Office 365 でカスタム ユーザー ビューを作成、編集、削除する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office 365 の全体管理者またはユーザー管理の管理者は、一部の特定のユーザーを表示するためのカスタム ユーザー ビューを作成できます。カスタム ユーザー ビューは、Office 365 に付属している標準ビューのセット以外の追加ビューです。カスタム ユーザー ビューは作成、編集、削除でき、ある管理者が作成したカスタム ビューはすべての管理者が使用できます。

カスタム ユーザー ビュー Office 365 管理センター

カスタム ユーザー ビューを作成、編集、削除すると、[ユーザー] ページをクリックしたときに社内のすべての管理者が見ることのできるビューの [フィルター] 一覧に変更が反映されます。最大で 50 個のカスタム ビューを作成できます。

注記: [フィルター] ドロップダウン リストには、既定で標準ユーザー ビューが表示されます。標準ビューには、[すべてのユーザー]、[ライセンス付与済みのユーザー]、[サインインを許可されているユーザー]、[サインインがブロックされているユーザー]、[ライセンス未付与のユーザー]、[エラーのあるユーザー]、[課金管理者]、[全体管理者]、[パスワード管理者]、[サービス管理者]、[ユーザー管理の管理者] があります。標準ビューは編集または削除できません。標準ビューに関して次の点に注意してください。

  • 一部の標準ビューでは、一覧のユーザー数が 2,000 を超えると、並べ替えられていない一覧が表示されます。このような一覧で特定のユーザーを探すには、検索ボックスを使います。

  • Microsoft から Office 365 を購入したのではない場合、標準ビュー一覧に [課金管理者] は表示されません。詳細については、「管理者ロールを割り当てる」を参照してください。

カスタム ユーザー ビューのフィルターを選択する

[ユーザー設定フィルター] ページでカスタム ビューを作成および編集することができます。複数のフィルター オプションを選択した場合は、選択したすべての条件に一致するユーザーを含む結果を取得します。次の例では、カナダにいる特定のドメイン上のすべてのユーザーを示す "Canadian users" (カナダのユーザー) という名前のカスタム ビューを作成する方法について示します。

ユーザー設定フィルター条件

A - ドメイン   、組織の複数のドメインがある場合は、使用可能なドメインのドロップダウン リストから選択できます。

B にサインインした状態   ユーザーを許可またはブロックを選択します。

C の場所    国のドロップダウン リストから場所を選びます。

D - 製品のライセンスが割り当てられています。    組織で使用できるライセンスのドロップダウン リストから選択します。選択したライセンスを割り当てられているユーザーを表示するのにには、このフィルターを使用します。ユーザーには、その他のライセンスがあります。

部門、市区町村、都道府県、国/地域、役職など、組織で使用される追加のユーザー プロファイルの詳細を使ってフィルター処理することもできます。

その他の条件:

  • 同期済みユーザーのみ    アクティブ化されているかどうかにかかわらず、ローカルの Active Directory と同期されているすべてのユーザーを表示するには、このボックスをオンにします。

  • エラーのあるユーザー    プロビジョニング エラーがある可能性のあるユーザーを表示するには、このボックスをオンにします。

  • ライセンス未付与のユーザー    ライセンスが付与されていないすべてのユーザーを表示するには、このボックスをオンにします。このビューの結果には、Exchange メールボックスは持っていてもライセンスを持たないユーザーも含まれる場合があります。特にこのようなユーザーを追跡するには、[Exchange のメールボックスまたはアーカイブはあるがライセンスがないユーザー] フィルターを使用します。このビューの結果には、Exchange アーカイブは持っていてもライセンスを持たないユーザーも含まれる場合があります。

  • Exchange のメールボックスまたはアーカイブはあるがライセンスがないユーザー   Exchange Online で作成され、Exchange メールボックスはあるが、Office 365 ライセンスが割り当てられていないユーザー アカウントを表示するには、このボックスをオンにします。このフィルターの結果には、Exchange アーカイブが割り当てられたユーザーが含まれます。

注: 2,000 を超えるユーザーを返すカスタム ビューを作成すると、結果のユーザー一覧は並べ替えられません。このような場合は、検索ボックスを使ってユーザーを探すか、[フィルターの編集] を使って検索を調整します。

Office 365 管理センターでユーザー設定ビューを作成します。

  1. 管理者に移動する > Office 365 >ユーザー

  2. [アクティブなユーザー] ページで、[フィルター] をクリックして、[ユーザー設定フィルターの追加] を選択します。

    ユーザー設定フィルターの追加
  3. [ユーザー設定フィルター] ページで、フィルターの名前を入力して、ユーザー設定フィルターの条件を選択し、[保存]、[閉じる] の順にクリックします。カスタム ビューが、ドロップダウン リストに含まれるようになりました。

Office 365 管理センターでユーザー設定のビューを編集します。

  1. 管理者に移動する > Office 365 >ユーザー

  2. [アクティブ ユーザー] ページで、[フィルター] ボックスの横にあるドロップダウン矢印をクリックし、編集するカスタム ビューを選択します。

    注: 編集できるのはカスタム ビューだけです。

  3. [このフィルターの編集] をクリックします。

    ユーザー設定フィルターの削除
  4. [ユーザー設定フィルター] ページで、必要に応じて情報を編集し、[保存]、[選択] をクリックします。

Office 365 管理センターでカスタム ビューを削除します。

  1. 管理者に移動する > Office 365 >ユーザー

  2. [アクティブ ユーザー] ページで、[フィルター] ボックスの横にあるドロップダウン矢印をクリックして、削除するカスタム ビューを選択します。

    注: 削除できるのはカスタム ビューだけです。

  3. [このフィルターの編集] をクリックします。

  4. [カスタム フィルター] ページの下部で、[ユーザー設定フィルターの削除] をクリックし、[閉じる] をクリックします。

ページの先頭へ

カスタム ユーザー ビューを作成、編集、削除すると、[アクティブなユーザー] ページの [ビューの選択:] ボックスの横にある下矢印をクリックしたときに社内のすべての管理者が見ることのできるビューの一覧に変更が反映されます。最大で 50 個のカスタム ビューを作成できます。

[アクティブなユーザー] ページの [ビューの選択:] ボックスの横にある下矢印をクリックすると、既定で標準ユーザー ビューが表示されます。標準ビューには、[すべてのユーザー]、[サインインを許可されているユーザー]、[サインインがブロックされているユーザー]、[ライセンス未付与のユーザー]、[エラーのあるユーザー]、[課金管理者]、[全体管理者]、[パスワード管理者]、[サービス管理者]、[ユーザー管理の管理者] があります。標準ビューは編集または削除できません。標準ビューに関して次の点に注意してください。

  • 一部の標準ビューでは、一覧のユーザー数が 2,000 を超えると、並べ替えられていない一覧が表示されます。このような一覧で特定のユーザーを探すには、検索ボックスを使います。

  • Microsoft から Office 365 を購入したのではない場合、標準ビュー一覧に [課金管理者] は表示されません。詳細については、「管理者ロールを割り当てる」を参照してください。

[新しいビュー] または [ビューの編集] ページでフィルターを設定および変更します。カスタム ビューでは、次のフィルターを使用できます。

  • 割り当て済みのライセンス:    組織で使用できるライセンスのドロップダウン リストから選びます。選択したライセンスが割り当てられているユーザーを表示するには、このフィルターを使います。ユーザーは追加のライセンスを持っている場合もあります。

  • 同期済みユーザーのみ:    アクティブ化されているかどうかにかかわらず、ローカルの Active Directory と同期されているすべてのユーザーを表示するには、このボックスをオンにします。

  • エラーのあるユーザー:    プロビジョニング エラーがある可能性のあるユーザーを表示するには、このボックスをオンにします。

  • ライセンス未付与のユーザー:    ライセンスが付与されていないすべてのユーザーを表示するには、このボックスをオンにします。このビューの結果には、Exchange メールボックスは持っていてもライセンスを持たないユーザーも含まれる場合があります。特にこのようなユーザーを追跡するには、[Exchange のメールボックスまたはアーカイブはあるがライセンスがないユーザー] フィルターを使います。このビューの結果には、Exchange アーカイブは持っていてもライセンスを持たないユーザーも含まれる場合があります。

  • Exchange のメールボックスまたはアーカイブはあるがライセンスがないユーザー:   Exchange Online で作成され、Exchange メールボックスはあるが、Office 365 ライセンスが割り当てられていないユーザーを表示するには、このボックスをオンにします。このフィルターの結果には、Exchange アーカイブが割り当てられたユーザーが含まれます。

注: 2,000 を超えるユーザーを返すカスタム ビューを作成すると、結果のユーザー一覧は並べ替えられません。このような場合は、検索ボックスを使ってユーザーを探すか、[ビューの編集] を使って検索を調整します。

  1. [管理]、[Office 365]、[ユーザー] の順にクリックします。

  2. [アクティブなユーザー ] ページで、ビューの選択] ドロップダウン リストから、新しいビューを選択します。

  3. [新しいビュー] ページで、ユーザー ビューに含める必要のある情報を入力して、[保存] をクリックします。カスタム ビューが、ドロップダウン リストに含まれるようになりました。

    注: 複数のフィルター オプションを選択した場合は、選択したすべての条件に一致するユーザーを含む結果を取得します。

  1. [管理]、[Office 365]、[ユーザー] の順にクリックします。

  2. [アクティブなユーザー] ページで、[ビューの選択] ドロップダウン リストから編集するビューを選択します。

    注: 編集できるのはカスタム ビューだけです。

  3. [ビューの選択] ドロップダウン リストから [ビューの編集] を選択します。

  4. [ビューの編集] ページで必要に応じて情報を編集し、[保存] をクリックします。

  1. [管理]、[Office 365]、[ユーザー] の順にクリックします。

  2. アクティブ ユーザー ] ページで、[ビューの選択] ドロップダウン リストからを削除するビューを選択します。

    注: 削除できるのはカスタム ビューだけです。

  3. ドロップダウン リストから、[ビューの削除] を選びます。

  4. ビューの削除の確認を求められたら、[はい] をクリックします。選択したビューが削除された後、[閉じる] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×