Office 365 で ATP の安全なリンクに関するポリシーを設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office 365 Advanced Threat Protection の機能である ATP の安全なリンクは、フィッシング詐欺やその他の攻撃で使用される悪意のあるリンクから組織を保護できます。Office 365 Enterprise のグローバル管理者またはセキュリティ管理者の場合は、ATP の安全なリンクに関するポリシーを設定すると、ユーザーがハイパーリンクをクリックしたときに、組織が保護されるようにすることができます。メール内のハイパーリンクと Office ドキュメント内のハイパーリンクに ATP の安全なリンクに関するポリシーを設定できます。

重要: ATP の安全なリンク機能は、Office 365 Enterprise E5 で使用可能な Advanced Threat Protection でのみ使用できます。組織が別の Office 365 Enterprise サブスクリプションを使用している場合、アドオンとして Advanced Threat Protection を購入できます (グローバル管理者の場合、Office 365 管理センター で、[課金]、[サブスクリプションの追加] を選びます)。プランのオプションの詳細については、「一般法人向け Office 365 のすべてのプランを比較する」をご覧ください。ATP の安全なリンクの拡張機能を利用するには、組織が Windows で Office 365 ProPlus の最新バージョンを使用していることを確認してください。

すべきこと:

  1. 前提条件を確認する

  2. 校閲、既定のポリシーを編集して信頼できるリンクを分析ツールのカスタム受信拒否 Url リストの設定を含む

  3. 特定の電子メールの受信者に対するポリシーを追加信頼できるリンクを分析ツールのカスタム「改訂できません」Url リストの設定を含む

  4. ポリシーのオプションについての詳細、最近加えられた変更を含む

前提条件を確認する

  • 自分が検疫管理サービスまたは組織管理役割グループのメンバーであることを確認します。詳細については、TechNet の「EOP の機能アクセス許可」を参照してください。

  • ATP の安全なリンクに関するポリシーのオプションについて理解する (この記事内)。

  • 最初の ATP の安全なリンクに関するポリシーを表示または編集する場合は、5 から 15 分の所要時間を予定しておいてください。

  • 新しいまたは更新されたポリシーがすべての Office 365 データセンターに拡散されるには、最大で 30 分お待ちください。

セキュリティ/コンプライアンス センターでの既定のポリシーの校閲と編集

Office 365 Enterprise に Advanced Threat Protection がある場合、既定では、組織内のすべてのユーザーに適用される ATP の安全なリンクに関するポリシーが既に定義されています。既定のポリシーを削除することはできませんが、セキュリティ/コンプライアンス センター または Exchange 管理センター のいずれかで編集できます。ポリシーを確認または編集するには、セキュリティ/コンプライアンス センターを使用することをお勧めします。

  1. https://protection.office.com に移動し、職場または学校のアカウントを使用してサインインします。

  2. 左側のナビゲーションの [脅威の管理] で [安全なリンク] を選択します。

  3. [組織全体に適用されるポリシー] セクションで、[既定]、[編集] (編集ボタンは鉛筆に似ています) の順に選びます。

    [編集] をクリックして安全なリンクの保護に関する既定のポリシーを編集する
  4. 次の Url をブロックする] セクションでは、1 つまたは複数の web サイト アドレス (Url を訪問から、組織のユーザーを防止する) を指定します。(安全なリンクを分析ツールを使用してカスタム ブロックされている Url リストを設定するを参照してください)。

  5. [メールを除くコンテンツに適用される設定] セクションで、使用するオプションをオン (またはオフ) にします (すべてのオプションをオンにすることをお勧めします)。

  6. [保存] をクリックします。

セキュリティ/コンプライアンス センターを使用して特定のメール受信者のポリシーを追加する

既定のポリシーを確認して編集したら、特定のメール受信者のポリシーを追加することを検討します。これは セキュリティ/コンプライアンス センター (推奨) または Exchange 管理センター のいずれかで行えます。ポリシーを確認または編集するには、セキュリティ/コンプライアンス センターを使用することをお勧めします。

  1. https://protection.office.com に移動し、職場または学校のアカウントを使用してサインインします。

  2. 左側のナビゲーションの [脅威の管理] で [安全なリンク] を選択します。

  3. [特定の受信者に適用されるポリシー] セクションで、[新規] (新規ボタンはプラス記号 (+) に似ています) を選びます。

    [新規] を選び、特定のメールの受信者に安全なリンクに関するポリシーを追加する
  4. ポリシーの名前、説明、設定を指定します。

    たとえば、ATP の安全なリンクの保護なしで特定の Web サイトへのクリック スルーを組織内の特定のユーザーに許可しない "直接クリック スルーの禁止" というポリシーを設定するには、次の設定を指定することがあります。

    • [名前] ボックスに、「直接クリック スルーの禁止」と入力します。

    • [説明] ボックスに、「特定のグループ内のユーザーが ATP の安全なリンクの検証なしで Web サイトにクリック スルーすることを防止する」のように説明を入力します。

    • [アクションの選択] セクションで、[オン] を選びます。[元の URL へのクリック スルーをユーザーに許可しません] と [安全な添付ファイルを使用して、ダウンロード可能なコンテンツをスキャンします] も選択します。

    • (省略可能です)次の Url の書き換え操作] セクションでは、1 つまたは複数の web サイト アドレス (Url 組織の安全であると見なされる) を指定します。(安全なリンクを分析ツールを使用してカスタム「改訂できません」Url リストを設定するを参照してください)

    • [適用先] セクションで、[受信者が次のメンバーである] を選択し、ポリシーに含めるグループを選択します。[追加] を選んでから、[OK] を選びます。

  5. [保存] をクリックします。

ATP の安全なリンクに関するポリシーのオプションについて理解する

ATP の安全なリンクに関するポリシーを設定または編集するときに、複数のオプションから選ぶことができます。次の表で、これらのオプションとその影響について説明します。

このポリシーの

オプション

機能

既定 (組織内のすべてのユーザーに適用される既定のポリシー)

次の URL をブロック

自動的にブロックされる Web サイト アドレスのリストを保持します。ユーザーがこのリスト内のいずれかの Web サイトへのハイパーリンクをクリックすると、Web サイトがブロックされる理由を説明する警告ページが表示されます。

詳細については、新しく追加されたサポートを 3 つまでワイルドカードのアスタリスク (*) などの信頼できるリンクを分析ツールを使用してカスタム ブロックされている Url リストを設定するを参照してください。

既定

Windows 版の Office 2016

選択すると、ATP の安全なリンクの保護が Windows で実行されている Word 2016、Excel 2016、PowerPoint 2016、または Visio 2016 で開かれているドキュメント内のハイパーリンクに適用されます。

既定

ユーザーが ATP の安全なリンクをクリックしたときに追跡しない

選択すると、Word、Excel、PowerPoint、Visio ドキュメント内のハイパーリンクのクリック データが保存されません。

既定

ATP の安全なリンクから元の URL へのクリック スルーをユーザーに許可しない

選択すると、ユーザーは警告ページより先に進めなくなり、悪意があると判断された Web サイトにアクセスできません。

特定のメール受信者に作成したすべての追加ポリシー

オフ

メール メッセージ内のリンクをスキャンしません。

特定の受信者のグループのメール メッセージ内のリンクをスキャンしないルールなど、例外ルールを定義できます。

特定のメール受信者に作成したすべての追加ポリシー

オン

ユーザーがメール メッセージ内のリンクをクリックしたときに、ATP の安全なリンクの保護を通じてユーザーをルーティングする URL に書き換えます。

Web サイト アドレスをクリックしたときに、そのアドレスをブロックされている URL、または悪意のある URL のリストと照合します。

特定のメール受信者に作成したすべての追加ポリシー

安全な添付ファイルを使用して、ダウンロード可能なコンテンツをスキャンする

選択すると、ダウンロード可能なコンテンツを指すハイパーリンクがスキャンされます。

特定のメール受信者に作成したすべての追加ポリシー

ユーザーのクリックを追跡しない

選択すると、メール内のハイパーリンクのクリック データが保存されません。

特定のメール受信者に作成したすべての追加ポリシー

元の URL へのクリック スルーをユーザーに許可しない

選択すると、ユーザーは警告ページより先に進めなくなり、悪意があると判断された Web サイトにアクセスできません。

特定のメール受信者に作成したすべての追加ポリシー

次の URL を書き換えない

は、Url を残します。メールの宛先の特定のグループのスキャンを安全な Url の一覧を保持します。

などのワイルドカードのアスタリスク (*) をサポートする最近加えられた変更の詳細については、信頼できるリンクを分析ツールを使用してカスタム「改訂できません」Url リストを設定するを参照してください。

関連トピック

Office 365 の高度な脅威保護
Office 365 で分析ツールの安全なリンク
安全な添付ファイルを Office 365 で分析ツール
Office 365 で分析ツール安全な添付ファイルのポリシーを設定する
分析ツールの信頼できるリンクを使用してカスタム ブロックされている Url リストを設定する
分析ツールの信頼できるリンクを使用してカスタム「改訂できません」Url リストを設定する
脅威保護の高度なレポートを表示します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×