Office 365 でサードパーティのストレージを有効にする

Office 365 では、ユーザー用にサードパーティーのストレージを有効にできます。そのため、ユーザーは、OneDrive for Business やチーム サイトのほかに、Dropbox などのサービスを使ってドキュメントを格納、共有できます。 この設定は、ユーザーがビジネス プロジェクトですでに使用している、あるいは使用したいと考えているサービスを提供する手段として非常に便利です。 Office Online を使用する組織のユーザーに、サードパーティー サービスでファイルを開いてほしくない場合は、次の手順でサードパーティー ストレージをオフにできます。

重要: サードパーティー ストレージは既定で有効になっています。そのため、サードパーティー ストレージをユーザーに使用させたくない場合は、ただちに、以下の手順どおりに操作する必要があります。

サードパーティー ストレージ サービスを有効または無効にするには

  1. 職場や学校のアカウントで Office 365 にサインインします

  2. Office 365 管理センターに移動します

  3. [設定]、[サービスとアドイン]、[Office Online] (旧管理センターでは [サービス設定]、[Office Online]) の順に移動します。

  4. [ユーザーに第三者がホストするストレージ サービスの使用を許可する] を選択して、設定をオンまたはオフにします。

詳細情報

Office Online と Dropbox のようなサードパーティー サービスの詳細については、「Dropbox を Office Online に追加する」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×