Office 2016 for Mac での双方向言語の入力

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office 2016 for Mac で双方向または右から左に (RTL) 記述する言語 (アラビア語、ヘブライ語など) を入力するには、最初に次の 2 つの作業を行ってください。

  1. オペレーティング システムに言語を追加します。

  2. 追加した言語の入力ソースを追加します。

次の手順で双方向言語の入力を有効にした後、Word で特定の双方向機能を構成することもできます。

重要: Office for Mac ですべての双方向言語機能へのアクセスを確認するには、事前に最新の更新プログラムがインストールされていることを確認してください。「Office for Mac の自動更新プログラムの確認」の手順に従い、手順 3 の [更新プログラムのチェック] をクリックします。

Office for Mac のユーザー インターフェイスは、オペレーティング システムの言語設定により変更されます。ここでは、オペレーティング システムの言語を変更する方法を説明します。

  1. [Apple] メニューをクリックしてから、[システム環境設定] をクリックします。

  2. [言語と地域] をクリックします。

  3. [指定した言語] の正符号 [+] をクリックし、リストから追加したい双方向言語を選択し、[追加] をクリックします。

    • オペレーティング システムの既定の言語を新しい言語に変更する場合は、[[言語名] を使用] を選びます。

    • 指定した言語リストの一番上にドラッグすると、追加した言語を第一言語に設定することができます。

  4. お使いのオペレーティング システムのキーボード環境設定をでは追加した言語を入力できない場合は、追加した言語がサポートされる入力メニューの一覧が表示されます。新しい言語をサポートする新しい入力メニューを今すぐ追加するか、[キーボード環境設定] に後で追加することができます。

オペレーティング システムに言語を追加したときに双方向言語の入力ソースを追加しなかった場合は、前に戻ってその言語の入力と編集をサポートする入力ソースを追加できます。

  1. [Apple] メニューをクリックしてから、[システム環境設定] をクリックします。

  2. [言語と地域] をクリックし、[キーボード環境設定] をクリックします。

  3. [入力ソース] タブで、正符号 [+] サインをクリックし、追加したい言語および入力ソースを選び、[追加] をクリックします。

    新しい入力メニューを追加すると、[メニュー バーで入力メニューを表示] のチェックボックスが自動的にオンになり、入力ソースの切り替えができるようになります。

注: Office for Mac の双方向言語機能は、Mac オペレーティング システムに付属するキーボードでのみ動作し、インターネット上のサード パーティからダウンロードされたキーボードでは動作しません。

オペレーティング システムに言語と入力ソースを追加した後で、Office を再起動します。リボンのホーム タブには [テキストの方向 (左から右)] と [テキストの方向 (右から左)] ボタンがあり、テキスト方向の (右から左) と (左から右) を簡単に切り替えて、異なる言語を入力または編集できます。

Word 2016 for Mac で、(右から左) と (左から右) のテキストのボタンが表示されます。

双方向言語の入力設定後、Word で更に機能を構成できます。

ドキュメントの表示を右から左に設定する

Word 文書のビューを右から左に設定すると、印刷レイアウト表示のページ順序とアウトライン表示のテキスト方向は、両方とも右から左方向になります。

  1. [Word] メニューで [環境設定] をクリックします。

  2. [Word 環境設定] ダイアログ ボックスで、[表示] をクリックします。

    Word 環境設定の [表示] ボタン

  3. [文書内に表示] で、[文書の表示] リストの [右から左] を選びます。

    [ビュー] ダイアログ ボックスの [文書の表示] オプション

列のテキストを右から左に設定する

  1. [レイアウト] タブで [] > [その他のフィールド] をクリックします。

    [列] メニューで [その他の列] を選択

  2. [手動] の [右から左] のチェック ボックスをオンします。

    [段組] ダイアログ ボックス

カーソル移動を論理順から視覚順に変更する

マウスのカーソル移動を視覚順に変更すると、ユーザーが次に読む文字に移動するのではなく、ユーザーの閲覧方向を無視してテキスト上を移動します。

  1. [Word] メニューで [環境設定] をクリックします。

  2. [Word 環境設定] ダイアログ ボックスで、[編集] をクリックします。

    Word 環境設定の [編集] ボタン

  3. [編集オプション] の [カーソル移動] で、[視覚順] を選びます。

    [編集] ダイアログ ボックスの [カーソル移動] オプション

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×