スキップしてメイン コンテンツへ

Office 365 でカスタマイズされたメール アドレスを取得する

Office 365 Soloサブスクリプションの利点として、 Outlook.comのメールボックスに関連付けられているパーソナライズされたメールアドレスを作成できます。

作業を開始する

作業を開始するには、 https://outlook.live.comにサインインして、新しいメールエクスペリエンスを使用していることを確認します。 ツールバーの [ひし形] アイコンを選択して、プレミアムダッシュボードを開きます。 [個人用メールアドレス] で、[はじめに] を選び、指示に従います。 

プレミアムダッシュボードの [作業の開始] ボタンのスクリーンショット

Office 365 Solo サブスクリプションをお持ちの場合、サブスクリプションを共有したユーザーは、接続されているドメインでカスタマイズされたメールアドレスを設定することもできます。 ドメインをセットアップした後、共有したユーザーには、カスタマイズされたメールアドレスを追加するオプションが表示されます。

よく寄せられる質問

Office 365 Solo の加入者は、カスタマイズされたメールアドレスを設定することができます。 モバイル Web ブラウザーを使用している場合は、セットアップは使用できません。

ドメインをまだ所有していない場合は、GoDaddy から新しいものを購入する必要があります。 新しいドメインは、通常、年間 $5 から $25 の間のコストがかかります。 GoDaddy と直接ドメインの支払いを行います。

Office 365サブスクリプションをキャンセルした場合、パーソナライズされたメールアドレスを使用してOutlook.comでメールを送信または受信することはできなくなります。 ただし、既存のメールは失われません。

GoDaddy を使用してドメインの支払いを続けている限り、Office 365 を再購読し、[設定]、[Premium]、[機能] の順に選び、[はじめに] を選ぶことによって、個人用メール アドレスをいつでも再開することができます。

GoDaddy を使用してドメインをキャンセルした場合、個人用メール アドレスを使用して Outlook.com でメールを送信または受信することはできなくなります。 ただし、既存のメールは失われません。

自分のドメインを所有しており、GoDaddy は管理するレジストラーです。 自分のドメインを使用して Web サイトをセットアップしたり、必要に応じて別のレジストラーに転送したりすることができます。 ただし、ドメインを GoDaddy から転送した場合、個人用メール アドレスを使用して Outlook.com でメールを送信または受信することはできなくなります。

現時点では、GoDaddy によって管理されている接続中のドメインを Outlook.com でのみサポートしています。

いいえ、これはサポートされていません。 自分のドメインで 1 つのメールボックスに複数のエイリアスを作成するには、Office 365 Business Essentials サブスクリプションを購入することをお勧めします。

いいえ。 サインインのための主なエイリアスとして、個人用メール アドレスを設定することを強くお勧めします。 この操作を行うと、サインインまたはメールの送受信に問題が発生する可能性があります。 [設定]、[メール]、[メールの同期] の順に選んで、個人用メール アドレスを既定の「差出人」アドレスとして設定することもできます。

いいえ。 商用の Office 365 メールアカウントと一般消費者用の Office 365 または Outlook.com アカウントで同じメールアドレスは使用できません。

トラブルシューティング

  1. 設定 > Premium > 個人用メールアドレス の順に移動し、ドメインの状態を確認します。

    • 「個人用メールアドレス」タブ がない場合、 GoDaddy は Outlook.com にドメインを正常に接続しなかったことを意味します。 設定 > Premium > 機能 の順に移動し、 開始 を選びます。

    • 「GoDaddy ドメイン取得済み」 オプションを選択し、プロセスの手順に従います。

  2. ステータスバーが黄色の場合は、 アドレス作成 を選択して、個人用メールアドレスの設定を終了します。

  3. ステータスが赤色の場合は、Outlook.com へのドメインの接続が成功していないことを意味します。 この問題を解決するには:

    • まず、もう一度試す前に、 Outlook.com からドメインを削除する必要があります。 設定をキャンセル ボタンを選びます。

    • ブラウザーを更新して 設定 > Premium > 機能 の順に移動し、 開始 を選びます。

    • [I already own a GoDaddy domain] (既に GoDaddy ドメインを持っている) オプションを選択し、プロセスの手順に従います。

  4. ステータスが灰色の場合、GoDaddy は引き続きドメインを構成しています。

    • 数時間後に確認します。 ステータスは緑または黄に変更します。

    • 24 時間後にステータスが灰色または赤色になっている場合は、[セットアップを中止します] を選択して再接続します。

    • [セットアップを中止します] を選択したら、ブラウザー ウィンドウを更新します。 [Premium ]、[機能] の順に移動し、[はじめに] を選びます。

    • 「GoDaddy ドメイン取得済み」 オプションを選択し、プロセスの手順に従います。

これは、アドレスまたはエイリアスが既に Microsoft アカウントに関連付けられていることを意味します。 既に別のプロバイダーを使用して個人用メール アドレスを持っていて、そのドメインを Outlook.com にインポートしようとしている場合は、次の操作を行います。

  1. https://account.live.com/names/Manage に移動します。

  2. Microsoft アカウントで既にエイリアスと表示されているカスタマイズされたメール アドレスを追加しようとしている場合は、次のいずれかの操作を行います。

    • カスタマイズされたメール アドレスがプライマリ エイリアスとして一覧に表示されている場合は、最初に @outlook.com のメール アドレスをプライマリ エイリアスにしてから、カスタマイズされたメール アドレスの横にある [削除] を選択します。 

    • カスタマイズされたメール アドレスがプライマリ エイリアスとして表示されていない場合は、そのアドレスの横にある [削除] を選択します。

  3. 上記の手順を完了したら、受信トレイに戻り、[設定]、[メール]、[メールの同期] の順に選択します。 カスタマイズされたメール アドレスが [既定の差出人アドレスに設定する] に表示されていないことを確認します。 次に、カスタマイズされたメール アドレスの設定プロセスに従います。 これで、エラーが表示されなくなります。

  4. 1 から 3 の手順を完了してもこのエラーが表示される場合は、https://outlook.live.com に移動し、サインインして、使用するカスタマイズしたメール アドレスを入力します。 パスワードの入力を求められる場合は、そのアドレスが別の Microsoft アカウントに関連付けられていることを意味します。

  5. その他の Microsoft アカウントを所有している場合は、サインインし、https://account.live.com/names/Manage に移動して、次のいずれかの操作を行います。

    • カスタマイズされたメール アドレスがプライマリ エイリアスとして一覧に表示されている場合は、最初に @outlook.com のメール アドレスをプライマリ エイリアスにしてから、カスタマイズされたメール アドレスの横にある [削除] を選択します。 

    • カスタマイズされたメール アドレスがプライマリ エイリアスとして表示されていない場合は、そのアドレスの横にある [削除] を選択します。

  6. アカウントからサインアウトします。 もう一度サインインし、必要な認証手順をすべて完了し、カスタマイズされたメール アドレスではないアドレスでこのアカウントのメールを送受信できることを確認します。 カスタマイズされたメール アドレスがこのアカウントで使用可能な差出人アドレスとして一覧に表示されなくなったことも確認する必要があります。 

  7. 最後に、カスタマイズされたメール アドレスで使用するアカウントにサインインし、設定プロセスを完了します。 これで、エラーが表示されなくなります。

これは、Microsoft アカウントのエイリアスとして選んだアドレスを追加するときに問題が発生していることを意味します。 この問題を解決する方法については、説明的なエラー メッセージと提案を追加する作業を行っています。 確認する必要がある既知の問題は次のとおりです。

  1. https://account.live.com/names/Manage に移動します。 現在、10 個を超えるエイリアスが Microsoft アカウントに関連付けられている場合は、個人用メール アドレスを追加する前に、一部を削除する必要があります。

  2. https://account.microsoft.com/security に移動し、[更新情報] を選びます。 追加しようとしているエイリアスが現在ページに一覧表示されている場合は、個人用メール アドレスの作成を完了する前に、別のアドレスに置き換える必要があります。

  3. 個人用メール アドレスを作成しようとしているアカウントが子に属している場合は、プロセスを完了できないことがあります。 この問題の解決策について説明します。

https://account.live.com/names/Manage に移動し、個人用メール アドレスがプライマリ エイリアスとして設定されていないことを確認します。 

https://dcc.godaddy.com/domains/ に移動して、ドメインを選び、画面の下部にある [DNS の管理] を選びます。 [追加] を選択し、次のレコードを作成します。

[Type]: CNAME

[Name]: _domainconnect

[Value]: _domainconnect.gd.domaincontrol.com

[TTL]: 1 Hour

https://outlook.live.comに移動して、新しいメール エクスペリエンスを使用していることを確認します。 ツールバーのひし形アイコンを選択して、プレミアム ダッシュボードを開きます。 

  1. [受信トレイ] にひし形アイコンが表示されていない場合は、Office 365 サブスクリプションの有効期限が切れていることを意味します。 https://account.microsoft.com/servicesに移動してサブスクリプションを再アクティブ化してから、「はじめに」の手順に従ってドメインを再接続します。

  2. [機能] と [セキュリティ] の下に [パーソナライズされたメール アドレス] タブが表示されない場合は、個人用メール アドレスを Outlook から削除したことを意味します。

    1. 最初にドメインをセットアップした場合、Office 365 Solo サブスクリプションの有効期限が切れている可能性があります。 https://account.microsoft.com/services に移動してサブスクリプションを再アクティブ化してから、「はじめに」の手順に従ってドメインを再接続します。

    2. 他のユーザーが自分と Office 365 Solo サブスクリプションを共有している場合は、サブスクリプションの有効期限が切れているか、または Outlook からドメインが削除されている可能性があります。 Office 365 Solo サブスクリプションの所有者に問い合わせて、ドメインを再接続するように依頼します。

  3. [パーソナライズされたメール アドレス] タブに赤色のステータス バーがある場合は、ドメインの有効期限が切れている可能性があります。 ドメインがまだアクティブであることを GoDaddy に確認します。

    1. ドメインが GoDaddy でアクティブになっている場合は、[セットアップを中止します] を選択してブラウザー ウィンドウを更新します。 次に、[Premium]、[機能] の順に移動し、[はじめに] を選びます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×