Office 365 で 2 段階認証をセットアップする

管理者が組織の 2 段階認証 (多要素認証とも呼ばれます) を有効にすると、その認証を使用するには、自分でアカウントを設定する必要があります。

2 段階認証をセットアップすると、Office 365 アカウントにセキュリティ レイヤーが追加されます。パスワード (手順 1) とスマートフォンに送信されるコード (手順 2) を使用してサインインします。

  1. Office 365 管理者が自分のアカウントの多要素認証をオンにしているかどうかを確認します。オンにしていない場合、以下の手順を実行しようとしても Office 365 にオプションが表示されません。

  2. 通常どおり職場または学校のアカウントとパスワードを使用して、Office365 にサインインします。[サインイン] を選ぶと、このページが表示されます。

    最初のサインイン画面
  3. [今すぐ設定する] を選びます。

  4. 認証方法を選択して、ページ上の確認メッセージに従います。または、ビデオで詳細を確認します。

    認証方法を選択して、画面上の確認メッセージに従います。

  5. 代替の連絡方法を確認したら、[次へ] を選択します。

  6. Outlook、Apple Mail などで使用できるアプリ パスワードを取得します。コピー アイコンを選択して、パスワードをクリップボードにコピーします。このパスワードを記憶する必要はありません。

    アプリ パスワードをクリップボードにコピーするコピー アイコンの画像。

  7. この手順を完了して、確認コードを受信する方法を指定すると、次回、Office 365 にサインインするときに、テキスト メッセージ、電話などを使って送信されたコードの入力を求めるメッセージが表示されます。

    新しいコードを取得するには、F5 キーを押します。

    2 段階認証でサインインすると、コードの入力を求めるメッセージが表示されます。

2 つ以上の確認方法を設定することを強くお勧めします。たとえば、頻繁に旅行する場合は、確認方法として Microsoft Authenticator を設定することを検討してください。この方法は、最も簡単な確認方法で、テキスト メッセージの料金や通話料金を回避できます。

Outlook でアプリ パスワードを使用するには

以下の手順を 1 回実行する必要があります。

  1. Outlook 2010、Outlook 2013、または Outlook 2016 などの Outlook を開きます。

  2. パスワードの入力を求めるメッセージが表示されたら必ず、ボックスにアプリ パスワードを貼り付けます。たとえば、Outlook​​ にアカウントを追加済みである場合は、次の画面でアプリ パスワードを貼り付けます。

    [パスワード] ボックスにパスワードを貼り付けます。

  3. あるいは、Office 365 アカウントを Outlook に追加中である場合は、次の画面でアプリ パスワードを入力します。

    両方のパスワード ボックスにアプリ パスワードを入力します。

  4. Outlook を再起動します。

ヒント: たとえば、あるパスワードを Outlook 用に、別のパスワードを他のアプリケーション用にする必要がある場合は、Office 365 アカウントに複数のアプリ パスワードを使用することができます。別のアプリ パスワードを生成するには、アプリ パスワードの作成に関するドキュメントを参照してください。

関連トピック

2 段階認証で Office 365 にサインインする
2 段階認証での一般的な問題を解決する
Office 365 で Microsoft Authenticator を使用する
2 段階認証コードの取得方法を変更する
管理者:Office 365 ユーザー用の多要素認証を設定する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×