Office 365 のエンタープライズのシナリオ

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

クラウドに "すべてがそろっている" 場合、時間をかけてクラウドに移行している場合、または業務上の理由からオンプレミス環境を今後も維持する必要がある場合があります。ここでは、各状況について一般的なシナリオを説明します。

サービスとサーバー

クラウド

オンライン サービス   

サーバー インフラストラクチャの管理または従業員が必要な情報にアクセスする方法について心配することなく、業務に集中することができます。

  • 教育機関は、管理者、教師、学生がドキュメントを共同作成し、メールで共同作業するために Office 365 を使用しています。

  • 運送会社は、デスクのない従業員がメール、Yammer、SharePoint Online を使用して組織内で発言するために Office 365 を使用しています。

組織で Office 365 Enterprise を使えるようにしましょう

ハイブリッド

ハイブリッド環境   

多くの組織は、クラウドの機能とオンプレミスの機能を併用する、またはオンラインとオンプレミスのユーザーが共存する、ハイブリッド アプローチを選んでいます。

  • あるコンサルティング会社は、従業員がオンプレミス環境とオンライン環境全体でドキュメントと専門知識を検索できるように、SharePoint にハイブリッド検索を使用しています。

  • ある大学は、Office 365 に移行する中間手順としてハイブリッド SharePoint 環境を使用していました。

ハイブリッド環境の詳細については、ExchangeSharePointSkype for Business のトピックを参照してください。

Azure

Azure との統合   

Microsoft Azure と統合してプラットフォームまたはインフラストラクチャをホストしたり、Office 365 の ID を管理したりすることができます。

  • ある製造会社では、Microsoft Azure にビジネス アプリケーション データを保存し、メールとコラボレーションには Office 365 を使用しています。

インフラストラクチャのオプションと Azure との統合の詳細については、「Office 365 の導入とハイブリッド ソリューション」と「Office 365 とディレクトリ サービスの統合」を参照してください。

オンプレミス サーバー

オンプレミス サーバー   

独自のインフラストラクチャをホストする必要がある会社の場合、オンプレミス サーバーも使用できます。

  • ある金融会社では、すべてのメールとドキュメントをオンプレミスに引き続き保存し、投資業務と銀行業務には別の Exchange 環境と SharePoint 環境を保守しています。

  • ある大学では、独自のオンプレミス メール インフラストラクチャをホストしており、Exchange 2016 と Exchange 2013 の両方を稼働しながら、ユーザーのメールボックスをアップグレードしています。

オンプレミス サーバーについては、Exchange ServerSharePoint ServerSkype for Business Server のドキュメントを参照してください。

Office のクラウドと Office 製品を使用してビジネスに合うソリューションを作成する方法については、「Office 365 の導入とハイブリッド ソリューション」を参照してください。

Office 365ExchangeSharePoint、およびSkype for Businessの他の会社の使用方法について説明します。

Office 365 のクライアント アプリケーション

クラウド

Web ブラウザーから Office を実行する   

Office Online を使用して、ユーザーがクラウドに接続し、ドキュメントの作成と編集ができるようにします。

Office 365 で Office Online の使用を開始する

モニター

ユーザーの環境に Office をインストールする   

Office 365 からユーザーのデスクトップ、ノート PC、モバイル デバイスに Office アプリをダウンロードし、インストールするようにユーザーに指示します。

Office を PC または Mac にインストールする

モバイル デバイスで Office アプリとメールをセットアップする

ツール, メンテナンス

Office の展開方法を管理する   

System Center Configuration Manager などの既存のツールを使用して、ユーザーの Office アプリをインストールします。

Office 365 の Office クライアント アプリケーションを展開する

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×