Office 2016 for Mac の新機能と改善点

Office 2016 for Mac のリリース以降に利用できるようになった機能に関する簡単な説明を以下に示します。この数か月間に追加された機能が、毎月の主な更新内容でご確認いただけます。

Office やアプリを初めて使用する場合は、「Office 2016 for Mac クイック スタート ガイド」を参照してください。 利用可能なトレーニングについて知りたい場合は、Office ラーニング センターにアクセスしてください。

Office 2016 のインストールが必要な場合について説明します。 Office 365 Solo のサブスクリプションを購入しているユーザーで、Office 2016 へアップグレードする方法については、こちらを参照してください。 一般法人向け Office 365 のサブスクリプションを購入しているユーザーで、新しい Office 2016 アプリを入手する方法については、こちらを参照してください。

新機能をいち早く試してみたい場合は、Office 365 Solo のユーザーであれば、Office Insider になることができます。

Office 2016 for Windows の新機能については、「Office 365 向けの Office 2016 の新しい機能と改善された機能」を参照してください。

2017 年 2 月の主な更新内容 #

以下の表は、今月追加される機能の一部をまとめたものです。この更新内容の詳細とアプリのダウンロード リンクについては、リリース ノートを参照してください。

# Insider 限定

Office の今後の改善

Word、Excel、PowerPoint

iPhone および iPad で Office Insider になり、Office の新しいリリースにいち早くアクセスし、ご意見をお寄せください。

参加するには、ここをクリックします。

新しい MacBook Pro での Touch Bar のサポート

Word、Excel、PowerPoint

作業している内容に最も関連性のあるコマンドが指先にあります (MacBook Pro の Touch Bar のみと互換性があります)。

注: 職場で Office 2016 を使用している場合、上記の機能が利用可能になるかどうかは、各組織の更新ポリシーによって異なります。

2017 年 1 月の主な更新内容

以下の表は、今月追加される機能の一部をまとめたものです。この更新内容の詳細とアプリのダウンロード リンクについては、リリース ノートを参照してください。

フォーカス モードの色の追加 *

Word

よりドキュメントに集中できるように、オーク、マホガニー、グラファイトなどの背景を選択できます。

ドキュメント内のコンテンツにフォーカスを合わせる方法の詳細については、こちらを参照してください。

* Office 365 サブスクリプションが必要です

注: 職場で Office 2016 を使用している場合、上記の機能が利用可能になるかどうかは、各組織の更新ポリシーによって異なります。

2016 年 12 月の主な更新内容

以下の表は、今月追加される機能の一部をまとめたものです。この更新内容の詳細とアプリのダウンロード リンクについては、リリース ノートを参照してください。

ユーザー補助機能の組み込み

Word、Excel、PowerPoint

キーボードの使用や VoiceOver などの支援技術のサポートが向上し、文書、ワークシート、プレゼンテーションの読み上げや編集がしやすくなりました。

WordPowerPoint および Excel のアクセシビリティに関する新機能の詳細についてご確認ください。

PDF ファイル内のハイパーリンク

Word

文書を PDF に変換するときに、文書の忠実性が維持され、ハイパーリンクもクリック可能になります。

PDF への保存または変換に関する詳細については、こちらを参照してください。

注: 職場で Office 2016 を使用している場合、上記の機能が利用可能になるかどうかは、各組織の更新ポリシーによって異なります。

2016 年 11 月の主な更新内容

以下の表は、今月追加される機能の一部をまとめたものです。この更新内容の詳細とアプリのダウンロード リンクについては、リリース ノートを参照してください。

アクセシビリティの高いメッセージを作成する

Outlook

アクセシビリティ チェックを使用して、メッセージや招待状を作成する際のアクセシビリティの問題を検出して修正します。

アクセシビリティ チェックを実行して、アクセシビリティの問題を検出し、解決する方法についてご確認ください。

ズームの再生

PowerPoint

Windows 版 PowerPoint 2016 の [ズーム] コマンドで作成されたインタラクティブな概要と自動ナビゲーション リンクを表示できるようになりました。

注: 職場で Office 2016 を使用している場合、上記の機能が利用可能になるかどうかは、各組織の更新ポリシーによって異なります。

2016 年 10 月の主な更新内容

以下の表は、今月追加される機能の一部をまとめたものです。この更新内容の詳細とアプリのダウンロード リンクについては、こちらのページを参照してください。

その他の関数 *

Excel

CONCAT または TEXTJOIN を使用してテキストの数式を短くしたり、予測関数を利用して将来的な予測値を確認できます。

CONCAT 関数および TEXTJOIN 関数の詳細について説明します。

* Office 365 サブスクリプションが必要です

オーディオとビデオの再生 *

PowerPoint

改善されたオプションを利用して、オーディオ ファイルおよびビデオ ファイルを再生します。

詳細については、「プレゼンテーション内のビデオの '再生' オプションの設定」を参照してください。

* Office 365 サブスクリプションが必要です

ノートのアクセシビリティを確認する

OneNote

ノート内に存在するアクセシビリティの問題を見つけて修正するための [アクセシビリティ] オプションが [ツール] メニューにあります。

アクセシビリティ チェックを実行して、アクセシビリティの問題を検出し、解決する方法についてご確認ください。

スペル チェックの改善

OneNote

私たちは皆、ミスをします。スペル チェックで入力ミスを修正します。

詳細については、「スペル チェック」を参照してください。

注: 職場で Office 2016 を使用している場合、上記の機能が利用可能になるかどうかは、各組織の更新ポリシーによって異なります。

2016 年 9 月の主な更新内容

以下の表は、今月追加される機能の一部をまとめたものです。この更新内容の詳細とアプリのダウンロード リンクについては、こちらのページを参照してください。

デザイナー *

PowerPoint

あなたが指定した画像を、スライド向けの高品質で本格的なデザインに修正します。

PowerPoint デザイナーの詳細については、こちらを参照してください。

* Office 365 サブスクリプションが必要です

ガイドの色付け *

PowerPoint

スライドの背景からガイドを目立たせる色を選びます。

グリッドとガイドの使用についての詳細は、こちらを参照してください。

* Office 365 サブスクリプションが必要です

フォーカス モード *

Word

余分なものを排除し、作業に集中するには、[表示] メニューで [フォーカス] に切り替えます。

ドキュメント内のコンテンツにフォーカスを合わせる方法の詳細については、こちらを参照してください。

* Office 365 サブスクリプションが必要です

注: 職場で Office 2016 を使用している場合、上記の機能が利用可能になるかどうかは、各組織の更新ポリシーによって異なります。

2016 年 8 月の主な更新内容

以下の表は、今月追加される機能の一部をまとめたものです。この更新内容の詳細とアプリのダウンロード リンクについては、こちらのページを参照してください。

64 ビット サポート ^

Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook

きわめて大きいファイルを編集するときのパフォーマンスと信頼性が向上します。

^ この機能はいくつかの時期に分けて導入されるため、すぐにはご利用になれないこともあります。

旅行や荷物配達の予定をお知らせ *

Outlook

シンプルな要約カードが、旅行手配の確認メールや荷物配達のメールの中に表示され、予定表にも表示されます。

* Office 365 のサブスクリプション (Exchange Online が含まれていること) と、新規またはアップグレードされた Outlook.com アカウントが必要です。

他の人の注意を引く *

Outlook

メールの本文や予定表アイテムの中で、@ 記号に続けて他の人の名前を入力すると、その人が自動的にメッセージの宛先行に追加されます。

@メンションを使ってユーザーの注意を引く方法についてご確認ください。

* Office 365 サブスクリプションが必要です

アクセシビリティ チェック

Word、Excel、PowerPoint

文書、スプレッドシート、プレゼンテーション内に存在するアクセシビリティの問題を見つけて修正するための [アクセシビリティ チェック] オプションが [校閲] タブにあります。

アクセシビリティ チェックを実行して、アクセシビリティの問題を検出し、修正する方法についてご確認ください。

サービスの提案

Outlook

[ヘルプ] メニューの [サービスの提案] を使って、新しい機能を提案します。他の人が提案したアイデアに投票することもできます。

アニメーションを背景にする *

PowerPoint

スライドをよりダイナミックに。アニメーション画像を背景として使うことができます。

スライドの背景のアニメーション化についてご確認ください。

* Office 365 サブスクリプションが必要です

CSV として保存するときに警告を表示しない *

Excel

ユーザーの要望に応えて、ワークシートを CSV ファイルとして保存するときの、機能が失われるという警告を表示しないようにしました。

* Office 365 サブスクリプションが必要です

スタイラスの設定

OneNote

スタイラスが検出されたときに自動的に描画に切り替えるか、引き続きマウスとして使うかを選ぶことができます。

注: 職場で Office 2016 を使用している場合、上記の機能が利用可能になるかどうかは、各組織の更新ポリシーによって異なります。

2016 年 7 月の主な更新内容

以下の表は、今月追加される機能の一部をまとめたものです。この更新内容の詳細とアプリのダウンロード リンクについては、こちらのページを参照してください。

自分と共有 *

Word、Excel、PowerPoint

他のユーザーが最近あなたと共有を開始した文書、ブック、プレゼンテーションが表示されます。

詳細については、他のユーザーが自分と共有しているファイルを参照する方法のページを参照してください。

* Office 365 サブスクリプションが必要です

オブジェクトのコントロールがさらに簡単に

Word

"選択ウィンドウ" に文書内のすべてのオブジェクトが一覧表示され、ここでオブジェクトの順序を簡単に変更できます。

選択ウィンドウでのオブジェクトの管理の詳細については、こちらを参照してください。

対話性の向上

Word

日付選択、ドロップダウン リストなど、文書内の多数のコンテンツ コントロールが対話型になりました。

インク注釈

OneNote

新しい [描画] タブのツールを使い、マウスまたはトラックパッドで文字や図を描いたり強調したりできます。

詳細については、インクを使った描画と注釈に関するページを参照してください。

書き込みを整然と

OneNote

罫線をページ背景として表示すると、手描きする文字や図をきちんと揃えることができます。

ペン タブレットのサポート

OneNote

描画用タブレットまたはディスプレイでペンまたはスタイラスを使って文字や図を描き込んだり、描き込んだノートを消去したりできます。

注: 職場で Office 2016 を使用している場合、上記の機能が利用可能になるかどうかは、各組織の更新ポリシーによって異なります。

2016 年 6 月の主な更新内容

以下の表に、今月追加された機能の一部をまとめました。リンクをクリックすると、改善された機能や追加された機能の活用に役立つコンテンツが表示されます。この更新内容の詳細と、アプリのダウンロード リンクについては、こちらのページをご覧ください。

ビデオへのエクスポート

PowerPoint

ユーザーの要望に応えて、プレゼンテーションをビデオにエクスポートできるようになりました。ディスクへの書き込み、Web へのアップロード、またはメールでの送信が可能です。

別のファイル形式としてプレゼンテーションをエクスポートする方法については、こちらを参照してください。

* Office 365 サブスクリプションが必要です

ODF サポートにエクスポートする

Word、Excel、PowerPoint

ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションを、OpenDocument スプレッドシート (.ods)、OpenDocument テキスト (.odt)、および OpenDocument プレゼンテーション (.odp) 形式にエクスポートできるようになりました。

サポートされるファイルの種類の詳細については、こちらを参照してください。

リボンとクイック アクセス ツールバーのフル カスタマイズ *

Word、Excel、PowerPoint

リボンとクイック アクセス ツールバーをすべてカスタマイズして、動作を最適化できます。タブやグループを作成したり、タブ、グループ、コマンドの名前や順序を変更することができます。

リボンとクイック アクセス ツール バーをカスタマイズする方法については、こちらを参照してください。

* リボンの完全なカスタマイズには、Office 365 サブスクリプションが必要です。

Class Notebook ツール *

OneNote

あなたは教師で、ノートブックをより効率的に管理したいと考えていますか?学生にページとセクションを配布し、その作業をすばやく確認し、より簡単に Class Notebook アプリにアクセスすることができます。

Class Notebook ツールの詳細については、こちらを参照してください。

* Org-ID ユーザー/教師のみが使用できます。

注: 職場で Office 2016 を使用している場合、上記の機能が利用可能になるかどうかは、各組織の更新ポリシーによって異なります。

2016 年 5 月の主な更新内容

以下の表に、今月追加された機能の一部をまとめました。リンクをクリックすると、改善された機能や追加された機能の活用に役立つコンテンツが表示されます。この更新内容の詳細と、アプリのダウンロード リンクについては、こちらのページを参照してください。

右から左 (RTL) のサポート

Outlook

お客様からのご要望にお応えし、2 つの言語サポート (アラビア語、ヘブライ語) を追加しました。

双方向言語で入力する方法の詳細については、こちらを参照してください。

作成と書式設定オプションの改善

Outlook

メッセージの下書きを作成するときに、多くの追加オプションを利用できるようになりました。追加のフォント、色、またリストのスタイルから選ぶことができます。ハイパーリンクの挿入、図のサイズ変更や書式設定、オート コレクト機能も利用できます。

詳細については、「メール メッセージの書式設定」、「画像の挿入」、「メール メッセージの画像のサイズの変更」を参照してください。

クローズド キャプションと複数のオーディオ トラック

PowerPoint

一部のビデオでは、キャプション、字幕、オーディオ トラックを組み合わせて組み込むことができます。クローズド キャプション トラックまたは複数のオーディオ トラックを含むビデオをプレゼンテーションに挿入すると、そのすべてをスライド ショーで再生することができます。

詳細については、「サポートされるクローズド キャプション ファイルの種類」を参照してください。

共有の通知

OneNote

常に使用している OneDrive に保存された共有ノートブックが更新されたかどうかについて、気にする必要はありません。通知センターを確認すればいいだけです。

注: 職場で Office 2016 を使用している場合、上記の機能が利用可能になるかどうかは、各組織の更新ポリシーによって異なります。

2016 年 4 月の主な更新内容

以下の表に、今月追加された機能の一部をまとめました。リンクをクリックすると、改善された機能や追加された機能の活用に役立つコンテンツが表示されます。この更新内容の詳細と、アプリのダウンロード リンクについては、こちらのページをご覧ください。

Office アドインの検索

Excel および Word

生産性を高めましょう。Excel および Word の [挿入] メニューの [ストア] から、利用可能なアドインを今すぐみつけることができます。すぐにインストールして生産性をアップさせましょう。

アドインの詳細については、こちらをご覧ください。

アーカイブと整理

Outlook

アイテムが失われる心配をせずに受信トレイを整理できます。受信トレイまたはその他のフォルダーのアイテムをアーカイブ フォルダーにすばやく移動できるようになりました。移動後も、アーカイブしたアイテムは引き続きアクセスすることができ、元の場所に簡単に復元することができます。

メッセージのアーカイブの詳細については、こちらをご覧ください。

注: 職場で Office 2016 を使用している場合、上記の機能が利用可能になるかどうかは、各組織の更新ポリシーによって異なります。

2016 年 3 月の主な更新内容

以下の表に、今月追加された機能の一部をまとめました。リンクをクリックすると、改善された機能や追加された機能の活用に役立つコンテンツが表示されます。この更新内容の詳細と、アプリのダウンロード リンクについては、こちらのページをご覧ください。

右から左 (RTL) のサポート

Word、Excel、PowerPoint、OneNote

お客様からのご要望にお応えし、2 つの言語サポート (アラビア語、ヘブライ語) を追加しました。

双方向言語で入力する方法の詳細については、こちらを参照してください。

注: 職場で Office 2016 を使用している場合、上記の機能が利用可能になるかどうかは、各組織の更新ポリシーによって異なります。

2016 年 2 月の主な更新内容

以下の表に、今月追加された機能の一部をまとめました。リンクをクリックすると、改善された機能や追加された機能の活用に役立つコンテンツが表示されます。下のビデオでは、今月の更新内容を視覚的に紹介しています。この更新内容の詳細と、アプリのダウンロード リンクについては、こちらのページをご覧ください。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

変形 *

PowerPoint

スライドがシームレスに切り替わり、プレゼンテーションに動きが加わって、コンセプトや情報をより効果的に伝えることができます。

切り替え効果 [変形] の使用方法については、こちらを参照してください。

* Office 365 サブスクリプションが必要です

クイック アクセス ツール バーのカスタマイズ

Word、Excel、PowerPoint

よく使うコマンドに、すぐにアクセスできるようにするために、アプリ ウィンドウの左上隅に、[新規]、[印刷]、[保存] など、コマンドを追加できるようになりました。これにより、コマンドが使いやすくなりました。

クイック アクセス ツール バーをカスタマイズする方法については、こちらを参照してください。

メッセージの転送

Outlook

お問い合わせいただいておりましたが、復活しました。以前と同じショートカット (Command + J) を使ってメッセージを転送できるようになりました。

注: 職場で Office 2016 を使用している場合、上記の機能が利用可能になるかどうかは、各組織の更新ポリシーによって異なります。

2016 年 1 月の主な更新内容

以下の表に、今月追加された機能の一部をまとめました。リンクをクリックすると、改善された機能や追加された機能の活用に役立つコンテンツが表示されます。下のビデオでは、今月の更新内容を視覚的に紹介しています。この更新内容の詳細と、アプリのダウンロード リンクについては、こちらのページをご覧ください。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

オブジェクトの制御の強化

Excel および PowerPoint

選択ウィンドウにより、ワークシートのすべてのオブジェクトを簡単に追跡し、並び順を詳細に制御できます。

選択ウィンドウでのオブジェクトの管理の詳細については、こちらを参照してください。

全画面表示

Outlook

メッセージや出席依頼などの複数の Outlook アイテムを横に並べて簡単に表示できるようになりました。

全画面表示の詳細については、こちらを参照してください。

会議室の検索

Outlook

この機能は、会議をスケジュールする際に、目的の時間に利用可能な会議室を表示することにより、都合のよい場所を簡単に見つけることができます。

会議または予定の作成の詳細については、こちらを参照してください。

注: 職場で Office 2016 を使用している場合、上記の機能が利用可能になるかどうかは、各組織の更新ポリシーによって異なります。

2015 年 12 月の主な更新内容

以下の表に、今月追加された機能の一部をまとめました。リンクをクリックすると、改善された機能や追加された機能の活用に役立つコンテンツが表示されます。下のビデオでは、今月の更新内容を視覚的に紹介しています。この更新内容の詳細と、アプリのダウンロード リンクについては、こちらのページをご覧ください。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

学術論文スタイル

Word

ユーザー設定の引用文献スタイルの作成をサポートすることによって柔軟性を高めています。

引用文献の追加の詳細については、こちらを参照してください。

スクリーンショットの挿入

Word、Excel、PowerPoint

開いているアプリで画面全体をキャプチャしたり、画面の一部を切り取って、その画像を別のアプリに挿入したりすることを可能にする機能が追加されました。

スクリーンショットの挿入の詳細については、こちらを参照してください。

追加のファイル形式のサポート

Word、Excel、PowerPoint

OpenDocument ファイルを、Word、Excel および PowerPoint で開けるようになりました。

サポートされるファイル形式の詳細については、こちらを参照してください。

注: 職場で Office 2016 を使用している場合、上記の機能が利用可能になるかどうかは、各組織の更新ポリシーによって異なります。

2015 年 11 月の主な更新内容

以下の表に、11 月に使用可能になった機能の一部をまとめました。リンクをクリックすると、改善された機能や追加された機能の活用に役立つコンテンツが表示されます。下のビデオでは、今月の更新内容を視覚的に紹介しています。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

QAT に追加された新機能

Word

ユーザーの要望に応えて、クイック アクセス ツールバーに [印刷] コマンドが追加されました。

引用文献スタイルの更新

Word

論文が最新の公開ガイドラインに準拠するように、引用文献スタイルの形式 (Harvard および IEEE) とバージョン (MLA および APA) が使用できるようになりました。

引用文献の追加の詳細については、こちらを参照してください。

外観の改善

Excel

非 Retina ディスプレイでのフォントの鮮明な表示とスムーズなスクロールにより、Mac で Excel を使う場合に、より自然に快適に操作できるようになりました。

注: 職場で Office 2016 を使用している場合、上記の機能が利用可能になるかどうかは、各組織の更新ポリシーによって異なります。

2015 年 10 月の主な更新内容

以下の表に、10 月に使用可能になった機能の一部をまとめました。リンクをクリックすると、改善された機能や追加された機能の活用に役立つコンテンツが表示されます。下のビデオでは、今月の更新内容を視覚的に紹介しています。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

中国語と日本語の新しいフォント

Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote

現代的な外観の新しい既定のフォントにより、読みやすさが向上し、Windows 版のアプリとの互換性が高まります。

Visual Basic Editor の改善

Word、Excel、Outlook

Visual Basic Editor で簡単にモジュールや参照を追加できるほか、デバッグ ショートカットを使用できるようになりました。

Outlook.com アカウントのサポート

Outlook

Outlook.com Preview 製品を使用している場合、更新されたアカウント ページで、Outlook.com アカウントを追加して、メール、予定表、連絡先のすべての機能を使用できます。

注: 職場で Office 2016 を使用している場合、上記の機能が利用可能になるかどうかは、各組織の更新ポリシーによって異なります。

2015 年 7 月

Office 2016 for Mac の新機能と改善された機能およびアップグレードする理由の動画ツアーについては、下のビデオをご覧ください。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

簡単な共有と共同作業

Word、Excel、PowerPoint、OneNote

ファイルの共有や校閲ができる機能が標準で搭載されているので、共同作業の効率が向上します。

WordExcelPowerPointOneNote でのファイルの共有の詳細を参照してください。

クラウドへの接続

Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote

Office 2016 for Mac が OneDrive、OneDrive for Business、SharePoint と統合されたことにより、どこでもどのデバイスからでも Office ドキュメントにアクセスできます。

ピボットテーブル スライサー

Excel

新しいピボットテーブル スライサーは、大量のデータからパターンを見つけ出すのに役立ちます。

別の日時の指定

Outlook

会議を作成したが、競合している場合、都合のよい時間を会議の開催者に提案できるようになりました。

Exchange アカウントが必要です。

新しい会議の日時の提案の詳細については、こちらを参照してください。

スレッド形式のコメント

Word、PowerPoint

他のユーザーと共同作業しながら、スレッド形式のコメントを使用して、関連するテキストのすぐ横のコンテキストで会話ができます。

コメントの挿入と返信の詳細については、こちらを参照してください。

[デザイン] タブ

PowerPoint および Word

新しい [デザイン] タブでは、優れたテーマとバリエーションを選択し、高品質のレイアウト、フォント、および色をドキュメントやプレゼンテーションに適用することができます。

テーマのカスタマイズと保存の詳細については、こちらを参照してください。

デザインを一新したリボン

Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote

デザインを一新したリボン メニューでは、各機能が直観的に把握できるように配置されており、必要な機能をすぐに見つけることができます。

ショートカット キー

Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote

Control キーによるショートカット (Windows PC で保存するときの Ctrl + S など) が Mac でも使用できるようになりました。

WordExcelPowerPointOutlook、および OneNote のショートカット キーの詳細を参照してください。

Mac に対応したデザイン

Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote

Mac の長所と使い慣れた Office の操作性が得られます。Retina ディスプレイでテキストや画像が鮮明に表示され、ズームに使い慣れたマルチタッチ ジェスチャがサポートされるようになりました。

共有 Facebook Facebook Twitter Twitter メール メール

この情報は役に立ちましたか?

ありがとうございます。その他のフィードバックはありませんか?

改善内容をお聞かせください

ご意見をいただきありがとうございます。

×