Office 365 で標準または先行リリース オプションを設定する

Office 365 では、新しい製品の更新プログラムと機能をリリースと同時に受信できます。数年ごとに高い費用をかけて更新を行う必要はありません。 組織でこれらの更新プログラムを受信する方法を管理できます。 たとえば、組織で先に更新プログラムを受信するように先行リリースにサインアップできます。 お客様は、特定の個人のみがその更新プログラムを受信するということを指定できます。 そうでなければ、既定のリリース スケジュールどおりのままにして、後で更新プログラムを受信することもできます。 この記事とビデオでは、さまざまなリリース オプションと、組織に使用する方法について説明します。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。
Office 365 の先行リリース

重要:  この記事で説明する Office 365 更新プログラムは、Office 365、SharePoint Online、Exchange Online に適用されますが、Skype for Business、および関連のサービスには適用されません。 これらのリリース オプションは、Office 365 への変更をリリースするための、対象を限定したベスト エフォート型の方法ですが、常に、またすべての更新プログラムに対して保証されるわけではありません。

標準リリース
予定表
これは、最新の更新プログラムが Office 365 の顧客に広範囲にリリースされたときにお客様とお客様のユーザーがその更新プログラムを受信する、既定のオプションです。 このようにすることで、お客様のサポート スタッフやユーザーには、今後の変更への追加の準備時間が与えられます。

先行リリース
更新
このオプションでは、お客様とお客様のユーザーは最新の更新プログラムを先に確認できて、早い時点でフィードバックをすることで製品像の決定に協力できます。 更新プログラムを個人で早く受信するか、組織全体で早く受信するかを選ぶことができます。

注: 先行リリースから標準リリースに切り替えた場合、ユーザーは標準リリースにまだ到達していない機能にアクセスできなくなる可能性があります。

メカニズム

すべての Office 365 更新プログラムは、一般にリリースされる前に、パフォーマンスとスケーラビリティを徹底的にテストおよび評価されています。

重要な更新では、Office のお客様に対して、最初に Office 365 一般向けロードマップが通知されます。更新プログラムのロールアウトが近づくと、Office 365 メッセージ センターを通じて連絡が届きます。

その後、先行リリースを選んだユーザーに更新プログラムが適用されます。 次に、より広範囲にリリースしても問題がないと判断された機能は、標準リリースを選んだユーザーを含む、他のすべてのユーザーに適用されます。

重要: 大規模な更新プログラムまたは複雑な更新プログラムは、悪影響を受けるユーザーがいないようにするために他の更新プログラムに比べて時間がかかる場合があります。 リリースは、予定どおりになる保証はありません。

Office 365 管理センターでリリース オプションを設定する

組織で Office 365 更新プログラムを受信する方法は、次の手順で変更できます。

重要: Office 365 で次の変更が有効になるまで、最大で 24 時間かかる場合があります。 先行リリースをいったん有効にした後に無効にすると、予定された標準リリースにまだ到達していない機能にアクセスできなくなる可能性があります。

  1. 職場や学校のアカウントで Office 365 にサインインします

  2. Office 365 管理センターに移動します

  3. [設定]、[組織プロファイル] の順に移動します。

  4. [リリースの設定] の横にある [編集] をクリックします。

  5. 先行リリースを無効にするには、[標準リリース] を選び、[次へ] をクリックし、確認メッセージで [はい] を選びます。最後の手順に進みます。

  6. 組織内のすべてのユーザーに対して先行リリースを有効にするには、[全員へ先行リリース] を選び、[次へ] をクリックし、確認メッセージで [はい] を選びます。最後の手順に進みます。

  7. 組織内の一部のユーザーに対して先行リリースを有効にするには、[選択したユーザーへ先行リリース] を選び、[次へ]、[はい] の順にクリックします。

  8. ユーザーを個別に追加するには、[ユーザーの追加] を選びます。追加するユーザーの名前を検索し、[+] をクリックして追加します。

  9. ユーザーの追加が完了したら、[保存]、[閉じる] の順にクリックします。

ユーザーを一括で追加するには

  1. [リリースの設定] の横にある、標準リリースの見出しの下の [アクション]、[先行リリースのユーザーの一括追加] の順にクリックします。

  2. 各ユーザーのメール アドレスを含むファイルを選択するには、[参照] を選びます。

  3. [次へ]、[閉じる] の順にクリックします。

Office の最初のリリース ビルドをインストールするには、次の手順に従います。これにより、Windows デスクトップ用の Office 2016 の新機能をいち早くご利用いただけます。

今後の Office 365 の更新プログラムとリリース予定の詳細については、Office 365 一般向けロードマップOffice 365 メッセージ センターで受信する通知を参照してください。

Office 365 では、新しい製品の更新プログラムと機能をリリースと同時に受信できます。数年ごとに高い費用をかけて更新を行う必要はありません。 組織でこれらの更新プログラムを受信する方法を管理できます。 たとえば、組織で先に更新プログラムを受信するように先行リリースにサインアップできます。 お客様は、特定の個人のみがその更新プログラムを受信するということを指定できます。 そうでなければ、既定のリリース スケジュールどおりのままにして、後で更新プログラムを受信することもできます。 この記事とビデオでは、さまざまなリリース オプションと、組織に使用する方法について説明します。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。
Office 365 の先行リリース

重要:  この記事で説明する Office 365 更新プログラムは、Office 365、SharePoint Online、Exchange Online に適用されますが、Skype for Business、および関連のサービスには適用されません。 これらのリリース オプションは、Office 365 への変更をリリースするための、対象を限定したベスト エフォート型の方法ですが、常に、またすべての更新プログラムに対して保証されるわけではありません。

標準リリース
予定表
これは、最新の更新プログラムが Office 365 の顧客に広範囲にリリースされたときにお客様とお客様のユーザーがその更新プログラムを受信する、既定のオプションです。 このようにすることで、お客様のサポート スタッフやユーザーには、今後の変更への追加の準備時間が与えられます。

先行リリース
更新
このオプションでは、お客様とお客様のユーザーは最新の更新プログラムを先に確認できて、早い時点でフィードバックをすることで製品像の決定に協力できます。 更新プログラムを個人で早く受信するか、組織全体で早く受信するかを選ぶことができます。

注: 先行リリースから標準リリースに切り替えた場合、ユーザーは標準リリースにまだ到達していない機能にアクセスできなくなる可能性があります。

メカニズム

すべての Office 365 更新プログラムは、一般にリリースされる前に、パフォーマンスとスケーラビリティを徹底的にテストおよび評価されています。

その後、先行リリースを選んだユーザーに更新プログラムが適用されます。 次に、より広範囲にリリースしても問題がないと判断された機能は、標準リリースを選んだユーザーを含む、他のすべてのユーザーに適用されます。

重要: 大規模な更新プログラムまたは複雑な更新プログラムは、悪影響を受けるユーザーがいないようにするために他の更新プログラムに比べて時間がかかる場合があります。 リリースは、予定どおりになる保証はありません。

Office 365 管理センターでリリース オプションを設定する

組織で Office 365 更新プログラムを受信する方法は、次の手順で変更できます。

重要: Office 365 で次の変更が有効になるまで、最大で 24 時間かかる場合があります。 先行リリースをいったん有効にした後に無効にすると、予定された標準リリースにまだ到達していない機能にアクセスできなくなる可能性があります。

  1. 職場や学校のアカウントで Office 365 にサインインします

  2. Office 365 管理センターに移動します

  3. [設定]、[組織プロファイル] の順に移動します。

  4. [リリースの設定] の横にある [編集] をクリックします。

  5. 先行リリースを無効にするには、[標準リリース] を選び、[次へ] をクリックし、確認メッセージで [はい] を選びます。最後の手順に進みます。

  6. 組織内のすべてのユーザーに対して先行リリースを有効にするには、[全員へ先行リリース] を選び、[次へ] をクリックし、確認メッセージで [はい] を選びます。最後の手順に進みます。

  7. 組織内の一部のユーザーに対して先行リリースを有効にするには、[選択したユーザーへ先行リリース] を選び、[次へ]、[はい] の順にクリックします。

  8. ユーザーを個別に追加するには、[ユーザーの追加] を選びます。追加するユーザーの名前を検索し、[+] をクリックして追加します。

  9. ユーザーの追加が完了したら、[保存]、[閉じる] の順にクリックします。

以前の Office 365 管理センターでリリース オプションを設定する

以前の管理センターを使用している場合、組織で Office 365 更新プログラムを受信する方法は、次の手順で変更できます。

重要: Office 365 で次の変更が有効になるまで、最大で 24 時間かかる場合があります。 先行リリースをいったん有効にした後に無効にすると、予定された標準リリースにまだ到達していない機能にアクセスできなくなる可能性があります。

  1. 職場や学校のアカウントで Office 365 にサインインします

  2. Office 365 管理センターに移動します

  3. [サービス設定]、[更新] の順に移動します。

  4. 先行リリースを無効にするには、標準リリースという見出しの下にある [標準] を選び、[はい] を選びます。最後の手順に進みます。

    標準リリースのプログラムと初回リリースのプログラム

    注:  管理センターにこのオプションが表示されない場合は、ご利用のサブスクリプションに反映されるまでしばらくお待ちください。更新され次第、設定を変更できます。

  5. 組織内のすべてのユーザーに対して先行リリースを有効にするには、[組織全体] を選び、[はい] を選びます。最後の手順に進みます。

  6. 組織内の一部のユーザーに対して先行リリースを有効にするには、[ユーザーの選択] を選び、[はい] を選びます。

    注:  管理センターにこのオプションが表示されない場合は、ご利用のサブスクリプションに反映されるまでしばらくお待ちください。更新され次第、設定を変更できます。

  7. 個別にユーザーを追加する場合は、[ユーザーの選択] を選んでから、ユーザー選択ウィンドウを使用して、先行リリースの対象にするユーザーを選びます。

    Office 365 リリース プログラムのユーザーの追加

  8. [次へ]、[閉じる] の順に選びます。

    注: 「先行リリースのユーザーの選択」は、Office 365 の上部ナビゲーション、Exchange Online、OneDrive for Business、SharePoint Online および関連の機能 (Delve、ビデオなど) に適用されます。

Office 365 では、新しい製品の更新プログラムと機能をリリースと同時に受信できます。数年ごとに高い費用をかけて更新を行う必要はありません。 組織でこれらの更新プログラムを受信する方法を管理できます。 たとえば、組織で先に更新プログラムを受信するように先行リリースにサインアップできます。 お客様は、特定の個人のみがその更新プログラムを受信するということを指定できます。 そうでなければ、既定のリリース スケジュールどおりのままにして、後で更新プログラムを受信することもできます。 この記事とビデオでは、さまざまなリリース オプションと、組織に使用する方法について説明します。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。
Office 365 の先行リリース

重要:  この記事で説明する Office 365 更新プログラムは、Office 365、SharePoint Online、Exchange Online に適用されますが、Skype for Business、および関連のサービスには適用されません。 これらのリリース オプションは、Office 365 への変更をリリースするための、対象を限定したベスト エフォート型の方法ですが、常に、またすべての更新プログラムに対して保証されるわけではありません。

標準リリース
予定表
これは、最新の更新プログラムが Office 365 の顧客に広範囲にリリースされたときにお客様とお客様のユーザーがその更新プログラムを受信する、既定のオプションです。 このようにすることで、お客様のサポート スタッフやユーザーには、今後の変更への追加の準備時間が与えられます。

先行リリース
更新
このオプションでは、お客様とお客様のユーザーは最新の更新プログラムを先に確認できて、早い時点でフィードバックをすることで製品像の決定に協力できます。 更新プログラムを個人で早く受信するか、組織全体で早く受信するかを選ぶことができます。

注: 先行リリースから標準リリースに切り替えた場合、ユーザーは標準リリースにまだ到達していない機能にアクセスできなくなる可能性があります。

メカニズム

すべての Office 365 更新プログラムは、一般にリリースされる前に、パフォーマンスとスケーラビリティを徹底的にテストおよび評価されています。

その後、先行リリースを選んだユーザーに更新プログラムが適用されます。 次に、より広範囲にリリースしても問題がないと判断された機能は、標準リリースを選んだユーザーを含む、他のすべてのユーザーに適用されます。

重要: 大規模な更新プログラムまたは複雑な更新プログラムは、悪影響を受けるユーザーがいないようにするために他の更新プログラムに比べて時間がかかる場合があります。 リリースは、予定どおりになる保証はありません。

Office 365 管理センターでリリース オプションを設定する

組織で Office 365 更新プログラムを受信する方法は、次の手順で変更できます。

重要: Office 365 で次の変更が有効になるまで、最大で 24 時間かかる場合があります。 先行リリースをいったん有効にした後に無効にすると、予定された標準リリースにまだ到達していない機能にアクセスできなくなる可能性があります。

  1. 職場や学校のアカウントで Office 365 にサインインします

  2. Office 365 管理センターに移動します

  3. [設定]、[組織プロファイル] の順に移動します。

  4. [リリースの設定] の横にある [編集] をクリックします。

  5. 先行リリースを無効にするには、[標準リリース] を選び、[次へ] をクリックし、確認メッセージで [はい] を選びます。最後の手順に進みます。

  6. 組織内のすべてのユーザーに対して先行リリースを有効にするには、[全員へ先行リリース] を選び、[次へ] をクリックし、確認メッセージで [はい] を選びます。最後の手順に進みます。

  7. 組織内の一部のユーザーに対して先行リリースを有効にするには、[選択したユーザーへ先行リリース] を選び、[次へ]、[はい] の順にクリックします。

  8. ユーザーを個別に追加するには、[ユーザーの追加] を選びます。追加するユーザーの名前を検索し、[+] をクリックして追加します。

  9. ユーザーの追加が完了したら、[保存]、[閉じる] の順にクリックします。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×