Office 2016 for Mac のカスタム ショートカット キーを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

For Mac では、この記事の手順を使用して、Office で独自のキーボード ショートカットを作成できます。

各製品に付属の最も一般的に使われる既定のショートカット キーのリストは、次のリソースを参照してください。

Office for Mac でカスタム ショートカット キーを作成するには、Mac OS X に組み込まれている機能を使用します。

  1. アップル メニューから、[システム環境設定]、[キーボード]、[ショートカット]、[アプリのショートカット] の順にクリックします。

  2. + 記号をクリックして、ショートカット キーを追加します。

    Office 2016 for Mac カスタム キーボード ショートカット
  3. [アプリケーション] メニューで、ショートカット キーを作成する対象となる Office for Mac アプリ (Microsoft ExcelMicrosoft WordMicrosoft PowerPointMicrosoft OneNoteMicrosoft Outlook) をクリックします。

  4. [メニュー タイトル] と [ショートカット キー] に情報を入力し、[追加] をクリックします。

    Office 2016 for Mac カスタム キーボード ショートカットの例

    ヒント: コマンドのメニュー名が不明な場合は、アプリで [ヘルプ] をクリックし、目的のメニューを検索すると、正確なメニュー名が表示されます。

Office プログラム別の設定方法

Word

PowerPoint

Excel

Word

操作をすばやく実行するためのショートカット キーを作成できます。 ただし、そのショートカット キーが既定の Mac OS X ショートカット キーと競合する場合、Mac OS X ショートカット キーを無効にしない限り、新しいショートカット キーは動作しません。

次のいずれかの操作を行います。

ショートカット キーを作成する

  1. [ツール] メニューの [ショートカット キーのユーザー設定] をクリックします。

  2. [分類] リストで、メニュー名をクリックします。

  3. [コマンド] リストで、ショートカット キーを割り当てる操作をクリックします。

    選んだ操作に現在ショートカット キーが割り当てられている場合は、[現在のキー] ボックスに表示されます。

    別のショートカット キーを使用したい場合は、別のショートカット キーをリストに追加して、そちらを使用することもできます。

  4. [新しいショートカット キーを押してください] ボックスで、1 つ以上の修飾キー ( コマンド 、Ctrl、Option、Shift) とその他のキーを組み合わせたショートカット キーを押します (例: コマンド + Option + F11)。

    既に割り当てられているショートカット キーを入力すると、そのキーの組み合わせに割り当てられたアクションが、[現在の割り当て] の横に表示されます。

  5. [割り当て] をクリックします。

    注記: 

    • ショートカット キーの割り当てを取り消すには、Esc キーを押します。

    • キーボード ショートカットの説明では 米国キーボードのレイアウトを参考にします。 他のレイアウトのキーは、米国のキーボードのキーと正確に対応しない場合があります 。 ノート PC のキーボード ショートカットも異なることがあります。

ショートカット キーを削除する

ユーザーが追加したショートカット キーは削除できますが、Excel の既定のショートカット キーは削除できません。

  1. [ツール] メニューの [ショートカット キーのユーザー設定] をクリックします。

  2. [分類] リストで、メニュー名をクリックします。

  3. [コマンド] リストで、ショートカット キーを削除する操作をクリックします。

  4. [現在のキー] ボックスで、削除するショートカット キーをクリックし、[削除] をクリックします。

記号を挿入するショートカット キーを作成する

記号用のショートカット キーを作成できます。たとえば、Zapf Dingbats フォントから電話記号 ( Zapf Dingbats フォントの電話記号 ) を作成することができます。 電話記号を挿入するショートカット キーを作成するには、Command + Option + Shift + T を割り当てるなどします。

  1. [挿入] メニューの [記号] をクリックします。

  2. 目的の記号または特殊文字の付いたタブをクリックします。

    必要に応じて、[フォント] ポップアップ メニューでフォントを選びます。

  3. 目的の記号または特殊文字をクリックします。

  4. [ショートカット キー] をクリックします。

  5. [新しいショートカット キーを押してください] ボックスで、1 つ以上の修飾キー ( コマンド 、Ctrl、Option、Shift) とその他のキーを組み合わせたショートカット キーを押します (例: コマンド + Option + F11)。

    既に割り当てられているショートカット キーを入力すると、そのキーの組み合わせに割り当てられたアクションが、[現在の割り当て] の横に表示されます。

  6. [割り当て] をクリックします。

    注記: 

    • ショートカット キーの割り当てを取り消すには、Esc キーを押します。

    • キーボード ショートカットの説明では 米国キーボードのレイアウトを参考にします。 他のレイアウトのキーは、米国のキーボードのキーと正確に対応しない場合があります 。 ノート PC のキーボード ショートカットも異なることがあります。

記号を挿入するショートカット キーを削除する

  1. [挿入] メニューの [記号] をクリックします。

  2. ショートカット キーを削除する記号または文字をクリックします。

  3. [ショートカット キー] をクリックします。

  4. [現在のキー] ボックスで、削除するショートカット キーをクリックし、[削除] をクリックします。

すべてのショートカット キーをリセットする

  1. [ツール] メニューの [ショートカット キーのユーザー設定] をクリックします。

  2. すべてのショートカット キーを元の状態に戻すには、[すべて元に戻す] をクリックしてから、[はい] をクリックします。

    操作のためのショートカット キーがリセットされます。

Mac OS X ショートカット キーを無効にする

既定の Mac OS X ショートカット キーと同じショートカット キーを使用するには、まず、その既定の Mac OS X ショートカット キーを無効にする必要があります。

  1. アップル メニューの [システム環境設定] をクリックします。

  2. [ハードウェア] で、[キーボード] をクリックし、[ショートカット キー] タブをクリックします。

  3. 無効にするショートカット キーのチェック ボックスをオフにします。

関連項目

Word for Mac のキーボード ショートカット

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

PowerPoint

必要に応じて、次の操作を行います。

ショートカット キーを作成する

  1. アップル メニューの [システム環境設定] をクリックします。

  2. [ハードウェア] の [キーボード] キーボード環境設定ボタン をクリックします。

  3. [ショートカット キー] タブで、[アプリケーションのショートカット] をクリックし、[追加] ショートカット キーの追加ボタン をクリックします。

  4. [アプリケーション] ポップアップ メニューで、[その他]、[Microsoft Office 2011]、[Microsoft PowerPoint] の順にクリックします。

  5. [メニュー タイトル] ボックスに、追加するコマンド名を入力します。

    たとえば、[書式] メニューの [段落] コマンドに対するショートカット キーを作成する場合は、ボックスに「段落...」と入力します。

  6. [ショートカット キー] ボックスに、1 つ以上の修飾キー ( コマンド 、Ctrl、Option、Shift) とその他のキーの組み合わせを入力し (例: コマンド + Option + F11)、[追加] をクリックします。

    注記: 

    • キーボード ショートカットの説明では 米国キーボードのレイアウトを参考にします。 他のレイアウトのキーは、米国のキーボードのキーと正確に対応しない場合があります 。 ノート PC のキーボード ショートカットも異なることがあります。

ショートカット キーを削除する

ユーザーが追加したショートカット キーは削除できますが、Excel の既定のショートカット キーは削除できません。

  1. アップル メニューの [システム環境設定] をクリックします。

  2. [ハードウェア] の [キーボード] キーボード環境設定ボタン をクリックします。

  3. [ショートカット キー] タブで [アプリケーションのショートカット] をクリックします。

  4. 削除するショートカット キーをクリックし、[削除] [ショートカット キーの削除] ボタン をクリックします。

Mac OS X ショートカット キーを無効にする

既定の Mac OS X ショートカット キーと同じショートカット キーを使用するには、まず、その既定の Mac OS X ショートカット キーを無効にする必要があります。

  1. アップル メニューの [システム環境設定] をクリックします。

  2. [ハードウェア] で、[キーボード] をクリックし、[ショートカット キー] タブをクリックします。

  3. 無効にするショートカット キーのチェック ボックスをオフにします。

関連項目

PowerPoint のショートカット キー

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Excel

操作をすばやく実行するためのショートカット キーを作成できます。 ただし、そのショートカット キーが既定の Mac OS X ショートカット キーと競合する場合、Mac OS X ショートカット キーを無効にしない限り、新しいショートカット キーは動作しません。

次のいずれかの操作を行います。

ショートカット キーを作成する

  1. [ツール] メニューの [ショートカット キーのユーザー設定] をクリックします。

  2. [分類] リストで、メニュー名をクリックします。

  3. [分類] の横のリストで、ショートカット キーを割り当てる操作をクリックします。

    選んだ操作に現在ショートカット キーが割り当てられている場合は、[現在のキー] ボックスに表示されます。

    別のショートカット キーを使用したい場合は、別のショートカット キーをリストに追加して、そちらを使用することもできます。

  4. [新しいショートカット キーを押してください] ボックスで、1 つ以上の修飾キー ( コマンド 、Ctrl、Option、Shift) とその他のキーを組み合わせたショートカット キーを押します (例: コマンド + F11) 。

    既に割り当てられているショートカット キーを入力すると、そのキーの組み合わせに割り当てられたアクションが、[現在の割り当て] の横に表示されます。

  5. [追加] をクリックします。

    注記: 

    • ショートカット キーの割り当てを取り消すには、Esc キーを押します。

    • キーボード ショートカットの説明では 米国キーボードのレイアウトを参考にします。 他のレイアウトのキーは、米国のキーボードのキーと正確に対応しない場合があります 。 ノート PC のキーボード ショートカットも異なることがあります。

ショートカット キーを削除する

ユーザーが追加したショートカット キーは削除できますが、Excel の既定のショートカット キーは削除できません。

  1. [ツール] メニューの [ショートカット キーのユーザー設定] をクリックします。

  2. [分類] リストで、メニュー名をクリックします。

  3. [分類] の横のリストで、ショートカット キーを削除する操作をクリックします。

  4. [現在のキー] ボックスで、削除するショートカット キーをクリックし、[削除] をクリックします。

すべてのショートカット キーをリセットする

  1. [ツール] メニューの [ショートカット キーのユーザー設定] をクリックします。

  2. すべてのショートカット キーを元の状態に戻すには、[すべて元に戻す] をクリックします。

Mac OS X ショートカット キーを無効にする

既定の Mac OS X ショートカット キーと同じショートカット キーを使用するには、まず、その既定の Mac OS X ショートカット キーを無効にする必要があります。

  1. アップル メニューの [システム環境設定] をクリックします。

  2. [ハードウェア] で、[キーボード] をクリックし、[ショートカット キー] タブをクリックします。

  3. 無効にするショートカット キーのチェック ボックスをオフにします。

関連項目

Excel のキーボード ショートカット

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×