Office 365 でエラー コード 5.7.12 のメール配信の問題を修正する

このトピックでは、配信不能レポート (NDR) または配信状態通知 (DSN) に状態コード 550 5.7.12 または 5.7.12 が表示される場合の対処手順について説明します。 このような自動通知は、組織外から送信されたメッセージを拒否するよう受信者のアドレスが設定されているため、送信者のメッセージが拒否された場合に表示されます。 このような設定を変更できるのは、受信者の組織のメール管理者だけです。

受信者のメール管理者です。 このメール アドレスへのメッセージの送信を送信者に許可するには、どうすればよいですか?

NDR に表示されているアドレスへのメッセージの送信を送信者に許可する方法はいくつかあります。 最も一般的な方法は、以下のとおりです。

このメール アドレスへのメッセージの送信をすべての送信者 (組織内と組織外の両方を含む) に許可する

  1. Exchange 管理センターで、[受信者] を選びます。

  2. 受信者のアドレスがメールボックスの場合は、[メールボックス] を選び、それ以外の場合は手順 3 に進みます。

    • 表示されたメールボックス一覧から受信者を選び、[編集 [編集] アイコン ] を選びます。

    • [ユーザー メールボックス] ダイアログ ボックスで、[メールボックスの機能]、[メッセージの配信制限]、[詳細の表示] の順に選びます。

    • [メッセージの配信制限] ボックスで、[すべての送信者に認証を要求する] チェック ボックスをオフにします。

      認証された差出人を無効にするチェック ボックス
    • [OK]、[保存] の順にクリックします。

  3. 受信者のアドレスがグループの場合は、[グループ] を選び、それ以外の場合は手順 4 に進みます。

    • 表示されたグループ一覧からグループ名を選び、[編集 [編集] アイコン ] を選びます。

    • [配布グループ] ダイアログ ボックスで、[配信管理] を選びます。

    • [組織内および組織外の送信者] を選びます。

    • [保存] をクリックします。

  4. 受信者のアドレスがメール ユーザーの場合は、[連絡先] を選び、それ以外の場合は「送信者がパブリック フォルダーに送信しようとしている場合」に進みます。

    • 表示された連絡先とメール ユーザーの一覧から受信者名を選び、[編集 [編集] アイコン ] を選びます。

    • [メール ユーザー] ダイアログ ボックスで、[メール フローの設定]、[メッセージの配信制限]、[詳細の表示] の順に選びます。

    • [メッセージの配信制限] ダイアログ ボックスで、[受信を許可する送信者:]、[すべての送信者] の順に選びます。

    • [メッセージの配信制限] ボックスで、[すべての送信者に認証を要求する] チェック ボックスをオフにします。

    • [OK]、[保存] の順に選びます。

高度な設定: 許可済み送信者リストを受信者用にカスタマイズして作成する

このメール アドレスへの送信をすべての外部送信者に許可する代わりに、内部送信者とごく一部の特定の外部送信者のみに限定して送信を許可することができます。 この設定を行うには、組織内のすべてのユーザーと 1 人以上の特定の外部送信者を含む許可済み送信者リストをカスタマイズして作成します。

注記: 

  • 許可済み送信者リストに組織外のユーザーを追加するには、最初に対象ユーザーのメール連絡先を作成する必要があります。 作成方法の詳細については、「メール ユーザーの管理」を参照してください。

  • 許可済み送信者リスト方式を使って、組織内のすべてのユーザーにこの受信者への送信を許可したい場合は、組織内のすべてのユーザーが含まれた配布グループ (または動的配布グループ) を作成します。作成方法の詳細については、「Create, edit, or delete a security group in the Office 365 admin center」 (Office 365 管理センターでセキュリティ グループを作成、編集、削除する) をご覧ください。 配布グループを作成したら、許可済み送信者リストにグループを追加します。

下の例では、メールボックスに対する許可済み送信者リストを設定する方法を示していますが、メール ユーザーまたはグループについて、それぞれメール ユーザーまたはグループのダイアログ ボックスで同じ操作または同じような操作を実行することもできます。

  • Exchange 管理センターで、[受信者]、[メールボックス] の順に選びます。

  • 表示されたメールボックス一覧から受信者を選び、[編集 [編集] アイコン ] を選びます。

  • [ユーザー メールボックス] ダイアログ ボックスで、[メールボックスの機能]、[メッセージの配信制限]、[詳細の表示] の順に選びます。

  • [メッセージの配信制限] ボックスで、[すべての送信者に認証を要求する] チェック ボックスをオフにします。

  • [次の送信者からのメッセージを受け入れる]、[次の一覧の送信者のみ] の順に選びます。

  • [追加 [追加] アイコン ] を選びます。

  • [メンバーの選択] ダイアログ ボックスで、許可済み送信者リストに追加するメンバーを選び、[追加] を選びます。

  • [OK]、[OK]、[保存] の順にクリックします。

送信者がパブリック フォルダーに送信しようとしている場合

受信者のアドレスが共有メールボックスの場合は、次の操作を行います。

  • Exchange 管理センターで、[パブリック フォルダー]、[パブリック フォルダー] の順に選びます。

  • 表示されたパブリック フォルダーの一覧からパブリック フォルダー名を選びます。

  • パブリック フォルダーの詳細ウィンドウ (画面の横に表示される) で、[フォルダーのアクセス許可]、[管理] の順に選びます。

  • [パブリック フォルダー アクセス許可] ダイアログ ボックスで、[追加] を選びます。

  • [パブリック フォルダー アクセス許可] ダイアログ ボックスで、[参照] を選びます。

  • [受信者の選択] ダイアログ ボックスで、このパブリック フォルダーに送信するためのアクセス許可を付与する受信者を選びます。

  • [OK]、[保存]、[保存] の順に選びます。

  • 変更を適用したら、[閉じる] をクリックします。

詳細情報

メール ユーザーの管理

配布グループを作成または使用する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×