Office 365、Office 2016、Office 2013 のインストールのトラブルシューティング

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office 2016 または Office 2013 をインストールするときに発生する問題とその解決方法は、ご使用の製品が家庭向け Office プランか一般法人向け Office プランのどちらに含まれているかによって異なります。また、一般法人向け Office のプランでは、Office 365 管理者だけが行える特定の作業があります。組織の管理者である場合、特定の問題に関するヘルプを見つけるには、[Office 365 管理者] タブもご確認ください。

ご購入されたプランがわからない場合

Office Solo

Office 365 サブスクリプション: 次の製品には、完全にインストール済みの Office アプリケーションが含まれます。

  Office 365 Solo

1 回限りのお買い求めでご利用できる Office 2016 または Office 2013 バージョン: 次の製品には、完全にインストール済みの Office アプリケーションが含まれます。

  Office Personal
  Office Home & Business
  Office Professional
  Office Professional Plus*

ヒント: * Office Professional Plus を自宅使用プログラム (Home Use Program: HUP) に加入している会社のサブスクリプション経由で入手している場合は、「自宅使用プログラム (Home Use Program: HUP) で Office をインストールまたはアンインストールする」を参照してください。

1 回限りのお買い求めでご利用できる単体の Office 2016 または Office 2013:

  Word
  Excel
  PowerPoint
  OneNote
  Outlook
  Access
  Publisher
  Project
  Visio

一般法人向け Office

ヒント: これらの製品のいずれかの管理者である場合、「Office 365 管理者」タブも参照してください。

Office 365 サブスクリプション: 次の製品には、完全にインストール済みの Office アプリケーションが含まれます。

  Office 365 Business
  Office 365 Business Premium
  Office 365 ProPlus

  Office 365 Education E5

  Office 365 ProPlus
  Office 365 Enterprise E3
  Office 365 Enterprise E4
  Office 365 Enterprise E5

  Office 365 Nonprofit Business Premium
  Office 365 Nonprofit E3
  Office 365 Nonprofit E5

  Office 365 U.S. Government E3
  Office 365 U.S. Government E4

  Project Online Professional
  Project Online Premium

Visio Pro for Office 365

完全にインストール済みの Office 365 アプリケーションが含まれていないサブスクリプション:

ヒント: このような Office 365 サブスクリプションをお持ちの場合、インストールは必要ありません。Web ブラウザーでオンライン バージョンの Office にアクセスして使用できます。詳細については、「Get started with Office Online in Office 365 (Office 365 で Office Online の使用を開始する)」を参照してください。

Office 365 Business Essentials

Office 365 Enterprise E1

Office 365 Education

  Office 365 Nonprofit Business Essentials
  Office 365 Nonprofit E1

  Office 365 U.S.Office 365 Government E1

Project Online Essentials

Office 2016 または Office 2013 のボリューム ライセンス版

Office Professional Plus

プランを選択する

ヒント: このページの最後でこれらの解決策が役に立ったかどうかご意見をお寄せください。問題についてはコメント欄に詳細をご記入ください。

以下の問題から選択してください。

ダウンロードして Office をインストールする方法

ダウンロードして、最新バージョンの Office をインストールする手順、探している場合は、 PC または Mac に Office をインストールするを参照してください。

Office 2013 または Office for Mac 2011 ダウンロードしてインストールする場合は、 PC または Office for Mac 2011 での Office 2013 のインストールを参照してください。

Office を再インストールする方法

Office を最初にインストールされている別のコンピューターに Office を再インストールしている場合、次の操作をご注意ください。

  • Office 365 のサブスクリプションの場合:考えている必要がなくなったファルダまたは PC からアンインストールして、インストールを非アクティブ化することをお勧めします。非アクティブ化する Office 365 Home、Personal、または University をインストールするを参照してください。注意してください] で Office 365 Home、Office を最大 5 台の Pc または Mac。 をインストールすることができます。Office 365 personal できるのみ Office をインストールする 1 PC または Mac の 1 です。Office 365 University をインストールできます。 2 台の Pc または Mac します。により、現在のプランよりも多くのコンピューターに Office のインストールとライセンス認証とライセンスのない製品エラーが発生します。

  • Office Home & Student、Office Home & Business、Office Professional などの Office 2016 の払い:Office をインストールするには、1 つだけに PC またはファルダただし、Office 2016 (または Office 2013) をハードウェア エラーが発生するか、新しいコンピューターを購入する場合に属している別のコンピューターに移管することができます。詳細については、製品の Microsoft ライセンス条項を確認またはこのブログを参照してください移管今すぐ Officeを投稿します。

Office を再インストールする準備ができたら、 https://www.office.com/signinを最初に関連付けられている Office 製品の最初のインストール時に、同じ Microsoft アカウントでサインインします。以下のインストール手順をご覧ください。

最新バージョンの Office では、 PC または Mac に Office をインストールするを参照してください。

Office 2013 または Office for Mac 2011 では、 PC または Office for Mac 2011 での Office 2013 のインストールを参照してください。

Office をインストールするときの問題

PC に Office をインストールしているときに問題が発生する場合は、コンピューターを再起動し、もう一度 Office のインストールを試してみてください。問題が解決しない場合は、この Easy Fix ツールを使用して、Office を完全にアンインストールします。アンインストールの完了後、Office を再インストールしてみてください。

  1. この Easy Fix ボタンをクリックして、Office をアンインストールします。

    自動修正が使用できることを示す [簡易修正ツール] ダウンロード ボタン
  2. 使用しているブラウザーをドロップダウン リストで選択し、表示された手順に従ってファイルを保存してから起動します。

    1. ブラウザ ウィンドウの一番下で [保存] を選択します。

      o15-ctrremove.diagcab Easy Fix を開くには [保存] を選択します。
    2. 次のボックスに o15-ctrremove.diagcab のダウンロードが終了しましたと表示されたら、[開く] をクリックします。

    3. Office をアンインストールするウィザードが起動します。[次へ] を選択し、画面の指示に従います。

    4. [アンインストール成功] の画面が表示されたら、メッセージに従って、変更を反映させるためにコンピューターを再起動します。

    5. コンピューターを再起動した後、もう一度 Office をインストールしてみてください。

    1. ブラウザー ウィンドウの下部で [開く] を選び、O15CTRRemove.diagcab ファイルを開きます。

      [開く] を選び、O15CTRRemove.diagcab Easy Fix ツールを開きます

      ファイルが自動的に開かない場合は、[保存]、[フォルダーを開く] の順に選んで、(名前が "O15CTRRemove" で始まる) ファイルをダブルクリックして、Easy Fix ツールを実行します。

    2. Microsoft Office をアンインストールするウィザードが起動します。[次へ] を選び、画面の指示に従います。

    3. [アンインストール成功] の画面が表示されたら、メッセージに従って、変更を反映させるためにコンピューターを再起動します。[次へ] を選びます。

    4. コンピューターを再起動した後、もう一度 Office をインストールしてみてください。

    1. 左下に表示されている [o15CTRRemove] ファイルを選び、ドロップダウンで [フォルダーに表示] を選びます。

      ドロップダウンで [フォルダーに表示] を選ぶ

      ダウンロードした [o15CTRRemove] をダブルクリックして、Easy Fix ツールを実行します。

    2. Microsoft Office をアンインストールするウィザードが起動します。[次へ] を選び、画面の指示に従います。

    3. [アンインストール成功] の画面が表示されたら、メッセージに従って、変更を反映させるためにコンピューターを再起動します。[次へ] を選びます。

    4. コンピューターを再起動した後、もう一度 Office をインストールしてみてください。

    1. [ファイルの保存] を選んで、[OK] をクリックします。

      Firefox で O15CTRRemove.diagcab ファイルを保存する

      ブラウザー ウィンドウの右上で [すべての履歴を表示] を選びます。[履歴] で、[ダウンロード]、[O15CTRRemove.diagcab] の順に選んでから、フォルダーのアイコンを選びます。[O15CTRRemove.diagcab] をダブルクリックします。

    2. Microsoft Office をアンインストールするウィザードが起動します。[次へ] を選び、画面の指示に従います。

    3. [アンインストール成功] の画面が表示されたら、メッセージに従って、変更を反映させるためにコンピューターを再起動します。[次へ] を選びます。

    4. コンピューターを再起動した後、もう一度 Office をインストールしてみてください。

  3. Office を再インストールするには、「Office 365 または Office 2016 を PC または Mac にダウンロードしてインストールまたは再インストールする」を参照して、使用している Office プランの手順を実行します。

Windows Vista または Windows XP を実行しているコンピューターが Office をインストールするためのシステム要件を満たしていない

Windows Vista または Windows XP を実行しているコンピューターに Office 2016 や Office 2013 をインストールすることはできません。これらのオペレーティング システムは Office のシステム要件を満たしていないためです。サポートされていないオペレーティング システムを実行しているコンピューターに Office をインストールしようとすると、エラーが発生します (最新バージョンの Windows の詳細については、Windows 10 の仕様を参照してください)。

システム要件を満たしていないことが原因で、お使いのコンピューターにフル機能のデスクトップ版 Office をインストールできない場合は、Office 365 の Office Online をコンピューターのブラウザーで使ってみてください。システム要件のページのサポートされているブラウザーのセクションを参照してください。

すべての Office アプリケーションをインストールする必要がない、または別のドライブに Office をインストールしたい

Office 2016 または Office 2013 をインストールするときに、特定の Office 製品に付属しているアプリケーションはすべてインストールされます。Office アプリケーションをインストールするかどうかの設定は、ご自分で行えません。また、インストールの完了後、アプリケーションを個別に削除することはできません。ただし、使用する予定のないアプリケーションのショートカットを削除することができます。

Office はオペレーティング システムがインストールされているシステム ドライブにのみインストールできます。通常、このドライブは C: ドライブです。

ヒント: Office 製品に付属されていないアプリケーションが必要な場合は、単体アプリケーションの購入をご検討ください。Access または Outlook が必要で、お求めになった製品には含まれていないなどがその一例です。単体アプリケーションを購入する場合は、https://products.office.com/ にアクセスして、お買い求めになるアプリケーションを検索します。

32 ビット版の代わりに 64 ビット版の Office をインストールする

以前 PC で Office の 32 ビット版がインストールされているが、64 ビット版を今すぐする決定、32 ビットをアンインストールしてから、64 ビット バージョンの Office を再インストールする必要があります。アンインストールするのには、32 ビット版は、Office をアンインストールするのにこの簡単な解決策を使用します。

  1. この Easy Fix ボタンをクリックして、Office をアンインストールします。

    自動修正が使用できることを示す [簡易修正ツール] ダウンロード ボタン
  2. 使用しているブラウザーをドロップダウン リストで選択し、表示された手順に従ってファイルを保存してから起動します。

    1. ブラウザ ウィンドウの一番下で [保存] を選択します。

      o15-ctrremove.diagcab Easy Fix を開くには [保存] を選択します。
    2. 次のボックスに o15-ctrremove.diagcab のダウンロードが終了しましたと表示されたら、[開く] をクリックします。

    3. Office をアンインストールするウィザードが起動します。[次へ] を選択し、画面の指示に従います。

    4. [アンインストール成功] の画面が表示されたら、メッセージに従って、変更を反映させるためにコンピューターを再起動します。

    1. ブラウザー ウィンドウの下部で [開く] を選び、O15CTRRemove.diagcab ファイルを開きます。

      [開く] を選び、O15CTRRemove.diagcab Easy Fix ツールを開きます

      ファイルが自動的に開かない場合は、[保存]、[フォルダーを開く] の順に選んで、(名前が "O15CTRRemove" で始まる) ファイルをダブルクリックして、Easy Fix ツールを実行します。

    2. Microsoft Office をアンインストールするウィザードが起動します。[次へ] を選び、画面の指示に従います。

    3. [アンインストール成功] の画面が表示されたら、メッセージに従って、変更を反映させるためにコンピューターを再起動します。[次へ] を選びます。

    1. 左下に表示されている [o15CTRRemove] ファイルを選び、ドロップダウンで [フォルダーに表示] を選びます。

      ドロップダウンで [フォルダーに表示] を選ぶ

      ダウンロードした [o15CTRRemove] をダブルクリックして、Easy Fix ツールを実行します。

    2. Microsoft Office をアンインストールするウィザードが起動します。[次へ] を選び、画面の指示に従います。

    3. [アンインストール成功] の画面が表示されたら、メッセージに従って、変更を反映させるためにコンピューターを再起動します。[次へ] を選びます。

    1. [ファイルの保存] を選んで、[OK] をクリックします。

      Firefox で O15CTRRemove.diagcab ファイルを保存する

      ブラウザー ウィンドウの右上で [すべての履歴を表示] を選びます。[履歴] で、[ダウンロード]、[O15CTRRemove.diagcab] の順に選んでから、フォルダーのアイコンを選びます。[O15CTRRemove.diagcab] をダブルクリックします。

    2. Microsoft Office をアンインストールするウィザードが起動します。[次へ] を選び、画面の指示に従います。

    3. [アンインストール成功] の画面が表示されたら、メッセージに従って、変更を反映させるためにコンピューターを再起動します。[次へ] を選びます。

Office 2016 の 64 ビット バージョンをインストールする手順については、インストールのステップ バイ ステップの手順と選択- 家庭向け Office が PC にインストールするドロップダウン リストから、[セクションを参照してください。

Office 2013 の場合は、次を参照してください。インストール PC で Office 2013 を再インストールまたはし、ドロップダウン リストからホームの PC で Office 2013 をインストールするための Officeを選択します。

わからない場合 64 ビット版と 32 ビットを参照してくださいOffice 2016 の 64 ビット版と 32 ビット版を選択間を決定する方法。

自宅使用プログラム (Home Use Program: HUP) で Office をインストールする

組織が自宅使用プログラム (Home Use Program: HUP) に加入している場合、Office を購入し、インストールする方法は、「Install or reinstall Office through the Home Use Program (HUP) (自宅使用プログラム (Home Use Program: HUP) で Office をインストールまたはアンインストールする)」で確認できます。

学生の場合に、Office をインストールする方法

ご自分が学生または教師で、教育機関を通して Office をインストールするオプションが表示されない場合は、Word、Excel、PowerPoint、OneNote を含む Office 365 Education をご利用できる可能性があります。有効なメール アドレスがあれば、今すぐ使い始めることができます。詳細については、「Get Office 365 for free (Office 365 を無料で使用する)」を参照してください。

モバイル デバイス上に Office をインストールする (iOS、Android、または Windows 搭載のスマートフォンまたはタブレット)

Android、iOS (iPhone あるいは iPad)、または Window Mobile デバイス アプリ用の Office アプリは、お使いのデバイス用のアプリ ストアからダウンロードできます。アプリをダウンロードしてセットアップする方法の詳細については、以下の中からデバイスを選択します。

多くの場合、このようなほとんどのデバイスで基本的な編集を行うことができますが、対象の Office 365 サブスクリプションをお持ちの場合は、アプリの追加機能にもアクセスできます。「Office 365 サブスクリプションを使って Android、iOS、または Windows モバイル デバイス向けの Office アプリでできること」を参照してください。

Office および Windows 10 の既知の問題

Office および Windows 10 の既知の問題」を参照してください。

Office のインストールにとても時間がかかる

Office のインストールに時間がかかる場合、接続が遅い可能性があります。解決策を見つけるには、「Office のインストールに時間がかかる」または「Office 2016 または Office 2013 のインストールが 90% 完了時点で応答を停止する」を参照してください。

Office をインストールしようとすると KERNEL32.dll エラーとその他のシステム要件の問題が発生する

Windows XP または Windows Vista を実行しているコンピューターに Office をインストールしようとすると、"ダイナミック ライブラリ KERNEL 32.dll が見つかりません" というエラーが発生する場合があります。これは、Office 2016 と Office 2013 がこれらのバージョンの Windows でサポートされていないために発生します。詳細については、「なぜ Windows XP/Windows Vista に Office 2013 または Office 2016 をインストールできないのですか?」を参照してください。

使用しているオペレーティング システムが不明の場合、「実行されている Windows オペレーティング システムはどれですか。」または「Mac で macOS のバージョン番号を調べる」を参照してください。

コンピューターが Office をインストールするための最小システム要件を満たしていることを確認します。Windows 7、Windows 8 または Windows 10 を実行しているコンピューターが必要です。その他の要件の一覧については、「Office のシステム要件」を参照してください。

[インストール] ボタンをクリックしても Office がインストールされない

[インストール] ボタンが淡色で表示されている場合、Office 365 サブスクリプションが期限切れになっている可能性があります。「家庭向け Office 365 の更新」を参照してください。

その他の解決策については、「Install button doesn't install Office ([インストール] ボタンをクリックしても Office がインストールされない)」を参照してください。

"Office 2016 のインストールはお待ちください" というエラーが表示された

Office 2016 は、特定の単体の Office 2013 アプリケーションと同じコンピューター上に共存できません。Office 2016 にはすべての Office 2016 製品が含まれています。このことは、Office 365 サブスクリプションの一部として入手した場合も、アプリケーションのスイート製品 (Office Professional 2016、Office Personal 2016、Office Home and Business 2016 など) として購入した場合も変わりありません。たとえば、Word 2013 などの単体の 2013 アプリがコンピューターにインストールされている場合、アプリの新バージョンは、インストールしようとしている Office 2016 スイート製品に既に含まれています。このため、[強制的にインストール] を選択した場合、単体バージョンの Word 2013 は削除されます。このコンピューターに単体バージョンの 2013 アプリを再インストールすることはできません。

Deferred Channel をご利用の場合は、以前のバージョンの単体 Office 製品の一部 (Project 2013 や Visio 2013 など) は Office 2016 と互換性がありません。2017 年 2 月以降、Office 2016 のインストールに含まれていない単体の 2013 アプリケーションと Deferred Channel との共存インストールがサポートされます。詳細については、「エラー:Office 2016 のインストールはお待ちください。インストールを続行すると、以下のアプリケーションが削除され、利用することができなくなります。」を参照してください。

Office 2016 と互換性がない Office 2013 の単体アプリを使用している場合は、Office 2016 のままにして、Office 2016 および Office 2013 単体アプリケーションを使用中のお客様を対象とした特典を利用できます。

Exchange 2007 メールボックスに接続する場合は、Office 2013 のままにするか、Office 2016 をアンインストールして Office 2013 を再インストールできます。

Office インストール時のエラー メッセージ

数字と、場合によっては説明文が含まれるエラーが表示されることがあります。 メッセージを理解するのは困難ですが、多くの場合、その内容が解決方法を示しています。 以下のエラーが表示された場合は、リンク先の解決方法を試してください。

ここに表示されるエラーがすべてではありません。エラー メッセージに [詳細を表示] のリンクがある場合、それを選択します。リンクがない場合は、受信したエラーと、エラーを受信した時点で、インストール プロセスのどのあたりだったかをお知らせください。このページの下部にある [ご意見を寄せてください] のリンクから、問題の詳細についてお知らせください。

Office のアップグレードまたは更新の問題

次のサイトを参照してください。

Office 2016 のインストール後に Office 2013 を再インストール

Office 2016 をインストールした後に Office 2016 のアップグレードが原因で互換性の問題が発生した場合は、Office 2013 を再インストールできます。「Office 2016 のアップグレード後に Office 2013 を再インストールする」を参照してください。

Office 365 プランにアップグレードするまたは切り替える

Office 365 Solo に切り替えたり、Office 365 の家庭向けプランから一般法人向けプランに切り替えたりすることができます。その方法については、次の記事を参照してください。

アップグレード​​のポップアップ通知をオフにする方法

まだ Office 2013 を使用していて、Office 2016 にアップグレードする通知を受け取っている場合、完全に通知を無効にすることができます。「"Office 2016 にアップグレードする" または "新しい Office をご利用ください" ポップアップ通知をオフにする」の手順に従います。

新しいコンピューターにプレインストールされている Office の試用、購入、ライセンス認証

プレインストールされている Office は、30 日間の試用版の Office 365、1 年間のサブスクリプションの Office 365、または 1 台のコンピューターにのみインストールできるパッケージ版として構成される場合があります。ライセンス認証を行う方法は、お使いのバージョンによって異なります。詳細については、「Try, buy, or activate Office that's pre-installed on a new computer (新しいコンピューターにプレインストールされている Office を試用、購入、またはライセンス認証する)」を参照してください。

新しいコンピューターにプレインストールされていた Office が見つからない

新しいコンピューターの Office を購入済みであることがわかっているときに、[試用]、[購入]、または [ライセンス認証] のダイアログ ボックスが表示される場合、またはプレインストールされている Office のバージョンに Outlook、Access、および Publisher アプリが存在しない場合は、「Troubleshoot Office that's pre-installed on a new PC (新しいコンピューターにプレインストールされている Office の試用、購入、ライセンス認証)」のセクションを参照してください。

Office 365 または My Office アカウントにサインインする場所

Microsoft はさまざまな Office 365 サービスを用意しており、それぞれのサービスに独自のサインイン ページがあります。サインインする場所は、使用しているサービスによって異なります。「Office 365 にサインインする場所」を参照してください。

Office に関連付けた Microsoft アカウントを忘れた場合

家庭向け Office の一覧に表示される Office を所有している場合、Office をインストールしたり、Office 365 サブスクリプションを管理したりするには、サインインの際に Microsoft アカウントが必要になります。Office に関連付けた Microsoft アカウントを忘れてしまった場合、「Office で使用する Microsoft アカウントまたはパスワードを忘れてしまった」を参照してください。

Office 365 Home サブスクリプションを共有する

How to share your Office 365 Home subscription with up to four people (家族内で最大 4 名と Office Solo サブスクリプションを共有する)」を参照してください。

サブスクリプションを解約する

サブスクリプションを解約する場合は、「Cancel Office 365 for home (家庭向け Office 365 Solo を解約する)」を参照してください。試用版サブスクリプションの場合は、「Office 365 Solo の無料試用版をキャンセルする」を参照してください。

ライセンス認証エラーのトラブルシューティングを行う

Office 365 プランがある場合は、アクティブな状態を維持するために、少なくとも 30 日に 1 回はサインインする必要があります。サブスクリプションが期限切れの場合、次のログイン時に Office のサブスクリプションが再度アクティブ化します。

関連トピック:

Office のプロダクト キーのヘルプ

Office 2013、Office 365 Solo、Office 365 サービスのプロダクト キーの記載場所」を参照してください。

インストールを非アクティブにする

最大 2 台のコンピューターに対して Office をライセンス認証することができます。インストールをすべて使用しているときに、さらに別のコンピューターに Office をインストールする場合は、いずれかのインストールのライセンス認証を解除する必要があります。ライセンス認証を解除してもコンピューターから Office は削除されませんが、ライセンス認証を行うまでそのコンピューターで Office を使用することはできません。「Deactivate an Office 365 Home, Personal, or University install (Office 365 Solo のインストールを非アクティブにする)」を参照してください。

Office をインストールした後、Office アプリケーションが見つかりません

Windows 10、Windows 8、または Windows 7 で Office アプリケーションを探して起動する」を参照してください。

アプリケーションを起動すると、Office に "動作を停止しました" というメッセージが表示されました

古いバージョンのアドインが原因で、この種の問題が起きることがあります。また、Office 2013 アプリケーションまたは Office 2016 アプリケーション (Excel、Word、Outlook、PowerPoint、Publisher、Visio) のいずれかを起動しようとしたときに、そのようなエラーが発生することもあります。「Why do I get a "stopped working" message when I start my Office application? (Office アプリケーションを起動したときに "動作が停止しました" というメッセージが表示されるのはなぜですか?)」を参照してください。

使用している Office のバージョンを確認する方法

使用している Office のバージョンを確認する方法」を参照してください。

Mac に Office をインストールする場所

Mac に Office をインストールする手順については、「Office 365 または Office 2016 を PC または Mac にダウンロードしてインストールまたは再インストールする」を参照してください。

Mac のダウンロードとインストールの問題

Mac のダウンロードとインストールの問題は、 Office 2016 for Mac をインストールできない場合の対応策を参照してください。

Office for Mac のアンインストール

アンインストールするバージョンの Office を選択します。

Mac での Office 2016 のライセンス認証

Mac で Office のライセンス認証を行うOffice 2016 for Mac のライセンス認証を

Mac ライセンス認証の問題

Mac のライセンス認証に関する問題のトラブルシューティングを行うには、 Office 2016 for Mac のライセンス認証できない場合の対応策を参照してください。

Office の古いバージョンをインストールする

Office 2010 をインストールまたは再インストールする手順については、 Office 2010 をインストールするを参照してください。Office 2007、 Office 2007 のインストールを参照してください。

サポート サービス

Office のインストール時に問題が引き続き発生する場合は、「Office のサポートに問い合わせる」を参照してください。

ご意見を寄せてください。

Microsoft はフィードバックをお待ちしております。これらのソリューションのいずれかが役に立った場合は、以下でコメントを残してお知らせください。役に立たなかった場合は、表示されたエラー メッセージとエラーが表示されたときのインストール プロセスの内容を含む、問題の詳細情報についてお知らせください。お寄せいただいた情報は、さらに問題を調査するために利用させていただきます。

まずはこちらをお試しください。

Office をインストールするときに発生する問題を解決するには、Microsoft Office 365 サポート/回復アシスタント ツールをダウンロードします。

回復ツールでは解決できない場合次の解決策のいずれかを試してみてください。

ヒント: このページの最後でこれらの解決策が役に立ったかどうかご意見をお寄せください。問題についてはコメント欄に詳細をご記入ください。

サブスクリプションには、Office、Project、Visio が含まれています。これらをダウンロードしてインストールする方法

最新バージョンの Office をダウンロードして、インストールまたは再インストールを行う手順を探しているだけであれば、「Office 365 または Office 2016 を PC または Mac にダウンロードしてインストールまたは再インストールする」を参照してください。

Office 2013 または Office for Mac 2011 をインストールする場合、「PC に Office 2013 または Office for Mac 2011 をダウンロードして、インストールまたは再インストールする」を参照してください。

Project Online Professional または Project Online Premium をインストールする場合は、「Project をインストールする」を参照してください。Visio Pro for Office 365 の場合は、「Download and install Visio Pro for Office 365 (Visio Pro for Office 365 をインストールする)」を参照してください。

ページの先頭へ

Office のインストール中の問題

PC に Office をインストールしているときに問題が発生する場合は、コンピューターを再起動し、もう一度 Office のインストールを試してみてください。問題が解決しない場合は、この Easy Fix ツールを使用して、Office を完全にアンインストールします。アンインストールの完了後、Office を再インストールしてみてください。

  1. この Easy Fix ボタンをクリックして、Office をアンインストールします。

    自動修正が使用できることを示す [簡易修正ツール] ダウンロード ボタン
  2. 使用しているブラウザーをドロップダウン リストで選択し、表示された手順に従ってファイルを保存してから起動します。

    1. ブラウザ ウィンドウの一番下で [保存] を選択します。

      o15-ctrremove.diagcab Easy Fix を開くには [保存] を選択します。
    2. 次のボックスに o15-ctrremove.diagcab のダウンロードが終了しましたと表示されたら、[開く] をクリックします。

    3. Office をアンインストールするウィザードが起動します。[次へ] を選択し、画面の指示に従います。

    4. [アンインストール成功] の画面が表示されたら、メッセージに従って、変更を反映させるためにコンピューターを再起動します。

    5. コンピューターを再起動した後、もう一度 Office をインストールしてみてください。

    1. ブラウザー ウィンドウの下部で [開く] を選び、O15CTRRemove.diagcab ファイルを開きます。

      [開く] を選び、O15CTRRemove.diagcab Easy Fix ツールを開きます

      ファイルが自動的に開かない場合は、[保存]、[フォルダーを開く] の順に選んで、(名前が "O15CTRRemove" で始まる) ファイルをダブルクリックして、Easy Fix ツールを実行します。

    2. Microsoft Office をアンインストールするウィザードが起動します。[次へ] を選び、画面の指示に従います。

    3. [アンインストール成功] の画面が表示されたら、メッセージに従って、変更を反映させるためにコンピューターを再起動します。[次へ] を選びます。

    4. コンピューターを再起動した後、もう一度 Office をインストールしてみてください。

    1. 左下に表示されている [o15CTRRemove] ファイルを選び、ドロップダウンで [フォルダーに表示] を選びます。

      ドロップダウンで [フォルダーに表示] を選ぶ

      ダウンロードした [o15CTRRemove] をダブルクリックして、Easy Fix ツールを実行します。

    2. Microsoft Office をアンインストールするウィザードが起動します。[次へ] を選び、画面の指示に従います。

    3. [アンインストール成功] の画面が表示されたら、メッセージに従って、変更を反映させるためにコンピューターを再起動します。[次へ] を選びます。

    4. コンピューターを再起動した後、もう一度 Office をインストールしてみてください。

    1. [ファイルの保存] を選んで、[OK] をクリックします。

      Firefox で O15CTRRemove.diagcab ファイルを保存する

      ブラウザー ウィンドウの右上で [すべての履歴を表示] を選びます。[履歴] で、[ダウンロード]、[O15CTRRemove.diagcab] の順に選んでから、フォルダーのアイコンを選びます。[O15CTRRemove.diagcab] をダブルクリックします。

    2. Microsoft Office をアンインストールするウィザードが起動します。[次へ] を選び、画面の指示に従います。

    3. [アンインストール成功] の画面が表示されたら、メッセージに従って、変更を反映させるためにコンピューターを再起動します。[次へ] を選びます。

    4. コンピューターを再起動した後、もう一度 Office をインストールしてみてください。

  3. Office を再インストールするには、「Office 365 または Office 2016 を PC または Mac にダウンロードしてインストールまたは再インストールする」を参照して、使用している Office プランの手順を実行します。

Office をインストールするためのオプションが表示されない場合、ライセンスの所有を確認します

  1. まだサインインしていない場合、http://portal.office.com に移動し、職場や学校のアカウント でサインインします。

    注: 職場または学校アカウントでサインインできない場合は、間違った Office 365 サービスにサインインしている可能性があります。「Office 365 にサインインする場所」を参照してください。

  2. ブラウザーのヘッダーから、[設定] 設定: プロファイルを更新し、ソフトウェアをインストールし、クラウドに接続します 、[アプリの設定]、[Office 365] の順に移動します。

    Office 365 の [設定] ウィンドウ
  3. [マイ アカウント] ページで [サブスクリプション] を選択します。

    Office 365 サブスクリプション ページ

    最新のデスクトップ版の Office、SharePoint Online、OneDrive for Business、Exchange Online など、ライセンスされているサービスが表示されます。一覧に最新のデスクトップ版 Office がない場合 (組織に Project または Visio を含むプランがあるときに、それらのアプリケーションが表示されない場合)、管理者が Office ライセンスを割り当てていない可能性があります。管理者であれば、「一般法人向け Office 365 ライセンスの割り当てまたは解除方法」を参照してください。詳細については、「What Office 365 business product or license do I have? (取得している一般法人向け Office 365 製品またはライセンスの種類を調べる方法)」を参照してください。

    ライセンスがある場合は、Office を PC または Mac にインストールする準備ができています (あるいは、Project または Visio をインストールする準備ができています)。

すべての Office 365 サブスクリプションに、フル機能の Office アプリケーションが含まれているわけではありません。「一般法人向け Office」の列の下に、フル機能の Office バージョンが含まれていないサブスクリプションの一覧が表示されています。組織に Office 365 のいずれかのプランがある場合、フル機能の Office バージョンを必要とする組織のユーザーのために、Office 365 の管理者は別の Office 365 プランまたはサブスクリプションに切り替えるか、別の一般法人向け Office 365 サブスクリプションを購入することができます。

ご自身が管理者で、お使いの製品のプランがわからない場合、「取得している一般法人向け Office 365 サブスクリプションの種類を調べる方法」の手順に従います。プランの比較については、中小企業向けプランの比較、または大企業向けプランの比較を参照してください。

学生や教員に Office をインストールするオプションが表示されない場合

学生または教師で、Office をインストールするオプションが表示されない場合は、Word、Excel、PowerPoint、OneNote を含む Office 365 Education を利用できる可能性があります。有効な学校のメール アドレスがあれば、今すぐ使い始めることができます。詳細については、「Get Office 365 for free (Office 365 を無料で使用する)」を参照してください。

Office のシステム要件を確認することを確認します。たとえば、Windows Vista または Windows XP を実行しているコンピューターまたはデバイスをサポートする Windows または Mac オペレーティング システムを実行していない Office をインストールすることはできません。ただし、コンピューターのブラウザーでOffice Onlineを使用することができます。

Windows Vista または Windows XP を実行しているコンピューターが Office をインストールするためのシステム要件を満たしていない

Windows Vista または Windows XP を実行しているコンピューターに Office 2016 や Office 2013 をインストールすることはできません。これらのオペレーティング システムは Office のシステム要件を満たしていないためです。サポートされていないオペレーティング システムを実行しているコンピューターに Office をインストールしようとすると、エラーが発生します (最新バージョンの Windows の詳細については、Windows 10 の仕様を参照してください)。

システム要件を満たしていないことが原因で、お使いのコンピューターにフル機能のデスクトップ版 Office をインストールできない場合は、Office 365 の Office Online をコンピューターのブラウザーで使ってみてください。システム要件のページのサポートされているブラウザーのセクションを参照してください。

Office のインストールが 90% でハングまたは停止する

Office のインストールに時間がかかる場合、接続が遅いか、別のインストールまたは更新がバックグラウンドで行われている可能性があります。解決策を見つけるには、「Office のインストールに時間がかかる」または「Office 2016 または Office 2013 のインストールが 90% 完了時点で応答を停止する」を参照してください。

32 ビット版の代わりに 64 ビット版の Office をインストールする

以前 PC で Office の 32 ビット版がインストールされているが、64 ビット版を今すぐする決定、32 ビットをアンインストールしてから、64 ビット バージョンの Office を再インストールする必要があります。アンインストールするのには、32 ビット版は、Office をアンインストールするのにこの簡単な解決策を使用します。

  1. この Easy Fix ボタンをクリックして、Office をアンインストールします。

    自動修正が使用できることを示す [簡易修正ツール] ダウンロード ボタン
  2. 使用しているブラウザーをドロップダウン リストで選択し、表示された手順に従ってファイルを保存してから起動します。

    1. ブラウザ ウィンドウの一番下で [保存] を選択します。

      o15-ctrremove.diagcab Easy Fix を開くには [保存] を選択します。
    2. 次のボックスに o15-ctrremove.diagcab のダウンロードが終了しましたと表示されたら、[開く] をクリックします。

    3. Office をアンインストールするウィザードが起動します。[次へ] を選択し、画面の指示に従います。

    4. [アンインストール成功] の画面が表示されたら、メッセージに従って、変更を反映させるためにコンピューターを再起動します。

    1. ブラウザー ウィンドウの下部で [開く] を選び、O15CTRRemove.diagcab ファイルを開きます。

      [開く] を選び、O15CTRRemove.diagcab Easy Fix ツールを開きます

      ファイルが自動的に開かない場合は、[保存]、[フォルダーを開く] の順に選んで、(名前が "O15CTRRemove" で始まる) ファイルをダブルクリックして、Easy Fix ツールを実行します。

    2. Microsoft Office をアンインストールするウィザードが起動します。[次へ] を選び、画面の指示に従います。

    3. [アンインストール成功] の画面が表示されたら、メッセージに従って、変更を反映させるためにコンピューターを再起動します。[次へ] を選びます。

    1. 左下に表示されている [o15CTRRemove] ファイルを選び、ドロップダウンで [フォルダーに表示] を選びます。

      ドロップダウンで [フォルダーに表示] を選ぶ

      ダウンロードした [o15CTRRemove] をダブルクリックして、Easy Fix ツールを実行します。

    2. Microsoft Office をアンインストールするウィザードが起動します。[次へ] を選び、画面の指示に従います。

    3. [アンインストール成功] の画面が表示されたら、メッセージに従って、変更を反映させるためにコンピューターを再起動します。[次へ] を選びます。

    1. [ファイルの保存] を選んで、[OK] をクリックします。

      Firefox で O15CTRRemove.diagcab ファイルを保存する

      ブラウザー ウィンドウの右上で [すべての履歴を表示] を選びます。[履歴] で、[ダウンロード]、[O15CTRRemove.diagcab] の順に選んでから、フォルダーのアイコンを選びます。[O15CTRRemove.diagcab] をダブルクリックします。

    2. Microsoft Office をアンインストールするウィザードが起動します。[次へ] を選び、画面の指示に従います。

    3. [アンインストール成功] の画面が表示されたら、メッセージに従って、変更を反映させるためにコンピューターを再起動します。[次へ] を選びます。

Office 2016 の 64 ビット バージョンをインストールする手順については、ステップ バイ ステップのインストール手順と選択pc 向けの Office をインストールする] ボックスの一覧から、[セクションを参照してください。

Office 2013 の場合は、次を参照してください。インストール PC で Office 2013 を再インストールまたはし、ドロップダウン リストから一般法人向けの PC で Office 2013 をインストールする Officeを選択します。

わからない場合 64 ビット版と 32 ビットを参照してくださいOffice 2016 の 64 ビット版と 32 ビット版を選択間を決定する方法。

Office および Windows 10 の既知の問題

Office および Windows 10 の既知の問題」を参照してください。

[インストール] ボタンをクリックしても Office がインストールされない

[インストール] ボタンが灰色表示されている場合、Office 365 サブスクリプションの有効期限が過ぎていることが考えられます。次の一覧からご利用のサブスクリプションを選択して、更新方法の手順をご確認ください。「一般法人向け Office 365 サブスクリプションの更新またはライセンスの再認証をする」を参照してください。

その他の解決策については、「Install button doesn't install Office ([インストール] ボタンをクリックしても Office がインストールされない)」を参照してください。

Office をインストールしようとすると KERNEL32.dll エラーとその他のシステム要件の問題が発生する

コンピューターが Office をインストールするための最小システム要件を満たしていることを確認します。Windows 7、Windows 8 または Windows 10 を実行しているコンピューターが必要です。その他の要件の一覧については、「Office のシステム要件」を参照してください。

Windows XP または Windows Vista を実行しているコンピューターに Office をインストールしようとすると、"ダイナミック ライブラリ KERNEL 32.dll が見つかりません" というエラーが発生する場合があります。これは、Office 2016 と Office 2013 がこれらのバージョンの Windows でサポートされていないために発生します。詳細については、「なぜ Windows XP/Windows Vista に Office 2013 または Office 2016 をインストールできないのですか?」を参照してください。

使用しているオペレーティング システムがわからない場合、「実行されている Windows オペレーティング システムはどれですか?」または「Mac で OS X のバージョンおよびビルド番号を確認する」を参照してください。

"Office 2016 のインストールはお待ちください" というエラーが表示された

Deferred Channel をご利用の場合は、以前のバージョンの単体 Office 製品の一部 (Project 2013 や Visio 2013 など) は Office 2016 と互換性がありません。2017 年 2 月以降、Office 2016 のインストールに含まれていない単体の 2013 アプリケーションと Deferred Channel との共存インストールがサポートされます。詳細については、「エラー:Office 2016 のインストールはお待ちください。インストールを続行すると、以下のアプリケーションが削除され、利用することができなくなります。」を参照してください。

Office 2016 と互換性がない Office 2013 の単体アプリを使用している場合は、Office 2016 のままにして、Office 2016 および Office 2013 単体アプリケーションを使用中のお客様を対象とした特典を利用できます。

Exchange 2007 メールボックスに接続する場合は、Office 2013 のままにするか、Office 2016 をアンインストールして Office 2013 を再インストールできます。

モバイル デバイス上に Office をインストールする (iOS、Android、または Windows 搭載のスマートフォンまたはタブレット)

Android、iOS (iPhone あるいは iPad)、または Window Mobile デバイス アプリ用の Office アプリは、お使いのデバイス用のアプリ ストアからダウンロードできます。アプリをダウンロードしてセットアップする方法の詳細については、以下の中からデバイスを選択します。

多くの場合、このようなほとんどのデバイスで基本的な編集を行うことができますが、対象の Office 365 サブスクリプションをお持ちの場合は、アプリの追加機能にもアクセスできます。「Office 365 サブスクリプションを使って Android、iOS、または Windows モバイル デバイス向けの Office アプリでできること」を参照してください。

Office インストール時のエラー メッセージ

数字と、場合によっては説明文が含まれるエラーが表示されることがあります。 メッセージを理解するのは困難ですが、多くの場合、その内容が解決方法を示しています。 以下のエラーが表示された場合は、リンク先の解決方法を試してください。

ここに表示されるエラーがすべてではありません。エラー メッセージに [詳細を表示] のリンクがある場合、それを選択します。リンクがない場合は、受信したエラーと、エラーを受信した時点で、インストール プロセスのどのあたりだったかをお知らせください。このページの下部にある [ご意見を寄せてください] のリンクから、問題の詳細についてお知らせください。

Office 2016 にアップグレード

Office 365 サブスクリプションを使用している場合は、Office アプリケーションのメニュー バーにアップグレード通知が表示されます。または、Office 365 にサインインして、手動でバージョンを更新できます。「一般法人向け Office 365 を使用して Office 2016 にアップグレードする、または Office 2013 か Office for Mac 2011 をインストールする」を参照してください。

Office 2016 のインストール後に Office 2013 を再インストール

一般法人向け Office 365 のサブスクリプションの一部として Office 2016 をインストールし、Office 2016 のアップグレードに関して特定の互換性の問題が発生した場合は、Office 2013、Visio 2013、または Project 2013 を再インストールできます。「一般法人向け Office 365 を使用して Office 2016 にアップグレードした後で Office 2013 を再インストールする」を参照してください。

アップグレード​​のポップアップ通知をオフにする方法

まだ Office 2013 を使用していて、Office 2016 にアップグレードする通知を受け取っている場合、完全に通知を無効にすることができます。「"Office 2016 にアップグレードする" または "新しい Office をご利用ください" ポップアップ通知をオフにする」の手順に従います。

重要: 2017 年 2 月 28 日以降、https://portal.office.com/OLS/MySoftware から Office 2013 をインストールすることはできなくなります。詳細については、「Office 2013 will no longer be available for installation with an Office 365 subscription (Office 2013 は、Office 365 サブスクリプションでインストールできなくなります)」を参照してください。

サインインで問題が発生します

Microsoft には、さまざまな Office 365 サービスがあり、それぞれのサービスに独自のサインイン ページがあります。サインインする場所は、使用しているサービスによって異なります。

https://www.office.com/signin から、職場または学校アカウントでサインインします。このアカウントは、ご自身か、または組織の担当者が代理で作成したアカウントです。

中国の 21Vianet が運営する Office 365 をご利用の場合は、ご自分で作成したか、中国にある組織内の誰かが代わりに作成したユーザー名とパスワードで https://login.partner.microsoftonline.cn にサインインしてください。

アカウントの詳細については、「Office 365 にサインインする場所」または「What is my user ID and why do I need it for Office 365 for business? (ユーザー ID に関する説明と一般法人向け Office 365 でそれが必要な理由)」を参照してください。

パスワードを忘れた場合

Office 365 で使用している職場または学校アカウントのパスワードを忘れた場合、https://passwordreset.microsoftonline.com/ で再設定することができます。または、組織の管理者にお問い合わせください。

ライセンス認証またはライセンスのない製品の問題

Office 365 プランがある場合は、アクティブな状態を維持するために、少なくとも 30 日に 1 回はサインインする必要があります。サブスクリプションが期限切れの場合、次のログイン時に Office のサブスクリプションが再度アクティブ化します。

ライセンス認証エラーのトラブルシューティングを行う

ビジネス ユーザー向け Office 365 の場合は、Office 365 Microsoft サポート/回復アシスタント をダウンロードすると、ライセンス認証の問題を解決できます。

この修正プログラムを使用しても問題が解決しない、最近プランを切り替えたために製品にライセンスがないというエラー メッセージが表示される、または Office アプリケーションを使用できない場合は、「Office のライセンスのない製品というエラーとライセンス認証のエラー」を参照してください。

Windows 10 にアップグレードした後、ライセンス認証に失敗する場合は、「Office error code 0x8004FC12 when activating Office (Office のライセンス認証中にエラー コード 0x8004FC12 が発生する)」を参照してください。

インストールを非アクティブにする

Office は最大 5 台のコンピューターでライセンス認証を行うことができます。5 回のインストール権利をすべて使用し、別のコンピューターに Office をインストールする場合、インストールを非アクティブ化する必要があります。非アクティブ化してもコンピューターから Office は削除されませんが、ライセンス認証を行うまでそのコンピューターで Office を使用することはできません。

Office 365 ユーザーの場合、次の手順でインストールを非アクティブ化します。

  1. https://portal.office.com/Account/#home にアクセスします。メッセージが表示されたら、職場または学校のアカウントを使用してサインインします。

  2. [インストールの状態] タイルから [インストールを管理する] を選択します。

  3. [インストールの状態] で [非アクティブ化] を選び、不要になった Office のインストールを非アクティブにします。

詳細については、「一般法人向け Office 365 のインストールを非アクティブ化する」を参照してください。

Office をインストールした後、Office アプリケーションが見つかりません

Windows 10、Windows 8、または Windows 7 で Office アプリケーションを探して起動する」を参照してください。

最近 Office 365 プランを変更したところ、Office を使用できないというメッセージが表示されました

Office をインストールするときは、Office 365 プランに自動的にリンクされます。管理者や組織内のユーザーの Office に "アカウントに関するお知らせ" や "ライセンスのない製品" というエラーが表示される場合は、新しい Office 365 プランに付属するバージョンの Office をインストールしてから、以前のプランに付属していたバージョンの Office をアンインストールする必要があります。この簡単な修正プログラムを使用して Office をアンインストールし、手順に従い、Office を再インストールします。

  1. この Easy Fix ボタンをクリックして、Office をアンインストールします。

    自動修正が使用できることを示す [簡易修正ツール] ダウンロード ボタン
  2. 使用しているブラウザーをドロップダウン リストで選択し、表示された手順に従ってファイルを保存してから起動します。

    1. ブラウザ ウィンドウの一番下で [保存] を選択します。

      o15-ctrremove.diagcab Easy Fix を開くには [保存] を選択します。
    2. 次のボックスに o15-ctrremove.diagcab のダウンロードが終了しましたと表示されたら、[開く] をクリックします。

    3. Office をアンインストールするウィザードが起動します。[次へ] を選択し、画面の指示に従います。

    4. [アンインストール成功] の画面が表示されたら、メッセージに従って、変更を反映させるためにコンピューターを再起動します。

    5. コンピューターを再起動した後、もう一度 Office をインストールしてみてください。

    1. ブラウザー ウィンドウの下部で [開く] を選び、O15CTRRemove.diagcab ファイルを開きます。

      [開く] を選び、O15CTRRemove.diagcab Easy Fix ツールを開きます

      ファイルが自動的に開かない場合は、[保存]、[フォルダーを開く] の順に選んで、(名前が "O15CTRRemove" で始まる) ファイルをダブルクリックして、Easy Fix ツールを実行します。

    2. Microsoft Office をアンインストールするウィザードが起動します。[次へ] を選び、画面の指示に従います。

    3. [アンインストール成功] の画面が表示されたら、メッセージに従って、変更を反映させるためにコンピューターを再起動します。[次へ] を選びます。

    4. コンピューターを再起動した後、もう一度 Office をインストールしてみてください。

    1. 左下に表示されている [o15CTRRemove] ファイルを選び、ドロップダウンで [フォルダーに表示] を選びます。

      ドロップダウンで [フォルダーに表示] を選ぶ

      ダウンロードした [o15CTRRemove] をダブルクリックして、Easy Fix ツールを実行します。

    2. Microsoft Office をアンインストールするウィザードが起動します。[次へ] を選び、画面の指示に従います。

    3. [アンインストール成功] の画面が表示されたら、メッセージに従って、変更を反映させるためにコンピューターを再起動します。[次へ] を選びます。

    4. コンピューターを再起動した後、もう一度 Office をインストールしてみてください。

    1. [ファイルの保存] を選んで、[OK] をクリックします。

      Firefox で O15CTRRemove.diagcab ファイルを保存する

      ブラウザー ウィンドウの右上で [すべての履歴を表示] を選びます。[履歴] で、[ダウンロード]、[O15CTRRemove.diagcab] の順に選んでから、フォルダーのアイコンを選びます。[O15CTRRemove.diagcab] をダブルクリックします。

    2. Microsoft Office をアンインストールするウィザードが起動します。[次へ] を選び、画面の指示に従います。

    3. [アンインストール成功] の画面が表示されたら、メッセージに従って、変更を反映させるためにコンピューターを再起動します。[次へ] を選びます。

    4. コンピューターを再起動した後、もう一度 Office をインストールしてみてください。

  3. Office を再インストールするには、「Office 365 または Office 2016 を PC または Mac にダウンロードしてインストールまたは再インストールする」を参照して、使用している Office プランの手順を実行します。

アプリケーションを起動すると、Office に "動作を停止しました" というメッセージが表示されました

古いバージョンのアドインが原因で、この種の問題が起きることがあります。また、Office 2013 アプリケーションまたは Office 2016 アプリケーション (Excel、Word、Outlook、PowerPoint、Publisher、Visio) のいずれかを起動しようとしたときに、そのようなエラーが発生することもあります。「Why do I get a "stopped working" message when I start my Office application? (Office アプリケーションを起動したときに "動作が停止しました" というメッセージが表示されるのはなぜですか?)」を参照してください。

所有している Office 365 製品またはライセンスの種類がわからない場合

  1. まだサインインしていない場合、http://portal.office.com に移動し、職場や学校のアカウント でサインインします。

    注: 職場または学校アカウントでサインインできない場合は、間違った Office 365 サービスにサインインしている可能性があります。「Office 365 にサインインする場所」を参照してください。

  2. ブラウザーのヘッダーから、[設定] 設定: プロファイルを更新し、ソフトウェアをインストールし、クラウドに接続します 、[アプリの設定]、[Office 365] の順に移動します。

    Office 365 の [設定] ウィンドウ
  3. [マイ アカウント] ページで [サブスクリプション] を選択します。

    Office 365 サブスクリプション ページ

    最新のデスクトップ版の Office、SharePoint Online、OneDrive for Business、Exchange Online など、ライセンスされているサービスが表示されます。一覧に最新のデスクトップ版 Office がない場合、管理者が Office ライセンスを割り当てていない可能性があります。管理者であれば、「一般法人向け Office 365 ライセンスの割り当てまたは解除方法」を参照してください。詳細については、「What Office 365 business product or license do I have? (取得している一般法人向け Office 365 製品またはライセンスの種類を調べる方法)」を参照してください。

Office for Mac をインストールする場所

Mac に Office をインストールする方法の手順については、「Office 365 または Office 2016 を PC または Mac にダウンロードしてインストールまたは再インストールする」を参照してください。Office は使用中のオペレーティング システムを認識するため、[インストール] をクリックしてインストール手順を開始するときに、Mac 上で作業していることをご確認ください。

Mac のダウンロードとインストールの問題

Mac のダウンロードとインストールの問題は、 Office 2016 for Mac をインストールできない場合の対応策を参照してください。

Office for Mac のアンインストール

アンインストールするバージョンの Office を選択します。

Mac での Office 2016 のライセンス認証

Mac で Office のライセンス認証を行うOffice 2016 for Mac のライセンス認証を

Mac ライセンス認証の問題

Mac のライセンス認証に関する問題のトラブルシューティングを行うには、 Office 2016 for Mac のライセンス認証できない場合の対応策を参照してください。

Outlook、Skype for Business、OneDrive for Business のヘルプ

この記事では、Office のインストールに関する問題について説明します。これらの Office 365 サービスでトラブルシューティングを行う方法をお探しの場合は、次の記事をお試しください。

お問い合わせ

Office のインストール時に問題が引き続き発生する場合は、Office 365 の管理者にお問い合わせください。管理者が Office 365 管理者タブを確認しても問題を解決できない場合は、ユーザーに代わってサポートに問い合わせることができます。また、コミュニティ フォーラムもお試しください。

ご意見を寄せてください。

Microsoft はフィードバックをお待ちしております。これらのソリューションのいずれかが役に立った場合は、以下でコメントを残してお知らせください。役に立たなかった場合は、表示されたエラー メッセージとエラーが表示されたときのインストール プロセスの内容を含む、問題の詳細情報についてお知らせください。お寄せいただいた情報は、さらに問題を調査するために利用させていただきます。

まずはこちらをお試しください。

Office をインストールするときに発生する問題を解決するには、Microsoft Office 365 サポート/回復アシスタント ツールをダウンロードします。

回復ツールでは解決できない場合次の解決策のいずれかを試してみてください。

ヒント: このページの最後でこれらの解決策が役に立ったかどうかご意見をお寄せください。問題についてはコメント欄に詳細をご記入ください。

管理者は、その他の一般的な Office のインストールの問題について、「一般法人向け Office」タブの内容もご確認ください。

管理者ですが、Office、Project、Visio をインストールするオプションがありません

初めて一般法人向け Office 365 にサインアップし、Office (Project または Visio を含むプランがある場合、それらのアプリ) をインストールしようとすると、ライセンスがないためにインストールできないというメッセージが表示されることがあります。これは初回サインインと一般法人向け Office 365 による環境設定の間に生じる遅延によるものです。Office 365 からサインアウトし、もう一度サインインしてみてください。

また、この問題は、管理者またはユーザーにライセンスを割り当てていないことが原因で起こる場合もあります。次の手順に従って、ライセンスを確認します。

ライセンスがあることを確認する
  1. まだサインインしていない場合、http://portal.office.com に移動し、職場や学校のアカウント でサインインします。

    注: 職場または学校アカウントでサインインできない場合は、間違った Office 365 サービスにサインインしている可能性があります。「Office 365 にサインインする場所」を参照してください。

  2. ブラウザーのヘッダーから、[設定] 設定: プロファイルを更新し、ソフトウェアをインストールし、クラウドに接続します 、[アプリの設定]、[Office 365] の順に移動します。

    Office 365 の [設定] ウィンドウ
  3. [マイ アカウント] ページで [サブスクリプション] を選択します。

    Office 365 サブスクリプション ページ

    最新のデスクトップ版の Office、Project、Visio、SharePoint Online、OneDrive for Business、Exchange Online など、ライセンスが付与されているサービスが表示されます。一覧に最新のデスクトップ版 Office (または、Project か Visio を含むプランを購入している場合、それらのアプリケーション) がない場合、「一般法人向け Office 365 ライセンスの割り当てまたは解除方法」を参照してください。

すべての Office 365 サブスクリプションに、フル機能の Office アプリケーションが含まれているわけではありません。「一般法人向け Office」の列の下に、フル機能の Office バージョンが含まれていないサブスクリプションの一覧が表示されています。組織に Office 365 のいずれかのプランがある場合、フル機能の Office バージョンを必要とする組織のユーザーのために、管理者は別の Office 365 プランまたはサブスクリプションに切り替えるか、既にお持ちのサブスクリプションに加えて、別の一般法人向け Office 365 サブスクリプションを購入することができます。

お使いの製品のプランがわからない場合、「取得している一般法人向け Office 365 サブスクリプションの種類を調べる方法」の手順に従います。プランの比較については、「一般法人向け Office」を参照してください。

最近 Office 365 プランを変更したところ、Office を使用できないというメッセージが表示されました

ご自身や組織内のユーザーの Office に "アカウントに関するお知らせ" や "ライセンスのない製品" というエラーが表示される場合は、新しい Office 365 プランに付属のバージョンの Office をインストールしてから、以前のプランに付属していたバージョンをアンインストールする必要があります。詳細については、「“Account Notice” appears in Office after switching Office 365 plans (Office 365 プランの切り替え後に “アカウントに関するお知らせ” が表示される)」を参照してください。

最新バージョンの Office を 6 台以上のコンピューターにインストールするにはどうすればよいですか?

ユーザー 1 人あたり、最大 5 台のコンピューターに対して Office をライセンス認証することができます。6 台目のコンピューターにインストールする場合は、いずれかのインストールのライセンス認証を解除する必要があります。ライセンス認証を解除してもコンピューターから Office は削除されませんが、ライセンス認証を行うまでそのコンピューターで Office を使用することができなくなります。「一般法人向け Office 365 のインストールを非アクティブ化する」を参照してください。

残りの組織に一般法人向け Office 365 をセットアップするにはどうすればよいですか?

組織のセットアップについては、「一般法人向け Office 365 のセットアップ」を参照してください。

組織にある複数のコンピューターに Office を展開するにはどうすればよいですか?

IT Pro である場合、Office を組織に展開するには、Office 展開ツールを使って、Office ソフトウェアをローカル ネットワークにダウンロードします。次に、通常使用するソフトウェアの展開方法で、Office を展開します。

また、ユーザーは自分の職場または学校アカウントを使用して Office 365 ポータルにサインインし、「Office 365 または Office 2016 を PC または Mac にダウンロードしてインストールまたは再インストールする」の手順に従って、自分で Office をインストールすることもできます。

組織内のユーザーのライセンスを管理するにはどうすればよいですか?

Office をインストールする場合や、Outlook、SharePoint Online、Lync Online などのサービスを利用する場合にはライセンスが必要です。一般法人向け Office 365 管理者は、新しいアカウントを作成するときに、新しいユーザーにライセンスを割り当てたり、既存のユーザーにライセンスを追加したりできます。利用できる有効なライセンスの数を調べる方法、ライセンスの割り当てや削除、ライセンスを付与していないユーザーの表示の詳細については、「一般法人向け Office 365 ライセンスの割り当てまたは解除方法」を参照してください。

ライセンスを追加する必要がある場合は、「一般法人向け Office 365 サブスクリプションのライセンスを購入する」を参照してください。ライセンスを削除するには、「Remove licenses from your Office 365 for business subscription (一般法人向け Office 365 サブスクリプションからライセンスを削除する)」を参照してください。

Office のボリューム ライセンス エディションをライセンス認証する

Microsoft Office のボリューム エディションをライセンス認証するには、マルチ ライセンス認証キー (MAK) およびキー管理サービス (KMS) を使用する 2 つの方法があります。これらのエディションをライセンス認証する詳細については、「Office のボリューム エディションのライセンス認証を行う」を参照してください。

サービスの状態の表示する

Office 365 管理者の場合は、サービスの状態を表示することができます。

Outlook、Skype for Business、OneDrive for Business のヘルプ

この記事では、Office のインストールに関する問題について説明します。これらの Office 365 サービスでトラブルシューティングを行う方法をお探しの場合は、次の記事をお試しください。

サポート サービス

それでも問題が解決しない場合は、管理者は一般法人向け Office 365 のサポートに問い合わせることができます。

ご意見を寄せてください。

Microsoft はフィードバックをお待ちしております。これらのソリューションのいずれかが役に立った場合は、以下でコメントを残してお知らせください。役に立たなかった場合は、表示されたエラー メッセージとエラーが表示されたときのインストール プロセスの内容を含む、問題の詳細情報についてお知らせください。お寄せいただいた情報は、さらに問題を調査するために利用させていただきます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

共有 Facebook Facebook Twitter Twitter メール メール

この情報は役に立ちましたか?

ありがとうございます。その他のフィードバックはありませんか?

改善内容をお聞かせください

ご意見をいただきありがとうございます。

×