Office 365 でエラー コード 5.6.11 のメール配信の問題を修正する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

電子メールの送信時にエラーが表示されると苛立ちを感じるものです。エラー コード 5.6.11 を示す "バウンス" メッセージ (配信不能レポート (NDR) とも呼ばれる) が表示される場合は、問題を解決して電子メール メッセージを送信するのにこのトピックが役立ちます。

メール ユーザーのアイコン

バウンス メッセージが表示された場合の解決方法

管理者のアイコン

管理者向け解決方法

バウンス メッセージが表示された理由

送信したメッセージに電子メール プログラムによって無効な文字 (復帰のない改行文字) が追加されたため、エラー コード 5.6.11 のバウンス メッセージが表示されました。

バウンス メッセージが表示された場合の解決方法

送信した電子メールの応答としてバウンス メッセージを受け取った場合は、以下の操作を試してください。

  1. Outlook on the web など、メッセージに復帰のない改行を追加しない別の電子メール プログラムを使用して、メッセージを送信します。

  2. 元のメッセージに添付ファイルが含まれている場合は、添付ファイルなしのメッセージを送信してみてください。

問題が解決しない場合は、電子メール管理者にバウンス メッセージを送信して問い合わせ、以下の「管理者向け解決方法」のセクションを参照するように指示します。

管理者向け解決方法

この問題を解決する方法はいくつかあります。

  1. 送信者が上記の手順を試したことを確認します。

  2. 受信者の電子メール管理者は、次の操作を実行できる場合があります。

    1. 電子メール サーバーの設定を変更します。

      一部の電子メール サーバーでは、復帰がない改行の拒否を有効または無効にすることができます。たとえば、Exchange Server には受信コネクタ設定 BareLinefeedRejectionEnabled が含まれています。電子メールの受信者が Exchange Server を使用している場合は、管理者がサーバーの受信コネクタの BareLinefeedRejectionEnabled 設定を無効にしている可能性があります。詳細については、「Set-ReceiveConnector」を参照してください。

    2. 従来の電子メール サーバーを、SMTP プロトコルの BDAT コマンドをサポートする新しいバージョン (または代替の電子メール サーバー) にアップグレードします。

受信者の既存の電子メール サーバーを SMTP プロトコルの BDAT コマンドをサポートするサーバーにアップグレードすることで、復帰のない改行を含むメッセージを受信できるようになります。最新の電子メール サーバーのほとんどで BDAT がサポートされますが、一部の無料の古い電子メール サーバーではこの機能はサポートされません。

関連情報

詳細については、復帰がない改行を含む電子メール メッセージに関するこの FAQ を参照してください。

通常、電子メール メッセージの各文字行は、復帰の後に改行が続く CR LF で終わります。復帰がない改行の場合、CR (復帰) 文字の直後に LF (改行) 文字がありません。つまり、行は CR LF で終わらず、LF のみで終わります。

最近まで、Office 365 ではメールから復帰のない改行文字が自動的に削除されていました。そのため、チャンクや BDAT コマンドをサポートしない古い電子メール サーバーを使用する受信者にメールを配信することができました。BDAT のサポートは、RFC 1830 に示されている電子メール業界標準における要件です。DomainKeys Identified Mail (DKIM) のようなセキュリティ標準により適切に対応するため、Office 365 ではメッセージから復帰のない改行が削除されなくなりました。そのため、古いメール サーバーを使用するユーザーに送信されるメッセージが拒否される可能性が高くなると考えられます。

さらにサポートが必要な場合

Office 365 コミュニティ フォーラムで情報を入手 管理者向け: サインインとサービス リクエストの作成 管理者向け: 電話サポート

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

Office 365 でのメール配信不能レポート

RFC 6376 DomainKeys Identified Mail (DKIM) 署名

RFC 1830 大きなバイナリの MIME メッセージを送信するための SMTPサービスの拡張 (BDAT サポート)

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×