Office 365 のコンテンツ検索でのインデックスのないアイテム

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターから自動的に実行しているコンテンツの検索には、検索を実行すると、見積もりの検索結果にインデックスのアイテムが含まれます。 インデックスのアイテムは、 Exchangeメールボックスのアイテムをいくつかの理由で検索用インデックスされなかったSharePointサイト上のドキュメントです。Exchangeでインデックス アイテム通常はファイルを含む、インデックスを作成できないファイルの種類の: 電子メール メッセージに追加されます。ここでは、アイテムの検索用インデックスを作成することができない理由と、検索を実行すると、インデックスの項目として返されます。

  • インデックス作成をサポートしていない、またはインデックス作成が無効になっている、ファイルの種類です。

  • ファイルの種類はインデックス作成をサポートしていますが、特定のファイルでインデックス作成エラーが発生しました。

  • メール メッセージに添付されているファイルが多すぎます。

  • メール メッセージに添付されているファイルが大きすぎます。

  • Microsoft 以外のテクノロジでファイルが暗号化されています。

  • ファイルがパスワードで保護されています。

法的な調査の場合、インデックスなしアイテムの確認が必要になることがあります。また、検索結果をローカル コンピューターにエクスポートするとき、または Office 365 Advanced eDiscovery でさらに分析できるように結果を準備するときに、インデックスなしアイテムを含めるように指定することもできます。

目次

検索用インデックスが作成されないファイルの種類

インデックスが作成されないファイルの種類のメッセージやドキュメントを、検索結果で返すことができる

検索結果に含まれるインデックスなしアイテム

検索結果から除外されるインデックスなしアイテム

コンテンツ検索でのメッセージのインデックス作成の制限

インデックスなしアイテムについての詳細

検索用インデックスが作成されないファイルの種類

特定の種類のビットマップなどのファイルや MP3 ファイルに含まれているコンテンツ インデックスを作成することができます。その結果、 ExchangeとSharePoint検索インデックス サーバーでは、次の種類のファイルのフルテキスト インデックス処理を実行しないでください。これらの種類のファイルは、サポートされていないファイルの種類と見なされます。ファイルの種類をフルテキスト インデックス無効になっている、既定でかは、管理者権限があります。サポートされていないと、無効なファイルの種類は、コンテンツ検索のインデックスのアイテムと見なされます。前述のよう、検索を実行、ローカル コンピューターの場合に、検索結果をエクスポートまたはAdvanced eDiscoveryの検索結果を準備する、一連の検索結果でインデックスのアイテムを含めることができます。

サポートされるファイル形式および無効になっているファイル形式の一覧については、次のトピックを参照してください。

先頭に戻る

インデックスが作成されないファイルの種類のメッセージやドキュメントを、検索結果で返すことができる

インデックスが作成されない添付ファイルを含むメール メッセージまたはインデックスが作成されない SharePoint ドキュメントの中には、インデックスなしアイテムとして自動的に返されないものがあります。これは、メール メッセージの Subject プロパティや、ドキュメントの Title または Author プロパティなど、メッセージまたはドキュメントの他のプロパティがインデックス処理されて検索に使用できるためです。たとえば、"financial" のキーワード検索では、メール メッセージの件名またはドキュメントのファイル名やタイトルにこのキーワードが含まれる場合、インデックスなし添付ファイルを含むアイテムが返されます。一方、キーワードがファイルの本文にのみ出現する場合は、メッセージまたはドキュメントはインデックスなしアイテムとして返されます。

同様に、メッセージまたはドキュメントのインデックスが作成されて検索可能な他のプロパティが検索条件を満たす場合、インデックスが作成されない添付ファイルを含むメッセージおよびインデックスが作成されないファイルの種類のドキュメントが、検索結果に含まれます。検索用インデックスが作成されるメッセージのプロパティとしては、送信日と受信日、送信者と受信者、添付ファイルのファイル名、メッセージ本文内のテキストなどがあります。検索用インデックスが作成されるドキュメントのプロパティとしては、作成日と変更日などがあります。したがって、メッセージの添付ファイルがインデックスなしアイテムであったとしても、メッセージまたはドキュメントの他のプロパティの値が検索条件を満たす場合、メッセージは通常の検索結果に含まれます。

セキュリティ/コンプライアンス センターの検索機能を使用して検索できるメールおよびドキュメントのプロパティの一覧については、「コンテンツ検索のキーワード クエリと検索条件」を参照してください。

先頭に戻る

検索結果に含まれるインデックスなしアイテム

組織の特定し、は何か、含まれると、特定の調査に関連しているかどうかを決定するインデックスのアイテムの詳細な分析を実行する必要があります。説明したようは、インデックスのアイテムが検索され、コンテンツの場所では、自動的に見積もりの検索結果に含まれています。検索結果をエクスポートまたはAdvanced eDiscoveryの検索結果を準備するときに、これらのインデックス項目を追加するオプションがあります。 検索結果をエクスポートまたはAdvanced eDiscoveryの準備をしているときに、インデックスのアイテムを含めるには、認識されない形式、暗号化されている、または他の理由によりされなかったのインデックス付きのアイテムを含めるオプションのいずれかを選択します。

インデックスなしアイテムについては次の点に注意してください。

  • コンテンツの検索を実行すると [詳細] ウィンドウで、検索の統計情報の合計数とインデックスのアイテム (検索クエリによって返される) のサイズが表示されます。

  • インデックスなしアイテムを含めて検索結果をエクスポートすると、インデックスのない Exchange アイテムは、アイテムが存在するメールボックスごとに異なる PST ファイルにエクスポートされるか、または、メッセージとして Exchange アイテムをダウンロードするオプションを選択した場合は個別のメッセージとしてエクスポートされます。インデックスのない SharePoint アイテムは、Uncrawlable という名前のフォルダーにエクスポートされます。

  • 結果をエクスポートする検索が、組織内の特定のコンテンツの場所またはすべてのコンテンツの場所の検索である場合は、検索条件に一致するアイテムが含まれているコンテンツの場所からインデックスのないアイテムのみがエクスポートされます。つまり、メールボックスまたはサイトで検索結果が見つからない場合、そのメールボックスまたはサイト内にあるインデックスのないアイテムはエクスポートされません。これは、組織内の多数の場所からインデックスのないアイテムをエクスポートすると、エクスポート エラーの可能性が高まり、検索結果のエクスポートおよびダウンロードにかかる時間が増加する可能性があるためです。

    検索のすべてのコンテンツの場所から、インデックスのアイテムをエクスポートするすべてのアイテムを返します (をキーワードを検索クエリから削除する) に検索を構成して、検索結果をエクスポートするときに、[インデックス アイテムのみをエクスポートする (があるのみアイテムをクリックして、書式設定が認識されない、暗号化されている、または他の理由によりインデックス付きされなかった検索からこれらのアイテムを含む] で)。

  • 検索結果にすべてのメールボックス アイテムを含めるように選択した場合、または検索クエリでキーワードが指定されていないか、日付範囲だけが指定されている場合は、インデックスなしアイテムが含まれる PST ファイルにインデックスなしアイテムがコピーされない場合があります。これは、インデックスなしアイテムを含むすべてのアイテムが、通常の検索結果に自動的に含められるためです。

  • インデックスなしアイテムはプレビューできません。検索によって返されるインデックスなしアイテムを表示するには、検索結果をエクスポートする必要があります。

先頭に戻る

検索結果から除外されるインデックスなしアイテム

検索クエリの条件を満たしていないインデックスなしアイテムは、検索結果にインデックスなしアイテムとして含まれません。つまり、アイテムは検索結果から除外されます。たとえば、すべてのコンテンツが含まれるようにするため、検索でキーワードやプロパティを指定しないものとします。ただし、クエリの日付範囲条件は指定します。インデックスなしアイテムがその日付範囲の外にある場合、インデックスなしアイテムとして結果には含まれません。日付範囲は、インデックスなしアイテムを検索結果から除外する効果的な方法です。

同様に、検索結果をエクスポートするときにインデックスなしアイテムを含めるよう選択した場合、検索結果から除外されたインデックスなしアイテムはエクスポートされません。

このルールの唯一の例外は、電子情報開示ケースに関連付けられているクエリ ベースの保留リストを作成する場合です。クエリベースの保留リストを作成する場合、すべてのインデックスのないアイテムが保留状態になります。これには、検索クエリの抽出条件が一致しないインデックスのないアイテム、日付の範囲の条件の外部に分類されるインデックスのないアイテムが含まれます。クエリベースの保留リストの詳細については、「Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターで電子情報開示ケースを管理する」を参照してください。

コンテンツ検索でのメッセージのインデックス作成の制限

次の表では、Office 365 でのコンテンツ検索でメール メッセージがインデックスなしアイテムまたは部分的インデックス付きアイテムとして返される可能性があるインデックス作成の制限について説明します。

SharePoint のインデックス制限の一覧については、「SharePoint Online の検索制限」を参照してください。

インデックスの制限

最大値

説明

添付ファイルの最大サイズ (Excel ファイルを除く)

150 MB

インデックス作成対象として解析されるメール添付ファイルの最大サイズ。この制限より大きい添付ファイルはインデックス作成対象として解析されず、そのようなファイルが添付されたメッセージはインデックスなしとしてマークされます。

注: 解析は、インデックス作成サービスが添付ファイルからテキストを抽出し、句読点やスペースなどの不要な文字を削除し、テキストを単語に分割して (トークン化と呼ばれます)、インデックスに保存するプロセスです。

Excel ファイルの最大サイズ

4 MB

サイトに存在するかメール メッセージに添付されていて、インデックス作成対象として解析される Excel ファイルの最大サイズ。この制限より大きい Excel ファイルは解析されず、そのようなファイルまたはファイルが添付されたメール メッセージはインデックスなしとしてマークされます。

添付ファイルの最大数

250

インデックス作成対象として解析される、メール メッセージに添付されたファイルの最大数。メッセージの添付ファイルが 250 個を超える場合は、最初の 250 個だけ解析されてインデックスが作成されますが、解析されなかった追加の添付ファイルがあるため、メッセージは部分的にインデックス付きとしてマークされます。

添付ファイルの最大の深さ

30

解析される入れ子になった添付ファイルの最大数。たとえば、メール メッセージに別のメッセージが添付されていて、添付されたメッセージに Word 文書が添付されている場合、Word 文書と添付されたメッセージにインデックスが作成されます。この動作は、最大 30 個の入れ子になった添付ファイルに対して行われます。

添付画像の最大数

0

メール メッセージに添付された画像はパーサーによってスキップされ、インデックスが作成されません。

アイテムの解析に費やされる最大時間

30 秒

インデックス作成対象のアイテムの解析に費やされる時間は最大 30 秒です。解析時間が 30 秒を超えると、アイテムは部分的にインデックス付きとしてマークされます。

最大パーサー出力

200 万文字

インデックスが作成されたパーサーからのテキスト出力の最大量。たとえば、パーサーがドキュメントから 800 万文字を抽出した場合、最初の 200 万文字についてだけインデックスが作成されます。

注釈トークンの最大数

200 万

メール メッセージがインデックス付けされると、各単語には、その単語のインデックス方法を指定する異なる処理命令の注釈が付けられます。処理命令の各セットは、注釈トークンと呼ばれます。Office 365 でのサービスの品質を維持するために、メール メッセージの注釈トークンは 200 万に制限されています。

インデックスの最大本文サイズ

6,700 万文字

メール メッセージの本文の文字数とそのすべての添付ファイルの合計数です。メール メッセージがインデックス付けされると、メッセージの本文およびすべての添付ファイルのすべてのテキストは 1 つの文字列に連結されます。インデックス付けされたこの文字列の最大サイズは、6,700 万文字です。

本文中にある一意のトークンの最大数

100 万

前に説明したとおり、トークンは、コンテンツから抽出したテキストの結果で、句読点とスペースが削除され、インデックスに保存される単語 (トークン) に分割されます。たとえば、"cat, mouse, bird, dog, dog" という語句には 5 つのトークンが含まれます。ただし、一意のトークンはこのうちの 4 つだけです。メール メッセージごとの一意のトークンは 100 万に制限されており、これにより、インデックスがランダムなトークンで大きくなりすぎることを防ぐことができます。

先頭に戻る

インデックスなしアイテムについての詳細

  • 前述したように、メッセージおよびドキュメントのプロパティとメタデータにはインデックスが作成されるので、キーワード検索では、そのキーワードがインデックス付きのメタデータに含まれる場合、結果が返される可能性があります。一方、サポートされないファイルの種類のアイテムのコンテンツにだけキーワードが出現する場合は、その同じキーワード検索で同じアイテムが返されないことがあります。この場合、そのアイテムはインデックスなしアイテムとして返されます。

  • インデックスなしアイテムが検索クエリの条件を満たし、除外されなかったために、検索結果に含まれる場合、そのアイテムは見積検索統計情報にインデックスなしアイテムとしては含まれません。また、検索結果をエクスポートするときのインデックスなしアイテムには含まれません。

  • インデックス作成がサポートされているファイルの種類で、インデックスが作成されている場合でも、インデックス処理または検索のエラーが発生し、それによってファイルがインデックスなしアイテムとして返される場合があります。たとえば、とても大きい Excel ファイルの検索が、部分的には成功しても (最初の 4 MB はインデックスを作成されるため)、ファイル サイズの上限を超えたために失敗するものとします。この場合、同じファイルが検索結果とインデックスなしアイテムとして返される可能性があります。

  • Microsoft のテクノロジを使用して暗号化された添付ファイルは、インデックスを作成されて、検索することができます。Microsoft 以外のテクノロジで暗号化されたファイルは、インデックスを作成されません。

  • S/MIME で暗号化されたメール メッセージはインデックスを作成されません。暗号化されたメッセージに添付ファイルがある場合もない場合も同じです。

  • Information Rights Management (IRM) を使用して保護されているメッセージは、インデックスを作成され、検索クエリに一致した場合は検索結果に含まれます。

先頭に戻る

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×