Office 2016 for Mac のデータベースの概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Outlook データの破損などの問題が発生した場合、Office 2016 for Mac は Office データベースを自動的に修復して再構築します。これは Office 2011 for Mac からの変更点です。Office 2011 for Mac では、問題が発生した場合に Office データベースを手動で再構築する必要がありました。

データベースを手動で修復または再構築する機能は、Outlook 2016 for Mac で使用できません。Office 2016 データベースの信頼性と安定性は大幅に改善されたので、Office 2016 でデータベースの問題が発生する可能性は、全体的に Office 2011 よりも低くなっています。

小さなデータベースの問題が発生した場合、Outlook はバックグラウンドで自動復元を実行します。この場合、通知は表示されないので、バックグラウンドの復元が実行中でも作業が中断することはほとんどありません。

大きなデータベースの問題が発生し、自動復元を自動できず、データベースの再構築が必要な場合、Outlook でデータを修復して問題を解決するように求めるメッセージが表示されます。Outlook の再起動、データベースの再構築、再構築したデータベースの読み込みなど、データベースを復元する手順が示されます。

問題が発生した場合、または Mac のデータベースと Office 2016 のヘルプが必要な場合は、 Office 2016 for Mac の Microsoft コミュニティまたはの質問を投稿を参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×