Office 365 でのメール メッセージの検疫

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Office 365 では、受信メール メッセージの検疫を設定して、スパム、バルク メール、フィッシング詐欺メール、マルウェアが含まれているメール、および指定されたメール フロー ルールに一致したメールとしてフィルター処理された受信メール メッセージを後で確認するために保存できます。

既定では、フィルター処理されたメッセージは既定で検疫に送信されたマルウェアが含まれているメールを除き、受信者の迷惑メール] フォルダーに送信されます。管理者は、名前を付けて、代わりに検疫にフィルターが適用されたすべてのメッセージを送信するコンテンツ フィルター ポリシーを設定することができます。メッセージのコンテンツ フィルターの実行可能な各種のアクションは、スパム フィルター ポリシーを定義したによって異なります。

ユーザーと管理者のどちらも検疫済みのメッセージを操作できます。ユーザーは、検疫内の自分がフィルター処理したメッセージだけを操作できます。管理者は、すべてのユーザーの検疫済みのメッセージを検索して、管理できます。

検疫済みのメッセージの操作の詳細については、次を参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×