Office 2016 と Office 2013 のインストールのトラブルシューティング

Office 2016 または Office 2013 (これには Office 365 に付属しているバージョンの Office も含まれます) をインストールするときに問題が発生した場合は、下記のセクションのうち、発生した問題に該当するものを参照してください。

Office をインストールする手順については、「Office を PC または Mac にインストールする」を参照してください。

これらのソリューションが役に立ったかどうかについて、このページの最後でご意見を寄せてください

以下の問題から選択してください。

インストールに関する問題に対する最も一般的な解決法

以下のセクションのいずれかを展開し、一般的なインストール問題の解決策として考えられる方法を探します。

  1. この Easy Fix ボタンをクリックしてインストール済みの Office をアンインストールし、完全にクリーンアップします。

    自動修正が使用できることを示す [簡易修正ツール] ダウンロード ボタン
  2. ドロップダウン リストからご使用のブラウザーを選び、残りの手順を表示します。

    ブラウザー ウィンドウの下部で [開く] を選び、O15CTRRemove.diagcab ファイルを開きます。

    [開く] を選び、O15CTRRemove.diagcab Easy Fix ツールを開きます

    ファイルが自動的に開かない場合は、[保存]、[フォルダーを開く] の順に選んで、(名前が "O15CTRRemove" で始まる) ファイルをダブルクリックして、Easy Fix ツールを実行します。

    1. Microsoft Office をアンインストールするウィザードが起動します。[次へ] を選び、画面の指示に従います。

    2. [アンインストール成功] の画面が表示されたら、メッセージに従って、変更を反映させるためにコンピューターを再起動します。[次へ] を選びます。

    3. コンピューターを再起動した後、もう一度 Office をインストールしてみてください。

      Office を再インストールするには、「Office を PC または Mac にインストールする」を参照して、お使いの Office プランの手順を実行します。

    左下に表示されている [o15CTRRemove] ファイルを選び、ドロップダウンで [フォルダーに表示] を選びます。

    ドロップダウンで [フォルダーに表示] を選ぶ

    ダウンロードした [o15CTRRemove] をダブルクリックして、Easy Fix ツールを実行します。

    1. Microsoft Office をアンインストールするウィザードが起動します。[次へ] を選び、画面の指示に従います。

    2. [アンインストール成功] の画面が表示されたら、メッセージに従って、変更を反映させるためにコンピューターを再起動します。[次へ] を選びます。

    3. コンピューターを再起動した後、もう一度 Office をインストールしてみてください。

      Office を再インストールするには、「Office を PC または Mac にインストールする」を参照して、お使いの Office プランの手順を実行します。

    [ファイルの保存] を選んで、[OK] をクリックします。

    Firefox で O15CTRRemove.diagcab ファイルを保存する

    ブラウザー ウィンドウの右上で、[すべての履歴を表示] を選びます。[ライブラリ] で、[ダウンロード]、[O15CTRRemove.digicab] の順に選んでから、フォルダーのアイコンを選びます。O15CTRRemove.digicab をダブルクリックします。

    1. Microsoft Office をアンインストールするウィザードが起動します。[次へ] を選び、画面の指示に従います。

    2. [アンインストール成功] の画面が表示されたら、メッセージに従って、変更を反映させるためにコンピューターを再起動します。[次へ] を選びます。

    3. コンピューターを再起動した後、もう一度 Office をインストールしてみてください。

      Office を再インストールするには、「Office を PC または Mac にインストールする」を参照して、お使いの Office プランの手順を実行します。

コンピューターが Office をインストールするための最小システム要件を満たしていることを確認します。Windows 7、Windows 8 または Windows 10 を実行しているコンピューターが必要です。その他の要件の一覧については、「Office のシステム要件」を参照してください。

Windows XP または Windows Vista を実行しているコンピューターに Office をインストールしようとすると、ダイナミック ライブラリ KERNEL 32.dll が見つかりませんというエラーが発生する場合があります。これは、Office 2016 と Office 2013 がこれらのバージョンの Windows でサポートされていないために発生します。詳細については、「なぜ Windows XP/Windows Vista に Office 2013 または Office 2016 をインストールできないのですか?」を参照してください。

使用しているオペレーティング システムがわからない場合、「実行している Windows オペレーティング システムの確認方法」または「Mac で OS X のバージョンおよびビルド番号を確認する」を参照してください。

Office および Windows 10 の既知の問題」を参照してください。

32 ビット版を以前にインストールしたが、今度は 64 ビット版をインストールする場合、32 ビット版をアンインストールし、64 ビット版の Office を再インストールする必要があります。「Office 2016 の 64 ビット版または 32 ビット版を選択する」を参照してください。

組織が自宅使用プログラム (Home Use Program: HUP) に加入している場合、Office を購入し、インストールする方法は、「自宅使用プログラム (Home Use Program: HUP) で Office をインストールまたはアンインストールする」で確認できます。

一般法人向け Office 365 のみ使用している Office のバージョンが一般法人向け Office プランに示されている場合にのみ、この解決策をお試しください。

Office をインストールするライセンスがあることを確認する
  1. まだサインインしていない場合、http://portal.office.com に移動し、職場や学校のアカウント でサインインします。

    注: 職場または学校のアカウントでサインインできない場合は、間違った Office 365 サービスにサインインしている可能性があります。「Office 365 にサインインする場所」を参照してください。

  2. ブラウザーのヘッダーから、[設定] 設定: プロファイルを更新し、ソフトウェアをインストールし、クラウドに接続します 、[アプリの設定]、[Office 365] の順に移動します。

    Office 365 の [設定] ウィンドウ
  3. [マイ アカウント] ページで [サブスクリプション] を選択します。

    Office 365 サブスクリプション ページ

    最新のデスクトップ版の Office、SharePoint Online、OneDrive for Business、Exchange Online など、ライセンスをお持ちのサービスが表示されます。一覧に最新のデスクトップ版 Office が表示されない場合 (または組織に Project または Visio を含むプランがあるが、それらのアプリケーションが表示されない場合)、管理者が Office ライセンスを割り当てていない可能性があります。管理者は、「一般法人向け Office 365 ライセンスの割り当てまたは解除方法」を参照してください。詳細については、「What Office 365 business product or license do I have? (どの Office 365 Business の製品またはライセンスが必要ですか?)」を参照してください。

一部の Office 365 プランには Office が含まれていません。組織の Office 365 プランに最新のデスクトップ版の Office が含まれていない場合、Office 365 管理者は別の Office 365 プランまたはサブスクリプションに切り替えることができます。

管理者であるが、所有しているプランがわからない場合、「取得している一般法人向け Office 365 サブスクリプションの種類を調べる方法」を参照してください。プランの比較については、「compare small business plans」 (中小企業向けプランの比較) または「compare enterprise plans」 (大企業向けプランの比較) を参照してください。

Office のインストール中のエラー メッセージまたは問題

Office のインストールに時間がかかる場合、接続が遅い可能性があります。解決策を見つけるには、「Office のインストールに時間がかかる」または「Office 2016 または Office 2013 のインストールが 90% 完了時点で応答を停止する」を参照してください。

[インストール] ボタンが淡色表示される場合、Office 365 サブスクリプションの有効期限が過ぎている可能性があります。下の一覧からサブスクリプションを選択すると、それを更新する方法が表示されます。

その他の解決策については、「[インストール] ボタンをクリックしても Office がインストールされない」を参照してください。

数字と、場合によっては説明文が含まれるエラーが表示されることがあります。 メッセージを理解するのは困難ですが、多くの場合、その内容が解決方法を示しています。 以下のエラーが表示された場合は、リンク先の解決方法を試してください。

ここに表示されるエラーがすべてではありません。エラー メッセージに [詳細を表示] のリンクがある場合、それを選択します。リンクがない場合は、受信したエラーと、エラーを受信した時点で、インストール プロセスのどのあたりだったかをお知らせください。このページの下部にある [ご意見を寄せてください] のリンクから、問題の詳細についてお知らせください。

アカウントまたはサインインの問題

Microsoft はさまざまな Office 365 サービスを用意しており、それぞれのサービスに独自のサインイン ページがあります。サインインする場所は、使用しているサービスによって異なります。「Office 365 にサインインする場所」を参照してください。

家庭向け Office に含まれる Office を所有している場合、Office をインストールしたり、Office 365 サブスクリプションを管理したりするには、サインインの際に Microsoft アカウントが必要になります。Office に関連付けた Microsoft アカウントを忘れてしまった場合、「Office で使用する Microsoft アカウントを忘れてしまった」を参照してください。

一般法人向け Office 365 に含まれる Office を所有している場合、Office をインストールしたり、一般法人向け Office 365 のその他のサービスを使用したりするには、サインインする際に職場または学校のアカウントが必要になります。これらのアカウントの詳細については、「ユーザー ID に関する説明と一般法人向け Office 365 でそれが必要な理由」を参照してください。

ライセンス認証、ライセンスのない製品、プロダクト キーの問題

Office 365 プランがある場合は、アクティブな状態を維持するために、少なくとも 30 日に 1 回はサインインする必要があります。サブスクリプションが期限切れの場合、次のログイン時に Office のサブスクリプションが再度アクティブ化します。

プレインストールされている Office は、30 日間の試用版の Office 365、1 年間のサブスクリプションの Office 365、または 1 台のコンピューターにのみインストールできるパッケージ版として構成される場合があります。ライセンス認証を行う方法は、お使いのバージョンによって異なります。詳細については、「新しいコンピューターにプレインストールされていた Office を試用、購入、またはライセンス認証する」を参照してください。

新しいコンピューターの Office を購入済みであることがわかっている場合に、[試用]、[購入]、または [ライセンス認証] のダイアログ ボックスが表示される場合は、「新しいコンピューターにプレインストールされている Office のトラブルシューティング」のセクションを参照してください。

Office のプロダクト キーのヘルプ」を参照してください。

Office は最大 5 台のコンピューターでライセンス認証を行うことができます。5 回のインストール権利をすべて使用し、別のコンピューターに Office をインストールする場合、インストールを非アクティブ化する必要があります。非アクティブ化してもコンピューターから Office は削除されませんが、ライセンス認証を行うまでそのコンピューターで Office を使用することはできません。

アップグレードまたは更新の問題

使用している Office のバージョンが家庭向け Office プランに示されている場合は、次から選択してください。

使用している Office のバージョンが一般法人向け Office プランに示されている場合は、次から選択してください。

Office 2016 をインストールした後に Office 2016 アップグレードが原因で互換性の問題が発生した場合は、Office 2013 を再インストールできます。参照:

Office 365 プランの切り替えは可能です。たとえば、Office 365 Personal から Office 365 Home に切り替えて、追加のインストールを行えるようにすることができます。詳細については、「別の Office 365 のプランに切り替えるを参照してください。

Office インストール後の問題

Office 2016 は、Office 2013 スタンドアロン アプリケーションと同じコンピューターで共存できません。「エラー: Office 2016 のインストールはお待ちください」を参照してください。

Office 2016 と互換性がない Office 2013 スタンドアロン アプリを使用している場合は、Office 2016 のままにして、Office 2016 および Office 2013 スタンドアロン アプリケーションを使用中のお客様を対象とした特典を利用できます。

Exchange 2007 メールボックスに接続する場合は、Office 2013 のままにするか、Office 2016 をアンインストールして Office 2013 を再インストールできます。

一般法人向け Office 365 のみ使用している Office のバージョンが一般法人向け Office プランに示されている場合にのみ、この解決策をお試しください。

Office をインストールするライセンスがあることを確認する
  1. まだサインインしていない場合、http://portal.office.com に移動し、職場や学校のアカウント でサインインします。

    注: 職場または学校のアカウントでサインインできない場合は、間違った Office 365 サービスにサインインしている可能性があります。「Office 365 にサインインする場所」を参照してください。

  2. ブラウザーのヘッダーから、[設定] 設定: プロファイルを更新し、ソフトウェアをインストールし、クラウドに接続します 、[アプリの設定]、[Office 365] の順に移動します。

    Office 365 の [設定] ウィンドウ
  3. [マイ アカウント] ページで [サブスクリプション] を選択します。

    Office 365 サブスクリプション ページ

    最新のデスクトップ版の Office、SharePoint Online、OneDrive for Business、Exchange Online など、ライセンスされているサービスが表示されます。一覧に最新のデスクトップ版 Office がない場合、管理者が Office ライセンスを割り当てていない可能性があります。管理者であれば、「一般法人向け Office 365 ライセンスの割り当てまたは割り当て解除を行う」を参照してください。詳細については、「取得している一般法人向け Office 365 製品またはライセンスの種類を調べる方法」を参照してください。

Mac インストールの問題

Mac に Office をインストールする手順については、「Office を PC または Mac にインストールする」を参照するか、次から選択してください。

Microsoft_Office_2016_Installer.pkg は開発元が不明であるため開くことができないというエラー メッセージが表示される場合は、10 秒間待ってから、インストーラー パッケージをもう一度ダブルクリックしてみてください。進行状況バーが "確認中...." から進まない場合は、進行状況バーを閉じるかキャンセルして、もう一度試してください。

アンインストールするバージョンの Office を選択します。

Mac ライセンス認証の問題

Office 2016 for Mac のライセンス認証を行う」を参照してください。

Office 365 管理者の問題の解決

次の問題は、一般法人向け Office 365 の管理者である場合にのみ該当します。次から選択します。

初めて一般法人向け Office 365 にサインアップし、Office (Project または Visio を含むプランがある場合、それらのアプリケーション) をインストールしようとすると、ライセンスがないためにインストールできないというメッセージが表示されることがあります。これは初回サインインと一般法人向け Office 365 による環境設定の間に生じる遅延によるものです。Office 365 からサインアウトし、もう一度サインインしてみてください。

また、この問題は、管理者またはユーザーにライセンスを割り当てていないことが原因で起こる場合もあります。次の手順に従って、ライセンスを確認します。

ライセンスがあることを確認する
  1. まだサインインしていない場合、http://portal.office.com に移動し、職場や学校のアカウント でサインインします。

    注: 職場または学校のアカウントでサインインできない場合は、間違った Office 365 サービスにサインインしている可能性があります。「Office 365 にサインインする場所」を参照してください。

  2. ブラウザーのヘッダーから、[設定] 設定: プロファイルを更新し、ソフトウェアをインストールし、クラウドに接続します 、[アプリの設定]、[Office 365] の順に移動します。

    Office 365 の [設定] ウィンドウ
  3. [マイ アカウント] ページで [サブスクリプション] を選択します。

    Office 365 サブスクリプション ページ

    最新のデスクトップ版の Office、Project、Visio、SharePoint Online、OneDrive for Business、Exchange Online など、ライセンスされているサービスが表示されます。一覧に最新のデスクトップ版 Office (または、Project か Visio を含むプランを購入している場合、それらのアプリケーション) がない場合、「一般法人向け Office 365 ライセンスの割り当てまたは解除方法」を参照してください。

一部の Office 365 プランには Office が含まれていません。組織の Office 365 プランに最新のデスクトップ版の Office が含まれていない場合、管理者は別の Office 365 プランまたはサブスクリプションに切り替えることができます。

所有しているプランがわからない場合、「取得している一般法人向け Office 365 サブスクリプションの種類を調べる方法」の手順に従ってください。プランの比較については、中小企業向けプランの比較、または大企業向けプランの比較を参照してください。

Office は最大 5 台のコンピューターでライセンス認証を行うことができます。6 台目のコンピューターにインストールする場合は、1 つのインストールを非アクティブ化する必要があります。非アクティブ化してもコンピューターから Office は削除されませんが、ライセンス認証を行うまでそのコンピューターで Office を使用することができなくなります。「一般法人向け Office 365 のインストールを非アクティブ化する」を参照してください。

組織のセットアップについては、「一般法人向け Office 365 のセットアップ - 管理者ヘルプ」を参照してください。

Outlook、SharePoint Online、Lync Online、その他のサービスを利用するには、ライセンスが必要です。一般法人向け Office 365 管理者は、新しいアカウントを作成するときに、新しいユーザーにライセンスを割り当てたり、既存のユーザーにライセンスを追加したりできます。利用できる有効なライセンスの数を調べる方法、ライセンスの割り当てや削除、ライセンス未付与のユーザーの表示の詳細については、「一般法人向け Office 365 ライセンスの割り当てまたは割り当て解除を行う」を参照してください。

IT Pro である場合、Office を組織に展開するには、Office 展開ツールを使って、Office ソフトウェアをローカル ネットワークにダウンロードします。次に、通常使用するソフトウェアの展開方法で、Office を展開します。

また、ユーザーは自分の職場または学校アカウントを使用して Office 365 ポータルにサインインし、「Office を PC または Mac にインストールする」の手順に従って、自分で Office をインストールすることもできます。

自身や組織内のユーザーの Office に "アカウントに関するお知らせ" や "ライセンスのない製品" というエラーが表示される場合は、新しい Office 365 プランに付属のバージョンの Office をインストールしてから、以前のプランに付属していたバージョンをアンインストールする必要があります。詳細については、「Office 365 プランを変更した後に Office のサブスクリプションの有効期限が切れた場合」を参照してください。

次のサイトを参照してください。

Office 365 管理者の場合、サービスの状態を表示できます。それでも問題が解決しない場合は、一般法人向け Office 365 のサポートに問い合わせてください。

ご意見を寄せてください。

Microsoft はフィードバックをお待ちしております。これらのソリューションのいずれかが役に立った場合は、以下でコメントを残してお知らせください。役に立たなかった場合は、表示されたエラー メッセージとエラーが表示されたときのインストール プロセスの内容を含む、問題の詳細情報についてお知らせください。お寄せいただいた情報は、さらに問題を調査するために利用させていただきます。

共有 Facebook Facebook Twitter Twitter メール メール

この情報は役に立ちましたか?

ありがとうございます。その他のフィードバックはありませんか?

改善内容をお聞かせください

ご意見をいただきありがとうございます。

×