Office 365 での電話システムで利用できる機能

PBX は組織内の電話システムです。Office 365 アドオンの電話システムは、複雑で高価な機器なしで PBX 機能を提供します。

電話システム アドオンにより、Skype for Business を使用して、通話の発信と受信、通話の転送、ミュートとミュートの解除などの基本タスクをインターネット アクセス経由でほぼあらゆる場所から行うことができます。世界各地で利用可能です。

費用の詳細については、「電話システムの料金」をご覧ください。

Office 365 での電話システムの機能

電話システムを使うことによって、Skype for Business ユーザーは次の機能を利用できます。

Office 365 での電話システムの機能

説明

自動応答

電話システムの自動応答を使用して、組織のメニュー システムを作成できます。外部および内部の発信者はこのメニュー システムを介して組織内の企業ユーザーまたは部門を特定し、通話の発信および転送を行うことができます。

(名前と番号による) 通話の応答/開始

受信した通話にワンタッチで応答し、完全な電話番号にダイヤルするか、または Skype for Business や Outlook にある名前をクリックして発信します。

代理呼び出しと代理通話 (マネージャ、管理者などの代理)

サポートするマネージャの代わりに通話の発信または応答を行います。他のメンバーの代わりに通話の応答または発信を行ったときに、すべてのメンバーに通知されます。

着信の転送と同時呼び出し

これらの機能により、通話をどこでも受信でき、通話を他のメンバーやボイスメールに転送できるように転送ルールをセットアップできます。

通話履歴

インスタント メッセージング (IM)、電話、一時的な会議、予約された会議などのすべての会話を単一の場所に記録します。会話は通話履歴に記録されます。

通話の保留/取得

複数の通話が同時に発生したときに使います。別の着信に応答するか、または別の通話を発信する場合、現在の通話は自動的に保留になります。

通話の転送 (ブラインド、確認、および携帯電話)

別のユーザーに通話を転送します。または、席から離れても会話を続ける必要がある場合、PC または IP 電話から携帯電話またはタブレットに通話を転送できます。

発信者番号

社内からの通話に対しては、会社の電話帳から情報を引き出すことができる詳しい発信者番号が表示され、電話番号のみではなく写真と役職が表示されます。

通話キュー

電話システムの通話キューには、他のユーザーからの自分の組織の電話番号への通話に対する応答メッセージ、自動的に通話を保留する機能、および通話の発信者が保留メロディを聴いている間に通話を処理するために次に利用できるコール エージェントの検索が含まれます。

保留接続/状態変更のタグ

この機能により、現在連絡不可のメンバーをタグし、プレゼンスが変更され、通話に応答できるようになったときに通知を受け取ることができます。

PC、Mac、モバイル用のクライアント

タブレットおよび携帯電話から、PC およびデスクトップの IP 電話まで、多様なデバイスでの通話機能を提供します。

デバイス切り替え

通話または会議を別のデバイスで再生できます。

ディスティンクティブ リング

日々受信する通話の種類に応じて異なる着信音を再生し、発信者をすばやく特定できるようにします。

応答不可ルーティング

着信をプレゼンス情報で制御し、個別に指定した発信者を除くすべての発信者からの受信をブロックします。

エンタープライズ カレンダーの通話ルーティング

エンタープライズ カレンダーの通話ルーティングでは、エンタープライズ カレンダーの営業時間を使用して、Skype for Business での着信の転送および同時呼び出しを有効または無効にすることができます。

組み込みダイヤル パッド

検索バーとダイヤル パッドを使って、名前または番号でどこにでもダイヤルできるので、通話の発信プロセスを高速化できます。

音声デスクフォンを使用して Skype for Business 通話を行う

デスクフォンが Skype for Business と動作するように構成されている場合は、Skype for Business を使って組織のメンバーと通話でき、電話機を介して通話の音声を聞くことができます。

注: この機能は、ハイブリッド ユーザーのために使用される PBX フォンでも行えます。

保留メロディ

電話を保留にしたときに音楽を再生し、受信者がまだそこにおり、通話が誤って切断されたのではないことを発信者に知らせます。

Skype とフェデレーション通話

Skype ディレクトリ内で任意のユーザーを検索して、そのユーザーと安全に接続、通信、共同作業をすることができます。

チーム通話

即座にまたは指定した時間の後に、通話を受信者のチームに転送します。

ビデオ通話モニター

小さな浮動ウィンドウに話者の名前とビデオ ストリームを表示して、いつでも質問に回答できるようにします。

ボイスメール

電話システムのボイスメールがどのように機能するかを次で説明します。ユーザーがボイスメールを受信すると、ボイスメール メッセージがファイル添付された電子メールとして、メールボックスに配信されます。Skype 認定のデスクトップの電話、すべての Skype for Business アプリケーション、または Lync for Mac 2011 を通してメッセージを聞くこともできます。

電話システムのボイスメールの機能には、応答メッセージ、メッセージ待機インジケーター、電話で返信が含まれます。すべてのボイスメールはメールボックスに保管され、PC、携帯電話、IP 電話で Skype for Business を使用して利用可能になります。

Office 365 での電話システムを計画してセットアップする

組織に最適な方法で電話システムをセットアップします。

  • 電話システムのアドオンは、通話の受信と発信に会社の既存の電話回線または「通話プランとは」のサービスとともに使用できます。

  • 新しい電話番号を Office 365 から取得するか、または既存の電話番号を Skype for Business に転送できます。

組織で電話システムを計画してセットアップする場合は、次の記事をご覧ください。

利用の可否

リッチ クライアント

モバイル クライアント

IP 電話

Office 365 でサポートされているすべての PC クライアントと Mac クライアントで動作します。

次の環境用の Skype for Business クライアントがあります。

Skype for Business と互換性がある多くのデスクフォンから選んでください。「Skype for Business Online 用の電話機を入手する」をご覧ください。

ご意見を寄せてください。

この記事は役に立ちましたか? 役に立った場合は、この記事の下でお知らせください。役に立たなかった場合は、わかりにくかった部分や見つからなかった内容をお知らせください。いただいたフィードバックを元に記事を更新します。

関連項目

緊急通話の使用条件

Skype for Business Online PSTN サービスの使用条件

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×