Office 2016 のデータ フローとプライバシー コントロール

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

次に、家庭と一般法人の両顧客ユーザーの Windows 10 のデスクトップとサービスで使用される Office 2016 アプリケーションと Microsoft サービス間の現在のデータ フローを示します。デバイスにインストールした Microsoft アプリケーションのデータは、別の Microsoft サーバーやサービス (エンドポイント) に送信され、それぞれが異なるプライバシー コントロールを持ちます。次に、どのようなエンドポイントがあるか、そしてこのデータのプライバシーがマイクロソフトによってどのように管理されているかを説明します。

ここでは、次の Office 2016 のデスクトップ アプリケーションのデータ フローとプライバシー コントロールについて説明します。

  • Word

  • Excel

  • PowerPoint

  • OneNote

デバイスに留まるデータに始まり、デバイスからマイクロソフトにフローするデータに至るまで、さまざまな種類のデータ フローがあります。使用できるプライバシー コントロールは、データのフロー先によって異なります。

注: これは、Windows 10 と Office 2016 の現在のコントロールの一覧です。 問題の解決についての製品とサービスが上記に加えられた変更点が最新の詳細および追加情報を提供します。 詳細については、IT 管理者、またはMicrosoftに問い合わせてください。

Office のデータ フローを明解にするために、家庭向けのシナリオと一般法人ユーザー向けのシナリオ、およびその両方のシナリオに情報は分かれています。表のリンクは、適切な情報に直接リンクされています。

次の Office のデータ フローは、すべての家庭向け Office および一般法人向け Office にあります。

その他の Office データ フローは、次の表で説明する Office のインストールの種類によって異なります。インストールされている Office の種類を確認するには、Word などの Office アプリでは [ファイル]、[アカウント] の順に進み、[製品情報] セクションで確認します。

インストールされている Office の種類

該当する Office のデータ フロー**

Microsoft Office

Microsoft Office 365

Office アプリケーションと Microsoft サーバーまたはサービス: マイクロソフトが管理

Microsoft Office 365 Business

Office アプリケーションと一般法人向け Office サーバーまたはサービス: お客様が管理

Office アプリケーションと Microsoft サーバーまたはサービス: マイクロソフトが管理

Office アプリケーションとマイクロソフト以外のサービス

Microsoft Office 365 ProPlus*

Microsoft Office Professional Plus 2016*

Office アプリケーションと一般法人向け Office サーバーまたはサービス: お客様が管理

Office アプリケーションと Microsoft サーバーまたはサービス: マイクロソフトが管理

Office アプリケーションとマイクロソフト以外のサービス

Microsoft Office Standard 2016*

Office アプリケーションと一般法人向け Office サーバーまたはサービス: お客様が管理

Office アプリケーションとマイクロソフト以外のサービス

*サービスがマイクロソフトで管理されているかどうかは、IT 管理者にお問い合わせください。IT 管理者がいない場合、サービスはマイクロソフトで管理されています。

* *これらは、Office の家庭向けと一般法人向けのインストールの両方にある Office のデータ フローを除いた Office のデータ フローです。

Office のすべてのデータ フロー

次のプライバシーのシナリオは、Office のすべてのバージョンに当てはまります。Office のその他のデータ フローは、Office のインストールの種類によります。インストールの種類に応じたデータ フローは、前述の表のとおりです。

Office アプリケーションとローカル デバイス

アプリケーションとデバイスのオペレーティング システム間のデータのフロー:   ローカルに保存されている写真など、デバイス上のデータ。

このデータ フローには、次のようなプライバシー コントロールがあります。

  • デバイスに保存されている写真など、デバイス上のデータへのアクセス許可は、ユーザーおよびデバイスの管理者が管理します。

  • データ フローは、オペレーティング システムのアクセス コントロールに関する説明で示されているプラットフォーム コントロールでコントロールされます。

  • アプリケーションをアンインストールすると、アプリケーションの一部としてインストールされているローカルのデータは削除されますが、アプリケーションの外部に保存されているコンテンツはデバイスに残り、ユーザーが制御できます。 たとえば、Word をアンインストールすると、Word の実行可能ファイルは削除されますが、ドキュメントは保存した場所に残ります。

Office のアプリケーションと Microsoft サービス

Microsoft サービスを使用する Office アプリケーション間のデータ フロー:   スマート検索、翻訳、Bing 天気など、マイクロソフトのクラウド サービスによって使用されるクライアント データ。Office のアプリケーションと Microsoft サービスの間には、インストールの種類によって他にもデータ フローがあります。これらについては、インストールごとの適切なセクションで説明します。

このデータ フローには、次のようなプライバシー コントロールがあります。

  • Office のセキュリティ センター[接続されているサービスの設定を無効にして Office サービスを Office データを制御できます。

  • スマート検索や翻訳などのクラウド サービスの使用を選択します。ユーザーが、クラウド サービスを利用する Office の機能を最初に使用するとき、コンテキストに応じた通知が表示され、その機能の使用に関する選択を行う必要があります。

  • IT 管理者が管理者向けの切り替えを使用して、クラウド サービスとそれと関連する Microsoft サービスの操作を無効にします。

  • エンドユーザー用のプライバシー コントロールの説明に従って、Bing やその他のサービスへのデータを制御します。

  • アカウント データの削除がスケジュールされているアカウントを削除します。一般法人向けおよび家庭向けについて参照してください。

Office テレメトリ

Office クライアントと Microsoft のテレメトリ データ フロー:   Microsoft Office と Office の品質を向上させるためにこのパフォーマンスと利用状況データを使用するサービス。 テレメトリ データの使用は、 Microsoft のプライバシーに関する声明で説明するように制限されています。具体的には、個人データ収集および方法は個人データを使用してセクションを参照してください。 その結果、コントロールを減らすを管理することがあります。

テレメトリ データの収集は、トレーニングを受けたプライバシー担当者が管理し、それは企業のプライバシー ポリシーとコミットメントに従っています。このデータには、それから利用状況とアクティビティ テレメータ データを匿名化する処理が施されます。その後、集計されたテレメトリ データは、Microsoft が全体的なパフォーマンスと導入を追跡するために利用します。これは、集計された利用状況のデータに基づいて公開される四半期の収益レポートで報告されます。この種のデータは、カスタマイズされていない広告で使用され、この用途にも同様にコントロールがあります。消費者向けの広告には、名前やメールではなく広告用の ID を使用した、個人用以外の匿名化された利用状況データのみを利用できます。Office では、これらのデータを企業のお客様の広告には使用しません。

このデータ フローには、次のようなプライバシー コントロールがあります。

  • アクセスと自分の個人データをコントロールする方法で、[環境設定で制御される、Microsoft マーケティングでの利用状況と利用状況データ プロモーションの通信に使用する方法を制御できます。

  • このドキュメントに記載されている事柄の範囲外ですが、テレメトリのデータ フローは、Windows 10 のテレメトリの記事で説明しているとおり、ユーザーと IT 管理者がメール、予定表および Office の入手などのユニバーサル アプリケーションで制限できます。

家庭向け Office のデータ フローのシナリオ

次に、家庭向けの Office に固有のプライバシー シナリオを示します。Office のその他のデータ フローは、Office のインストールの種類によります。インストールの種類に応じたデータ フローは、この記事の上部の表のとおりです。

Office アプリケーションと Microsoft サーバーまたはサービス: マイクロソフトが管理

アプリケーションとマイクロソフトが管理している Microsoft サーバーまたはサービス間のデータ フロー:   インストールされている Office の種類は、[ファイル]、[アカウント] で確認できます。たとえば、サブスクリプション インストールは Microsoft Office 365 です。これらのサーバーは、一般に Microsoft サービス アカウントを使用してアクセスされます。Office 365 のクラウド サービスの例には、ID サービス、ライセンス、OneDrive、最近使用したドキュメントがあります。一部のクラウド サービスは、OneNote を OneNote のクラウド サービスと同期するなど場合などのアプリケーション操作に必須です。

このデータ フローには、次のようなプライバシー コントロールがあります。

  • OneDrive など、クラウドにデータを保存または削除する選択をします。

  • セキュリティ センターに関する説明に従って、接続されているサービス コントロールを使用して、これらのデータ フローの一部を無効にします。

  • アカウント データの削除がスケジュールされているアカウントを削除します。家庭向けの詳細

一般企業向け Office のデータ フローのシナリオ

次に、一般企業向けの Office に固有のプライバシー シナリオを示します。Office のその他のデータ フローは、Office のインストールの種類によります。インストールの種類に応じたデータ フローは、この記事の上部の表のとおりです。

Office アプリケーションと Microsoft サーバーまたはサービス: マイクロソフトが管理

アプリケーションとマイクロソフトが管理している Microsoft サーバーまたはサービス間のデータ フロー:   インストールされている Office の種類は、[ファイル]、[アカウント] で確認できます。たとえば、サブスクリプション インストールは、Microsoft Office 365 Business または Microsoft Office 365 ProPlus です。サブスクリプション型ではないインストールの例は、Microsoft Office Professional Plus 2016 または Microsoft Office Standard 2016 です。これらのサーバーは、一般に組織アカウントを使用してアクセスされます。Office 365 のクラウド サービスの例には、ライセンス、ライセンス認証、OneDrive、最近使用したドキュメントがあります。一部のクラウド サービスは、Outlook を Exchange サービスと同期する場合などのアプリケーション操作に必須です。

このデータ フローには、次のようなプライバシー コントロールがあります。

  • OneDrive for Business などでは、クラウドにデータを保存したりクラウドのデータを削除したりする選択が可能です。

  • IT 管理者が管理者向けの切り替えを使用して、クラウド サービスとそれと関連する Microsoft サービスの操作を無効にします。

  • セキュリティ センターに関する説明に従って、接続されているサービス コントロールを使用して、これらのデータ フローの一部を無効にします。

  • アカウント データの削除がスケジュールされているアカウントを削除します。一般法人向けの詳細

Office アプリケーションと一般法人向け Office サーバーまたはサービス:お客様が管理

アプリケーションとエンタープライズを利用しているお客様が管理している一般法人向け Microsoft Office サーバーまたはサービス間のデータ フロー:   アプリケーションとサービスの運用者がマイクロソフトであるかどうかは、職場または学校の IT 管理者に問い合わせてください。これらのサーバーは、一般に職場または学校のアカウントを使用してアクセスされます。インストールされている Office の種類は、[ファイル]、[アカウント] で確認できます。たとえば、サブスクリプション インストールは、Microsoft Office 365 ProPlus または Microsoft Office 365 Business です。Office 365 のクラウド サービスの例は、Exchange Online、SharePoint Online、OneDrive for Business などです。一部のクラウド サービスは、OneNote を OneNote のクラウド サービスと同期するなど場合などのアプリケーション操作に必須です。

このデータ フローには、次のようなプライバシー コントロールがあります。

  • OneDrive for Business に保存されているクラウドのコンテンツ データへのアクセス許可があります。

  • IT 管理者は、評価したリスクに基づいて、または技術的な観点やライセンスおよびオンライン サービス条件から、構成、設定、切り替えを使用してデータ フローを制御します。詳細については、Office 365 セキュリティ センターによるプライバシー保護に関する説明を参照してください。

  • セキュリティ センターに関する説明に従って、接続されているサービス コントロールを使用して、これらのデータ フローの一部を無効にします。

  • IT 管理者はできる詳細については、 Office 365 管理センターを参照してください。

  • アカウント データの削除がスケジュールされているアカウントを削除します。一般法人向けの詳細

Office アプリケーションとマイクロソフト以外のサービス

アプリケーションと、マイクロソフト以外によって運用されているサーバーまたはサービス間のデータ フロー:   アプリケーションとサービスの運用者がマイクロソフトであるかどうかは、職場または学校の IT 管理者に問い合わせてください。 ユーザーのデータは、Exchange Server または SharePoint Server を実行しているサーバーなど、オンプレミスのサーバーにフローさせることができます。これらのデータ フローの詳細は、IT 管理者に問い合わせてください。一部のオンプレミスのサービスは、Outlook から Exchange Server へのメールなどのアプリケーション操作に必須です。

このデータ フローには、次のようなプライバシー コントロールがあります。

  • ユーザーと IT 管理者が、ユーザーが最も最近使用したドキュメントの一覧である MRU (最も最近使用された) ドキュメントへのアクセスを制御します。

  • オンプレミスの SharePoint でのアクセス制御など、IT 管理者がオンプレミスで管理するサービス。

  • オンプレミスの SharePoint に保存されている Word ファイルなどのサーバー コンテンツ データに、エンドユーザーがアクセスします。

エンドユーザーに公開されている Office のプライバシー コントロールを使用すると、これらのデータ フローの一部を無効にできます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×