Office 365 でのエラー コード 451 5.7.500-699 (ASxxx) のメール配信の問題を修正する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

電子メールの送信時にエラーが表示されると苛立ちを感じるものです。エラー コード 451 5.7.500-699 (ASxxx) を示す "バウンス" メッセージ (配信不能レポート (NDR) とも呼ばれます) が表示される場合は、問題を解決して電子メール メッセージを送信するのにこのトピックが役立ちます。

メール ユーザーのアイコン

バウンス メッセージが表示された場合の解決方法。

管理者のアイコン

管理者向け解決方法

バウンス メッセージが表示された理由

このエラー コード 451 5.7.500-699 (ASxxx) のバウンス メッセージを受信するのは、接続している IP アドレスで以前の送信パターンが変化し、前より多くのトラフィックの送信が開始されたためです。

このエラー コードは、Office 365 でのスパム対策フィルターの一部です。メールを送信している IP アドレスの送信パターンが以前に確立されたものから大きく変化すると、このエラーが発生します。グレーリスティングと呼ばれるフィルター方法の一部です。新しく現れた送信者は、既に確立された履歴のある送信者より用心深く扱われます。

このエラー応答は IP スロットリングと呼ばれ、迷惑メールの受信を防ぐのに役立ちます。

バウンス メッセージが表示された場合の解決方法

送信した電子メールの応答としてバウンス メッセージを受け取った場合は、以下の操作を試してください。

  1. Exchange Online Protection (EOP) が使われている場合、管理者は問題を回避するための手順を実行できます (次のセクションを参照)。

  2. EOP が使われていない場合 (たとえばサードパーティ製のサービスを提供している場合) は、数日かけてメール トラフィックを少しずつ増やしていき、Office 365 で送信履歴を確立すると、エラーは自然に解決します。

問題が解決しない場合は、電子メール管理者にバウンス メッセージを送信して問い合わせ、以下の「管理者向け解決方法」のセクションを参照するように指示します。

管理者向け解決方法

Exchange Online Protection (EOP) を使っている場合、この問題を修正する方法がいくつかあります。

  1. しようとしているリレー メールOffice 365 ( Office 365またはサード パーティ サービスによってホストされている) か別の受信者または他のユーザーをオンプレミス メール サーバーから、[自分の組織内で削除するのには場合は、このシナリオを調整する必要がありますメール フローを構成するのには、コネクタを設定するメール サーバーからOffice 365します。

  2. 受信している場合は受信メールがある別サード パーティ サービスや社内アプライアンスOffice 365前、に調整するには、削除する必要がありますセキュリティ制限を適用するコネクタを設定するパートナー組織 (またはデバイスの内部設置型) から送信されたメールをOffice 365し、します。

コネクタをセットアップした後は、 Office 365 でコネクタを検証することができます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×