Office 365 に PST ファイルをインポートするときにデータをフィルター処理する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office 365 インポート サービスの新しいインテリジェント インポート機能を使用すると、PST ファイル内のアイテムをフィルター処理して、インポート先のメールボックスに実際にインポートされるアイテムを指定できます。その手順は次のとおりです。

  • PST インポート ジョブを作成して送信すると、PST ファイルが Microsoft クラウドの Azure ストレージ領域にアップロードされます。

  • Office 365 は、セキュリティで保護された安全な方法で PST ファイル内のデータを分析します。具体的には、メールボックス アイテムの経過時間と、PST ファイルに含まれるさまざまなメッセージの種類を識別します。

  • 分析が完了し、データをインポートする準備ができたら、PST ファイル内のすべてのデータをそのままインポートするか、インポートするデータをトリミングするかを選ぶことができます。データをトリミングする場合は、インポートするデータを制御するフィルターを設定します。たとえば、次のように選択できます。

    • 特定の経過時間に該当するアイテムのみをインポートします。

    • 選択した種類のメッセージをインポートします。

    • 特定のユーザーが送信または受信したメッセージを除外します。

  • フィルターの設定を構成すると、Office 365 のインポート ジョブで指定したフィルター条件を満たすデータのみが、インポート先メールボックスにインポートされます。

次の図は、インテリジェント インポートのプロセスです。ユーザーが実行するタスクと、Office 365 によって実行されるタスクをハイライトして示しています。

Office 365 でのインテリジェント インポートのプロセス

はじめに

  • この記事の手順では、PST インポート ジョブを使って、ネットワークのアップロードまたはドライブ配布Office 365インポート サービスで作成したと仮定します。詳しい手順については、次のトピックのいずれかを参照してください。

  • ネットワーク アップロードを使用してインポート ジョブを作成すると、Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センター の [インポート] ページに表示されるインポート ジョブの状態が、[分析処理中] になります。これは、アップロードした PST ファイル内のデータを Office 365 が分析していることを示します。[更新] 更新 をクリックして、インポート ジョブの状態を更新します。

  • ドライブ送付によるインポート ジョブの場合、Office 365 によるデータの分析は、Microsoft データ センターの担当者がハード ドライブを受け取り、PST ファイルを組織の Azure のストレージ領域にアップロードした後に実行されます。

先頭に戻る

メールボックスにインポートされるデータをフィルター処理する

PST インポート ジョブの作成後、データを Office 365 にインポートする前に、以下の手順に従ってデータをフィルター処理します。

  1. Https://protection.office.com/に移動し、 Office 365組織の管理者アカウントの資格情報を使用してサインインします。

  2. Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターの左側のウィンドウで、[データ管理]、[インポート] の順にクリックします。

    組織のインポート ジョブは、[インポート] ページに表示されます。分析は完了状態] 列の値がOffice 365して分析し、インポートする準備ができたら、インポート ジョブを示しますに注意してください。

    分析完了の状態は、Office 365 が PST ファイル内のデータを分析し終わったことを示します

  3. 実行するインポート ジョブの [Office 365 へのインポートの準備完了] をクリックします。

    PST ファイルに関する情報とインポート ジョブに関するその他の情報を示すポップアップ ページが表示されます。

  4. [Office 365 へのインポート] をクリックします。

    [データをフィルター処理する] ページが表示されます。このページには、インポート ジョブでインポートする PST ファイル内のデータについてのデータ インサイト (データの経過時間に関する情報など) が示されます。

    [データをフィルターする] ページには、インポート ジョブの PST ファイルのデータ インサイトが表示されます

  5. Office 365 にインポートされるデータをトリミングするかどうかに基づいて、[データをフィルター処理しますか?] で次のいずれかの操作を行います。

    1. インポートするデータをトリミングする場合は [はい、インポートする前にフィルター処理します] をクリックして、[次へ] をクリックします。

      [Office 365 へのデータのインポート] ページに、Office 365 が実行した分析から得られた詳細なデータ インサイトが表示されます。

      Office 365 は PST ファイルの分析から得たデータ インサイトの詳細を表示します

      このページのグラフは、インポートされるデータの量を示します。PST ファイル内に見つかった各メッセージの種類に関する情報が、グラフに表示されます。各バーをカーソルでポイントすると、そのメッセージの種類に関する固有の情報が表示されます。また、ドロップダウン リストには、PST ファイルの分析に基づいた、さまざまな経過時間の値が示されます。ドロップダウン リストでいずれかの経過時間を選択すると、それに応じてグラフが更新され、インポートされるデータの量がわかります。

    2. インポートされるデータの量を減らすために追加のフィルターを構成するには、[その他のフィルター オプション] をクリックします。

      [その他のオプション] ページでフィルターを構成して、インポートするデータをトリミングします

      次のようなフィルターを構成できます。

      • 経過時間   経過時間を選択し、指定した経過時間よりも新しいアイテムだけをインポートします。Office 365 で [経過時間] フィルターの期間がどのように決定されるかについては、「詳細情報」のセクションを参照してください。

      • 種類   このセクションには、インポート ジョブでインポートする PST ファイル内で見つかったすべてのメッセージの種類が表示されます。除外するメッセージの種類については、横にあるボックスをオフにします。[その他] のメッセージの種類は除外できません。[その他] のカテゴリに含まれるメールボックス アイテムの一覧については、「詳細情報」のセクションを参照してください。

      • ユーザー   特定のユーザーが送信または受信したメッセージを除外できます。メッセージの [差出人]、[宛先]、または [CC] フィールドに表示されるユーザーを除外するには、該当する受信者の種類の横にある [ユーザーを除外する] をクリックします。除外するユーザーのメール アドレス (SMTP アドレス) を入力し、[追加] [新規作成] アイコン をクリックすると、その受信者の種類に関して除外するユーザーの一覧に追加され、[保存] をクリックすると、除外されたユーザーの一覧が保存されます。

        注: Office 365 で [ユーザー] フィルターの設定から得られたデータ インサイトは表示されません。ただし、このフィルターを設定して、特定のユーザーが送信または受信したメッセージを除外した場合、それらのメッセージは実際のインポート プロセス時に除外されます。

    3. [その他のフィルター オプション] ポップアップ ページで、[適用] をクリックしてフィルター設定を保存します。

      [Office 365 へのデータのインポート] ページに表示されるデータ インサイトは、フィルターの設定に基づいて更新され、フィルター設定に従ってインポートされるデータの総量などがわかります。フィルター設定の概要も表示されます。必要な場合は、フィルターの横にある [編集] をクリックして設定を変更できます。

      データ インサイトはフィルターの設定に基づいて更新されます

    4. [次へ] をクリックします。

      状態を示すページにフィルター設定が表示されます。どのフィルター設定も編集できます。

    5. [データのインポート] をクリックしてインポートを開始します。インポートされるデータの総量が表示されます。

    または

    1. [いいえ、すべてのアイテムをインポートします] をクリックして、PST ファイル内のすべてのデータを Office 365 にインポートし、[次へ] をクリックします。

    2. [Office 365 へのデータのインポート] ページで、[データのインポート] をクリックしてインポートを開始します。インポートされるデータの総量が表示されます。

  6. [インポート] ページで、[更新] 更新 をクリックします。インポート ジョブの状態が [状態] 列に表示されます。

  7. インポート ジョブをクリックすると、各 PST ファイルの状態や構成したフィルター設定などの詳細情報が表示されます。

先頭に戻る

詳細情報

  • Office 365 で、経過時間フィルターの増分単位はどのようにして決定されるのでしょうか。Office 365 が PST ファイルを分析するときは、各アイテムの送信時刻または受信時刻を確認します (アイテムに送信と受信の両方のタイム スタンプがある場合、古い方の日付が選択されます)。次に、Office 365 はそのタイム スタンプの年を示す値を調べ、現在の日付と比較して、アイテムの経過時間を判断します。このようにして判断された経過時間が、[経過時間] フィルターのドロップダウン リストで使用されます。たとえば、PST ファイルに 2016 年、2015 年、2014 年のメッセージが含まれている場合、[経過時間] フィルターの値は、[1 年]、[2 年]、[3 年] のようになります。

  • 次の表は、[その他のオプション] ポップアップ ページ (前の手順の 5b を参照) で [種類] フィルターの [その他] カテゴリに含まれるメッセージの種類の一覧です。現在、PST を Office 365 にインポートする際に、"その他" カテゴリのアイテムを除外することはできません。

    メッセージ クラス ID

    このメッセージ クラスを使用するメールボックスのアイテム

    IPM.Activity

    履歴項目

    IPM.Document

    (メール メッセージに添付されていない) ドキュメントおよびファイル

    IPM.File

    (IPM.Document と同じ)

    IPM.Note.IMC.Notification

    インターネットへの Exchange Server ゲートウェイであるインターネット メール接続によって送信されたレポート

    IPM.Note.Microsoft.Fax

    FAX メッセージ

    IPM.Note.Rules.Oof.Template.Microsoft

    不在時の自動応答メッセージ

    IPM.Note.Rules.ReplyTemplate.Microsoft

    受信トレイ ルールによって送信された返信

    IPM.OLE.Class

    定期的なアイテムの例外

    IPM.Recall.Report

    メッセージの取り消し状況レポート

    IPM.Remote

    リモートのメール メッセージ

    IPM.Report

    アイテムのステータス レポート

先頭に戻る

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×