Office 2016 の 64 ビット版と 32 ビット版を選択する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

既定では、Office 2016 は 32 ビット版の Office をインストールします。ただし、新しいコンピューターの多くは 64 ビット版の Windows を実行しているため、64 ビット版の Office をインストールするか、または引き続き 32 ビット版を使用するかを決めることが重要になります。どちらのバージョンが適しているかは、どのように Office を使用するかに応じて異なります。

インストールするバージョンが既にわかっている場合は、「インストールの準備ができていますか?」セクションの手順を参照してください。

64 ビット版を選択する理由

一般に、64 ビット版の Windows を実行しているコンピューターでは、従来の 32 ビット版と比べて、処理能力やメモリなどのリソースがより豊富です。また、64 ビット アプリケーションは、32 ビット アプリケーションよりも多くのメモリにアクセスできます (最大 1,840 万ペタバイト)。このため、シナリオに大きなファイルや大きなデータ セットの操作が含まれており、かつ、お使いのコンピューター上で 64 ビット版の Windows が実行されている場合、次のようなケースでは、64 ビット版が適しています。

  • 複雑な計算、多くのピボットテーブル、外部データベースへの接続、PowerPivot、PowerMap、3D マップ、PowerView、Get & Transform などが含まれるエンタープライズ規模の Excel ブックなど、非常に大きなデータ セットを操作する場合。64 ビット版の Office は、このようなケースにパフォーマンスが向上する可能性があります。「Excel の仕様と制限」、「Data Model specification and limits (データ モデルの仕様と制限)」、「Memory usage in the 32-bit edition of Excel (32 ビット エディションの Excel のメモリ使用量)」を参照してください。

  • PowerPoint で非常に大きな画像、ビデオ、またはアニメーションを操作する場合。64 ビット版の Office は、このような複雑なスライド セットを扱うのに適していることがあります。

  • Project で 2 GB を超えるファイルを操作している場合。特に、プロジェクトに多くのサブプロジェクトが含まれる場合。

  • 組織が Office アプリケーション用のハードウェア データ実行防止 (DEP) を必要とする場合。DEP は、組織がセキュリティを強化するために使用するハードウェアとソフトウェアのテクノロジーのセットです。64 ビット版をインストールする場合、常に DEP が自動的に選択されます。32 ビット版をインストールする場合は、グループ ポリシーの設定を使用して、DEP を構成する必要があります。

  • アドインやドキュメント レベルのカスタマイズなど、社内 Office ソリューションを開発している場合。64 ビット版の Office を使用すると、64 ビット版と 32 ビット版の両方のソリューションを提供できるようになります。これらのソリューションをテストし、更新するために、社内 Office ソリューションの開発者を 64 ビット版の Office 2016 にアクセスできるようにする必要があります。

32 ビット版を選択する理由

コンピューターが 32 ビット版の Windows を実行している場合、32 ビット版の Office をインストールする必要があります。

ヒント: 32 ビット版の Office は、32 ビット版の Windows に対応していますが、64 ビット版の Windows を実行するコンピューターにも対応しています。

特に IT プロフェッショナルや開発者は、次のようなケースで、32 ビット版の Office が各自の組織で最適な選択肢であるかどうかを確認する必要があります。

  • 代替の 64 ビット版のない 32 ビット COM アドインの場合。64 ビット版の Windows 上で 32 ビット版の Office の 32 ビット COM アドインを引き続き実行できます。また、COM アドインのベンダーに連絡して、64 ビット版をリクエストすることもできます。

  • 代替の 64 ビット版のない 32 ビット版のコントロールを使用している場合。Microsoft Windows コモン コントロール (Mscomctl.ocx、comctl.ocx) や既にあるサード パーティ製の 32 ビット版のコントロールなど、引き続き 32 ビット版の Office で 32 ビット版コントロールを実行できます。

  • VBA コードが Declare ステートメントを使用する場合。ほとんどの VBA コードは、64 ビット版と 32 ビット版を使用する場合、変更する必要はありません。ただし、ポインターやハンドル用に、Long のような32 ビット データ タイプを使用して、Declare ステートメントで Windows API を呼び出す場合は、変更が必要です。ほとんどの場合、PtrSafe を Declare に追加して、Long を LongPtr に置換すると、Declare ステートメントは 32 ビットと 64 ビットの両方で動作するようになります。ただし、まれなケースですが、Declare で動作しない 64 ビット API があります。64 ビット版の Office で実行するために変更が必要な VBA の詳細については、「64 ビット Visual Basic for Applications の概要」を参照してください。

  • Outlook 用の 32 ビット MAPI アプリケーションがある場合。64 ビット版の Outlook をご利用になるお客様の数は増加しているため、32 ビット版の MAPI アプリケーション、アドイン、マクロを 64 ビット版 Outlook 用に再構築することをお勧めします。ただし、再構築したアプリケーション等は、必要に応じて、引き続き 32 ビット版の Outlook でのみ実行できます。32 ビット版と 64 ビット版の両方のプラットフォームで Outlook アプリケーションを準備する詳細については、「Building MAPI Applications on 32-Bit and 64-Bit Platforms (32 ビット版と 64 ビット版プラットフォームの MAPI アプリケーションの構築)」と「Outlook MAPI Reference (Outlook MAPI リファレンス)」を参照してください。

  • 32 ビット OLE サーバーまたはオブジェクトをアクティブ化している場合。引き続き、32 ビット版 Office をインストールしたコンピューター上で 32 ビット OLE サーバー アプリケーションを実行できます。

  • SharePoint Server 2010 を使用していて、[データシートで編集] ビューが必要な場合。引き続き、32 ビット版の Office クライアントを使用して SharePoint Server 2010 で [データシートで編集] ビューを使用できます。

  • 32 ビット版の Microsoft Access.mde、.ade、.accde データベース ファイルが必要な場合。32 ビット版の .mde ファイル、.ade ファイル、.accde ファイルを 64 ビット版で動作するように再コンパイルできます。また、32 ビット版の Access で 32 ビット版の .mde ファイル、.ade ファイル、.accde ファイルを引き続き実行できます。

  • 従来の数式エディターや Word の WLL (Word アドイン ライブラリ) ファイルが必要な場合。引き続き従来の数式エディターを使用したり、32 ビット版の Word で WLL ファイルを実行したりできます。

  • PowerPoint プレゼンテーションに古い埋め込みメディア ファイルがある場合 (64 ビット版のコーデックは利用できません)。

インストールの準備ができていますか?

重要: インストールする前に

64 ビット版の Office side-by-side を、32 ビット版の Office や 32 ビット版のスタンドアロンの Office アプリケーション (32 ビット版の Visio や Project など) と一緒にインストールすることはできません。同じように、32 ビット版のOffice と 64 ビット版の Office を一緒にインストールすることはできません。

たとえば、以前に 32 ビット版の Office 2013 をインストールしていて、64 ビット版の Office 2016 をインストールする場合は、最初に 32 ビット版をアンインストールする必要があります。この手順については、「PC から Office 2016、Office 2013、または Office 365 をアンインストールする」を参照してください。

2 つの異なるバージョンをインストールしようとすると、Office のインストール時に "Office (64 ビット版または 32 ビット版) をインストールできませんでした" というエラーが表示されます。

インストールするバージョンを選びます。

既定では、32 ビット版の Office がインストールされます。32 ビット版をインストールする場合は、「Office を PC または Mac にインストールする」の手順を行います。

Office をインストールする方法は、ご使用の Office 製品が家庭向けの Office プランの一部であるか、一般法人向けの Office プランの一部であるかによって異なります。各プランの製品リストについては、「Office for home and Office for business plans (家庭向け Office のプランと一般法人向け Office のプラン)」を参照してください。

下記のドロップダウン リストから現在ご利用になっているプランを選び、お使いの Office 製品の 64 ビット版をインストールする手順についてご確認ください。

これが新しい Office のコピーで、プロダクト キー (製品に付属している場合) をまだ使用しておらず、Microsoft アカウント と関連付けられている場合は、下記の手順を完了する前に、「Office のプロダクト キーを使う」を参照してください。

Office のインストールを開始する
  1. www.office.com/myaccount にアクセスします。まだ Office のコピーに関連付けられた Microsoft アカウントでサインインしていない場合は、サインインします。別のアカウントでサインインしている場合は、サインアウトし、正しい Microsoft アカウントでサインインし直します。

    Microsoft アカウントのサインイン ページのスクリーンショット

    ヒント: サインインに失敗した場合は、正しいアカウントでもう一度サインインを行うか、Microsoft アカウントを忘れた場合の対応策を含む、オプションの一覧の「My Account にサインインしようとしたときの「This is the right place to install and re-install Office (ここで Office をインストール/再インストールします)」というメッセージ」を参照してください。

  2. 注: Office 365 サブスクリプションを持っていて、次のような画面が表示される場合は、[インストール >] を最初に選ぶ必要があります。

    Office 365 プランの場合、[個人用 Office アカウント] ホーム ページで [インストール] を選択する

    [言語とインストールのオプション] を選択します (Office 2013 をインストールする場合は、[追加のインストール オプション] を選び、手順 4 は省略します)。

    Office 365 の言語とインストールのオプション
  3. [言語とインストールのオプション] ページで、リンクの [追加のインストール オプション] を選択します。

    [言語とインストールのオプション] ページで、リンクの [追加のインストール オプション] を選択する
  4. [その他のバージョンの Office] セクションで、ドロップダウン リストから [Office - 64 ビット] を選んで、[インストール] をクリックします。

    Office 64 ビット版のインストール オプションを選ぶドロップダウン リストのスクリーン​​ショット

    注: "Office 2016 のインストールはお待ちください" というメッセージが表示される場合は、Office がコンピューターにインストールされている他のものとの互換性の問題を検出したことを意味します。エラー メッセージで [理由を確認する] を選択するか、以下の「トラブルシューティング」セクションを参照します。

  5. ページ下部に表示されるインストールのポップアップに移動し、使用しているブラウザーに応じて、[実行] (Internet Explorer の場合)、[セットアップ] (Chrome の場合)、または [ファイルを保存] (Firefox の場合) をクリックします。

    ヒント: Edge を使用している場合は、最初に [保存] をクリックした後、[実行] をクリックします。

    Internet Explorer で [実行] を、Chrome で [セットアップ] を、Firefox で [ファイルを保存] をクリックするブラウザー オプションのスクリーンショット

    "このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?" というユーザー アカウント制御プロンプトが表示される場合は、[はい] をクリックします。

    インストールが開始されます。

    Office のインストールの進捗を示すウィンドウ
  6. "すべて完了です。Office はインストールされました" というテキストが表示され、コンピューター上の Office アプリケーションの場所を示すアニメーションが再生されると、インストールは終了です。ウィンドウに表示される指示に従い (たとえば、アプリのある場所を表示するには、[スタート]、[すべてのアプリ] の順にクリックし)、[閉じる] を選択します。

    Office がインストールされました。[閉じる] を選択する
  7. Word や Excel などのアプリを開き、Office アプリケーションをすぐに使い始めることができます。ほとんどの場合、アプリケーションを起動後、[同意する] をクリックしてライセンス条項に同意すると、Office がアクティブになります。

    [承諾] をクリックしてライセンス契約条項に同意します
  8. Office が自動的にアクティブになることがあります。Microsoft Office のライセンス認証ウィザードが表示された場合は、Office のライセンス認証を求めるメッセージに従います。ヘルプが必要な場合は、「Office 365、Office 2016、Office 2013 のライセンス認証を行う」を参照してください。

    Microsoft Office のライセンス認証ウィザードを表示する

ヒント: この手順は役に立ちましたか? ご意見をお寄せください

トラブルシューティング

Office のインストールに非常に時間がかかる場合は、インターネットの接続に問題がある可能性があります。考えられる解決策については、「Office のインストールに時間がかかる」を参照してください。Office 2016 のオフライン インストーラーを使用して、Office をインストールする必要がある場合もあります。

エラー メッセージが表示される場合: Office をインストールしようとしているときにエラー メッセージが表示され、そのメッセージに [詳細] リンクが含まれている場合は、そのリンクを選んで、問題のトラブルシューティング方法に関する情報を入手します。リンクがない場合は、「Office と Office 365 を両方インストールする場合のトラブルシューティング」を参照してください。

[インストール] ボタンがグレーで表示される場合、「[インストール] ボタンをクリックしても Office がインストールされない」を参照してください。

"Office 2016 のインストールはお待ちください" というメッセージが表示されることがあります。これは、Office がインストールされている他のものとの互換性の問題を検出したことを意味します。詳細については、次のヘルプ記事のいずれかを参照してください。

ご意見を寄せてください。

この手順は役に立ちましたか。役に立った場合は、このトピックの下部で知らせてください。役に立たず、Office のインストールの問題が解決していない場合は、操作しようとしていた内容とどこで問題が発生したかを知らせてください。その内容を反映してこちらの手順を見直し、追加の情報を提供します。

注: 以下の手順に従ってもサインインできない場合は、間違った Office 365 サービスにサインインしている可能性があります。「Office 365 にサインインする場所」をご確認ください。

  1. http://portal.office.com/OLS/MySoftware.aspx で 職場や学校のアカウント にサインインします。

    一覧に Office が表示されない場合、契約したプランに Office アプリケーションが含まれていない可能性があります。プランに Office が含まれている場合は、ライセンスが割り当てられていない可能性があります。「使用中の Office 365 製品またはライセンスの確認」を参照してください。一覧に Office が表示されない場合は、ライセンスを自分に割り当てるように Office 365 の管理者に依頼します。

  2. [Office] ページで、インストールする Office のバージョンに移動します。たとえば、管理者によって、Office 2016 または Office 2013 のインストールが許可されている場合があります。

    選択可能な場合は、インストールする Office のバージョンと使用する言語を選択して、[インストール] をクリックします。

    重要: Office 2016 をインストールするプロセスでは、すべての Office 2013 製品もアンインストールされます。「エラー: Office 2016 のインストールはお待ちください」または「Office 2016 のアップグレード後に Office 2013 を再インストールする方法」を参照してください。

  3. [言語] で言語を選び、[詳細設定]、[64 ビット] の順に選んでから [インストール] をクリックします。

    言語を選んだ後に [詳細設定] を選択することを示すスクリーンショット [バージョン] ドロップダウン リストで 64 ビット版を選ぶ
  4. 表示されるインストールのポップアップ画面に移動し、使用しているブラウザーに応じて、[実行] (Internet Explorer の場合)、[セットアップ] (Chrome の場合)、または [ファイルを保存] (Firefox の場合) をクリックします。

    ヒント: Edge を使用している場合は、最初に [保存] をクリックした後、[実行] をクリックします。

    Internet Explorer で [実行] を、Chrome で [セットアップ] を、Firefox で [ファイルを保存] をクリックするブラウザー オプションのスクリーンショット

    "このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?" というユーザー アカウント制御プロンプトが表示される場合は、[はい] をクリックします。

  5. インストールが開始されます。

    Office のインストールの進捗を示すウィンドウ
  6. "すべて完了です。Office はインストールされました" というテキストが表示され、コンピューター上の Office アプリケーションの場所を示すアニメーションが再生されると、Office 2016 のインストールは終了です。ウィンドウに表示される指示に従い (たとえば、アプリのある場所を表示するには、[スタート]、[すべてのアプリ] の順にクリックし)、[閉じる] を選択します。

    Office がインストールされました。[閉じる] を選択する
  7. Word や Excel などのアプリを開き、Office アプリケーションをすぐに使い始めることができます。ほとんどの場合、アプリケーションを起動後、[同意する] をクリックしてライセンス条項に同意すると、Office がアクティブになります。

    [承諾] をクリックしてライセンス契約条項に同意します

ご意見を寄せてください。

この手順は役に立ちましたか。役に立った場合は、このトピックの下部で知らせてください。役に立たず、Office のインストールの問題が解決していない場合は、操作しようとしていた内容とどこで問題が発生したかを知らせてください。その内容を反映してこちらの手順を見直し、追加の情報を提供します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

実行している Windows オペレーティング システムの確認方法

お問い合わせ お問い合わせ お問い合わせ
共有 Facebook Facebook Twitter Twitter メール メール

この情報は役に立ちましたか?

ありがとうございます。その他のフィードバックはありませんか?

改善内容をお聞かせください

ご意見をいただきありがとうございます。

×