Office 365 で電子情報開示ケースの保留に関するレポートを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: この記事のスクリプトを保留にするコンテンツの場所をレポートに含まれないされなかった場所に関する問題を修正する更新されました。注目に取り込まれたこのお客様ありがとうございます。

この記事のスクリプトを使用すると、電子情報開示管理者と電子情報開示マネージャーが、Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターの電子情報開示ケースに関連付けられている、すべての保留に関する情報を含むレポートを作成できます。レポートには、保留が関連付けられているケースの名前、保留中のコンテンツの場所、保留がクエリ ベースかどうかなどの情報が含まれます。レポートに含まれる情報の詳細については、「追加情報」セクションを参照してください。

始める前に

  • 組織のすべての電子情報開示ケースでレポートを作成するには、組織の電子情報開示管理者である必要があります。電子情報開示マネージャーの場合、レポートに含まれるのは、アクセスできるケースに関する情報だけになります。電子情報開示アクセス許可の詳細については、「Office 365 のセキュリティとコンプライアンス センターでの電子情報開示の権限を割り当てる」を参照してください。

  • この記事のスクリプトには最低限のエラー処理が含まれています。主な目的は、組織の電子情報開示ケースに関連付けられている保留レポートをすばやく作成することです。

  • このトピックに記載されているサンプル スクリプトは、Microsoft の標準的なサポート プログラムやサービスではサポートされていません。サンプル スクリプトはいかなる保障もない現状有姿のままで提供されます。さらに、Microsoft は、商品性、特定目的への適合性を含む一切の黙示の保証をいたしかねます。本サンプル スクリプトおよびドキュメントの使用または性能に起因するすべてのリスクは、お客様が負うものとします。Microsoft、本サンプル スクリプトの作成者、および本スクリプトの作成、製造、配布に関与する者は、いかなる場合においても、本サンプル スクリプトおよびドキュメントの使用または使用不能から生じる損害 (逸失利益、事業の中断、事業情報の喪失またはその他の金銭的損失を含みますがこれらに限定されません) に関して一切責任を負いません。たとえ、Microsoft がこのような損害の可能性について知らされていた場合でも同様です。

手順 1: リモート PowerShell を使ってセキュリティ/コンプライアンス センターに接続する

最初の手順は、組織のセキュリティ/コンプライアンス センターに WindowsPowerShell を接続することです。

  1. ファイル名のサフィックスに .ps1 を使用して (例: ConnectSCC.ps1)、次のテキストを Windows PowerShell スクリプト ファイルに保存します。

    # Get login credentials 
    $UserCredential = Get-Credential 
    $Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://ps.compliance.protection.outlook.com/powershell-liveid -Credential $UserCredential -Authentication Basic -AllowRedirection 
    Import-PSSession $Session -AllowClobber -DisableNameChecking 
    $Host.UI.RawUI.WindowTitle = $UserCredential.UserName + " (Office 365 Security & Compliance Center)" 
    
  2. ローカル コンピューターで Windows PowerShell を開き、スクリプトを保存したフォルダーに移動します。

  3. 以下のようなスクリプトを実行します。

    .\ConnectSCC.ps1
  4. 資格情報を求められたら、メール アドレスとパスワードを入力して、[OK] をクリックします。

先頭に戻る

手順 2: 電子情報開示ケースに関連付けられている保留のレポートを作成するスクリプトを実行する

リモート PowerShell を使用してセキュリティ/コンプライアンス センターに接続したら、組織の電子情報開示ケースに関する情報を収集するスクリプトを作成し、実行します。

  1. ファイル名のサフィックスに .ps1 を使って (例: CaseHoldsReport.ps1)、次のテキストを Windows PowerShell スクリプト ファイルに保存します。

    #script begin
    " " 
    write-host "***********************************************"
    write-host "   Office 365 Security & Compliance Center   " -foregroundColor yellow -backgroundcolor darkgreen
    write-host "        eDiscovery cases - Holds report         " -foregroundColor yellow -backgroundcolor darkgreen 
    write-host "***********************************************"
    " " 
    
    #prompt users to specify a path to store the output files
    $time=get-date
    $Path = Read-Host 'Enter a file path to save the report to a .csv file'
    $outputpath=$Path+'\'+'CaseHoldsReport'+' '+$time.day+'-'+$time.month+'-'+$time.year+' '+$time.hour+'.'+$time.minute+'.csv'
    
    #add case details to the csv file
    
    function add-tocasereport{
    Param([string]$casename,
    [String]$casestatus,
    [datetime]$casecreatedtime,
    [string]$casemembers,
    [datetime]$caseClosedDateTime,
    [string]$caseclosedby,
    [string]$holdname,
    [String]$Holdenabled,
    [string]$holdcreatedby,
    [string]$holdlastmodifiedby,
    [string]$ExchangeLocation,
    [string]$sharePointlocation,
    [string]$ContentMatchQuery,
    [datetime]$holdcreatedtime,
    [datetime]$holdchangedtime
    )
    $addRow = New-Object PSObject 
    Add-Member -InputObject $addRow -MemberType NoteProperty -Name "Case name" -Value $casename
    Add-Member -InputObject $addRow -MemberType NoteProperty -Name "Case status" -Value $casestatus
    Add-Member -InputObject $addRow -MemberType NoteProperty -Name "Case members" -Value $casemembers
    Add-Member -InputObject $addRow -MemberType NoteProperty -Name "Case created time" -Value $casecreatedtime
    Add-Member -InputObject $addRow -MemberType NoteProperty -Name "Case closed time" -Value $caseClosedDateTime
    Add-Member -InputObject $addRow -MemberType NoteProperty -Name "Case closed by" -Value $caseclosedby
    Add-Member -InputObject $addRow -MemberType NoteProperty -Name "Hold name" -Value $holdname
    Add-Member -InputObject $addRow -MemberType NoteProperty -Name "Hold enabled" -Value $Holdenabled
    Add-Member -InputObject $addRow -MemberType NoteProperty -Name "Hold created by" -Value $holdcreatedby
    Add-Member -InputObject $addRow -MemberType NoteProperty -Name "Hold last changed by" -Value $holdlastmodifiedby
    Add-Member -InputObject $addRow -MemberType NoteProperty -Name "Exchange locations" -Value  $ExchangeLocation
    Add-Member -InputObject $addRow -MemberType NoteProperty -Name "SharePoint locations" -Value $sharePointlocation
    Add-Member -InputObject $addRow -MemberType NoteProperty -Name "Hold query" -Value $ContentMatchQuery
    Add-Member -InputObject $addRow -MemberType NoteProperty -Name "Hold created time (UTC)" -Value $holdcreatedtime
    Add-Member -InputObject $addRow -MemberType NoteProperty -Name "Hold changed time (UTC)" -Value $holdchangedtime
    
    $allholdreport = $addRow | Select-Object "Case name","Case status","Hold name","Hold enabled","Case members", "Case created time","Case closed time","Case closed by","Exchange locations","SharePoint locations","Hold query","Hold created by","Hold created time (UTC)","Hold last changed by","Hold changed time (UTC)"
    
    $allholdreport | export-csv -path $outputPath -notypeinfo -append -Encoding ascii 
    }
    
    #get information on the cases and pass values to the case report function
    
    " "
    write-host "Gathering a list of cases and holds..."
    " "
    $edc =Get-ComplianceCase -ErrorAction SilentlyContinue
    foreach($cc in $edc)
    {
    write-host "Working on case :" $cc.name
    if($cc.status -eq 'Closed')
    {
    $cmembers = ((Get-ComplianceCaseMember -Case $cc.name).windowsLiveID)-join ';'
    add-tocasereport -casename $cc.name -casestatus $cc.Status -caseclosedby $cc.closedby -caseClosedDateTime $cc.ClosedDateTime -casemembers $cmembers 
    }
    else{
    $cmembers = ((Get-ComplianceCaseMember -Case $cc.name).windowsLiveID)-join ';'
    $policies = Get-CaseHoldPolicy -Case $cc.Name | %{ Get-CaseHoldPolicy $_.Name -Case $_.CaseId -DistributionDetail}
    foreach ($policy in $policies)
    {
    $rule=Get-CaseHoldRule -Policy $policy.name
    add-tocasereport -casename $cc.name -casemembers $cmembers -casestatus $cc.Status -casecreatedtime $cc.CreatedDateTime -holdname $policy.name -holdenabled $policy.enabled -holdcreatedby $policy.CreatedBy -holdlastmodifiedby $policy.LastModifiedBy -ExchangeLocation (($policy.exchangelocation.name)-join ';') -SharePointLocation (($policy.sharePointlocation.name)-join ';') -ContentMatchQuery $rule.ContentMatchQuery -holdcreatedtime $policy.WhenCreatedUTC -holdchangedtime $policy.WhenChangedUTC
    }
    }
    }
    " "
    Write-host "Script complete! Report file: '$outputPath'"
    " "
    #script end
  2. 手順 1 で開いた Windows PowerShell セッションで、スクリプトを保存したフォルダーに移動します。

  3. 以下のようなスクリプトを実行します。

    .\CaseHoldsReport.ps1

    このスクリプトにより、レポートの保存先となるターゲット フォルダーを指定するよう求められます。

  4. レポートを保存するフォルダーのフル パス名を入力し、Enter キーを押します。

    ヒント: スクリプトと同じフォルダーにレポートを保存するには、ターゲット フォルダーを指定するよう求められたときに、ピリオド (".") を入力します。スクリプトが含まれているフォルダーのサブフォルダーにレポートを保存するには、サブフォルダーの名前を入力します。

    スクリプトが、組織のすべての電子情報開示ケースに関する情報を収集し始めます。スクリプトの実行中は、レポート ファイルにアクセスしないでください。スクリプト完了後、確認メッセージが Windows PowerShell セッションに表示されます。このメッセージが表示されたら、手順 4. で指定したフォルダー内のレポートにアクセスできます。レポートのファイル名は、CaseHoldsReport<DateTimeStamp>.csv です。

    CaseHoldsReport.ps1 script の実行例を次に示します。

    CaseHoldsReport.ps1 スクリプトの実行後の出力

先頭に戻る

詳細情報

この記事のスクリプトを実行して作成されたケース保留レポートには、保留ごとに次の情報が含まれます。前に説明したように、組織内のすべての保留の情報を取得するには、電子情報開示管理者である必要があります。ケース保留の詳細については、「Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターで電子情報開示ケースを管理する」を参照してください。

  • 保留の名前と、保留が関連付けられている電子情報開示ケースの名前。

  • 電子情報開示ケースがアクティブかどうか、または閉じているかどうか。

  • 保留リストが有効かどうか、または無効かどうか。

  • 保留が関連付けられている電子情報開示ケースのメンバー。ケースのメンバーは、自分に割り当てられている電子情報開示のアクセス許可に応じて、ケースを表示または管理できます。

  • ケースの作成日時。

  • ケースを終了したユーザーと、終了日時 (ケースが終了している場合)。

  • 保留中の Exchange メールボックスと SharePoint サイトの場所。

  • クエリ構文 (保留がクエリ ベースの場合)。

  • 保留の作成日時と、その保留の作成者。

  • 保留の最終更新日時と、その保留の更新者。

先頭に戻る

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×