Office 2016 for Mac で組織図の分岐レイアウトを変更する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

分岐レイアウトは、選んだボックスの下にあるすべてのボックスのレイアウトに影響します。他の階層構造レイアウトを使っても組織図を作成できますが、分岐レイアウトは組織図レイアウトでのみ使えます。

プレゼンテーションに組織図がある場合、そのレイアウトを変更できます。 組織図がない場合は、こちらの方法で組織図を作成できます

  1. 分岐レイアウトを適用する組織図のボックスをクリックします。以下の例では、"Manager"ボックスを選択したら、レイアウトがそのボックスの下のボックスに適用されます。

  2. [SmartArt デザイン] タブで [レイアウト] をクリックして、次のいずれかの操作を行います。

    Office for Mac の SmartArt デザイン レイアウト

    注: 

    • [SmartArt デザイン] タブが表示されない場合は、SmartArt グラフィックを選んでいるかどうかを確認してください。

    • [レイアウト] ボタンが有効になっていない場合は、[図のボックスをクリックしていない可能性があります。終了したかどうかを確認、手順 1 上にあります。

    • 選んだボックスの下にあるすべてのボックスを中央に配置するには、[標準] をクリックします。

      [標準] 分岐レイアウトが適用された組織図

      注: 「時のアシスタント」の図形では、特殊なケースし、分岐レイアウトの影響を受けません。分岐レイアウトを変更する場合、(次の例では"Manager") の選択] ボックスの下にある他のボックスのみが並べ替えるされます。

    • 選んだボックスを、その下にあるボックスの中央に配置し、下にあるボックスを各行に 2 つずつ横に配置するには、[左右に分岐] をクリックします。

      [左右に分岐] レイアウトが適用された組織図

    • 選んだボックスを、その下にあるボックスの右側に配置して、下にあるボックスを左側に縦に揃えるには、[左に分岐] をクリックします。

      [左に分岐] レイアウトが適用された組織図

    • 選んだボックスを、その下にあるボックスの左側に配置して、下にあるボックスを右側に縦に揃えるには、[右に分岐] をクリックします。

      [右に分岐] レイアウトが適用された組織図

関連項目

SmartArt 付き組織図を作成する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×