スキップしてメイン コンテンツへ

Office 365 でモバイル デバイスをワイプする

最終更新日: 2019 年4月19日

組み込みのモバイルデバイス管理 Office 365 を使って、組織の情報のみを削除することも、ファクトリのリセットを使ってモバイルデバイスからすべての情報を削除し、出荷時の設定に戻すこともできます。

使い始めるにあたっての注意事項

  • モバイル デバイスを使って、組織の機密情報を保存したり、組織の Office 365 リソースにアクセスしたりすることができます。 組織の情報を保護するために、出荷時のリセットまたは会社データの削除を行うことができます。

    • 出荷時のリセット: インストールされているアプリケーション、写真、個人情報など、ユーザーのモバイルデバイス上のすべてのデータを削除します。 ワイプが完了すると、デバイスが出荷時の設定に戻ります。

    • 会社データを削除する: 組織のデータのみを削除し、ユーザーのモバイルデバイスにインストールされているアプリケーション、写真、個人情報を残します。

  • デバイスがワイプ (工場出荷時にリセットまたは会社データの削除) されると、デバイスが管理対象デバイスの一覧から削除されます。

  • モバイルデバイス管理ポリシーを設定することで、ユーザーがデバイスのパスワードを特定の回数だけ入力した後に、自動的にファクトリがリセットされるようにすることができます。 これを行うには、「デバイスセキュリティポリシーを作成して展開する」の手順に従います。

  • ユーザーのデバイスでワイプを実行した場合のユーザーへの影響については、「ユーザーとデバイスに与える影響」を参照してください。

モバイル デバイスのワイプを実行する

  1. ブラウザーで、「 https://protection.office.com」と入力します。

  2. 左側のナビゲーションウィンドウで、[データ損失防止>デバイス管理] に移動して、管理対象デバイスの一覧を表示> ます。

  3. ワイプを実行するデバイスを選びます。

  4. [管理] をクリックします。

  5. リモート ワイプの種類を選びます。

    • フルワイプを実行して、デバイスを出荷時の設定に戻すには、[出荷時の設定に戻す] を選択します。

    • 選択的ワイプを実行して、Office 365 組織の情報のみを削除するには、[会社データの削除] を選択します。

    • 組織からデバイスを削除するには、[デバイスの削除] を選びます。

  6. 確認メッセージが表示されたら、[はい] を選びます。

ワイプが実行されたことを確認する方法

管理対象デバイスの一覧にモバイル デバイスが表示されなくなります。

デバイスのワイプを実行する理由

デバイスをワイプする理由はいくつかあります。

  • スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスは、常にフル機能を備えています。 つまり、ユーザーは、個人情報や機密情報などの企業の機密情報を保存して、外出先でも簡単にアクセスできます。 これらのモバイルデバイスのいずれかが紛失したり盗まれたりした場合は、デバイスをワイプすることで、組織の情報が不適切なところで終了するのを防ぐことができます。

  • ユーザーが Office 365 向け MDMに登録されている個人用のデバイスを使用して組織を離れると、ファクトリのリセットを実行して、組織の情報がそのユーザーに届かなくなるのを防ぐことができます。

  • 組織がユーザーにモバイル デバイスを支給している場合は、デバイスの再割り当てが必要になる場合があります。 デバイスでファクトリリセットを実行してから、新しいユーザーに割り当てる前に、前の所有者からの機密情報がすべて削除されるようにすることができます。

ユーザーとデバイスに与える影響

ワイプは、モバイルデバイスに直ちに送信され、デバイスは Azure active directory に準拠していないとマークされます。 デバイスが出荷時の既定値にリセットされると、すべてのデータが削除されますが、会社データを削除するときにデバイスの種類ごとに削除されるコンテンツについては、次の表で説明します。

コンテンツへの影響

Windows Phone 8.1

iOS 10.0 +

Android 4.4 以降

アプリ (Outlook および OneDrive for Business) が登録後に Office 365 向け MDM 経由でインストールされた場合、Office 365 アプリデータはワイプされます。 アプリは削除されません。

Android 版 Outlook では、キャッシュされたメールは削除されません。

Office 365 向け MDM によってデバイスに適用されたポリシー設定は、デバイスに適用されなくなり、ユーザーは設定を変更することができます。

Office 365 向け MDM によって作成されたメール プロファイルが削除され、デバイス上のキャッシュされたメールも削除されます。

該当なし

該当なし

注: * 会社ポータル アプリは、iOS の App Store および Android デバイスの Play ストアで入手できます。  

関連情報

Office 365 でモバイル デバイスを管理する

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×