Office 365 でセキュリティとコンプライアンスを計画する

セキュリティとコンプライアンスの管理には協力が必要です。お客様は自分のデータ、ID、デバイスを保護します。一方、Microsoft は Office 365 のサービスを積極的に保護します。お客様は Office 365 および Enterprise Mobility + Security (EMS) を併用することで、組織のために適切なレベルの保護を達成することができます。

手順 1: 機能を検証する

Information Protection for Office 365 ポスターで情報保護機能に対する自身の位置を確認します。

PDF | Visio

手順 2:セキュリティ スコアを確認する

Office 365 サブスクリプションを設定したら、開始スコアをメモします。セキュリティ スコアは、スコアを上げるために必要な Office 365 構成の候補を提示します。目標は、ユーザーの生産性に悪影響を与えないように環境を保護するための方法を認識することです。

手順 3:ID およびデバイスに対するアクセス保護を計画する

Office 365 のデータやサービスへのアクセスを保護することは、サイバー攻撃から身を守り、データ損失を防止するために、極めて重要です。

PDF | Visio | その他の言語

手順 4:データの秘密度に基づいてデータの保護を計画します。

3 つの保護レベルで構成されているファイル保護機能を検証および計画します。

PDF | Visio

手順 5:Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターの活用

セキュリティ/コンプライアンス センターでは、脅威管理、データ ガバナンス、検索および調査など、さまざまな Office 365 セキュリティを管理するために使用するコントロールを 1 つのビューにまとめて表示します。

手順 6:出発点としてエンド ツー エンドのセキュリティ シナリオを使用する

エンタープライズ規模または高度なアクセス セキュリティのシナリオのベースとして、これらの推奨設定を使用します。

Office 365 管理センターとダッシュ ボード

Office 365 環境を保護するように、これらの管理センターとダッシュボードで、セキュリティおよびコンプライアンス設定を構成する

サブスクリプション

管理 URL

ダッシュ ボードと管理センター

Office 365

https://portal.office.com

  • Office 365 管理センター

  • セキュリティ/コンプライアンス センター

  • Exchange 管理センター

  • SharePoint 管理センターと OneDrive for Business 管理センター

Enterprise Mobility + Security

https://portal.azure.com

  • Azure Active Directory

  • Microsoft モバイル アプリケーションの管理

  • Microsoft Intune

Enterprise Mobility + Security

https://portal.cloudappsecurity.com

  • Cloud App Security

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×