Office 365 ではどのような税が課せられますか?

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ここでは、下記の各地域で課せられる税について説明します。適切な文書をサポートに提出すると、税金控除ステータスを申請することもできます。

欧州連合 (EU) 域内で Office 365 のサービスを購入すると、その購入は付加価値税 (VAT) の対象となります。

  • 購入者が EU 加盟国に所在しているが、その国での有効な VAT ID を提示しなかった場合は、Microsoft Ireland Operations Ltd. によって、アカウントが設定されている請求先の国に基づいて、その時点の地域の VAT 税率が適用されます。

  • 購入者がスイスまたはリヒテンシュタインに所在している場合は、VAT ID 提示の有無にかかわらず、その時点のスイスの VAT 税率が適用されます。

  • 基本的に、購入者が EU 加盟国、スイス、リヒテンシュタイン以外の EMEA の国に所在している場合は、Microsoft Ireland Operations Ltd. によって VAT が課されることはありません。

  • Microsoft が購入者の VAT ID を確認できるのは、その ID が VAT Information Exchange System (VIES) で確認できる状態である場合に限られます。VAT ID が確認不可能の場合は、その地域の税務当局に問い合わせてください。

次の場合は、VAT ゼロ税率となることがあります。

  • アイルランド以外の EU 加盟国に所在している場合:    所在国での有効な VAT ID を提示してください。これで、Microsoft Ireland Operations Ltd. との取引は VAT ゼロ税率の対象となります。ただし、所在国での VAT 会計義務が存在する可能性があるため、不明な点がある場合は税務顧問に確認してください。手順については、「VAT ID を追加する (EU 加盟国のみ)」を参照してください。

  • アイルランドに所在し、関係する有効な VAT 免税証明書がある場合:   Microsoft Ireland Operations Ltd. との取引は VAT 免税にできることがあります。免税証明書がない場合は、購入者の VAT ID 提示の有無にかかわらず、Microsoft Ireland Operations Ltd. によってその時点のアイルランドの VAT 率が適用されます。

VAT ID を追加する (EU 加盟国のみ)
  1. 職場や学校のアカウントを使って、グローバル管理者として Office 365 にサインインします。サインインの方法はこちらを参照してください。

  2. 左上のアプリ起動ツールのアイコン Office 365 アプリ起動ツール アイコン を選び、[管理者] を選びます。

  3. 管理センターで、[課金]、[サブスクリプション] の順に選びます。

  4. サブスクリプション名を選び、[その他のアクション]、[VAT 番号の編集] の順に選択します。

    開いているその他のアクション] メニューで、サブスクリプション カードと選択されている編集 VAT 番号] オプションの一部です。
  5. [サービスの利用先住所の編集] ページで、VAT ID を [VAT 番号] ボックスに入力して [送信] を選びます。

    VAT が付いた、サービスの使用のアドレス ページ数値の下部にある] ボックスを編集します。

請求元が Microsoft Regional Sales オフィスの場合は、請求書に "Microsoft Regional Sales" と明記されており、通常は消費税や付加価値税 (VAT) が課せられることはありません。ただし、同一国内での販売である場合を除きます。

それ以外からの請求の場合は、その時点でのその国の課税対象となり、次のように請求書に記載されます

  • シンガポールからシンガポール

  • 韓国から韓国

  • 日本から日本

  • 台湾から台湾

アメリカ合衆国とカナダでは、所在場所に応じて、さまざまな税率が適用されます。 プエルトリコでは、ローカルな付加価値税 (VAT) 額が適用されます。

請求元が Microsoft Corporation で (請求書に記載されています)、購入者が Office 365 へのサインアップをアメリカ合衆国、カナダ、プエルトリコ以外の国で行った場合は、基本的に課税対象外となります。

ご意見を寄せてください。

この手順は役に立ちましたか?役に立った場合は、このページの一番下のリンクを使ってお知らせください。役に立たず、問題がまだ解決していない場合は、何をしようとしたときにどのような問題が発生したかをお知らせください。

さらにサポートが必要な場合のサポート サービス

一般法人向け Office 365 の管理者は、知識の豊富なサポート担当者に無料で問い合わせて、購入前のお問い合わせ、アカウント、課金に関するサポート、および技術的な問題の解決についての支援を受けることができます。組織の Office 365 ユーザーに代わってサポートに問い合わせることもできます。

Office 365 コミュニティ フォーラムで情報を入手 管理者向け: サインインとサービス リクエストの作成 管理者向け: 電話サポート

注: 中国で 21Vianet が運営する Office 365 を使用している場合は、21Vianet のサポート チームにお問い合わせください

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

一般法人向け Office 365 の免税資格を申請する

一般法人向け Office 365 の課金内容を表示する

一般法人向け Office 365 の請求書について

一般法人向け Office 365 の請求書 - 管理者向けヘルプ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×