセスできる権利をユーザーに提供できます。先行リリースで新機能に最も早くアクセスするには、組織が Current Channel である必要があります。これらの新機能は 現在のチャネルの初回リリース ビルドで提供されます。

現在のチャネルの初回リリース ビルドは、Office Insider プログラムの Office Insider スローに参加している Office 365 のコンシューマー サブスクライバーが利用可能になったときと同時に、同じ機能を含む Office のプレビュー ビルドとして選択されたユーザーに提供されます。

重要: Office 365 Solo、Office 365 Solo、または Office 365 Solo のサブスクライバーの場合は、次の手順を実行せずに Office Insider Web サイトにアクセスしてサインアップ後、Office Insider ビルドを入手してください。

先行リリースを使用して Office 2016 のプレビュー ビルドをインストールする

ユーザーは次の手順に従って先行リリースを有効にして、Office 365 ポータルから Windows デスクトップ用の Office 2016 のプレビュー版をインストールする必要があります。

  1. 先行リリースを有効にするには、先行リリースを有効にするユーザーの指定を含め、こちらの手順に従ってください

  2. 次に、Office 365 管理センターから、[Office ソフトウェア]、[ソフトウェアのダウンロード設定] に移動します。

  3. [ソフトウェアのダウンロード設定] ページの [PC 用のソフトウェア] で、[2016 バージョン] セクションの [Office] が [オン] および [毎月 (Current channel)] が選択されていることを確認します。

  4. これを実行して、ユーザー https://portal.office.com/OLS/MySoftware.aspxに移動して、職場または学校のアカウントでサインインするように指示します。ユーザーがサインインして、ユーザーは新しい 2016 アプリを使用して Office をインストールするオプションが表示し、次のメモを表示する必要があります。

    管理者が先行リリースを有効にしたので、最新の Office 機能にいち早くアクセスできます。

    このページで、インストールを開始するには、[インストール] を選択する必要があります。

ユーザーに Office を展開する場合は、Office 展開ツールを使用して、上記の手順のように Office の同じリリース ビルドを提供できます。これを行うには、Channel 設定に FirstReleaseCurrent を使用して次のセクションの手順に従います。

Office 2016 の早期のプレビュー ビルドをインストールする (Office Insider ファースト ビルド)

IT 部門のテスターなど、一部のユーザーが最も早期のプレビュー ビルドにアクセスできるようにするには、Office Insider プログラムの Office Insider ファースト レベルからビルドをインストールできます。Office のこれらのプレビュー ビルドをインストールするには、Office 展開ツールを使用する必要があります。Office 365 ポータルからユーザーがファースト レベル ビルドをインストールすることはできません。

重要: Office Insider ファースト レベルは、コンシューマー プログラムであり、エンタープライズの使用ではサポートされません。このレベルは、頻繁にリリースされるプレビュー ビルドをいち早く使用して、問題を特定し、Office の改善のためにフィードバックを提供し、サポートされていないビルドを使用するリスクを厭わないユーザーに最適です。Office Insider ファースト レベルを選択すると、プログラムの使用条件に合意したことになり、これは Office を使用するために Microsoft と合意した内容と置き換わります。

  1. Microsoft ダウンロード センター から最新の Office 展開ツール (Office 2016 バージョン) をダウンロードします。

  2. OfficeDeploymentTool.exe をダブルクリックして、Setup.exe ファイルとサンプルの configuration.xml ファイルを抽出します。setup.exe のバージョンが 16.0.7407.3600 以上であることを確認します。

  3. テキスト エディター (メモ帳など) を使用して、configuration.xml ファイルを次のように編集します。

    <Configuration>
    <Add OfficeClientEdition="32" Channel="InsiderFast">
    <Product ID="O365ProPlusRetail">
    <Language ID="en-us" />
    </Product>
    </Add>
    </Configuration>

    これにより、インターネット上の Office コンテンツ配信ネットワーク (CDN) から 32 ビット版の Office 365 ProPlus が英語でインストールされます。また、新しい Office Insider ファースト ビルドが使用可能になった時点で、CDN から Office が自動的に更新されます。

    注記: 

    • Office の 64 ビット版をインストールする場合は、64 を使用して OfficeClientEdition を設定してください。

    • Office 365 Business または Office 365 Business Premium プランをご利用の場合は、configuration.xml の Product ID に、O365ProPlusRetail ではなく O365BusinessRetail を使用します。

    Project または Visio (これらの製品のサブスクリプションの場合) をインストールする方法など、configuration.xml ファイルの設定の詳細については、 Office 展開ツールの構成オプションを参照してください。

  4. Office をインストールするコンピューターに、setup.execonfiguration.xml をコピーします。Office をインストールするには、インターネット接続が必要です。

    注: Office が既にコンピューターにインストールされている場合は、Office をアンインストールし、次の手順を実行する前にコンピューターを再起動します。

  5. 管理者特権でのコマンド プロンプトから、これらのファイルのコピー先のフォルダーに移動して、次のコマンドを実行します。

    Setup.exe /configure configuration.xml

    これにより、インターネット上の CDN からコンピューターに Office ファイルがコピーされ、インストールが開始します。

  6. インストールが完了したら、Word などの Office アプリを開いて、[ファイル]、[アカウント] の順に移動します。[Office 更新プログラム] セクションで "Office Insider ファースト" が含まれるテキストが表示されます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×