Office 365 でセキュリティとコンプライアンスを監視する

ユーザーと共にデータは組織にとって不可欠なものです。したがって、以下のことに対する基礎を構築することが重要です。

これらの対策を施した後は、データの正常性、コンプライアンス、セキュリティを定期的に監視し、必要に応じて対処します。

通知をセットアップして監視する

Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターの通知ポリシーを使って、ユーザーと管理者のアクティビティ、マルウェアの脅威、データ損失インシデントなどを追跡します。

注: Office 365 Enterprise E5 には通知ポリシーが含まれます。

レポートを監視する

セキュリティ/コンプライアンス センターの [レポート] ダッシュボードで、組織内のセキュリティとコンプライアンスの機能に関する最新のレポートを確認します (お気に入りのレポートをホーム ページに固定することもできます)。または、Azure AD のレポートを使って、異常または不審なサインイン アクティビティの最新情報を入手します。

脅威を調査して対応する

セキュリティ/コンプライアンス センターの脅威インテリジェンス ツールを使うと、組織に対する脅威を調査し、ユーザーに代わって Office 365 が検出したマルウェア、フィッシング、その他の攻撃に対処し、ユーザー レポート、セキュリティ コミュニティ、ニュースや他のインテリジェンス リソースから受け取っている可能性のある脅威の兆候を検索することができます。

注: 脅威インテリジェンスは Office 365 Enterprise E5 に含まれます。

検疫されたメッセージを監視および管理する

組織のメール メッセージをフィルター処理して検疫するポリシーを設定した後は、セキュリティ/コンプライアンス センターの [検疫] ページを監視して、誤検知された検疫済みメッセージを確認、解放、削除、報告できるようにします。

推奨事項を確認する

セキュリティ/コンプライアンス センターのホーム ページの [あなたへのおすすめ] セクションで、組織の現在の構成のスキャンに基づいて実施するクイック操作に注目します。

高度なセキュリティ管理を使用する

Office 365 の高度なセキュリティ管理機能では、Office 365 の不審なアクティビティを把握し、問題の可能性がある状況を調査し、必要に応じてセキュリティの問題に対処するアクションを実行できます。

注: 高度なセキュリティ管理は、Office 365 Enterprise E5 に含まれており、他の Office 365 Enterprise サブスクリプションのアドインとして使うこともできます。

Office 365 のセキュリティ スコアを確認する

Office 365 のセキュリティ スコアは、普段のアクティビティとセキュリティ設定に基づいて組織のセキュリティを分析し、スコアを付けます。スコアを定期的に確認し、アクション キューを見てセキュリティ強化とリスク軽減のために行う必要がある対策を確認することにより、スコアを改善します。

Office 365 の監視に関する他のリソース

Office 365 組織の監視に関するその他のヒントに関心がある場合は、以下の記事をご覧ください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×