Office 365 の商用ユーザーが Office 2016 の新機能にいち早くアクセスする方法

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

最終更新日: 2017 年 9 月 21日

Office、 Office 365 ProPlusなどが含まれていますOffice 365業者のサブスクリプション プランをある組織の管理者の場合提供できますユーザー Windows デスクトップ用Office 2016の新機能に事前にアクセスできること対象のリリースのプログラムでします。最も早い対象のリリースの新機能にアクセス権を取得するには、毎月のチャンネルで、組織があります。対象のリリースと月次チャネルしている場合は、 月次チャネル (対象指定)リリースの新機能へのアクセスを早期段階が表示されます。

月次チャネル (対象指定)ビルドされていることができるOffice 365コンシューマー サービス サブスクリプションへのOffice 月次チャネル (対象指定)レベルに参加していると同時に、同じ機能が含まれるOfficeのビルドで選択したユーザーに提供します。内部プログラム。

重要: Office 365 Solo、 Office 365 Solo、またはOffice 365 Soloサブスクライバーを場合は、次の手順は従わないでください。代わりに、 Office InsiderビルドをインストールするOffice 内部サイトに移動します。ファイルをクリックすることもできます。 > アカウント > Office の内部プログラムに参加する (対象) のレベルを内部と毎月チャネルの間で切り替えます。

注: 変更するには、年 2017年 9 月から始めてOffice Insiderプログラムのレベルの名前。詳細については、 Office 内部 for Windows デスクトップ用の低速/高速レベル名の変更を参照してください。

インストール毎月チャンネル (対象) は対象のリリースを使用して Office 2016 の作成します。

対象のリリースを有効にして、ユーザーが、 Office 365ポータルからOffice Windows デスクトップ用の月次チャネル (対象指定)ビルドをインストールするには、次の手順を使用します。

  1. 対象のリリースを有効にするには、ユーザーを指定する対象リリースでは、次の手順に従っての一部です。

  2. 次に、Office 365 管理センターから、[Office ソフトウェア]、[ソフトウェアのダウンロード設定] に移動します。

  3. [ソフトウェアのダウンロード設定] ページの [ PC やモバイル デバイス用のソフトウェアOfficeは、 [2016 デスクトップとモバイル アプリ] セクションの下と毎月 (月間チャネル)が選択されていることを確認します。

  4. これが完了したら、 https://portal.office.com/OLS/MySoftware.aspxに移動して、職場または学校のアカウントでサインインするようにします。署名されているが、新しい 2016 アプリを使用して Office をインストールするオプションが表示されます。このノートもわかります。

    Office の最新の機能を事前にアクセスするため、管理者が対象のリリースを有効になります。

    インストールを毎月チャンネル (対象) ビルドをインストールするだけで、クリックします。

ユーザーのOfficeを展開する場合は、上記の手順を提供するように、 Officeの同じ対象リリース ビルドをユーザーに与えるにOffice 2016 展開ツールを使用できます。これを行うには、チャンネルの設定をInsidersを使用することは、次のセクションの手順を実行します。

注: 毎月チャンネル (対象) をインストールするために使用する設定を作成する新しいチャンネルには、関係者が、 FirstReleaseCurrentまたはInsiderSlowの前のチャネルの設定は機能します。

Office 2016 の内部ビルドをインストールします。

最も早いプレビューへのアクセス、IT 部門に担当者を作成より多くの場合は、リリースなど、ユーザーの一部を付与する場合に、 Office 内部プログラムの内部レベルからビルドをインストールすることを許可できます。

内部のインストールにOffice 展開ツールを使用する必要があることに留意を作成します。ユーザーは、 Office 365ポータルから内部レベルの作成をインストールすることはできません。

重要: 内部レベルでは、 Office Insiderコンシューマー プログラムの一部であるし、エンタープライズの使用はサポートされていません。このレベルは、ユーザーが問題を特定するフィードバックの提供をより多くの場合は、リリース、最初のプレビュー ビルドを使用したいユーザーもかまわないでサポートされていないビルド リスクに最適です。プログラムの用語に同意して、内部レベルを選択してOfficeを使用するには、Microsoft の契約をより優先されます。

  1. 最新バージョンのOffice 2016 の展開ツールをMicrosoft ダウンロード センターからダウンロードします。

  2. OfficeDeploymentTool.exe をダブルクリックして、Setup.exe ファイルとサンプルの configuration.xml ファイルを抽出します。

  3. テキスト エディター (メモ帳など) を使用して、configuration.xml ファイルを次のように編集します。

    <Configuration>
    
      <Add OfficeClientEdition="32" Channel="InsiderFast">
    
        <Product ID="O365ProPlusRetail">
    
          <Language ID="en-us" />
    
        </Product>
    
      </Add>  
    
      </Configuration>

    これは、英語から、Office コンテンツ配信ネットワーク (CDN) インターネット上でOffice 365 ProPlusの 32 ビット版をインストールします。Officeも自動的に更新されます、CDN から新しい内部レベル ビルドがある場合。

    注: 

    • 高速化の内部レベルでは、チャンネルの設定はInsiderFastは残ります。

    • 低速の毎月のチャンネル (対象) レベルでは、チャンネル設定がInsiderSlowまたはFirstReleaseCurrentから関係者に変更します。古い設定が削除されてが構成ファイルを既に作成したユーザーの作業を続けられますが。

    • Office の 64 ビット版をインストールする場合は、64 を使用して OfficeClientEdition を設定してください。

    • Office 365 Business または Office 365 Business Premium プランをご利用の場合は、configuration.xml の Product ID に、O365ProPlusRetail ではなく O365BusinessRetail を使用します。

    Project または Visio (これらの製品のサブスクリプションの場合) をインストールする方法など、configuration.xml ファイルの設定の詳細については、 Office 2016 の展開ツールの設定オプションを参照してください。

  4. Setup.exeおよびconfiguration.xmlをOfficeをインストールするコンピューターにコピーします。Officeをインストールするのには、インターネット接続が必要です。

    注: Office が既にコンピューターにインストールされている場合は、Office をアンインストールし、次の手順を実行する前にコンピューターを再起動します。

  5. 管理者特権でのコマンド プロンプトから、これらのファイルのコピー先のフォルダーに移動して、次のコマンドを実行します。

    Setup.exe /configure configuration.xml

    これにより、インターネット上の CDN からコンピューターに Office ファイルがコピーされ、インストールが開始します。

  6. Word] など、 Officeアプリを開き、インストールが完了したら、ファイルに移動 >アカウント[製品情報] セクションで、「Office 内部から」を含むテキストを表示する必要があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×