Office 365 での Yammer ユーザー ライセンスの管理

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Yammer は Office 365 とより緊密に統合されるので、Yammer のライセンスを Office 365 で管理できるようになります。以前は、Yammer のライセンスをユーザーに個別に割り当てることはできませんでした。Office 365 の [ライセンスの割り当て] ページを見ると、次のスクリーンショットのように、Yammer ライセンスは無効になっていて、ユーザーに個別に割り当てることはできませんでした。

Yammer Enterprise ライセンスが選択された Office 365 管理センターの、[ライセンス割り当て] セクションのスクリーンショット

今後は、次のスクリーンショットを見るとわかるように、ユーザーごとに Yammer ライセンスを割り当てることができます。

Yammer Enterprise ライセンスを割り当て可能な Office 365 管理センターの、[ライセンス割り当て] セクションのスクリーンショット

Yammer ライセンスがユーザー レベルで変更された場合は、Office 365 のエクスペリエンスにこの選択肢が反映されます。たとえば、Office 365 アプリ起動ツールでは、Yammer ライセンスを持つユーザーだけに Yammer タイルが表示されます (他の Office 365 サービスと同様です)。ユーザーはまだ Office 365 の ID を使用して www.yammer.com からログインできることに注意してください。Office 365 の ID とライセンスを持たないユーザーはログインできません。[Yammer ライセンスがない Office 365 ユーザーをブロックする] セキュリティ設定をオンにすることによって、Yammer ライセンスを持たないユーザーの Yammer へのアクセスをブロックすることができます (「Yammer ライセンスを持たない Office 365 のユーザーのブロックを開始する」を参照)。

ユーザーへの Yammer ライセンスの割り当て

Office 365 管理センターで、または Office 365 用の Windows PowerShell コマンドレットを使用して、ライセンスをユーザーに割り当てることができます。

  • バンドルされたサブスクリプション プラン (Office 365 Enterprise E3 など) の一部として Yammer を購入し、バンドルされたサブスクリプション プランをユーザーに割り当てた場合は、ユーザー単位のライセンスが使用できるようになると、Yammer ライセンスがユーザーに自動的に割り当てられます。

  • Yammer Enterprise スタンドアロン サブスクリプションを購入した場合、これまではそれをユーザーに割り当てることはできませんでした。したがって、Yammer のユーザー単位のライセンスが使用できるようになっても、Yammer ライセンスがユーザーに自動的に割り当てられることはありません。

次の操作を行うことができるのは、Office 365 の全体管理者またはユーザー管理の管理者だけです。

Office 365 管理センターでライセンスを管理する

割り当てるか、他のすべてのOffice 365 Enterprise E3ライセンスを割り当てる方法と同じ方法をユーザーにYammerライセンスを削除するとします。Office 365 Enterprise E3にサインインするのには、 Office 365 管理センターとにユーザーを移動 >アクティブなユーザー ] ページでの割り当てまたはユーザーのYammerライセンスを削除します。詳細については、一般法人向け Office 365 のユーザーにライセンスを割り当てるし、一般法人向け Office 365 内のユーザーからライセンスを削除するを参照してください。

Windows PowerShell を使用してライセンスを管理する

Windows PowerShellのコマンドレットを使用してOffice 365ライセンスを割り当てることができます。Windows PowerShellとより簡単にライセンスを持つユーザーを確認し、同時に複数のユーザーのライセンスを割り当てることがことができます。詳細については、 Office 365 PowerShell を使って、を参照してください。一括できますも、CSV ファイルを基にライセンスを更新します。詳細については、 CSV に基づいて、Office 365 ユーザーにライセンスの割り当てを一括を参照してください。

Yammer のライセンス管理に使用できる、Windows PowerShell スクリプト スニペットの例を次に示します。次の例を使用して、組織向けの完全なスクリプトを作成します。

  • 次の例では、litwareinc:YAMMER_ENTERPRISE_STANDALONE (Yammer Enterprise スタンドアロン) ライセンス プランを、ライセンスのないユーザー belindan@litwareinc.com に割り当てます。

    Set-MsolUserLicense -UserPrincipalName "belindan@litwareinc.com" -AddLicenses "litwareinc:YAMMER_ENTERPRISE_STANDALONE"
  • 次の例では、ユーザー belindan@litwareinc.com に対する litwareinc:ENTERPRISEPACK (Office 365 Enterprise E3) から Yammer Enterprise ライセンスの割り当てを解除します。

    $UPN = "belindan@litwareinc.com"
    
    $LicenseDetails = (Get-MsolUser -UserPrincipalName $UPN).Licenses
    
    ForEach ($License in $LicenseDetails) {
    
      $DisabledOptions = @()
    
      $License.ServiceStatus | ForEach {
    
         If ($_.ProvisioningStatus -eq "Disabled" -or  $_.ServicePlan.ServiceName -like "*YAMMER*") { $DisabledOptions += "$($_.ServicePlan.ServiceName)" } 
    
      }
    
      $LicenseOptions = New-MsolLicenseOptions -AccountSkuId $License.AccountSkuId -DisabledPlans $DisabledOptions
    
       Set-MsolUserLicense -UserPrincipalName $UPN -LicenseOptions $LicenseOptions
    
    }
    
  • その他のライセンスに影響を与えずに特定のユーザーの Yammer を有効にするには代わりに、上記のスクリプトの実行を変更します。

    If ($_.ProvisioningStatus -eq "Disabled" -or $_.ServicePlan.ServiceName -like "*YAMMER*") { $DisabledOptions += "$($_.ServicePlan.ServiceName)" }

    If ($_.ProvisioningStatus -eq "Disabled" -and $_.ServicePlan.ServiceName -notlike "*YAMMER*") { $DisabledOptions += "$($_.ServicePlan.ServiceName)" }
  • 次の例では、Office 365 のライセンスを現在持っていないユーザーについての情報を返します。

    Get-MsolUser -All -UnlicensedUsersOnly

Yammer ライセンスを持たないユーザーのブロックを開始する

わずか数ステップの操作で、Yammer ライセンスを持たない Office 365 ユーザーのブロックを開始できます。ただし、この設定をオンにすると、Yammer へのユーザー アクセスが中断される可能性があります。まずは、以下の手順に従って、Yammer ユーザーがスムーズに作業を継続できるようにしましょう。

  • Yammer ユーザーの Office 365 の id を適用するために [オン] になっていることを確認します   。割り当てるまたはOffice 365で管理されるYammerユーザーにのみYammerライセンスの割り当てを解除できます。Yammerライセンスを持たないOffice 365ユーザーをブロックするには、その必要なOffice 365でYammerのすべてのユーザーが管理されています。Yammer ユーザーの office 365 の id を適用するための設定がオンになっている場合にのみ、 Yammer のライセンスを持たないユーザーをブロックの Office 365の設定をオンにできます。

  • 現在のすべての Yammer ユーザーは Yammer ライセンスを持っているかどうかを確認します   。Yammerライセンスを持たないOffice 365ユーザーをブロックを開始すると、 Yammerライセンスがない場合、すべてのユーザーをYammerにアクセスできるようになります。ように作業を開始する前に必ずYammerライセンスがあるすべての現在Yammerユーザー。これを確認する 1 つの方法では、 Yammerでユーザーのエクスポート] ページに移動し、すべてのユーザーをエクスポートします。Office 365内のユーザーの一覧にそのリストを比較するし、必要な変更を加えます。詳細については、「 Office 365 に接続するネットワーク内の Yammer ユーザーを監査する方法」を参照してください。

  • この変更についてユーザーに通知します。    この変更が日々の Yammer の使用に影響を与える可能性があるため、Yammer ライセンスのない Office 365 ユーザーのブロックを開始した旨をユーザーに伝えます。

これらの手順を実行するには、認証管理者として Yammer に同期されている Office 365 のグローバル管理者になる必要があります。アカウントが同期されているかどうかを確認するには、Yammer の [ネットワーク管理] ページに移動して、[管理者] セクションを確認します。グローバル管理者は、Office 365 のユーザー プリンシパル名 (UPN) が Yammer のドメインと一致する場合にのみ、Yammer との同期を行います。次のスクリーン ショットは、Yammer の [管理] ページで同期された管理者がどのように表示されるかを示しています。

Office 365 でグローバル管理者として同期されている認証管理者アカウントを示したスクリーンショット

Yammer ライセンスを持たないユーザーをブロックする準備が整ったら、次の手順に従います。

  1. Yammer] で、ネットワークの管理] セクションに移動し、[セキュリティ設定を選択します。

  2. セキュリティ設定] ページを適用する Office 365 のユーザー情報] セクションに移動する、 Yammer での Office 365 を適用するための idのチェック ボックスをオンおよび選択内容を確認します。Office 365の id を適用するとは、事前に求められる、Yammer のライセンスを持たないユーザーをブロックする手順です。

  3. Yammer での Office 365 を適用するための id ] チェック ボックスを選択した後は、 Yammer のライセンスを持たないユーザーを Office 365 のブロック] チェック ボックスが表示されます。Yammer のライセンスを持たないユーザーを Office 365 のブロックのチェック ボックスをオンして、[保存] を選びます。

    Yammer のセキュリティ設定で Yammer ライセンスがない Office 365 ユーザーをブロックするスクリーンショット
  4. Yammerライセンスを持たないOffice 365ユーザーのブロックを開始する準備ができたらかどうかかを確認する確認メッセージが表示されます。

    Yammer ライセンスがないユーザーのブロックを開始する確認ダイアログ ボックスのスクリーンショット

    Yammer ネットワーク上のアクティブ ユーザーの数が確認メッセージに表示されます。現在のすべての Yammer ユーザーが Yammer ライセンスを持っていることを確認します。詳細については、「Office 365 に接続されているネットワークで Yammer ユーザーを監査する方法」を参照してください。

    必要に応じて、現在のユーザー全員を自動的にログアウトさせることができます。これで、Yammer サービスを使用している全員が自身の Office 365 ID でログインしており、Yammer ライセンスを持っていることを確認できます。これを行う場合は、[現在のユーザー全員をログアウト] チェック ボックスをオンにします。(作業中にユーザーがログ アウトされる可能性があるため) この操作は最小限のユーザー アクティビティの時間に行い、操作前にユーザーに通知することを強くお勧めします。

  5. Yammerライセンスを持たないOffice 365ユーザーのブロックを開始する準備ができたら場合、は、でも進む準備ができたら、[はい]を、選択内容を確認することを選択します。戻りますのセキュリティ設定] ページにYammer のライセンスを持たないユーザーを Office 365 のブロック] チェック ボックスが選択されているようになりました。

  6. [保存] を選択して、ページの全設定を保存します。

    保存しない代わりに、ページを移動する場合は、設定が有効になりません。

FAQ

Q:ユーザー単位に Yammer ライセンスを割り当てる機能を追加するのはなぜですか?

A:お客様は、会社のユーザーのサブセットに Yammer を提供することを望まれています。よくあるのは、地域別やチーム別に展開する場合です。Office 365 アプリ起動ツールに Yammer タイルが表示されるユーザーを制御したいという具体的な要求が何件かお客様からありました。ユーザー単位で Yammer ライセンスを割り当てる機能は、他の Office 365 サービスと同じ方法でこの機能を提供するものです。

Q:メール アドレスとパスワードでサインインする Yammer ユーザーにはどのような影響がありますか?

A:従来の Yammer ID (メール アドレスとパスワードによるログイン) を使用するユーザーは Office 365 では管理できないので、ライセンスは Office 365 ID でサインインするユーザーに対してのみ適用されます。

Q:社内の誰にも従来の Yammer ID を使用させたくない場合はどうすればよいですか?

A:すべての Yammer ユーザーに Office 365 ID を適用することができます。

Q:顧客には Yammer のユーザー単位ライセンスはどのように展開されますか?

A:Office 365 テナントに接続されているすべての Yammer ネットワークに対しては、この変更が自動的に行われます。

Q:組織の Yammer ユーザー全員が Office 365 のアカウントを持っているかどうかを調べるには、どうすればよいですか?

A:ユーザーのリストを Yammer からエクスポートして、その中に Office 365 ユーザー以外がいるかどうかを調べてください。詳細については、「Office 365 に接続されているネットワークで Yammer ユーザーを監査する方法」を参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×